訪問リハビリ

理学療法

基本動作・歩行・ADL訓練、ROM、呼吸機能改善、リラクゼーション、褥瘡予防など

作業療法

認知機能改善・維持、ADL訓練、高次脳機能訓練、外出訓練、調理訓練・家事動作訓練など

言語聴覚療法

失語症・構音障害に対する言語訓練、代替コミュニケーション能力の訓練、摂食嚥下障害に対する嚥下訓練、誤嚥性肺炎の予防、口腔ケア、高次脳機能訓練など

訪問ST開始しています。

 平成31年1月1日より訪問リハビリテーションのサービスを開始しました。現在は、言語聴覚士による訪問リハビリのみを開始しています。音声は通話障害に対する言語訓練のほか、嚥下障害に対しての嚥下訓練も積極的に施行しております。
 当クリニック医師による在宅嚥下内視鏡を含めた嚥下評価や採血・レントゲン検査を含めた誤嚥性肺炎の評価および治療も行います。
 現在、急性期治療または回復期リハビリテーションを終了後、在宅で嚥下訓練を継続することがなかなか難しいことがあります。退院後に長期にわたる在宅生活で、好きなものをおいしいものをよりいっぱい食べられるように、嚥下訓練をご希望されます方は、当クリニックまでご相談ください。
相談窓口は、医療ソーシャルワーカー 渡邊または松本まで。011-897-0868

誤嚥性肺炎のリスクを減らす

 STによる嚥下訓練を開始することで、嚥下能力の改善または低下の抑制などの効果が狙えますが、そのほかにも、口腔ケアをしっかりして口腔環境を清潔に保つことでの肺炎リスクの軽減や嚥下評価により適切な嚥下食形態や嚥下解除の方法などを指導することで、誤嚥のリスクの軽減を狙います。
 在宅で経口摂取をできるだけ安全にしていきたい患者様、関係者の方々からのご依頼をお待ちしています。

早めの嚥下リハビリ開始のすゝめ

 脳卒中、頭部外傷、頭頚部・食道手術などにより、嚥下障害が発症することがあります。また、パーキンソン病などの進行性の疾患や廃用症候群。加齢などでも嚥下能力の低下することがあります。
 嚥下能力が低下すると誤嚥しやすくなります。誤嚥により肺炎を発症します。嚥下障害を発症してから嚥下リハビリを開始することも大事ですが、一旦低下した嚥下能力をリハビリで改善するにはより時間と労力を要します。
 嚥下能力が低下し始めたら、早めに言語聴覚士による嚥下訓練を開始することで、嚥下能力の改善や低下の抑制、状態にあった嚥下の方法や食形態の指導などにより、誤嚥のリスクを減らす小尾tができます。
 ご希望の方は、相談室またはケアマネージャーさんにご相談ください。

ST訓練を開始した利用者さんが増えてきました

 開設から3か月目。徐々に言語訓練・嚥下訓練を開始する利用者さんが増えてきました。

高次脳機能障害にも対応しています。

 高次脳機能障害(記銘力低下、注意障害、遂行機能障害、易怒性、無視、その他)、脳卒中などの疾患により、脳機能が低下して起こる様々な障害に対しても、リハビリテーションで対応しております。
 薬による治療に加え、リハビリテーションを併用することで、症状の維持・改善をめざします。

理学療法のすゝめ

5月から理学療法士さんが就任しました。在宅で生活していくうえで、個人の筋力・体力・柔軟性などの向上は重要な意味を持ちます。また、解剖学的な知識とリハビリテーションの知識と経験をもって、リラクゼーションをすることで、鎮痛などの症状緩和されることがあります。他施設の通所でリハ入りテーションをするのもよいでしょう。
 当クリニックでは、訪問リハビリテーションを行っていますので、ご自宅の住み慣れた環境で、実用的な生活動作訓練を含めた理学療法が受けられます。ご希望の方は、お問い合わせください。

8月16日から訪問リハビリ作業療法開始しました。

8月16日から訪問リハビリ作業療法開始しました。

呼吸リハビリの重要性

呼吸不全・呼吸困難感・在宅酸素・喀痰吸引頻回など、呼吸器のトラブルを抱えている患者様には、呼吸リハビリが症状緩和につながることがあります。
 当クリニック理学療法士・作業療法士は、ともに呼吸リハビリを実施しております。興味のあるかたは、ご相談ください。

体の痛みにリハビリを

首・肩・背中・腰・股関節・膝関節・足首など、各所の痛みに服薬だけでなく、リハビリテーション・リラクゼーションを合わせることで、痛みが軽減することがあります。