利益の還元 Part2


きじがはんえいされない

2020-07-03 19:47:17

  

利益の還元 Part1


昨年は、クリニック立ち上げ初年度にて、期末は大赤字で、実施不可能でした。今年は、おかげさまでようやく赤字を脱出しました。もちろん借金はいーーぱい ( ;∀;)、でも、コツコツとちゃんと返済していますよ。もともと、会社を立ち上げるときからやりたいと思っておりましたが、このようなコロナの余波が続く中だからこそやるべきだと思い、実施することにしました。当クリニックは、もともと年俸給与体制ですのでボーナスはありません。そこで、会社の利益の一部を期末特別賞与という形で、社長と一部を除くスタッフ全員で、均等割りして付与することにしました。

2020-07-01 07:25:47

  

ドライブスルーPCRの盲点


コロナウィルスのPCR検査が、ドライブスルーでできるようになり、便利になり、PCRのハードルが下がりました。しかし、盲点が。高齢者の多い町では、車に乗れない人がほとんど。家族が載せてくれればいいですが、独居の方はどうすれば?公共機関やタクシーに、コロナ疑いの人を乗せるわけにもいかず・・・。結局、近隣の医院や病院で、PCR検査をして保健所に検体を取りに来てもらうくらいしか方法はない。PCR検査をしてくれる医療機関はこのご時世、そう多くはない・・・。

2020-07-01 07:23:00

  

レジェンドリハビリは、やはりすごい


当クリニックのレジェンドリハビリスタッフに、昨日、リハビリ治療をしてもらいました。股関節痛は、まだまだ激痛ですが、腰に関しては昨日の1回がかなりeffectiveで、股関節痛を薬でやわらげれば、普通に歩けるようになりました。腰痛も、腰をそらなければ感じないほどに回復。助かるわぁ。股関節は、昨日は痛すぎて、軽くしか施術できなかったので、今後、徐々に股関節の治療も進めていってもいます。己のクリニックのスタッフに治療してもらうことで、どういうリハビリをするのかが身をもってわかるので、利用者さんに具体的にお勧めしやすくなるというメリットがあります。

2020-06-30 06:10:48

  

訪問看護師を募集しています


訪問看護、求人、正職、パート。これからの在宅医療において、理想とする看護の質と働きやすさ、働き甲斐、オンコールを減らして働くスタッフの負担軽減を目指した、最高の訪問看護ステーションを作りたいと思っています。力を貸していただける看護師の方はぜひ、看護協会・ハローワーク、もしくは直接当クリニックまでご連絡ください。病棟勤務・外来勤務しかしたことがない方でも、思っているよりもずっと訪問看護の敷居は低いです。まずは、お問い合わせください。クリニックでの在宅医療の現場を見学し、在宅医療を肌で感じてみることもお勧めします。

2020-06-29 07:56:38

  

訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ


厚別区で、訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ、って、一部で少しずつ認知されてきました。今回、理学療法士、言語聴覚士が1名ずつ増員されたことで、さらに勢いを増し、”訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ”を厚別区にがっつり定着させていきたいと思います。

2020-06-29 07:30:01

  

東京のコロナ


50人以上の比較的多い新規感染者数が連日報告されていますね。直ちに、緊急事態宣言、とまでは言いませんが、感染源となっている場所・状況に対してすぐにでも対策をとるべきでしょう。緊急事態宣言を出すか出さないか、の二択ではなく、緊急事態宣言の手前の、地域・職種・時間・曜日・その他を限定したなんらかの指針・政策を出さないと。現在の感染者数は、10ー14日前のものであることを常に考えておかないと。手に負えない感染拡大になって、また大規模な緊急事態宣言を出さざるを得ない状態になる前に手を打ってほしいなと思います。

2020-06-28 18:53:48

  

7月から理学療法士(PT)が一人増員されます。


7月の第2週から、理学療法士PTが一人増員されます。女性スタッフで、7月中は、週3日、午前中勤務、8月からは週5日の午前中勤務の予定です。知識と経験豊富なスタッフです。最近、リハビリ枠が上限近くまでうまってきていましたが、7月にりがくりょうほうし、言語聴覚士が増員されたことで、また余裕ができましたので、ご希望の方に質の高いリハビリを提供していきたいと存じます。現在、理学療法士3人、作業療法士1人、言語聴覚士2人の体制になっております。

2020-06-28 16:41:48

  

腰痛、股関節痛増悪、歩行困難に!


6月26日の夜から、腰と股関節の痛みが急激に悪化しました。27日朝には歩行困難に。妻に送迎してもらい、急遽、新札幌整形外科病院に。手術するような疾患ではないが、かといって、治療すべもなく、痛み止めでがまんするしかないとのこと。リハビリはOKとのことで、29日から毎日、こころスタッフ総出でリハビリにあたる予定です。チビ社長、大活躍で、社長の介護を一手に引き受け、入浴介助、入浴中に寝落ちして溺れないように、浴室待機で監視したり、飲食、更衣のの介助まで。仕事のできる優しい子です。経過は、比較的良好で、28日は、朝から、座位が可能となりました。まっすぐ腰は伸びないものの、歩行も可能に。とりあえず、明日からの往診は、可能な模様。

2020-06-28 16:35:53

  

訪問看護ステーションの布陣とは


訪問看護ステーションを立ち上げようとしています。求人中です。ステーションのスタッフの布陣について、考えてみました。訪問看護師はどれも同じ、トイ思われていますが、私の中ではいくつかの視点で区別しています。一つの視点で言うと医療と介護。全く別物です。ドラクエ的に考えてみましょう。医療を物理攻撃、介護を魔法攻撃と定義してみましょう。医療が得意で介護は苦手な看護師は、戦士・武闘家・バトルマスター、介護が得意だが医療が苦手な看護師は、魔法使い・僧侶・賢者、医療介護両方とも得意な看護師は勇者、両方ともできるけど・・・レベルなら魔法戦士、旅芸人みたいな感じでしょうか。ステーションを冒険するパーティとするなら、どういう組み合わせがいいかを考えます。勇者ばっかり・・・は、もちろん最強ですが、そんなことは現実不可能です。だとしたら、バランスを取りますね。7人パーティなら、勇者、戦士、武闘家、バトルマスター、賢者、僧侶、魔法戦士みたいな。これは、戦う相手が医療が多いのか介護が多いのかで、ちょっと変わりますね。わかりにくいかな。ステーションで、意外と多いなと感じるのは、魔法使い・魔法使い・賢者の3人パーティが多いなという事です。人手不足なのは百も承知ですが、このパーティでは、重症な利用者さんの場合に困難な場面が多々あるなと。利用者さんの状況が変わったら、担当をスイッチするということも選択肢に入れる必要があります。一人、戦士を入れるか、誰かが戦士になるように修行するか、そうすると、サービスの幅・質が上がるような気がします。医療と介護の現場では、同じ看護師でも仕事の内容が大きく異なることを考えなければなりません。当クリニックでのステーションの立ち上げには、このバランスを取りながら、手伝っていただける看護師さんを採用していきたいと考えております。また、クリニック内で研修・修行を積みながら、全員が戦士ベースのもしくは魔法使いベースの魔法戦士というレベルになれたらいいなと考えております。

2020-06-26 08:16:26

  

クリニックにおける投資とは


クリニックにおける投資とは。経費を使って何をするのが良いか。もちろん、せっかくの社長になったんだから、会社に乗りたい、飲み歩きたい、・・・、まぁ、それはそれでいいんじゃないでしょうか。それで、働くモチベーションが上がるなら。それは、社長次第。今回は、そうではなく、クリニックの今後のことを考えた投資としては何に経費をかければいいか。まずは、機器・物品類。これからのサービス提供において、質が向上するようなものは積極的に入れるべき。直性使うことで売上にかかる機器・物品はもちろん、単純に売り上げには関係なくても、サービスの質が向上するようなものは入れるべき。サービス向上により利用者さんが増えて、結果的に赤字にならないように計画すればよい。そして、新たなプロジェクトを展開するための先行投資。始めるのにはタイミングがある。安全確実にお金が十分余裕ができてから、などといっていたら最高のタイミングを逃し、結果、大した成果は得られない。借金をしてまでするかどうかはケースバイケースですが、思い切って先行投資すべき時がある。それを逃してはならない。そして、人への投資。医療は、何はなくともマンパワーがすべて。必要であれば、良い人材を積極的に登用すべき。易また、ちょっと足りているな、と思う時でも、優れた人材であれば、可能であれば採用すべき。優れた人材に出会えることは、非常にラッキー。逃してはならない。一番大事なのは、今いる人材を大事にすること。余剰金があれば、少しずつでも分配すること。とった魚にエサはやらない、という慣用句がありましたが、私は、とったにも魚にエサをやり続けるほうが好きだな(人を肴に例えのは失礼ですが、これは慣用句なのでご容赦ください)。最後に、税金を払ってでも、少しずつある程度の内部留保を確保すること。コロナのような予測不能な事態は、今後も起こりうる。企業耐久力を、クリニックも持っておくべき。お店が倒れたときに、どれだけの人が困るのか、という責任を常に背負っているのが社長であるという自覚を常に持っていなければならい。だから、社長なのだ。

2020-06-26 07:34:23

  

蛍光灯を修理しました


老朽化のため、順番にいろいろなところが故障していきます。建て替えを考えているので、なるべくこのままでいきたいのですが。丁度社長外来の上の蛍光灯が、ちかちかして、3時間くらいするとパッとつく、という症状を春くらいに発症。外が明るいので何となく耐えていましたが、この度、LEDに生まれ変わりました。なんだろうぅなぁ、普通に明るいのって、こんなに気持ちがいいもんなんだなぁと実感。最低でもあと1年はこの建物に頑張ってもらわないと、なので、どうしてもという部分は、修繕していかないとねぇ。

2020-06-26 07:14:20

  

ピークフローメータ入りました。


訪問リハビリの際にも利用できる、ピークフローメータ、導入しました。今後、呼吸器リハビリなどの際に、適宜利用しながら、より適切なトレーニングができるようにしてゆきます。

2020-06-25 07:05:45

  

理想のパパであり続けたい


以前からですが、最近もまたその機会がありました。チビ社長からは、”パパにあこがれるわぁ、すげぇなぁ”、娘っ子からは、”うち、パパみたいな彼氏が欲しい”といわれました。パパ冥利につきるお言葉。これからも理想のパパであり続けるようにたゆまぬ努力を続けていき所存です。

2020-06-25 06:29:49

  

朝勉強のメリットは、少し減った?


高校生の頃から、朝勉強をしていました。その当時は、夜のテレビ番組は面白くて、家族もそろうし、誘惑が多く、部活などで疲れているので、朝の方が確実に時間が取れて、頭もすっきりしているから、朝勉強の方が優れている、という考えでした。寝過ごして、予定の勉強ができなくなる、ということもありますが。現在では、テレビはそれほど面白くなく、そもそも録画できるし、YOU TUBEであれば、朝も夜も関係ない。なんだか、朝勉強の利点は、以前より減ってしまっているかもしれませんね。

2020-06-24 07:21:20

  

7月1日から訪問リハビリ 言語聴覚士が2名体制に強化


7月1日から言語聴覚士スタッフが増員され、2名体制になります。そもそも、訪問リハビリで言語聴覚士による訓練に力を入れている事業所は、非常にまれです。厚別区を中心に展開しておりますので、嚥下、言語、認知などの問題でお困りの方々は、お気軽のご相談ください。

2020-06-24 06:49:03

  

断続的な睡眠


左股関節、大腿部痛、腰痛にて、痛くない寝方を毎晩模索中。ぎりぎり何とか見つけて寝ても、1~2時間で下肢痛で目覚めます。そこから、もっかい体位交換して、試行錯誤して痛くない姿勢を探します。また1~2時間。4時半までに4~5回目覚めます。痛み止めを飲んでもそんなに痛みがやわらがないほどの痛み。困ったちゃんでかまってちゃんの左足。さて、どうしたものか。

2020-06-24 06:39:54

  

友人からの差し入れ


暑い夏に、涼しくなる塩枕、猫バージョンの差し入れ。今は、足腰が痛くて、寝る姿勢を探しているうちに、散らかってしまうけど、もう少し体が落ち着いたら、ちゃんと使って寝れるようになるかな。

2020-06-23 09:25:52

  

訪問リハビリにも物理療法を取り入れる


訪問リハビリは、基本的に徒手的なリハビリしか行われてきませんでした。病院内では、適宜物理療法が併用されて、効果的なリハビリが行われます。技術の進歩で、機械はどんどん小さくなり、性能が上がっています。これを持ち出せば、必要な人に必要な施術が、より効果的に行え、症状の緩和や能力の改善が得られる可能性があります。そこで、当クリニックでは、物理療法の機器にも積極的に投資し、より質の高い訪問リハビリが提供できるように努力しています。ホットパック、メドマー、低周波をまずは取り入れました。メドマーは特に浮腫には改善効果が期待されるうえに、利用者さんの気持ちよさからの満足度が高く、導入開始直後から、依頼が殺到しております。そのため、急遽、2台目の購入に踏み切りました。1台20万円近くしますので、なかなかの機器ですが、利用者さんの反応からは、それだけの価値はあると考えます。訪問リハビリにおいても、セラピストの治療の選択肢が増えれば増えるほど、よりオーダーメイドな有効な施術が行えるとおもいます。

2020-06-23 07:41:09

  

最高の醤油せんべい


costcoの専売ではありませんが、大袋でいつも売っているせんべい。これ、せんべい好きの猫社長一押しのせんべい。とってもおいしい。食べ始めると止まらない。濃い口のスタンダードなしょうゆせんべい。これに対抗できるのは、新潟仕込みともう一個、昭和の頃から好きだったせんべいがあったのですが、最近あまりに見かけないので思い出せません(しょうゆ味で直径8~10㎝だいの薄焼きの丸い奴で、コブクロに3枚入りのやつ)。思いだしたらまた書きます。納得がいくしょうゆせんべいはなかなかスーパーにないので、お勧めですよ。

2020-06-23 07:21:31

  

魔女の一撃ではないけども、小人の一斉攻撃?


昨日、朝から、腰痛が増悪。体幹をそれない、やや前傾姿勢で左足をまっすぐ伸ばせない・・・。魔女の一撃を食らった覚えはないので、寝ている間に小人たちの一斉攻撃でもうけていたのかな?最近、左膝から臀部にかけて、しびれるし、これはいよいよ・・・。"(-""-)"

2020-06-22 08:08:12

  

父の日


父の日でした。妻とお子たちから、サプライズプレゼントいただきました。父の日、に関しては、ノーマークでしたのでびっくり。わざわざ、ピンクのポロシャツに猫のロゴまで、特注でつけてもらったようです。ほっこり。

2020-06-22 08:04:02

  

朝鮮半島の不穏な状況が心配


朝鮮半島に戦火のにおいがしますね。このままこじれて、大ごとにならないことを祈ります。

2020-06-22 07:58:55

  

ごみ捨てにて


ゴミステーションで、通勤前にごみを捨てます。いつも朝早いので、大体1番のり。カラス除けの網を組み立て、中にごみを入れ、カバーをかけて、レンガでおもしを載せます。カラスもなかなかなもんで、時々荒らします。なので、ネットの端の方をレンガで固定しても上から引っ張ると、意外と簡単に外れてしまいます。ゴミが少ないうちは余裕があるので、もっと根元の方に置き、固定しているので、最初は荒らされないはずです。なのに、今朝、ごみステーションの近くの方に”オタクがごみ出した後荒らされてることが多いから、しっかりやってくれな”といわれました。うーん、あれでも荒らされているのかな?3日前は、ちょっと遅れて2番目になりましたが、その時すでに、がっつり荒らされてましたけどね。私の防御策をカラスが上回ってるのかもしれませんが、朝早く捨てているからといって、うちのせいにされるのもどうかと思いますね。同じ時間帯に捨てに来ているひと、いっぱいおるのに。ちなみに、その方の防御策は、端っこの方にすべてのレンガをきれいにおいてましたが、たぶん、カラスに負けるような気がしますよ。てこと転がった時にも重しとして作用できる場所に残っているかどうかで時間稼ぎができますからね。

2020-06-22 07:35:01

  

柴犬と老夫婦


今朝、通勤時に柴犬を散歩させている老夫婦を見かけました。トレーニングウェアに身を包み、健康のための運動と愛犬のリフレッシュを兼ねてお散歩かな?ご婦人の方は、左手にビニール袋、右手に火ばさみを持っている。ん?ウンチを処理するのかな?ビニール袋の中身は、ガラクタのようなものが入っている?どうやら、お散歩コースで見つけた街のごみを拾って歩いてくれているようです。あー、素敵な人だ。こういう、方がいてくれると、ほっこりしますね。

2020-06-19 06:25:31

  

ZOOMの活用


先日、ZOOMでの部活OB講演会のようなものが企画・実施されており、時間を見つけて、ちょこっと参加してきました。最近の若者の発想はすごい。今回が第1回で、講師は、海外で外科医をやっている部活の後輩で、現役大学生に対して、海外と日本の医療の現状や違い、留学とは、海外で働くこととは・・・、などなど、興味深い講演と対話がなされていました。海外の医療現場なんて、医学生にはとても刺激的な内容ですね。私は、久しぶりに、モニター越しに後輩の姿を見ながら、ちょいちょい会話もできて、ZOOMってすごいな、と感じましたね。医者はとにかく忙しいことが多いので、なかなかどこかに集まって、改まって後輩たちにアドバイスをしてあげる機会が持てませんが、ZOOMなら、予定の時間に空き時間さえ作れれば、病院からでも、直前まで仕事して、終了後仕事再開する、なんで状況でも対話が持てるので、便利な世の中になりましたね。今、まさにバリバリ働いている現役Drから直接 生の現場の話を聞けて、今疑問に感じていることを直接聞けることは、医学生にとって大きなプラスでしかない。こういった輪が広がっていくといいですね。私の学生時代にもこんな機会があれば、良いか悪いかはわかりませんが、今いる場所・今やっている事も、何か変わっていたかもしれませんね。

2020-06-17 07:09:05

  

入りと出の両面を考える


入るものに目が行きがち。業績を上げるために、契約を増やす、販売を増やす、収入を増やす、連携・提携先を増やす・・・・。目に見えて業績が上がるような気がする。しかし、出の方を気にしないと笊になる。契約を5件増やしたが、4件解約になった頑張り屋さんと契約を2件増やしたが解約がない頑張り屋さん。どちらも頑張っているが、結果的に後者の方が契約件数は伸びている。店の売り上げをつき500万円に上げ、経費を月480万使う羽振りのいい社長と月380万を売り上げるも経費節減して月300万しか使わない倹約社長。店の資金は後者の方が残る。何を良きものとらえるかで、前者後者のどちらが良いかはわかれるが、私の視点では後者の方が良いと思う。人材についても同様。新規にどんどん入職者を増やすが、どんどんやめていくのでは、いまでたってもマンパワーが充実しない。適切なほしい人材を適切な時期に手に入れるとともに、今手元に居る大事な人材は、外に流出しないようにしっかりケアして、大事に扱うべきである。医療・介護現場は特に出入りが激しい。なかなか人材が定着しないことが多い気がします。それが、職場自体に欠陥があるのか、やめていく人材の都合や性質によるものなのか、適宜、検証する必要がある。

2020-06-17 06:15:34

  

ウサギにアンビュー


訪問リハビリ用の訪問車 うさぎ(ラパン)5匹のうち4匹に、ようやくアンビューが装備されました。コロナの影響か、注文したアンビュー6個が到着が遅れており、まだ4個しか届いておりません。昨日、3こ届いて、2週間前に1個。あと2個はまだ。使う機会がないことに越したことはありませんが、訪問車には、本来、標準装備すべき物品だと考えます。おそらく、日本中の訪問車で装備している車は、ほとんどないと思いますが。

2020-06-16 06:33:11

  

リサイクル


使えるものは、なんでもリサイクル。当クリニックでは、旧 いでうち内科医院のころの財産(効き機器や物品)で、倉庫にしまわれていたものも、必要に際し、再度日の目を見る日が来ることが多々あります。何でもかんでも、新品を買わず、まず、今あるものを使ってみて、故障したり、期限が切れたり、過不足が出てきたら、そこで、改めて必要なものを新規で買うことにしています。

2020-06-16 06:27:42

  

医療事務スタッフ、言語聴覚士 増員のお知らせ


5月下旬より、医療事務スタッフが1名増員されました。また、7月1日より、言語聴覚士が1名増員され、2名体制になります。これからも、必要十分のマンパワーを動員して、より良い医療サービスを提供してゆきたいと存じます。

2020-06-15 07:11:17

  

国を守ってほしい


現在、政府はやること盛りだくさんですが、こういう時にこそ、広い視野で国を守ってほしい。懸念しているのは、国土。経営不振で傾いたり、頓挫したり、倒産したり、様々な理由で不動産を手放そうとしている所有者の方々がおられるかと思いますが、こういう時に、海外資本に大事な国土を投げ売らないように、国が何らかの手を打ってほしい。いざ、コロナが落ち着いた未来で、大事な日本の文化が海外資本で壊されている、ライフラインが抑えられている、日本人が締め出されている、景観が損なわれている、そんなことが起こらないように。北海道の土地は、かなり海外資本が入ってきています。海外資本の不動産であっても、日本の公共利益のために、国が、都道府県が、市町村が、公共の利益のために、状況に応じては、権限をもって指導・監督・介入し、権利を制限できるように、法律を整備するなり準備をしておいた方が良いのでは?と、以前から思っていました。北海道の水源などは、以前から外国に狙われていましたからね。

2020-06-15 07:04:50

  

今月いっぱいは様子見が必要


潜伏期間的に、緊急事態宣言解除され、6月からの感染動向が反映されてくる頃です。東京では、ぼつぼちな数が続いてますね。北海道でも、市中でぽろぽろ。予測されていたようにカラオケ店や夜の街でのクラスターが発生しました。これは、それぞれの業界・業種が悪いというよりは、個々の事例で防ぎきれたものである可能性もあります。これですぐ自粛歳戻り、ではなく、なんで起こったのか、どうすれば防げるのかをちゃんと検証して、拡散してほしいですね。

2020-06-15 06:55:58

  

在宅医療は信頼関係、クリニック・事業所は選別の時代に


在宅医療は信頼関係が重要。医療者と利用者、離床者と事業者、クリニックと病院、クリニックと事業者など。事業者は、訪問看護ステーション、リハビリステーション、ヘルパー、施設サービス、ケアマネージャー、義歯装具店、レンタル業者、配食サービスなど、在宅を取り巻く医療・介護サービスをすべて含みます。医科目線で考えると、訪問歯科も事業所の枠組みにはいります。歯科目線なら、逆。これが、1つ崩れたくらいでは、何とかほつれた糸をつなぎ合わせられますが、2つ3つ崩れると、かなりやりにくくなります。在宅医療・介護は、みんなで少しずつ支えあうことで、うまく成り立つと思います。なので、これからの在宅医療・介護は、どのサービスが必要だから、空いている・来てくれるところはどこそこのクリニック・事業所なので依頼する、のではなく、ここはしっかり診てくれる、ここはこういう状態に強い、こういうサービスが売りだから、この事業所とこの事業所は相性がいいなど、利用者さんの状態や取り巻く環境、目的・目標に合わせたクリニック、事業所の組み合わせを選別して利用していく必要があると思います。今や、在宅サービス・クリニックは、群雄割拠の時代、乱立していますので、情報をしっかり集める必要があります。

2020-06-12 07:09:53

  

猫の忖度


毎朝、4時半過ぎくらいにガブリエルくんに起こされます。胸からおなかの上でふみふみ。今日は、足元で頭を擦り付け、左手に頭を擦り付け、起こそうとしてました。一旦、目を開けて、ガブリエル君と目があましたが、もうちょっと寝よ、と再び目を閉じると、それから何もしてこなくなりました。あきらめて寝たのかと思い、そっと目を開けると、腰の横のあたりにちょこんと座って、こちらを眺めていました。にゃんこも、もう少し寝かせてあげようと忖度していたようです。こうなると、もう起きるしかない。首を起こすと、おなかの上に乗ってじゃれ始めました。あとは、ご飯のお皿に、猫まっしぐら。今日の教訓、にゃんこも忖度をする。

2020-06-11 07:41:46

  

ドラゴンクエスト10 無料開放中


ドラゴンクエスト10のオンラインゲームが、Ver.2まで無料体験できるようになっています。うちのお子たちも、楽しんでおります。10年前からスタートしてまだ続いているのがすごい。今はVer.5まで進んでいるようです。私は、Ver.3までしか知りませんが。ドラクエは、昭和の頃から長く愛され続けるだけあって、世界が綺麗で、ストーリーが秀逸です。とくに、ドラクエ10は、Ver.2までがストーリー的には優れていたので、お時間のある方は、一度試してみるといいかもしれませんよ。全く違う世界観に浸るのも、コロナのストレスからリフレッシュするのによいかもしれません。

2020-06-11 07:34:53

  

熱中症にご注意


これからの時期、毎年熱中症で調子を崩される方が増えるので、コロナウィルスに気を取られすぎて、涼んだり、水分をこまめにとったり、など、昨年行ってきていた熱中症対策もお忘れなく。

2020-06-09 06:30:22

  

ある日スイッチが切れる


ここ2~3週間は、ずっとなんだか忙しかったです。オンコール待機中は、寝ていてもほぼワンコールで出られる体質です。これは、救急・外科当番のころからの名残です。むしろ、対応後に寝なおす方が難しい。ほとんどの場合、その時間から起きて活動します。元気最強!常に元気ホルモン駄々洩れしている状態。での、年に何回か、スイッチが切れます。先週の土曜がそんな感じ。朝からぐでたまのような状態。チビ社長に”寝ないでぇ”といわれながら、ソファでゴロゴロ。時々猫を撫ででゴロゴロ。うとうと。普段は、あまり決まった時間以外の睡眠時間をとりませんが、こういう時は一日中、うたたね。エネルギー切れなんでしょうね。日曜日には、すっかりリフレッシュ充電完了。本日も充電ばっちり。元気最強!

2020-06-08 07:20:33

  

緊急事態宣言の間に詰めておくべきだった


だいぶ前から言っていましたが、緊急事態宣言の間に、各会社が、解除後、どのように感染対策をしながら活動するかをもっと詰めておくべきでしたね。より具体的に。しっかりやっている店・会社は、すごく工夫して、我慢しています。反面、対策をしていない・対策が甘い店・会社もあります。そうであること事も容易に想定されていました。一生懸命やっていたお店では、巻き込まれ、一緒に風評されるのはたまったものではない。全くその通りですね。国や都道府県、市の主導でもいいし、各業界で主導でもいいです。こういう職種は、最低限、こういう対策をしてくださいという具体的な提案や検討を行い実行してください、そこからさらに店・会社毎に、プラスαの工夫はOKというような要請をしておくべきでした。していたのかな?三密さける、ディスタンスとる、手洗い・マスク的なざっくりした全体的、一人一人の行動の啓蒙だけで、業種別の具体的な対策するように啓蒙できていたでしょうか?経済が崩壊するから、早く緊急事態宣言を解除しろって言っていたコメンテーター・与野党の方で、そういう対策を解除前にしておきましょうって強く、繰り返し言っていた人、どれくらいますかね。新宿ホストクラブのクラスターの問題は、名指しで吊るし上げ、とかそういう問題ではない。施設や病院内のクラスターとは、意味が違う。施設や病院内のクラスターは、封じ込められますが、ホストに限らず一般の店や会社のクラスターは、感染者が家と店・会社の間を感染状態で行き来するので、容易に市中感染爆発のリスクがあります。それに県外移動も合わされば、国内感染爆発もシナリオも。東京は、今また、結構崖っぷちにまた立たされつつある気がします。東京の感染増大→札幌感染再燃が第2波でした。第3波も札幌で起こりつつあるかもしれません。今週あたり、札幌の市中感染数が増大するかもと警戒しています。海外からの入国管理案も厳しすぎるというコメンテーターの方もおりますが、海外で日本より厳しい感染状況が続いている中では、もっと厳しくてもいいと思います。海外からの入国者の滞在中のホテルを各都市数カ所に限定して、看護師を配置して朝晩体調とバイタルチェックをする、移動は指定のタクシーにかぎるとか、業務以外の外出は、ホテル内以外制限するとか、会社や施設などへの入館は、熱外来のように別の入り口から従業員との不要接触が無いように、立入れる部屋・通路を限定するとか、今はもっと極端に対策してもいいと思います。極端かもしれませんが、緊急事態宣言再発令をさせないためには、それくらい、感染の拡大再燃には気を使ったほうがいいのではないかなと思うという事です。

2020-06-07 09:10:18

  

増え続ける猫たち


猫土地は寄贈されてつづけています。

2020-06-05 07:13:43

  

増え続ける猫たち


寄贈品の猫たちが、今も増殖中です。多頭飼い(=^・・^=)

2020-06-05 07:11:11

  

いただきました。感謝です。


善良な利用者様のご家族より、寄付していただきました。アルコール、まだまだ品薄なようで、出入り業者でも入荷があまりないようで。大事に日々の診療に生かさせていただきます。貴重な物品をありがとうございました。

2020-06-05 06:47:09

  

スタッフからの寄贈品


院内図書に在庫している鬼滅の刃は1-19巻まででした。20巻は、おいおいそろえようかと思っていましたが、スタッフから、20巻、いただきました。(^^)/。これで全巻セットになりましたよ。まだ、読んでないけど。

2020-06-05 06:42:03

  

テレビに飽きてきましたね


ワイドショーはコロナとコメンテーターと司会者が言う悪口、謎解き・クイズ、衝撃映像、再放送ドラマ・お笑い・・・・。テレビ見なくなりました。アプリとかで見れるニュース、ホリエモンの記事取り上げすぎじゃないですかね。都知事選挙の話もちらほら出ていますが、私は都民でないので何とも言えませんが、今回のコロナ騒ぎで、長の大事さに国民が気が付いたのでは?有名とかうまいこと言うとか、革新的とか、欧米化するとか、海外に日本の土地や水や権利・技術をどんどん売ってしまうとか、そういう事ではなく、街を国を人を自然を愛してくれる、未来を見据えてくれる、古くてもいいものは残す、新しいいいことは取り入れながら、美しい大事な日本を、日本の文化を守ってくれる、緊急時には的確に迅速に決断してくれる政治家に長になってほしいなと思います。選挙は大事ですね。

2020-06-04 07:28:41

  

アンビューバッグを標準装備


緊急時に使用できるように、訪問診療および訪問看護・訪問リハビリテーション車に、アンビューバッグを標準装備しました。明日、院内講習会で、アンビューバッグの使用法を全スタッフで確認いたします。緊急事態に、より早期により適切な処置ができるように。

2020-06-03 09:01:03

  

猫と高齢者


猫が好き、猫を飼いたいけど、年齢や体のことを考えると飼えない、譲渡を断られる、なんてことがあります。多頭飼いの崩壊などでうまれた保護猫と里親をマッチングするようなNPO団体 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道という組織があることをネットで知りました。ネットでしか存じませんが、高齢者でも猫と暮らせるように、”永年預かり制度”という独自のシステムがあり、指定の保護猫を預かってもらい、万が一、保護猫を世話できなくなった際には、団体が再度引き取るのだそうです。愛猫家としては、少しでも多くの保護猫が、やさしい里親と少しでも長く暮らせるなら、素晴らしいなと思い、いいプロジェクトだなぁと感じました。高齢の愛猫家も安心して猫と暮らせるのもいいなと思います。

2020-06-02 15:27:49

  

いまさら日本が評価されてますね


コロナ対策に対して、あんなにバッシングされていたのに、海外諸国から、ミステリー的な感じで日本が評価され始めましたね。おそらく、海外では、日本方式を見習っても、日本ほどの成果は上がらないと思いますが。日本人の国民性、国民皆保険と生活保護制度を敷いていたことによる医療体制、医療レベルと医療資源、島国であることなどの多くの要素がかみ合って、成果が上がったと推察されるから。それでも、ある程度の効果は得られるかもしれません。取り入れられることは取り入れたらいいと思います。経済超重視の方々は、こんな状況でも三密避ける、自粛生活、感染予防のマスク手洗い励行などの行ってきたことが、無駄なことだった、やりすぎだったというのでしょうか。

2020-06-02 09:03:21

  

キングダム実写版 放送見ましたよ


5月29日に地上波でキングダムの実写版、見ました。2回目ですが、いいですね。出演陣の話で盛り上がってましたね。配役が上手ですよね。漫画ファンを納得させる。大沢たかおさんと長澤まさみさんの評価が特にたかかったようですね。迫力ある、再現性が高い、綺麗、などなど。キングダムのいいところの一つは、心が動くところ、感じられるところ、と私は思っています。信と漂と政の関係、実写版ではあまり感じにくいですが山の民と信の関係、などなど。私の妻の一番好きな場面の一つが、楊端和と信の援軍を求めた際のやりとりだそうです。その中でも”一番の無念は夢見たものが幻で終わったってことだろうが!”。山の民が平地で平地の民と仲良く暮らしたかった夢が破れ、裏切られ、復讐にとらわれていた数百年、その心を一瞬で溶かした瞬間。漫画は、とてもいいものです。いいマンガには、学ぶところ、感じるところがいっぱいあります。ただ、それを感じる器があるかどうか。娯楽として読むのも良し、ですが、漫画を楽しみながら、心や思考、相手を思う気持ち、先を読む・可能性を考える戦略脳、その他のよきものを学んで吸収出来れば、すばらしいなと思います。そういった良い心を学んで実践できれば、ネット誹謗中傷などは、少なくなるのではないでしょうか。

2020-06-01 08:04:36

  

1日3回の痛み止め、やめました。


腰と股関節、大腿部の痛み・張りは改善傾向で、食後鎮痛薬を中止しました。リハビリテーションとストレッチ、ボルタレンローション、ヤクバン湿布で治療継続中。

2020-06-01 07:25:58

  

k値は、ちょっと違うかも


緊急事態宣言の解除に、数字を出せ出せと言いながら、出したら、わかりやすい、と言っていたのに、いざ、解除したら、批判に回るコメンテーター、大丈夫かなぁ。やる前に、批判なり意見をしっかり伝えないと。後出しは、誰でも出来る。今度は、k値を絶賛していますが、個人的には、うーんと感じます。感染の勢いは、施設内や院内の感染数を外したほうがいいのでは?と思います。市中や感染経路不明の総数や増減で見ないと、町医者としては、感覚がズレるな、と感じています。あくまで、個人的な感想ですが。

2020-05-31 07:53:16

  

暑くなってきましたね


暑いとマスクをするのが苦痛になってきます。外したり、緩めたりするときは、距離を保つように気をつけてくださいね。

2020-05-30 07:50:13

  

本日で2人の職員が退職されます。


本日をもって、社会福祉士1名と看護師1名が退職されます。お二人とも最後まで活躍してくれた大事なスタッフでしたが、それぞれの事情により、また新しい環境での仕事についていくことになります。新しいスタッフが増えるのはうれしいし、スタッフが抜けていくのはやっぱりさみしいですね。札幌市の医療業界という狭い中での仕事ですので、また一緒になることがあると思います。それぞれが、新しい環境でさらなるステップアップをして、願わくは、また当クリニックに力を貸してくれる日が来たらいいなと願います。本当にお疲れさまでした。短期間の国内留学いや道内留学に出したと思って、帰国を待っていますね。

2020-05-29 16:54:48

  

安倍のマスク、届きましたよ


昨日、我が家にも安倍のマスク、届きましたよ。さんざんパラ、ネットで誹謗中傷されたりしていましたが、現物をみれば一目瞭然。普通のマスクです。こんなもんですよ。なんだかんだと批判する意味が分からない。感染予防に必要十分の能力はあると思います。ありがとうございます。大事に使わせていただくか、ネットで見つけ小児病棟に寄付するか、有効に利用しようと思います。政権批判をしたい人の悪意しか感じない。小学生でも、給付金やマスクの対策に、安倍さんがくれたもの(正確ではないが)と感謝していましたよ。結果的に、世界では類を見ないくらい日本のコロナ抑制は、今のところうまくいっている。そこは、評価しなければ。与党もコロナで大変な時に別件でかき回さないで、まずはコロナとアフターコロナの経済再生でしょ。野党は野党で、コロナや予算の審議を議論して早く進められるように働いたり、何なら自主的に政党助成金や議員報酬を返還して、コロナ対策に打って出る提案をしたり、なんかないのかなぁ。政権批判、支持率低下作戦ばっかりのような気がして。経済第一主義の知事なんてのも怖いなぁ。

2020-05-29 07:05:48

  

急な依頼に対応してくれるスタッフがいると心強い


国が他国から攻められたときに、急遽現場に駆け付け、火消しに回れる機動力があり、機転の利く忠実な武将は、国の宝である。良い国には、そういった軍師や将軍がいるもの。医療の場合、救急外来でも一般外来でもそうだが、在宅医療もでも突然の受診や依頼が舞い込んでくる。それが、時にかなり急を要するものであることも。では、明日伺いますね、と依頼を受けて、明日には状態がさらに急変しているなんてことは体験したくない。そんな時には、依頼を受けて、30分後には現場にいて、契約したり、診察したり、治療を開始したりを行うこともあります。”これは、大変だ、すぐ行くしかない。これから行くぞぉ”と号令をかけたときに、文句ひとつ言わず、”じゃぁ、行きますか”と、快く、すぐさま準備をして、最短時間で駆け付け、各々の仕事をこなしてくれるスタッフがいることは、クリニックとしては、非常に心強いし、ありがたい。クリニックの理想とする診療体制を維持するには、社長の理念だけではどうにもならず、それを理解し、同意し、実行してくれるスタッフが、どれだけいるかにかかっている。組織の財産は、人。

2020-05-29 06:51:43

  

鬼滅の刃


院長室兼院内図書室に、鬼滅の刃が入荷しました。子どもたちと、アニメは見ましたが原作は見たことがありません。映画見に行きたいといっていましたが、大腕を振っていけるようになるのかな?すごく評判がいいマンガですね、これ。

2020-05-28 06:53:25

  

猫と犬と子供の癒し


モフモフした獣は、とにかく触るだけでも癒されます。足や腰など痛んているときは、その痛い部分の上におなかを置いてもらい、患部を温めてもらうと、痛みが和らぐ気がします。モフモフ効果とホットパック効果。腰痛なんかは、ソファに横になって、その上に子供に体の上で同じ形に横になってもらうと、暖かさと程よい重みで、すごくマッサージ・リラクゼーション効果があります。(私の場合)。

2020-05-27 07:17:56

  

ZOOMデビューしました


昨日、月例の在宅医療の会がZOOMで開催され、初めてZOOMを使ってみました。テレビで見ていたのとおんなじ画面が出てきました。(そりゃそうだ)。今回は、コロナ対策での臨時のオンライン会議でしたが、個人的には、今後ずっとオンライン会議でもいいんじゃないかな?と思えました。全員と面と向かっているような気がしますし、会議に集合場所が近くなく、しばしば、仕事との兼ね合いで間に合わなかったり、中抜けしなければならなかったりしてしまうため、ぎりぎりの時間まで仕事して、すぐに会議に間に合うし、移動時間はいらないし。今後、色々な講演会や研修会なども、講義だけなら、オンラインでやってくれれば、時間と交通費と削減でき、参加するハードルが下がるので、参加者も増えていくのではないかな、と感じました。

2020-05-27 06:57:27

  

RPGはゲームだけど旅行に似たり


RPGとは、ざっくりいうとゲームの主人公として、成長しながら物語を進めていくゲームです。主にドラゴンクエストとファイナルファンタジーという2強のゲームがあります。ドラクエは1から11まで余さずやってきました。最初はただのゲームでしたが、徐々にCG技術が向上すると、キャラに移入すれば、本当に中の世界に居るような感覚が得られます。見知らぬ世界を旅行しているような感覚。お金もないし時間もないし面倒だし・・・、いろいろな理由で結構出不精な性格なので、RPGで旅行した気分になりストレスを解消していたなぁ、と最近無料体験でドラクエ10を始めた子供たちを眺めながら思い出しました。今や、VRも出現しており、いずれVRを購入して、ピラミッドやマチュピチュ、パルテノン神殿、グレートバリアリーフ、万里の長城などにバーチャル旅行に行ってみたいな、と思います。仕事柄、実際に行くのは無理そうだし。ただ、13歳未満は、使用禁止の白物、楽しいのはわかっているだけに、モノがあるのに、我慢させるのは、かわいそうだし、13歳以下の家族がいるうちは、ずっと購入は控えていました。院長室にひっそりと置いておくのはOKかな?

2020-05-26 07:42:45

  

引き続き募集のお知らせ 理学療法士、作業療法士も1名ずつ募集しています


在宅医療サービスは、その提供するサービスの特性上、労働が大変だと、というイメージがあり、実際にそういった一面もあり、やってみたいと思う医療者は多いものの、一歩を踏み出せない人が多くいます。また、現在、従事されている方でも、提供しているサービスがこんなものでいいのか、不満に思っている方もいるかと思います。当クリニックでは、こころ院長が考える、最高の地域医療を実現するためにモデルとなる訪問看護ステーションを立ち上げようと画策しています。従事する看護師が、看護の質、対応はもちろん、仕事内容に対する自信とプライドが持てるような、かつ、仕事の量に比した十分なマンパワーを導入して、仕事に集中できる身体的精神的余裕を維持しつつ、しっかりとOFFを、趣味に家庭に充実したプライベートタイムを満喫できるような、新しい訪問看護のシステムを考案していきたいと思います。訪問看護を、特殊なJOBではなく、ただの一つのJOBの選択肢にできたらな、と。このような考えに賛同していただける看護師さんのお問い合わせをお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-26 07:28:45

  

珍しくおとなしい往診


昨日は、猫社長が腰痛と後ろ足の痛みのため、訪問者の後部座席でゴロゴロ悶えながらの訪問診療。いつも、にゃーにゃー、しょうもないことを看護婦さんとおしゃべりしながらの移動だったのに、昨日は、車内はしーーんと静まりかえっていました。

2020-05-26 06:44:19

  

腰痛は改善傾向、左股関節は激痛


ぎっくり腰の腰痛は、やや改善傾向。持病が悪化した左股関節の痛みは、がぜん激痛。痛くない姿勢を見つけるのが難しい。

2020-05-25 09:16:11

  

新しい業務体系を自粛中に考えていたがどうかがカギかもしれない


自粛生活中に、自粛解除された後にはどうやって感染対策をしながらの経済活動をしていくかをじっくり対策を練っていたかどうかが、今後の立ち上がりを分けるかもしれませんね。食堂であれば、オーダーのとり方や効率、スタッフ教育、コスチュームから座席配置、カウンターの前に不快でないくらいのクリアボードなどの遮蔽や4人席でもアクリル板の遮蔽を間に、または十字に置いたりつるしたり、テーブルに雑多な小物は置かない、メニューも除菌できるようにラミネートする、取り分けしないようなメニュー、客が帰った後の周囲の客が不快にならないような除菌作業方法、換気や空間除菌の方法、テイクアウト客や待ち客の待機場所や待機の環境、スタッフの休憩室の状況・・・。あげれば数えきれないくらい。時間はたっぷりありました。ただ、営業を再開するのではなく、今後、再度自粛にもっていかれないように感染対策と営業をうまく両立方法を実践している食堂が、今後、売り上げを伸ばしていくかもしれませんね。

2020-05-25 09:06:13

  

今週からが勝負


おそらく、各都道府県、ほぼすべてが、緊急事態宣言解除されて、経済活動を開始することと思われます。かなりの人に密を避ける、マスク・手洗い、不要不急の外出を控える、ソーシャルディスタンスをとるなどの習慣がかなり染みついたと思われます。慎重に経済活動を再開していけば、第3波は、それほど恐れなくてもいいのでは?と個人的には思います。大事なことは、あれ?おかしいな、ちょっと変だなと思ったら、コロナと思って、個人個人で自主的に自粛生活に戻ることです。社会全体で自粛するというよりは、個々人が、再び大掛かりな自粛生活に戻さないために、自主的に自粛することです。そして、会社がそれを理解してい受け入れることです。日本人の国民性ならできる、と個人的には思っています。

2020-05-25 06:48:47

  

日本のコロナ対策で感染者数・死者数が少ないわけ


考えていました。感染者数はバイアスがかかります。PCR・迅速キットの適応、公表数、人口、その他。しかし、死者数は、調査・報告・公表をごまかさない限り、平等です。少なくとも日本の医療機関は、しません。なので、実際にコロナの死者数は少ないと思われます。その理由がわかれば、世界的なパンデミックの抑制、今後の新たな感染症対策になるのでは?<br/>私が考えるに、一つはやはり国民性。刑罰や強制がなくても、かなりの割合の国民がなんだかんだで自粛する。和を尊重しすぎて、やりすぎの自粛警察まで出現しますが・・・。そして、欧米諸国に劣らない医療レベル。もう一つ、こちらの方が大きいか。国民皆保険制度、生活保護制度。世界でも類を見ない。高齢者でも低所得者でも等しく(ではない部分もあるが)病院にかかれる。欧米諸国などでは、病院にかかれない人が、コロナかは?とおもっても救急搬送されるまで、亡くなるまで病院に行かない、生活のために働いてしまう、結果、周囲の人に感染させたり、クラスターを生み出す。その倍々感染システムができてしまう。日本では、熱が出た、コロナかも、病院に相談しよう、というルートがあり、逆に当初は診療所や市中病院で混乱が生じる結果となったが、爆発的な感染拡大は起こりづらかった。そして、患者層の裾野のが広いので、普段から患者数も多いのだろう、それに対応する病院・病床数が多く、医療従事者も多いのだろう(数字は調べていない)。故に、医療崩壊を起こさないように耐えうるマンパワーが諸外国よりあったのか。政策がイマイチなのになんだ日本は、うまくいっているんだ?と諸外国は思っているようですが、コロナの蔓延の前から、日本は、国民全員に充実した医療が提供されるように膨大な年月とお金をかけて、世界一の医療制度を作り、維持してきていました。ある意味、世界一コロナ対策にお金と時間をかけていったと言ってもいいくらい。治療法がはっきりしない感染症については、とにかく新規感染者をいかに減らすかにかかっている。これが日本がコロナ対策で成功している一因ではないかと考えています。改善点はありますが、日本の医療制度は素晴らしいと思います。

2020-05-23 08:23:34

  

厳しいコメントが多かったですが


コロナウィルス感染についてのコメントが多くなり、かなり先行きについて厳しくコメントしてきていましたが、現状、札幌での新規感染者数は1桁前半が続き、病院や施設のクラスターを抜くとさらに低くなってきています。これが、潜伏期間の7-10日くらい前のものと考えると、札幌の第2波の抑え込みとしては、苦しい自粛の成果は、十分上がったと思われます。ここで、気を緩めず、3日ごとのまとめ買い物、距離を保つ、マスク・手洗い、なるべく向かい合わない、密集を避けるなどの感染予防対策の習慣を維持していけば、第3波を防ぐことも可能ではないかと思います。あと心配なのは、再度、道外からの持ち込み。国内だけでなく、諸外国からの持ち込み・持ち帰り。これをどう抑えるかが、第3波のカギなのでは・・・?正直言って、空港で熱センサーしたって、潜伏してたらわからんしょ。国民が全員節度をもって行動して、万が一感染していたときに、広げてしまうリスクを回避するために行動したルート、あった人などをなるべく記憶・記録していく必要がありますかね。

2020-05-22 06:13:56

  

傾聴し、理性的に冷静に判断すること


上司は部下の意見を傾聴し、自己の判断と異なる意見が出た際に、感情を捨て、理性的に冷静に判断し、どれが最も正しい判断かを選択する必要がある。名君の素質の一つ。軍師や部下の意見頼みで、いつもYES MANでは、ただの暗愚な傀儡となる、自分が一番で常にリーダーシップを発揮して、自分の意見をごり押しでは、ただの暴君になる可能性がある。強いリーダーシップやカリスマ性にあこがれ、後者にふれていくリーダーをいっぱい見てきました。自分の考えや意見の方向性を修正するのは、時として難しいことがありますが、常に冷静に、信頼する仲間の意見を傾聴できるメンタルを維持していきたい。

2020-05-22 06:03:56

  

無駄と思われるものに、大事なものがあることがある


会社では、私語が厳しく制限されていることがあります。もちろん、患者さん、利用者さんに迷惑がかかること、作業効率が著しく下がるような私語はいけません。しかし、私語の中には有意義なものもあります。精神的なストレスを軽減したり、人間関係を円滑にしたり、職場の雰囲気をよくしたり、有益な情報交換や新たな発見や発明が生まれることもあります。スタッフ、上司部下の関係性が円滑であれば、情報伝達、作業効率化の提案、お互いの仕事の分担や委託、多職種分野の知識の享受からの自らの分野に対する考察が深まる、チームワーク向上により衆の力が上がる、仲が良くなるからこそ厳しく指導や注意もできる、歯止めをかけられる、などなど。そのため、当クリニックでは、不適切な場所・条件での私語以外は、取り締まっておりません。社長自ら積極的に私語を発して、スタッフとコミュニケーションを行っています。1日の大半を過ごす会社で、黙々と仕事をこなすだけ、言いたいことも言えないなんでそんな世の中じゃ、POIZON、少なくとも私の会社では、そんなことは嫌です。みんなに、楽しく、活き活きと、それでいてがっつりガチな地域医療を提供してほしい、と願っています。

2020-05-21 06:38:45

  

こころ式ストーマドレーン 2号を考案してみました


側孔を開けた部分より手前にビニールテープで谷が1つできるように2つの厚みを作ります。ストーマの袋断端をチューブにかぶせて、ストーマ袋の上からその谷に繰り返し使用可能な結束バンドでしっかり固定します。谷を作っているビニールテープの反対側に1つずつ結束バンドをつけてしっかり固定します。これで脇漏れはほぼZEROになります。また繰り返し使用し、洗浄もでき、経済的・衛生的です。チューブの末端は、排液が出てくるので、バケツでもペットボトルでも空いた点滴バッグでもビニール袋でも猫砂でも管理しやすいものに排液すればいいです。ビニールテープ・結束バンドは100均で、ホースは2-300円程度で済みます。もし、ストーマの排液トラブルでお困りの方がおりましたら、お試ししてみるのもいいかもしれませんよ。チューブが大きいと、重さで引っ張られて、ふやけたストーマの土台がはがれやすくなることがあるようで、”こころ式ストーマドレーン2号改”として、抗重力装置も考案しました。なんてことはない、ホースに輪ゴムをつけてS字フックでベッド柵にホースをひっかけることで、ホースの重みがストーマにかからなくなります。また、ゴムの伸縮性が、寝返りなど動きに対するストーマへの負荷を軽減してくれます。こちらは写真撮るの忘れました。

2020-05-20 07:14:19

  

こころ式ストーマドレーン 2号を考案してみました


”こころ式ストーマドレーン1号”でも目詰まりすることがあります。浮遊物・固形物のサイズが大きい場合です。そのような場合に対処するために改良を加えて考案したのが”こころ式ストーマドレーン2号”です。チューブの内径よりも固形物が大きい、ということは、固形物の大きさを超えるチューブにすれば解決するはず、という発想です。ホームセンターで好みの大きさのホースを買ってきます。先端に側孔を開けます。大き目、小さ目、丸、四角、不揃いな側孔にしました。このままではストーマに接続できないので、ストーマ排泄孔をはさみで切って、チューブが入るくらいの径の袋断端にします。そこにチューブを入れて接続するわけですが、問題は接続部の液漏れ。それを解決するために工夫をしました。

2020-05-20 07:04:00

  

こころ式ストーマドレーン1号を考案してみました


空腸ストーマ・回腸ストーマなどで排液量が多い場合、ストーマの管理が大変です。頻回のストーマ内容物の廃棄やパウチの消耗、固定が剥がれたりと。それを解消するために考案したのが、”こころ式ストーマドレーン”。以前から、ストーマパウチとウロバッグをつなぐ接続具はありましたが、ストーマ排出孔とウロバッグの接続部をつなぐもので、接続部の内径はウロバッグのチューブの径よりかなり小さくなり、食残や浮遊物糞便がすぐに詰まってしまいました。そこで考案したのが、”こころ式ストーマドレーン1号”です。ウロバッグのチューブの接続部分カットしたところ、緩くそのままストーマ排出孔に差し込めました。チューブの先端に穴あけパンチで複数個側孔を作成し、側孔よりもウロバッグ寄りのチューブの部分をビニールテープで外径をストーマ排出孔の内径よりもすこし太くなるように補修して、ストーマ排出孔にチューブを差し込みます。さらに接続部から漏れないようにビニールテープで補強します。これにより、増やした側孔からのスムースなドレナージと比較的大きな固形物もウロバッグのチューブ内径以下のものは、回収でき、ウロバッグにためることができます。ストーマケアの負担をかなり減らすことができます。

2020-05-20 06:55:46

  

感染症を甘く見ない方が良い


日本のコロナウィルスの猛威は、確かに自粛生活で抑えられてきています。現在の抑えられている新規発生数が、10~14日前のものとすると、かなり明るい。しかし、もうかなりの人の目が、コロナから経済に移ってしまっているのではないかと懸念します。感染数が少しならいいか、大丈夫か、ではないですよ。そもそも、少数の罹患者を世にはなったために、全世界に蔓延したんでしたよね。コロナと共存、第2波第3波は来るので仕方ないのでできるだけ最小限に対策して経済活動を・・・、聞こえはいいですが、甘くないですか?コロナを完全収束・撲滅・新規感染ゼロにする、くらいの目標・気持ちで対策しておかなくて大丈夫ですか?初めから、共存仕方ない、第2波第3波仕方ないで、食い止められますか?結果的に共存、第2波第3波を最小限にはいいですが、最初からそこにハードル下げて、大丈夫かなぁ?アスリートが、優勝狙わないで初めから準優勝、3位目指してトレーニングするようなものでは?それで準優勝できるかなぁ。韓国のようにかなりの数の再燃が起こった時の経済的ダメージ、医療者負担を考えたら、撲滅するくらいの対策を講じた経済活動再開の方策を経済専門家に考えてほしかったな。大分、考える時間ありましたよね。

2020-05-20 06:13:40

  

7月より言語聴覚士が増員され、2人体制になります。


現在、言語聴覚士は、常勤1名でリハビリテーションを対応させていただいております。おかげさまでご好評をいただき、リハビリ診療枠がかなり埋まってきました。つきましては、7月より言語聴覚士が増員され、2人体制になります。リハビリ診療枠が倍に増えますため、引き続き、地域の皆様の言語・嚥下・認知のリハビリテーションを積極的に行っていきたいと存じます。

2020-05-19 08:10:25

  

新しい事務員さんが、昨日から加わりました


新しい医療事務員さんが、昨日から仲間に加わりました。これで、医療・介護事務のスタッフのマンパワーが、一旦、充足しました。今後の、事業展開によっては、また増員を要するかもしれませんが、一旦は、満たされました。

2020-05-19 07:58:02

  

医院継承にはうまくいくコツがある


コロナショックの影響で、もともとそろそろ引退しようかな、でも踏ん切りがつかないなと考えておられた先生方が、自粛・発熱などに伴い外来患者減少し、閉院・継承依頼を現実的に考えている可能性があります。若者が新規開業するにあたり、継承スタイルは、最もリスクが少ない形式です。新規開業では、患者数0の状態から、赤字解消ベースに乗せるのに、数か月~1年以上かかるケースもざらです。継承案件では、たとえ減少傾向でも、数十人~200人くらいの外来患者さんや訪問診療の患者さんなどが、引継ぎされる可能性があります。それにより、開院時から、ぎりぎり赤字かむしろ黒字ベースでスタートできます。しかし、継承案件をうまく活かすためには、コツがいっぱいあります。それについては、また、おいおい記載しますね。

2020-05-19 07:21:37

  

社長がよければ、No2、No3がいい。


社長が、人格者、カリスマ性がある、方向性がしっかりしている、やさしい、無駄遣いしない、切れ者、風雲児、親しみがある、独創的などなど、色々なタイプはありますが、魅力的であれば、No2やNo3や社員となって、支える、働くのも悪くない。私も、支えるべき社長がいれば、側近として、全力で提案・実働してもよかったのだけれども、見当たらず、自分で旗揚げすることになりました。今となっては、何人か、優れた社長の存在を知りえましたが、それは、社長になってから知った方々であり、どうしようもありませんね。だとしたら、今は自分が、上記の魅力的な社長になること、そうでありつづけることを目指すしかない。

2020-05-19 07:11:19

  

新しい感染に強い世界に


経済評論家さんたちは、いまさら何をしてもコロナの前には経済は戻らない、といいます。そりゃそうだ。覆水盆に返らず。戦争でもバブルでも地震でも、元には戻らない。もとに、戻す必要はない。新しい世界に。次も、別の感染症やコロナの再燃、インフルエンザ、寄生虫、公害、幾多の苦難が起こることが推察されます。苦難を乗り越えるたびに、色々なことを変えて、困難にダメージを受けにくい世界にしていくしかない。感染予防対策をしっかり考えた経済活動様式を作り、浸透すれば、それは、第3波どころか、今後の新型感染症の大部分に対応できうるはず。感染対応しつつ、経済活動をある程度維持できるシステムを政治、民間で構築できるか。医療・介護面では、感染症がいつどこで起きていたのか、情報が十分に来ないので、最前線の我々も、対応ができません。ゆえに、すべての患者さんをコロナの可能性があると考えて治療にあたるしかなく、非効率的です。次回の広域感染症の流行の際は、一時的に公的病院の感染症専門病院化し、流行感染症・疑わしい患者は、一般市中病院にかからないシステムなど、通常の疾病の方の治療が滞りなくできるようなシステムをお願いします。

2020-05-18 07:58:20

  

腰痛のため、現在歩行に支障が出ています。


ぶり返したぎっくり腰第3波。現在は、軟性コルセット着用し、ボルタレンローション塗布、カロナール+芍薬甘草湯内服屯用、温泉療法(自宅のふろ+バブ)で対処中。起居は、よっこらしょ、歩行は、前傾小刻み歩行、のような状態。とほほ。

2020-05-18 07:44:13

  

飲食店の座り方


飲食店で外食を、今後、していくことになります。カウンター席、壁向きの席は、横並びになるので、間隔を空けるとだいぶリスクが減りそうですね。4人席などは、横並びになる二人しか座れません。売り上げは、落ちちゃいそうですね。また、行列になり、待ち時間が増えると、リスクも上がりますね。テーブルの真ん中に、アクリル板の設置やビニールシートを天井から吊すなどしたら、正面に座っても、顔が見えるし、リスクを少し減らせるかな。できれば横も仕切りが欲しいところですが。多少の客の不自由はやむなし、店の売り上げ効率を少しでも戻さないとね。緊急事態宣言解除の前に、準備間に合うかな?

2020-05-17 18:44:24

  

具体的な数字目標はわかりやすいが注意が必要。今後も大胆な行動は慎んでくださいね


国、各都道府県から具体的な自粛解除目標、再開目標の数字が具体的に出されましたね。わかりやすいとみんな口を揃えてコメンテーターは、横並び。テレビなどのメディアでは、今まで散々政府の政策を具体性がない、エビデンスにかけると批判してました。一方、知事の言動には一様に評価。同じ意見、主張ばかりで大丈夫?そもそも、各都道府県知事の出している数字、それ、OKなエビデンスあるのかな?元々、新型だから、最初からエビデンスなんてほぼないと思いますが。欧米の数字を参考にしたって、日本よりもいっぱいコロナで亡くなっているから、大丈夫なわけではない。なんらかの数字目標は、大事だけど、数字の前後でクリアカットに大丈夫なわけではないので、解除するということは、今まで以上に注意が必要ということ。テレビでの知事の言動は偉い、すごい、政府は何してもダメ、みたいな結論ありきで誘導するような番組構成には賛同できない。そもそも役割と規模が違うし。声を上げるところは声を上げるべきが、評価するところは評価すべき。なんだかんだで、日本はコロナ感染の蔓延を抑えている。各局、朝から晩まで政権批判・・・。ワザとに国民の政権不信感をあおっているようにもいつも感じます。何らかの恣意的なものも感じたりすることがあります。メディアは、中立的な事実を報道してほしいし、コメンテーターにも横並び批判ではなく、いろんな意見を持った人が同時に出てほしいな。選挙で選ばれた我が国の政府なのだから、正当に中立的に評価と批判をしてほしい。ちなみに、感染対策についての話で、検察の話は、よう分からん(*´Д`*)。けど、検察の話やらなんやらで、大事なコロナ対策の議論をさせない、しないなんて、与党も野党もどうかしている。検察の話は、今やることじゃないんじゃないの?

2020-05-16 07:53:02

  

看護の質が高く、働き甲斐があり、働きやすい訪問看護をしてみたい看護師さんを募集しています


在宅医療サービスは、その提供するサービスの特性上、労働が大変だと、というイメージがあり、実際にそういった一面もあり、やってみたいと思う医療者は多いものの、一歩を踏み出せない人が多くいます。また、現在、従事されている方でも、提供しているサービスがこんなものでいいのか、不満に思っている方もいるかと思います。当クリニックでは、こころ院長が考える、最高の地域医療を実現するためにモデルとなる訪問看護ステーションを立ち上げようと画策しています。従事する看護師が、看護の質、対応はもちろん、仕事内容に対する自信とプライドが持てるような、かつ、仕事の量に比した十分なマンパワーを導入して、仕事に集中できる身体的精神的余裕を維持しつつ、しっかりとOFFを、趣味に家庭に充実したプライベートタイムを満喫できるような、新しい訪問看護のシステムを考案していきたいと思います。訪問看護を、特殊なJOBではなく、ただの一つのJOBの選択肢にできたらな、と。このような考えに賛同していただける看護師さんのお問い合わせをお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-15 07:37:54

  

札幌市 厚別区 非常勤・スポット医師の募集


札幌市厚別区のクリニックでの非常勤・スポットの医師を募集しています。
①外来医師 9時~12時 各曜日。1日から複数日でも可。
②訪問診療・外来診療 13時半~17時半 各曜日。1日から複数日でも可。訪問診療は5~8件、15時半から外来診療
③①+②で9時から17時半 外来診療+訪問診療 各曜日。1日からでも可。


 詳しい条件につきましては、お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-14 19:46:18

  

CPR用グッツを配布しました


心肺蘇生CPRでは、人工呼吸および心臓マッサージを行います。人工呼吸は、その昔、mouth to mouthで行っていましたが、最近は、それでは、善意の救命者が、要救命者から、感染症をもらってしまう可能性、その逆も然り、があるため、直接するのは好ましくない、ということになっています。場合によっては、心臓マッサージのみでも良しとされますが、人工呼吸をするなら、アンビューバッグマスクなどの呼吸補助器具を使うか、一方向弁のついた感染保護シートやマスクを使用すべきです。そこで、携帯用の一方向弁付き感染予防シートを、当クリニックの医師・看護師・訪問リハビリ、おそらく今後は介護士にも全員に配布し、携帯を義務付けました。使われることがないことに越したことはありませんが、いざという時のためのお守りに。場合によっては、オフの日でも町中で、急病人がいたときには、活躍されることを期待します。

2020-05-14 07:41:30

  

結局、中国・韓国・欧米も手探り、まねるのではなく、そこから学ぶ


結局のところ、諸外国の自粛緩和政策も手探り。コメンテーターの大好きなエビデンスや科学的根拠はない。具体的な数字を出せ、数字で目標を示せ、と文句ばかり言うものの、そもそもその数字でいいのかすら根拠はない。あんなに欧米はなんだか指数が1以下なら、自粛解いている、学校再開している、なんで日本は低いのにやらないと大騒ぎしていたけど、結局、諸外国は再燃していしまっている。韓国・中国・欧米の本当に成功した部分はまねればいい、失敗したところは、学べばいい。これからやることについては、まだマネしない方がいい。意図してか意図せずか、日本はお得意のあいまいに自粛・規制解除をグダグダしていることが、感染拡大抑制に功を奏しているようです。個人的には6月いっぱい現状のようながっつり自粛すれば、相当感染は抑えられると思います。それでは経済が・・・というなら、その自粛・制限前提とした経済が崩壊しないような施策を、専門家に考案してほしい。経済の専門家が、経済的な観点から感染抑制政策の強度・期間に口出しすると、感染抑制効果が減弱・水泡に帰す可能性が高いと思います。国民皆保険の医療制度、国民性や島国であることなどもありますが、日本の感染対策が、おそらく世界最高であったと、のちに評価されそう。

2020-05-14 07:25:57

  

魔女の一撃 2回目 はやくね?


本日、折角良くなっていた腰に、再び、魔女の一撃が。今回も痛恨の一撃は回避され、50%程度の一撃でした。それでも痛ーい。

2020-05-13 19:46:31

  

訪問看護ステーション、訪問介護ステーションを開設予定


現在みなし訪問看護事業所をもって、みなし訪問看護を実施しておりますが、それとは別に、訪問看護ステーションこころを開設したいと考えております。当クリニックが考える最高の訪問看護ステーション・訪問介護ステーションにすべく、様々なアイディアを持っております。つきましては、理想の在宅医療の実現に参加したい訪問看護師さん・介護福祉士さん・介護士さんを募集しております。

2020-05-13 15:32:19

  

このクリニックはもっと働きやすくなる。


もともと効率的に働きやすい、働きたいクリニックにすることを前提に開院しているため、他の組織に比べて、かなり働きやすくなっていると自負しています。それでも、開院から1年半、事業が大きくなるにつれて、いろいろな改善したほうがいいこと、変えたほうがいいことなどが見えてきます。それについても、一旦事業が落ち着いてきた今から、さらなる改善に取り組んでいく予定です。在宅医療・看護・介護がより働きやすい魅力的な事業になるために、新しい事業モデルを今後も模索していくつもりです。サービスを提供する側のスタッフも快適でいられるように。

2020-05-13 13:31:43

  

国の進むべき道を模索中


国といってもクリニックのこと。開業から1年半、色々ありましたが結果的に順調にきています。当初は、とにかく国をより大きく、多くの患者さんを利用者さんを治療・リハビリしていきたい、という思いもありつつ、事業拡大の計画を進めていましたが、最近になり、ふと別のことも考えています。逆に縮小するということ。大きくすれば人が多くなり、人が多くなるとずれが生じる、想いが薄まる、問題が増える、全体を把握できにくくなる、膨大な作業が生まれ、一つ一つにかけられる集中力が弱まる可能性がある。それよりも、ある程度の余力をもって、国を縮小し、スタッフが過剰な労力を要求されずに、質の高い医療・介護サービスを提供するクリニックのシステムを構築していく。それとともに必要と思われる事業を展開する。ある程度、規模が大きくなってきた現段階で、今後、さらに大きくするのか、維持するのか、逆に縮小するのか、選択を問われるときがきています。

2020-05-12 07:29:01

  

仲間を信頼し、頼ることも大事


自分の仕事に責任をもってやり遂げることは、とても素晴らしい、尊敬に値する。しかし、無理をしてはいけない。残業になるほど抱えてはいけない。過剰なストレスを感じるほど抱えてはいけない。仕事に強迫観念を覚えてはいけない。人生は、仕事だけがすべてではないのだから。休みは、しっかりとろう。休みの時は、仕事のことは忘れよう。私がやらなければ、私しかできないと気負う必要はない。私以外の人にもできるなら、私は必要ない存在、などと考える必要もない。皆、必要だから、雇われている。いてほしいから雇われている。任せられる仕事は、お互いに助け合おう。そのためには、チームワークが大事。仲間同士で、障壁なく話せること、ハードルなく頼れること、任せられること、相談できること、議論できること、指摘できること。組織の仲間は、内部的にはライバルでもあるが、一緒に戦う仲間である。同じ国の武将として戦う仲間である。組織内では、小さなもの大きなもの、派閥を作ってはいけない。社長を中心とした1つのチームにならなければならない。さもなくば、思わぬところから、少しずつほころびが生まれ、ほころびに気が付かなければ、取り返しのつかない穴になる可能性がある。個々のスタッフの気持ち、社長の動向、側近の手腕が問われる。

2020-05-12 07:17:02

  

人は、過ちを犯すもの、それ自体は罪ではない


組織においては、社長でれ課長でれ社員でれれ新入社員でれ、人は、過ちを犯すもの、それ自体は罪ではない。過ちに気が付かないこと、気が付いても指摘されても正さないこと正せないことが罪である、と思う。組織が何事もなく円満に進んでいるとき、全員が同じ方向を向いている(サンドウィッチマン伊達さんの安倍首相のものまねのように、”私たちの考えは、完全に一致しました”)場合と誰かが異論を黙認しているときがある。ただ、前者は少ない。議論や口論があるとき、一見不和に見えるが、少しずつ違う方向を向いている者同士が、方向をすり合わせるためのものであり、とても大事な作業で、むしろ組織としては円満である。上から下に、下から上に、横同士で、口論ができる組織、口論によりより良い方向に舵が切れるとき、組織の結束はより強固なものとなる。そう思います。だからこそ、社長としては、スタッフから上がってくる意見に、真摯に向き合いたいと思っています。これからもずっと。

2020-05-12 07:01:40

  

スニーカーを買いましたよ


普段、靴をあまり買わないので、使用中の靴はのきなみ、10年~25年ものがほとんど。この度、シュークローゼットを整理するにあたり、靴を何足かかってみることにしました。ABCマートをはじめ、コロナウィルスの影響なのか、靴がネットで大分安く買えました。ネットだと、履き心地は確かめられないけど、色やサイズは、ゆっくり座りながら探せるので、楽ちんですね。スニーカーといえば、コンバースがやっぱりかわいい。

2020-05-11 07:25:04

  

マスクを頂きました


利用者さんから、手作りマスクを頂きました。自宅用に持ち帰り、使うことにします。

2020-05-11 07:03:19

  

韓国の感染再燃


韓国で感染の再燃のニュースが。予想されていたことですが、韓国の現状を今後も注意深くみながら、今後の日本の過ごし方、対応を学ぶべきではないでしょうか。

2020-05-09 19:33:23

  

今日は綺麗にする日


今日は、いろいろ洗って綺麗にしました。お風呂は、排水溝からパネルを外した裏から、隅々まで綺麗に。ワンコとニャンコまで、すっかり綺麗になりました。

2020-05-09 18:46:59

  

禁煙外来の勧め


今回、コロナウィルスの脅威の中で、持病を持っておられる方、喫煙により呼吸器の障害がある方などに重症化が見られました。喫煙は、肺がんはもちろん、多くのがんとの関連性や血管関連疾患、認知症、とくに慢性閉塞性肺疾患・肺気腫などとの関連が指摘されています。外出自粛が緩和され、コロナウィルスが落ち着いた先に、よし禁煙しよう、と思われる方は、禁煙外来の門を叩いてみてください。

2020-05-09 07:42:17

  

新規のコロナウィルス陽性患者が一桁に


日々の新規コロナ陽性患者数の増加がついに一桁がちらほら。数字に踊らされてはいけませんが、それでも頑張っている成果が着実に出ているのでているのではないか?と感じられ、希望が湧いて来ますね。もう一押しです。もうひと踏ん張りです。

2020-05-09 07:35:38

  

マスク着用義務化もありか?


緊急事態宣言終了後、一気に人が街にあふれることが予想されます。中国や韓国の例を見ると、マスクすらしないで人ごみに入る人も多数。第3波を抑制するには、自粛制限緩和=感染収束ではないことを再認識するべきですね。自粛緩和宣言をする前に、当面、全員外出時・就労時はマスク義務化、くらい極端な政策もありかもしれませんね。その代わり、河野外相がつけていた航空自衛隊のマスクのようないい布マスクを国民全員に1~2枚ずつ配布するとか。着用してもいいかな、と多くの人が思えるようなマスクを提供したら少しは良い気がします。マスク作成に、空いている公共機関・体育館・図書館などの小部屋などにミシンを配置して、一部屋一人ずつで作業するなど感染対策をしながら、現在、自宅自粛されている方に依頼して作成や配布をお願いして、政府から報酬を支払うとか。人材獲得も労働対価の給付も作成マスクの配布も全国的に同時に現地で実行できるの効率的かもしれません。1枚500~1000円くらいでも2~3000億円くらい?第3波を抑えて、早めに経済活動再開するなら、それほどの経費ではないのでは?現実的な有効な策かどうかは不明な独り言でした。自粛制限緩和後は、最低限マスク・手洗いの徹底は、緩めてはいけないと考えています。

2020-05-08 08:28:26

  

こんな時期でもスタッフの募集はしています。


コロナ蔓延の前から募集はしていましたが、現在も募集は継続しています。むしろ、こんな時期だからこそ、在宅医療・地域医療・介護の力がより必要となっています。一緒に新しい時代の地域医療・在宅医療を真摯に担ってくれるスタッフを募集しています。

医師(常勤なら1名、非常勤も可、科・経験は不問)
診療補助・訪問看護・外来業務を担当してくれる看護師(正職2名ほど、准看・正看問わず、一定期間同行して、知識やスキルの指導も行います、週4日勤+1日待機)
訪問介護士(2~3名、1名介護福祉士 所長候補、医療・看護的なバックアップが充実、知識やスキルの指導も行います)
訪問リハビリテーション(理学療法士 1名、作業療法士 1名、医療・看護的なバックアップが充実)
管理栄養士(外来・訪問栄養指導、診療アドバイス、他。事業展開によりさらに能力を発揮してもらうこともあります。)

本気の地域医療・在宅医療をやってみたい方は、ぜひ一緒にやりましょう。これからの地域医療を支えていくために、働く人にも負担の少ない労働モデルを一緒に模索していきませんか?お気軽にクリニック当てにメールや電話でお問い合わせください。

2020-05-08 18:30:08

  

UFO出現?!


5月5日 21時過ぎ、清田区・厚別区から西の方角の比較的低い空に、すごく明るく輝く物体が目撃されました。西向きに見ていると、向かって右に移動しているようで、私の眼にはぼんやり丸く光る物体にしか、双眼鏡でも見えないのですが、人によっては上下に?二つくっついているような形をしていると。複数人の目撃者がいます。毎日現れるわけでもなく、たまに現れるそうです。西の空に。飛行機ではないような気がしました。衛星?金星などの惑星?通常の星では出現サイクル的にないかなとも思います。なんなんでしょうね?丁度、西側に自衛隊真駒内駐屯所があるのですが、自衛隊関連でしょうか?藻岩山のリフト的なものなのでしょうか?なぞは、まだ解けていません。

2020-05-07 07:29:45

  

BBQって、今、家族以外としなきゃダメ?混雑してしなきゃダメ?


この国全体として苦痛に耐えながら、感染症を何とかしようという中で、BBQって、必要でしょうか?庭先で家族ととかなら、どのみち食卓囲うわけだし、リビングより庭の方が疎なわけだし、むしろいいかなと思います。しかし、友人と会う必要はあるだろうか?仲間内で感染したら、しゃーないなって、あまりにも短絡的な。結果として、院内感染や家族感染、施設感染、市中感染に広がり、それにより亡くなる人も失業する人も倒産する会社もさらに生まれる可能性がありますね。ましてや、激込みの海岸・キャンプ場・河川敷やその後のごみの散乱など、本当に残念な感性だなと、ニュースや報道を視聴して、こんなんで、規制解除されたら、アウトだなと感じざるを得ないですね。

2020-05-07 07:07:48

  

魔女の一撃 再び


本日の訪問診療の旅半ばで、8割がたぎっくり腰にになりました。まだ、ぎりぎりの痛いところで踏みとどまっているので、慎重に動いていれば、大丈夫ですが、車の乗り降りは、かなり怪しい。魔女の痛恨の一撃はまぬかれましたが、我腰は瀕死です。今日は、安静に過ごして、お風呂療養します。

2020-05-06 14:12:55

  

カップラーメンの増量のすゝめ


午前中の訪問診療から、午後に帰院。残務処理を行う前に、小腹がすくのでカップ麺を食べることに。通常のカップ麺(カップヌードルサイズ)だと、ちょっと物足りないな、という時に、乾燥はるさめを適量、カップ麺にお湯を注ぐ前に投入すると、麺が増量されて、満足感があります。しかも、春雨なのでヘルシー。味も変化なく、違和感もほとんどありません。お勧めです。カロリーをとりたいかたは、スーパーカップや大盛カップ麺、おかわりなどをお勧めします。

2020-05-06 14:06:58

  

第3波、その先も考えながら


中国、韓国などでは、すでにコロナは、終わった感染症と考えているのではなかいと感じます。欧米諸国、日本が今、まさに崖っぷちで戦っている中、行動制限を解除し、国内旅行に行ったり、いつも通りの生活をしたり。すでに、マスクを着用するという習慣も忘れて、人ごみに行ったり。いまだに再燃を恐れる国民もいたり。中国、韓国の現状は、日本の数か月後のある程度感染が沈静化したときの状態のモデルになると思います。今のうちに、自分たちの未来を見ていると思って注目しています。これで、第3波が、両国に来るとなると、時間差で、日本にも来る可能性は非常に高くなります。自国内で起こりうる第3波と隣国から蔵第3波。そのうち来るであろう、感染の鎮静化のステージに行く前、その時にも、3密を避ける、予防策を継続する、感染予防の意識をゆるめない、そのための啓もう・準備をしておく必要がありそうです。

2020-05-06 14:00:31

  

緊急事態宣言 解除へ向けて


緊急事態宣言は延長されました。今は仕方のないことかなと思います。最近メディアが推している基本再生産数という、一人の患者が新たな感染者を生み出す数の平均値のようなものですが、これが1以下なら欧米は良しとして、学校再開や活動再開の指標にしているようです。日本では、緊急事態宣言の前も1以下だったとか。どうしてこんなに締め付けるんだ、とやんややんやしています。欧米の国民の数、患者数・死者数と日本を比べた場合、圧倒的に日本が少ないことがわかります。感染者数については、検査の適応が違うといえばそれもそうですが、死者数は、どちらも条件はほぼ同じかと思います。欧米並みに、解放を求めるなら、欧米並みの感染者・死者数を覚悟するくらいの気持ちが必要になります。輪をもって貴しとなし、忍耐のできる日本人しかできない今の自粛生活ですから、あと一息、頑張りましょう。自粛・封鎖政策の有識者に医療関係ばかりいて、経済の専門家が少ないので経済が死んでしまうというコメンテーターもいますが、コロナの封じ込めには、医療の有識者の意見が最優先だと思います。緊急事態宣言その他について、いつ解放できるのかは医療の専門家が主導でないと、コロナが再燃するリスクが高くなります。経済については、経済の有識者と政府で、緊急事態宣言・自粛政策を、時期が来るまで継続しながら、支援や貸付、給付、その他の別の政策で、経済が死なないように考えて、何とかしてほしいと思います。感染対策継続=経済の崩壊、ではないと思います。そういうところを考えてくれるのが有識者ではないかと。経済のために感染政策を緩めると、すべてが水泡に帰すことも考慮しなければならない気がします。

2020-05-06 13:50:43

  

エラーで更新できませんでした


TOO MUCH RECONNECTIONだか何だかの、アクセスが無限ループに入る?的なエラーで、ブログ更新が途絶えてしまいました。事務長が直してくれて、ようやく再開できるようになりました。

2020-05-06 13:34:26

  

猫の差し入れ Part2


猫の差し入れPart 2。肉球マッサージ器。肉球のところを圧迫すると振動します。ピンクの肉球のところは、肉球の触感はなく、弾性硬なシリコンのかたまりです。首コリの胸鎖乳突筋のあたりの痛みに丁度いい。診察デスクの上にいつも置いてあります。

2020-05-01 07:40:19

  

猫の差し入れ


猫好き社長に差し入れ。いただきました。こんな感じでゆっくりお昼寝したい時もありますね。

2020-05-01 07:36:22

  

もみじ台団地の活用


震災の時もそうですが、コロナでももみじ台団地の4~5Fの空き部屋が、コロナで被害を受けた方に来年3月まで5-700円/月で緊急的に20戸ほど、提供されているとか。もちろん感染症マイナスの方ですが。もみじ台団地は、歴史が古く外観はかなり古いですが、新規入居の方は、いつもは必ずリフォーム・クリーニングされているので、中は思いのほかきれいですよ。今は、高齢化率日本一といわれていますが、徐々に若者も増えてきており、駅前の大学完成以降、さらに新規入居の方も増えていくと予想され、今後、平岡公園や緑が丘に次ぐ、新興住宅街に変貌すると予想しています。団地は、空き部屋が多いので、今後、協力してくれる方から団地内引っ越しをすすめ、完全に空いた棟から順次、新築に建て替えていけないものか、と思いますが。

2020-05-01 07:24:24

  

のちのちのコロナ増税はやむなしか


10万円給付などで25兆円規模の補償、そこから第2、第3の補償もとのこと。その他の政策にも数10兆円かかるとか。本来、使うはずのなかった予算が100兆円以上・・・。お金がわいてくるわけもなく、国の借金もいっぱい。今は、コロナ対策が先決ですが、落ち着いてきた先には、たばこ税・酒税・消費税・所得税(?)、などなどの増税はやむなしか。その時はその時で、せっかくコロナが収束したのに、税金上がったら生活できない・・・て世論になりそうですね。困りましたね。

2020-05-01 07:02:07

  

学校 9月入学式について


特別に何か強く反対するわけではありませんが、今回、コロナのことで突発的に変更することには、疑問を抱きました。もともと、9月にしたいと思っていた方々が、これは好機だと声を上げている面はないでしょうか?何でもかんでも欧米に合わせる必要もなく、留学する人には好都合でも、そうでない人もいっぱいいます。4月に入学、節目とする習慣は長く根付いており、学校だけ変えると混乱が生じます。就業面や住宅等の契約面なども考えなくては。北国の新一年生が、入学後すぐに冬道登校になるのも危険で心配、また、ちょっとかわいそう。北国は、入学後ややしばらく運動会できませんね。今まで、3月と4月で学年差が生まれるので、出産日を計算していた方もいるかもしれません。新しく9月から始めたとして、今まで4月スタートだった人たちはどうするのでしょうか。卒業が半年のびるのか早まるのか。大きく日本の習慣が絡んでいることを変更しようとするなら、変更した結果、どこにどのような影響があるのか、可能な限りシュミレーションしてから、実施したほうが良いかと思います。学校9月開始制度でみんながハッピーになる、というわけではなさそうなので。コロナで行き当たりばったりは、ゆとり教育のように数年後、やっぱりなかったことに・・・は、困りますよ。

2020-04-30 16:01:42

  

人材の話


組織があれば、人は出ていくもの、入ってくるもの。仲間であった人が、何かの理由で出ていくときに、引き留めるべきであれば引き留める。が、引き留めざる理由がるなら、快く送り出したい。決して喧嘩別れすることなく、組織を離れた後も良好な関係を維持したい。医療業界であれば、同じ地域に居れば、どこかで一緒になることもあるだろう、その時はきっと大きな力を貸してくれるはず、貸せるはず。一期一会。
 逆に入ってくる人もいる。様々な理由で前の組織をやめてくる。その時、前の組織のことは関係ない。組織同士の関係性は関係ない。敵対する組織だから、連携している組織だから、は関係ない。その人は、その組織をやめてくるのだから。その人が、自分の組織に必要な人かどうか、それだけが大事。
 人が集まれば集まるほど、火種はおこるかもしれない。みんながみんな、仲良しこよしであればいいわけではない。時に厳しく言わねばならない時もある、しなければならない時もある。やりたい役ではないが、そういう役回りを担ってくれる人がいないと、組織の規律や勢いは、なくなりやすい。

2020-04-30 08:50:22

  

医療、看護、介護には多少の犠牲は必要だが最小限に


多職種でも夜勤や遅番、当直、遅出、早出、休日出勤などありますね。医療、看護、介護では当然、24時間誰かが対応する必要があるため、オンコール待機、夜勤、準夜勤、当直、休日出勤などなど当たり前となっています。現代の傾向として、仕事は無理なく、楽しく、残業をせず、余暇には自分の人生を楽しむ、働き方改革、などの傾向が強い印象ですが、どうしてもこの業界は、業務と人手のバランスが悪く、どこかで誰かがその辺を犠牲にすることで成り立っています。多くの人は、待機や夜勤なんてしたくない。でも、誰かがしなければ。私はやりたくないからやらない、誰かがやればいい、というのはちょっと。当クリニックでは、誰かが頑張りすぎるのではなく公平に、そのくらいは仕方ない、オンコール待機もしっかり業務に位置付けて、そこまで大変ではない、納得がいく業務量で、休みはちゃんととる、という方向性の勤務形態を模索しています。自分や家族のことをお願いするのに、疲れ切っていたり、不満を抱えていたり、余暇のことばっかり考えていたり、そんな人は嫌ですよね。勤務中は全力で、オフの時は全力でオフ、そんな働き方がいいなと思います。

2020-04-30 08:35:57

  

地域医療最前線側の配慮


コロナウィルスは、高齢者や持病がある方、すでに中等度以上の症状がある方などは入院加療が必要になります。また、別な病気で入院加療が必要な方もいます。地域医療最前線側では、自分の入院病床を持たないクリニックが多く存在します。そういった場合、病床のある急性期病院に依頼することになります。その際に、依頼する患者が、コロナウィルスの可能性がかなり低いのか、可能性としてありうるのか、可能な限りの情報提供と場合によっては検査をしていかないと、コロナの抑止、院内感染の防止は難しくなります。我々サイドには、できることに限界がありますが、患者を依頼する際、受け手側に対する最大限の配慮はすべきだと考えます。そうしないと、急性期病院のコロナ汚染が進んだり、それを恐れて、入院受け入れの門戸がさらに開きづらくなっていき、ひいては地域医療も崩壊するシナリオが想定されます。できることなら、自分のクリニックに病床を持ちたいところですが、残念ながら、そんな資金力は到底ありません。

2020-04-29 08:06:12

  

品質にご用心


マスク不足の折、マスクは希少で高額が当たり前になってきています。もともと中国製のマスクのシェアが多かったので、中国製=品質悪ではありません。が、最近は、マスクビジネスで急激に生産を増やしている中国製のマスクの中には、かなりの粗悪品が混ざっているようです。オランダ・ドイツなどでは数千万~億単位の枚数のリコールがあったとか・・。出所不明のマスクでも、ないよりはマシ、という考えもありますが、品質的に衛生的に大丈夫かどうか、考えて購入する必要がありますね。粗悪品を着用していて感染しても自己責任、とはいきません。その先に、家族・他者への感染拡大、医療崩壊へのシナリオの加速、ひいては緊急事態宣言のさらなる延期のきっかけになりかねないからです。MADE IN JAPANのマスクやアルコールの増産やDIYマスク、アベノマスクなど何らかのマスクが手元に届きやすくなってきています。引き続き、感染予防対策、よろしくお願いします。

2020-04-29 07:03:33

  

こんな時期だからこそ自分の仕事に誇りと自信を


テレワーク、宅職、間引き出勤などで、いつもみたいにバリバリ働いている感じがしなくなる人がいます。反対に、現場から離れられず、むしろいつもよりハードに働かなければならない人もいます。後者は疲労します。前者は、メンタルをやられることがあります。いつもの自分の仕事がそんなに意味がないのでは?自分はいなくてもいい仕事をしていたのでは?と錯覚します。こんな時こそ、自分の仕事に誇りと自信を持ってほしい。自分の仕事どれだけ人に会社に貢献しているのか、支えているのか、自分は必要とされているから雇われているのだ、こじつけでも何でもいいので自分と自分の仕事の大事さと意味を自分自身に言い聞かせてほしい。必要とされている感、やっている事の意味・重要性、やったことに対する達成感と満足感、報酬感覚を意識できなくなると、勤労意欲は極端に低下します。それにより、本当に大事なことが見えなくなってしまうかも。鶏の頭であっても、牛のしっぽであっても、それを構成する大事な要素です。いずれの会社も社長も、社員一人一人をとても大事に、必要としています。それが感じられなかったら、感じられる会社に移ったほうがいい。

2020-04-28 07:36:45

  

これからも、より一層頑張ります


3月~7月の間に、クリニックスタッフが新しく増員されたり、退職されたり、幾分入れ替わりがございますが、今後もより一層、地域貢献、今後の新しい在宅医療のモデル構築のために、スタッフ一同、尽力していきたいと考えております。今後とも、よろしくお願い申し上げます。退職されるスタッフが、今後も自分の人生を楽しめるように、新しい職場に向かう方は、そちらでも活躍し、輝いて働いていけるように応援し、願っています。

2020-04-28 06:58:42

  

緊急事態宣言 終了後が心配、そこが肝心


5月6日までは緊急事態宣言。それは、かなり浸透している。仮に延長なしで5月6日まで緊急事態宣言が解かれたとしたら、7日以降、急にお祭り騒ぎになってしまう人が少なからずいることが想定される。心配です。ウィルス感染が、ある日を境に急にZEROに、なんてことは考えられない。7日以降も粛々と、感染予防には努めないと、今までの苦労が台無しになる。あと1週間ちょっと。これからは、STAY HOMEではなく、その後も行動について、啓もうしていかないと、間に合わない気がする。みんな、ストレス抱えて、解放の瞬間を待ちわびすぎているような気配がします。

2020-04-28 06:33:07

  

医療機関・世間での認識のずれ


軽症~重症の認識のずれについては、最近よく報道されていましたね。検査についても、ずれがあります。抗体検査やPCR検査をとにかくいっぱいやってほしい。ドライブスルー検査、なんですぐにやらないんだ、などとコメンテーターがよく言ってますね。検査料金や人件費、そもそも人手不足の中、人材を投入するのも大変です。で、PCR(-)になったら、俺は大丈夫だったと、外出する人増えませんか?PCR(-)は決してコロナウィルス感染していないという免罪符ではありません。偽陽性・偽陰性は検査につきものです。PCR検査(-)で、偽陰性の方が、大腕を振って人ごみに飛び込んだら、感染爆発必至です。医療従事者は、概ねPCR検査を参考にしつつ、症状や病歴などから総合的にコロナウィルス感染を評価しています。私の場合は、まずコロナウィルス感染と考えながら、少しずつその疑いを晴らしていく感じでしょうか。結局、完全には払しょくできないことがおおいので、感染していると思っての拡散予防その他の指導、観察が必要になります。感染拡大防止のためには、過剰なまでの意識が必要と考えています。

2020-04-27 08:20:04

  

日本のコロナウィルスによる死亡者は少ない


日本は、中国の隣国で国交も密であり、当初からコロナウィルスが侵入してきましたが、その割に死亡者数は少ない。民族的な要素で言えば欧米の民族がウィルスに弱いのかもしれない。アジア系が何らかの免疫的な要素があるのかもしれない。ほかにも日本は超高齢化社会であり、重症化リスクが高い人口が多いはず。それでも死亡者数が少ないのは、国民性と医療の質なのかもしれない。日本の医療制度は国民皆保険でだれでも安価に医療が受けられる、医療レベルとしても決して低くない、高齢者を敬い、高齢であっても命は命として全力で救命する姿勢がある。国によっては、ある程度の年齢がいって、けがや病気をした際には、それは天寿ととらえる死生観を持つ国もあるだろう。ゆえに、単純に死亡者数だけで、どこそこが優れているだとは言えないのかもしれない。潜伏期間や検査数、検査の仕方などからも、時間や条件にずれがあり、日々の報道される数字にあまり惑わされず、収束を見るまでは、引き続き、十分な警戒を続ける必要がありますね。

2020-04-27 08:00:04

  

待合室の配置転換


待合時間は極力短縮するように努力していますが、それでも込み合う瞬間があります。その際にも、極力飛沫が分散するように、待合室の椅子の配置を変更しました。数を減らして隙間を増やし、背中合わせにすることで、直接的に飛沫が顔にかからないようにしました。限られた空間なので、どうしても壁に当たったり、気流に乗って飛沫することはありますが。要はその濃度・量を散らすことが目的です。少しでも感染リスクを減らすために。

2020-04-24 13:26:37

  

感染リスクが少しでも上がりそうな情報拡散は、控えてほしい


ネット社会では、不確定な情報が多く流れます。もともとコロナウィルスの全貌は明らかではなく、不確定な情報が多いです。それでも、少しでも感染拡大リスクが減らせる情報は広げて、増えそうな情報は控えてほしいです。今は、個々人の権利を多少制限しても、全世界人類の生命をかけて、感染拡大を阻止するべきと考えます。マスク意味ない?ほんとに?布マスクでも少しは飛沫をキャッチするのでは?パチンコは、3密ではないから大丈夫?ほんとに?3密はリスクが高いだけであって、3密でなくても感染は拡大します。ランナーにマスクは不要?ほんとに?歩行者のわきを追い抜くとき、かなり接近して吐息が撒かれますよね、2月くらいには、教室で先生の吐く息が最後部の生徒のところまで到達するシュミレーションもありましたよね、2m離れていれば安心?そもそもドアノブなどに付着したウィルスが数時間生存しているなら、いつだれが触っているかわからないのだから、常に手先にも注意が必要ですね、消毒散布しすぎて、アレルギー性肺炎みたいな症例もあったとか。食事はしなければならない、買い物もしなければならい、多少外食したっていい、ただ、少なくとも家の外にいるときは、常に最高に警戒した状態でいたほうが良いと思います。チキン野郎といわれても、ウィルスに対しては憶病になりすぎるぐらいでないと、足元をすくわれることになるかもしれません。とにかく、ウィルスを抑え込まないと、いつまでたっても経済もなんもかも、再開できないと思います。

2020-04-24 07:29:57

  

一般の方が思っている以上に医療従事者は患者さんを助けたいと思っています


おそらく、一般の方が思っている以上に医療従事者は患者さんを助けたいと思っています。その中で、現在、抱えている入院・外来・訪問などの患者さんと新たに疾病やけがを抱えて受診された方、両方救えるなら救いたい、しかし、コロナウィルスなどのリスクがあるときに、院内感染を起こして、今抱えている患者さんの感染のリスク、治療が中断されるリスク、病院業務が止まり、今後治療するであろうはずの患者さんの治療ができなくなるリスクと受診された患者さんが治療を受けられないことで病状が増悪するリスクなどなどを自分の良心と冷静な判断などを駆使して、瞬間瞬間に決断しています。世界中の現状からも、今は普段なら使えるものが使えない、あるものが足りない、できることができない、などの窮状の中で、できうる限りの手を尽くそうと思って治療にあたっています。今の感染拡大の原因は、政府などがコロナウィルスの感染力を甘く見ていたこと、海外の前例から学習して早期に移動制限・活動制限をかけなかったこと、一部の個々人の油断と過信、配慮のなさが招いたもの。感染ルートをたどれば、そこに行きつきます。人が移動すれば、ウィルスも移動して拡散します。ウィルス単独では、広範囲には移動できません。無症状の時期でも感染力がある。個々人が、常にだれかにうつす可能性、うつされる可能性を意識して、もうしばらく窮屈な生活を耐え忍んでくれることを願います。

2020-04-24 07:13:52

  

ティーパーティのお誘い


訪問診療の患者様、ご家族様より、ティーパーティ(短時間)のお誘いを頂きましたが、感染対策中のため、短時間訪問を対策の方針にしておりますため、誠にありがたく、申し訳なく思いつつ、辞退させていただきました。訪問の際に、ご準備されていた品をお土産にいただきましたので、同日、まばらに出勤しておりましたスタッフと、感染対策をしながらの ”おやつタイム” を催させていただきました。夕方のひと時に、スタッフ一同、おいしくいただき、皆、心と体が癒される想いでした。ありがとうございました。

2020-04-23 07:13:21

  

もしかしたら売れるかも?


今回のコロナウィルスの騒ぎ、今後も新型のウィルスや新種の細菌感染などは怒ってくるでしょう。モノや壁についたウィルスや細菌が数時間以上生存しているというDATAもあり、もともと潔癖症の人もかなり多い。このような状況から、家庭用のコンパクトな紙幣・貨幣の除菌・除ウィルスができる貯金箱もしくは機械なんか、だれか作ってくれたら、ある程度のニーズはあるかもしれませんね。カード決済やPayマネーが進んでいくのでしょうが、しばらくは紙幣や貨幣も併用でしょうから、使わないわけにもいかないですからね。ちなみに、私には、他ににもいろいろな便利グッズ(日常から衣料品まで)のアイディアはありますが、簡単なDIY以外では、実現する力もお金も方法もわかりません。協力者でも現れない限りは・・・。

2020-04-23 06:31:33

  

当クリニックのリスク管理の一部


当クリニックは、訪問診療・看護・リハビリを生業としているため、コロナウィルスの感染拡大に寄与しないように注意を払っています。一般的な手洗い・消毒、マスク、その他の感染対策はもちろんとっています。STは、嚥下・発話・口腔ケアなど他のリハビリよりも濃厚接触するため、ガウンの着用を行っています。訪問予定が空いている場合、時間差出勤や早退、記録業務などの在宅ワークなども推奨しております。また、発熱がなくても、鼻水、咳、くしゃみ、倦怠感などの自覚症状があるスタッフは、自己申告してもらい、採血検査などを行い、感染兆候がないことを確認し、感染や炎症がないことが確認できるまでは、公休による出勤停止、自宅療養を行っております。そのため、訪問サービスが急にお休みや振り替えになる利用者さんがおられますが、感染拡大抑制のために、ご了承いただけましたら幸いです。在宅医療に携わる以上、少しでもグレーなスタッフを利用者さんのもとに派遣するわけにはいきませんので。

2020-04-22 08:40:14

  

あまり知られていないコロナの最前線の地方戦


急性期病院・保健所などの最前線の主戦場では、主戦場の問題と戦いがあると思います。我々、地域医療の地方戦でも地方戦なりの問題を抱えています。
 現在の状況では、コロナウィルス陽性の人を準備のできていない病棟に安易に入院させて院内感染を起こすリスクを避けなければならい、理解できます。具合が悪い、発熱している→コロナじゃないの?と疑う、理解できます、大事です。PCR検査には上限があり適応をしぼりたい、理解できます。
 在宅・施設で発熱したとき、現在は入院はできません、コロナかもしれないから。PCR検査をすればいい→尿路感染、誤嚥性肺炎、その他の熱の原因が疑われ、PCRの適応でないといわれる→コロナではないとは言えない→入院できない→発熱患者には、訪問看護・訪問ヘルパーは、ほかの利用者さんに感s念を拡大しないように介入中止してしまう→在宅・施設では介護できない、訪問診療と家族・施設職員だけの対応では限界がある→困っている。
 入院するためにPCR(-)である、ということを確かめないと、入院するためのパスポートが得られない。保健所の先生は、直接事情を説明すると柔軟に対応してくれます。でも、行政として、入院が必要と医師が判断している患者さんに対して、入院するのにPCR(-)が必要であるなら、保健所職員の判断にゆだねないで検査対象として速やかに認めてくれるように指針を出してほしい。検査結果が出るまで2~3日、その期間ですら、自宅・施設待機はかなり苦しい。世間ではあまり知られていない、地方戦実情。

2020-04-22 08:27:17

  

当クリニックでは、大分定着しました。


マスクを少しでも大事に長く使う、衛生的に使う、快適に使うために、マスクの内側にコーヒーフィルターを入れています。毎日、フィルターだけ交換すれば、内側は衛生的。また、マスクは、長期使用すると、繊維がけば立ち、むずむずかゆくなるけど、フィルターは紙なので、さらさらして、思いのほか快適。難点は、湿度が高いところだと、蒸しタオルを顔に置かれたような苦しさがあるときもある。。。( ;∀;)。これで、10人が、マスクを数日使えるようになれば、マスクの使用量が何倍も少なくなり、マスク需要が減るため、より行き渡るようになる、価格が高騰しなくなる・・・・はず。

2020-04-21 07:50:43

  

感染防護シールド DIY 完成品


完成品といってもこんなもの。貧相ではあるけど、ないよりはいい。すぐ手に入る。製作時間はほぼ3分。1個作るのに原価は、眼鏡100円+クリアシート25円(100円のファイルから4枚作れる)=125円くらい。非常に安価。良いところは、分解してアルコール消毒できること、もともと眼鏡をしている人には、シートだけで、自分の眼鏡を防護できること、マスクごと捨てなくても、次の患者の診察介護に移れること。シールドは結構、視界や暑さなどでストレスがかかるが、不要時にはマスクと別に着脱が簡単なこと。本物の感染防護マスクは、熱外来、感染症外来最前線に優先して回してもらい有効活用していただき、当クリニックのようなプチ最前線は、知恵と工夫で何とか戦っていきます。

2020-04-21 07:12:51

  

感染防護シールドを手作りしてみる


感染防護シールド付きマスクが手に入らない状況。この状況で、リスクを減らしながらコロナと戦うには、格好はつけていられない。段ボールで作ったシールドもその一つ。今回は、着用するシールドを代用品として作ってみた。
 作る条件は、①安い材料であること、②それなりに効果がありそうなもの、③現在手に入るもので作れること、④繰り返し使えること、⑤制作と着用が簡単なもの、をテーマにしました。
 材料は、ダイソーのUVカット眼鏡、ダイソーのB4クリアファイル、B5コビー用紙だけ。まず、B5コピー用紙でを使い、眼鏡をかけたときにシールドがいい塩梅になる位置を探り、それを固定するのに眼鏡のツルが通る場所を確認し印をつける。そこに穴をあけて、実際にツルを通してみて、シールドとして塩梅がいい形になるか確認する。B4ファイルをはさみで切り開き、カットしB54枚のクリアシートにする。OKなら、コピー用紙と重ねて、ツルを通す部分に穴あけパンチで穴をあける。この時、強度を上げるために穴をあけるところの表裏にビニールテープなどで補強してもいい。ファイル用の穴補強シールを後で貼ってもいい。眼鏡のツルを穴に通して完成。お好みで形を調整してもいい。

2020-04-21 07:06:33

  

診療報酬倍増?計画


医療従事者に対するご配慮、大変ありがたく存じます。しかし、診療報酬倍増・・・って・・・。患者さんの0~3割の窓口負担も倍増したら、給付金の威力が減少してしまうのでは?病院の経営としては助かりますが、その従事者への配分は、病院次第…ってことになると、従事者にちゃんとお金が回るのだろうか?そもそも、今月の診療報酬なら、病院に収入として反映されるのは2か月後・・・。少なくとも2か月は、手元には来ない。そこから、各病院ごとに従業員に分配されるのか?それはいつ?となると、実際、医療従事者の手元に来るのは、早くても3~6か月後。具体的な政策内容が、わかりましたら、お早めに広報してくださいね。でも、評価してくださる、ということは、きっと励みになります。

2020-04-20 08:36:57

  

コロナウィルスの疑いが少しでもある患者さんを隔離診察


誠に申し訳ございませんが、コロナウィルスの疑いがある、風邪症状(発熱の有無を問わず)、発熱、呼吸器症状などがある方は、可能な限り持病のある定期受診の方や担当外スタッフとの接触を極力避けて苡叩き、感染拡大予防に努めておりますため、車庫に特設した、感染外来の方で対応させていただいております。半屋外ですので、だるまストーブと風よけでは設置しておりますが、多少寒いかもしれませんが、乾季は十分ですので、ご容赦ください。急設にて、地下牢のような雰囲気が出ていますが、追々、もう少しきれいにしますのでよろしくお願いいたします。ただ、明らかにコロナを強く疑う症状やエピソードがある方は、クリニックでは対応困難ですので、まずは直接発熱外来をしている病院か、保健所の方にご連絡ください。あくまでも、当クリニックの、在宅医療ともみじ台地・あおば町周辺地区の地域医療が主軸ですので。

2020-04-20 07:37:40

  

診察スクリーン


今や、スクリーンやフェイスがガードは外来には必須といってもいいくらいのアイテム。しかし、もはや品薄で手に入りづらいし、救急病院に優先すべき。我々のような最前線の小さい診療所では、リスク回避のためには格好はつけていられない。知恵と工夫で少しでも何とかリスクを軽減するしかない。そこで、かなりダサいけれども、フェイスガード、アクリルスクリーンの代用になる段ボールとビニール袋でのスクリーンボードを作成してみました。普段なら、もう少しおしゃれに作るのですが、今回は、忙しいのと、時間がないのとで、とにかく機能さえあれば良しとする形で作りました。これだけでも、診療中の感染リスクは、かなり軽減できると推察されます。

2020-04-20 07:26:17

  

食堂のコロナ対策


スタッフ食堂のコロナ対策。テレワークと交代出勤、直行直帰などで、実質事務所、クリニックの在院人数は半減していますが、食事の際は、横に並ぶ、時間をずらすなどの工夫のほかに、できることは何でもやってみる。段ボールとはさみで切り開いた透明キッチン袋で、即席スクリーンを作成。これで、対面での食事でもある程度の飛沫感染予防につながる。

2020-04-20 07:21:18

  

往診バッグ3号 購入


往診バッグが2個目壊れてしまいました。やむなく、週末にSankiでまた購入。3号機は、ピンクのラパンにしました。記事が比較的薄めなので、また壊れやすいかもしれませんが、色がいい。1500円でした。

2020-04-20 07:04:56

  

コロナ対策の働き方改革


当クリニックでも、リスク管理のため、働き方改革を臨時で期間限定で行うことにしました。ソーシャルワーカーの一部テレワーク化、訪問リハビリの直行直帰および事務作業の在宅化、事務員・看護師の出勤を交代制にして少人数化し万が一の時にでも全滅をまぬかれ、残存勢力で業務継続できる可能性を残すように努力します。いつもよりも、稼働人数が減少することで、多少、サービスに影響が出ることも考慮されますが、何分このご時世のため、クリニックの感染リスクの軽減と感染による業務完全停止のリスク軽減のために、ご容赦ください。ちなみに、医師・看護師長・事務長のみ通常業務で、サービスの維持に努めます。

2020-04-17 17:54:32

  

税金の支払い


固定資産税の支払い振り込み書が来ました。そういえば、自動車税もそろそろでしたね。えーと、給付も迅速にお願いしたいのですが、個人商店・中小企業では、こういった税金の支払いもなかなか厳しいかと。財源として必要なのはわかりますが、支払いを少し延期してくれたりすると助かりますね。給付と支払いの延期・減額は、対象者にとっては同じような効力を持つとおもいます。

2020-04-17 07:17:49

  

対象者30万円給付とりさげ、国民に一律10万円給付に


対象者を絞っての30万円給付から一律10万円に。個人的には、とても良い政策チェンジだと思います。30万円の給付対象条件が、難しく、煩雑で、厳しく、必要な人が該当しない恐れと給付が遅くなることが懸念されてました。一律なら迅速にできると思いますので、迅速にお願いしたい。今必要な人が大勢いるはず。少なくとも一律なら必要な人を取りこぼすことなくいきわたる。儲かっている人、お金持ちの人、給料下がっていない人にも給付はずるい、という意見もありますが、もともと税金は収入によって多い人からは多く払ってもらっているものですし、誰かが得をするのはなんかヤダ、そんなことよりも、とにかく早く、必要としている人が取りこぼしなく給付を受け取れ、コロナと生活・お金の心配から、コロナの心配にだけ集中できるようにすることが重要だと、私は思います。失策はあっても、良策でとりかえせばいい。政治家の皆様もご自愛しつつ、頑張ってください。

2020-04-17 05:49:57

  

ちょっと遅かったけど、まだ間に合うかもしれない


緊急事態宣言、全国区に。すでにコロナ・自粛強化疎開による北海道へのコロナ逆輸入はおこってしまった。わかっていたのに。起こってしまったことは、仕方ない。でも、まだまだ、これから起こりうる逆輸入を少しでも防げれば、第2波のピークを遅らせ、小さくすることはできるはず。それは、すでに第1波で道民が示している。海に囲まれているという地の利と対応が早い鈴木知事、頑張る道民の力を結集して、もう一度コロナに打ち勝っていきましょう。

2020-04-17 05:38:08

  

外来患者さんからの寄贈品


天然の鹿の角でDIYされたボールペン立て。外来患者さんからいただきました。北海道らしい、民芸品店で売られているような趣のある一品。外来受付で使わせていただくことにしました。

2020-04-16 08:05:50

  

北海道 コロナ 第2波は始まっている


千歳市、白石区、北広島市などでの報告が出始めています。第2波、やはり来ました。おそらく内地・海外などから逆輸入でしょう。しかし、一旦入ってしまえば、今後、北海道でウィルスは拡大を続けます。今が踏ん張り時です。予防手段と自粛を頑張るときです。また、栄養、睡眠を十分にとり、免疫力を高めましょう。~をしても意味がない、~していれば大丈夫、などの情報にあまり扇動されず、1%でも感染リスクが減らせることは、個々人でやったらいいと思います。布マスクだって、直接的な唾液の飛沫を数粒でも防いでくれれば、汚染した手で口を触るときに直接接触を1回でも防いでくれれば、している意味はあります。

2020-04-16 07:51:53

  

在宅医療、地域医療の苦悩


取り上げられることもないので、知られていませんが、コロナウィルスの感染は、在宅医療・地域医療を担う我々小さいクリニックにとって、かなりの悩みの種となっています。最前線の病院は、もちろん院内感染その他の脅威にさらされていますが、我々も戦っています。保健所や病院で診てもらえなかった方、大きな病院や遠くには行きたくない方、他、コロナの可能性がある発熱・呼吸器症状の患者さんは、クリニックにも日々来ます。クリニックも最前線の一角です。常にコロナ発覚のリスクがあります。病院や外来クリニックは、最悪休院を余儀なくなり、入院患者さんはそのまま、外来は閉めます。その場合、これから外来にかかる予定だった患者さんたちは、別の病院にかかることになります。在宅・地域医療を担う診療所は、やや状況が異なります。地域医療は、徒歩圏内でしか通えない高齢者もいっぱいいます。かわりにほかの医療機関にに行くことが困難な場合があります。また、訪問診療は、各クリニックいっぱいいっぱいで回っているので、急にかかえている百数十人の患者さんをどこかが肩代わりすることは困難で、治療継続自体が困難になります。休院になってしまったら、代わりなどいないのです。救急で頑張られている医療関係者さんに感謝するとともに、我々在宅医療を担っている診療所レベルでも、大きなリスクと責任を抱えながら、ギリギリのところで、発熱患者さんの対応をしていることをご理解いただき、ご協力を頂けたら嬉しく思います。

2020-04-15 08:26:02

  

発熱患者さんへのご協力のお願い


現在、発熱、呼吸器症状がある(もともと慢性疾患で同症状がある方を除く)方は、コロナウィルスの可能性を考慮しなければなりません。ほかの患者さんにうつして、その方が重症化や亡くなってしまうことまで考えなければなりません。そのようなリスクを極力軽減するために、以下のことをご協力願います。

①直接クリニックに来院することは、避けてください。
②#7119もしくは、かかりつけの病院または当クリニックに事前に電話での問い合わせをしてください。
③クリニック内には、高齢の方や持病のある方が多く待合や診察室に来られます。コロナウィルスのリスクのある方は、申し訳ありませんが、別場所に設置した特設外来の待合の方で診察させてください。
 当クリニックのような小さい診療所には、防護服やマスクのようなコロナ対策の医療品は、優先順位が低く手に入りづらいため、対応できる人数に限りがございます。普段、他院でかかりつけているような新規の発熱・呼吸器症状の患者様は、まず、かかりつけの医師にご相談ください。それでも、ダメなら、当クリニックにご相談ください。

2020-04-15 06:35:59

  

学校、本日最後にまた休校?


本日、通学した後、明日からまたGW明けまで休校?話が二転三転。せっかく学校に行くなら、学校でみんなで家族の分もと、手作りマスクでも作ってみたらいいのにな、と思ったりします。それで、マスク不足も、少し解消。

2020-04-13 08:34:57

  

中国はあやういが日本も危うい


コロナ対策の成功を祝って、お祭り騒ぎ。すでに、マスクを外していつも通りの生活に戻り、爆買い・群衆に。コロナでの経済損失を、欧米諸国よりはやく取り戻さんかのように。感染症の観点からすれば、中国コロナウィルスが撲滅されることはない。欧米が落ち着き始めたころに、中国での再ブレイク→世界に再ブレイク、のしなりをが用意されているかのよう。それをしても日本は今まさに危うい。店が自粛して空いていないから隣の県に行く、暇だからキャンプならいいかと行く、友達にあう、電車にのる、バスに乗る、距離を保たない、マスクをしない・・・。首相の7割減発言をどうこうではなく、まず一人一人が自粛しなきゃ。欧米に比べて、危機感が少ない。子供は、そんなにストレスかからない。パパとママが一緒で愛情注いでくれれば、家に居てもそんなにストレスかからない。パンケーキ一緒に焼くのも掃除を一緒にするのも遊びになる。ストレスなのは、急に子どもたちと長い時間、どうしたらいいのかわからない親の方なのかもしれない。少なくとも5月6日まで、必要な仕事・生活以外の外出・面会を避けることから始めてみませんか。

2020-04-13 07:25:21

  

1か月の辛抱、その先の希望と不安


5月6日までの我慢が、苦しいけどコロナ終息への希望。観光・飲食その他の自粛により直接的なダメージを受ける業種の方々の我慢は、外出自粛している方々よりプラスアルファで重いかも。その代わり、コロナ感染蔓延が収束したら、普段は外出が控えめだった人も含め、一気に家の外に出ていき、普段よりも何割か増しの大忙しになる可能性が高いと思います。そこで巻き返すために、準備をしながら、人も店も倒れないように頑張ってほしい。一抹の不安は、人が一気に解放された時の三密で、感染がぶり返す可能性があるでは?ということ。緊急事態宣言が取り下げられた後も、コロナウィルスが無罪放免ではないので、節度をもって、今、行っている感染予防の習慣・意識をしばらくは忘れないでいてほしいなと思います。

2020-04-09 07:04:05

  

北海道、札幌のコロナ再燃の懸念


現在、北海道、札幌は、最初の頃の感染流行から、鈴木知事の英断もあって、かなり穏やかになっています。そのせいもあってか、札幌の町中では、やや気のゆるみが出ているような気がします。バスにマスクもせずに乗っていたり、一部のお店で混雑していたり。このまま、収束する可能性もありますが、東京・神奈川・福岡などの緊急事態宣言地区からの帰省や出張、避難などで今現在、コロナウィルスが穏やかな地区への拡散が懸念されます。まして、今、油断してしまっている方々のもとに持ち込まれたら、アウトブレイクは必至。緊急事態地区のかたがたと同じ気持ちでひと月の間、不要不急の外出の自粛と感染しないように気を緩めないこと、緊急事態地区の方々が落ち着いている地区への移動を最小限にとどめてくれることが、これからのコロナウィルス終息へのカギを握っていると考えます。

2020-04-08 07:39:55

  

マスクの買い占めは全世界的に


全世界的な大流行。外国でも結局全員マスクしたほうがいいなどという話になり、マスクの輸出禁止や買い占めなどが横行する流れに。なかなか対処法が確立しない中、ちょっとでもリスクが減ることがわかっているならマスクは有効な手段ですからね。最初の頃は奨励されておりませんでしたが、手に入らない以上は、上手に再利用するのが次の手。外側は、一度使ったらある程度汚染されているものと考えつつ、内側は、自分の口・鼻の問題。間に1つ、キッチンペーパーなどをはさんで中だけでも捨て出来るようにすると、使い方によっては、1週間くらい使えるかもしれません。1週間分7枚のマスクを手に入れるより、1週間分1枚のマスクを大事に使うほうが、今は現実的かな。作る、手に入れる、買うも一手、大事に使う、捨てない、のも一手。マスクが手元になくなってしまうのが最大の下策。

2020-04-08 07:31:13

  

当クリニックが力を入れている在宅における嚥下訓練


在宅医療においてSTによる訪問リハビリ(嚥下訓練)を受けることは、札幌ではまだ多くはないです。特に、当クリニックのように医師・看護師が強力にSTのバックアップをしながら、積極的な嚥下訓練を進める訪問リハビリステーションは少ない。
 胃瘻が入っていても、少しでも好きなも、おいしいものをなるべく味合わせてあげたい、服薬ルートとして経鼻胃管が留置されているなら、服薬さえできるようになれば、経鼻胃管を抜いてあげることができるかもしれない、ミキサー食を食べているなら、もう少し形のあるものを食べさせてあげたい、色々な思惑を持ちながら、誤嚥性肺炎のリスクを負いながら、日々リハビリをし、リハビリを勧めています。
 在宅医療の目標は、一般的な在宅で最期を迎えることや現状維持というのもありますが、今よりも少しでも良い人生を送れるようにサポートするという事がとても重要です。急性期や回復期と違って、終了期限が明確に決まっていないことが在宅リハの利点です。焦らず、ゆっくりと、明確な目標をもってリハビリを受けてみることを考えてみたらいかがでしょうか。

2020-04-07 07:34:54

  

お祝い


今年も、スタッフから誕生日のお祝いをしていただきました。どこで、こんなかわいい猫の袋を見つけてきたのやら。社長の好きなピンクのベストを探すのは、大変だったようです。今年も一年、社長想いのスタッフたちに感謝しながら、いつまでも ”愛される社長猫” であり続けるように、初心を忘れずに頑張っていこうと思います。

2020-04-07 07:15:15

  

手作りマスクの作成


自宅で生活する分にはサージカルマスクなんていらない。手作りの布マスクでも充分と思います。DIYの見せ所。1個15分くらいでできます。試しに、いくつか作ってみました。あまりの端切れ布を2~4枚重ね、立体マスクからかたどった段ボールの型紙をチャコペンでなぞって切り抜きます。上下の端をミシンで縫込み(きれいにするなら、少し大きめに切って折り返して縫う)ます。この際、鼻の部分にあたるところに、食パンなどの包装に使われる針金みたいなやつを3本くらい一緒に縫い込むと、アジャスター機能も搭載できます。側面は、ゴムが通せるように筒状に縫います。あとはゴムを通して完成。好きな柄のかわいいマスクも作れます。長くなりそうなマスク生活。おしゃれにするもの気分が上がりそう。洗うことができ、繰り返し使えます。内側は、コーヒーフィルターやキッチンペーパーをはさんで使用すれば、さらに衛生的でかつ、けば立った繊維でかゆくなりにくいです。我々程度の診療所レベルの診察では、マスクが不足するなら、この程度のマスクでも事足りそうです。数が足りないのなら、ぜひ、現在希少なサージカルマスクは、必要とする手術や感染症治療、血液病や移植などの免疫抑制患者さんの周辺などに優先して回り、マスクの在庫を気にせず日々の治療ができるようになってほしいですね。

2020-04-06 07:24:07

  

キングダム アニメ 第3シーズン始まる。


昨晩、というか本日総長というか、0時15分から、NHKでキングダム、第3クールが始まりました。アニメ化できないんじゃないかといわれた合従軍のクールです。中華各国の天才、武将が一気に衝突する、キングダムで一番盛り上がる戦といってもいい場面です。気になった方は、ぜひ、この不要不急の外出制限が続く中で、お楽しみください。

2020-04-06 06:51:17

  

コロナ対策専門病院


多くの方が言っていますが、コロナウィルスだけを診てくれる病院を各都道府県に作れたらいいですね。公立病院のどこかに担当していただき、そこに今いる患者さんは、申し訳ないですが、一旦別の病院に移っていただき、コロナウィルスを一極集中で診断、治療をしていただく。そのかわり、ほかの医療機関は、通常通り、治療や手術を必要としている方の治療に集中する。コロナ以外の疾病の方の治療が中断されてしまっては、取り返しがつかないことになってしまいます。各病院で少しずつ手分けして対応していたら、院内感染で閉鎖されてしまう病院が、今後もどんどん増えてしまいそうです。また、一極集中すれば、必要物品も効率的に現場に集められますね。感染区域もある程度限局されて、パンデミックを抑止する方向に、少しはつながりそうな気がします。

2020-04-03 07:05:25

  

一世帯にマスクが2枚配布される、介護事業所にも利用者さんに配るマスクが届いているようです。


布マスクが一世帯につき2枚、配布されるようですね。ネットやSNSでは、さっそく批判、茶化しなどの投稿が多いようですが、実際は、ありがたいですよね、マスク。手に入りにくいし。現金バラまいても、マスク買えないし、期に乗じて、マスク値上げするところも出てくるし。布製マスクは、紙と違い洗えるから、1枚で何回も使えるし。欲を言えば、マイナンバー制度をつかって、ナンバーに1枚、配布してくれれば、一人ずつ行き渡ったのになと、思ったりもします。
 居宅事業所などの必要性が高いところには、厚生省から、利用者さんに配るためのマスクも届いているようですよ。こういったことも、ちゃんと公正に報道しないとね。
 こういう不安定な時代にこそ、誰かがしてくれたことに、まず感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。

2020-04-03 06:51:18

  

第6回 院内研修 こころ 開催


4月2日に第6回の院内研修を開催しました。今回は、作業療法士 竹中による、在宅サービスで使う福祉用具について、でした。ものにより、購入するもの、レンタルできるもの、その値段、メリットデメリットなど、利用者さんの疑問に、各スタッフがちゃんと答えられるように、知識のおさらいをしてもらいました。

2020-04-03 06:28:06

  

品性を疑う


昨日、自宅に荷物を届けに来た宅急便の配達員が、マスクを顎にずらしてつけたまま、荷物の対応にでた娘の顔に向かって、せき込むという暴挙に出ました。我が家の宝に向かって!時期が時期だけに、人としての品性を疑います。すぐにうがい、洗顔、手洗いをし、我が家に合った補中益気湯でとりあえず、少しでも免疫力向上を図りました。

2020-04-02 08:33:02

  

院内ジム こころ設備 その13


ついにマルチトレーニング器具がやってきました。スタッフ4人で、あれやこれやといいながら、組み立てました。ネットでのレビューは、様々でしたが、とりあえず、まずまずのもののようです。ただ、1個、部品となる輪っかが足りなくて、とりあえず、段ボールを工作して、代用しました。サイズの合うワッシャーを5~6枚組み合わせて、足りない部品の代わりにしようかと考えています。これで、概ね、ジム設備は整いました。

2020-04-02 08:26:25

  

濃厚接触による感染拡大を気にしながらの経済活動がしばらく続きそう


各業界コロナウィルスの影響を受けていますが、飲食店は大変そうですね。飲食店を応援するために食べに行こう、というのも感染拡大のリスクが上がりそうですし、積極的には避けたほうがいいかと思います。当面、何か新しいサービス展開できたらいいですね。居酒屋さんのおいしいザンギやホッケ焼き、焼き鳥、ドリンクなどが電話注文で、混雑しないように受け取り時間指定で、濃厚接触しないようなドライブスルー的にテイクアウトできるようなサービスができれば、感染リスクをある程度抑えた状態で、宅配に比べたら人件費も抑えて、飲食サービスを提供できないでしょうか。容器の問題があれば、それぞれタッパや重箱持参で、詰込み作業中は駐車場で車内待機とかも感染リスクをある程度抑えられるかな?低金利融資よりも、この状況で感染リスクを抑えた経済活動ができる方法をみんなで考えないとですね。

2020-04-01 08:21:14

  

JAFカード 探しているとき 見つからず


JAFカードあるあるで一句。外食するときに、たまにJAF加盟店で、割引やサービスがあるところに行ったりします。あ、JAF会員だし、せっかくだから会員証を提示しよう、と思って探しても、ほぼほぼ見つからない。あらま、忘れてきちゃったと、大体諦めますが、別の日に美容室やガソリンスタンドなんかに行ったときにクレジットカードを探していると、真っ先に見つかるJAFカード・・・。お前は、いつもどこにおる、そして、どの面下げて、いまここに現れたのじゃ・・・。

2020-03-31 07:08:48

  

ポイントが多すぎる


何かとポイントが多すぎる。あ、これ、お買い物などの話です。ポイントカードとか多すぎて、使いこなせません。ちゃんとポイントがつかえているのは楽天ポイントだけですね。本日中に失効するポイントがあるので、電子マネーに変えてくださいとレシートに書いてありました。これは、nanacoポイント。つまり、2年間、放置していたことに( ゚Д゚)。変換の方法もよくわからない。スマホで調べても、解説している画面と同じ画面に到達できない・・・(*´з`)。結局、お店のレジで交換してもらいました。ポイント、上手に使うとお得なのだろうけども、あまり使い方がわからず、面倒になると、だいたい”ポイント貯めてません”と断ってしまうようになりました。

2020-03-31 07:02:24

  

退院時の在宅サービスの組み方のおすすめ


急性期・回復期・慢性期・在宅生活期のすべてのステージでの主治医を経験した中で、私がおすすめする在宅サービスの組み方を一つご紹介。
 入院から在宅に変えるとき、最も重要なのは最初の2週間です。患者さん本人は、今までの24時間看護師、介護士がサポートしてくれる入院生活から、自分でやらなければならないことが急に増え、精神的にも体力的にも負担が増えます。また、自宅にとはいえ環境変化が与えるストレスもあります。転倒・誤嚥などの事故も、この時期に多く起こります。介護者も急に全部介護することとなり、たとえ、入院中に十分な指導やシュミレーションを受けていても、実際にやることの負担は、予想より大きいです。
 そこで、退院時に訪問診療・看護・介護・リハビリ・通所サービスなどを必要十分量もしくはそれよりもやや多めにプランニングします。なるべく安心安全に在宅生活を送りながら、途中で必要なくなったサービスを減らします。患者さん本人は、途中でサービスが増えることを嫌う傾向にあります。サービスが増えると自分ができないためだと、サービスが減っていくと、自分が良くなってきているという実感がわく、という心理的効果もあります。また、サービスは、追加するより減らすほうが手続的も楽で迅速に対応できます。私が主治医の時は、このような意図でサービス計画を指示してました。ご参考までに。

2020-03-30 08:21:15

  

在宅サービスについての理解を深めよう


外来受診、入院するときには、何科にかかる、どこそこ病院にかかるという事を一生懸命考えますが、在宅医療・サービスを受けるときに、ちゃんと選んでますか?ただ、誰かに勧められるままに、来てくれるという事業所を選んでませんか?医療・リハビリ・看護・介護・ケアマネなど、すべての在宅サービスに係る事業所には、個性があります。得手・不得手、親切・不親切、丁寧・雑、親身・不親身、元気・不元気、親しみやすい・横柄、フットワークが軽い・重い、サービスのわりに料金が高い・安い・・・などなど。在宅サービスは、契約ですので選択できます。セカンドオピニオンは、より良い人生を送るために、医療・看護・介護・リハビリ・ケアマネ、どれに対しても、考慮してもいいのです。

2020-03-30 07:57:12

  

引き続き、コロナウィルス対策をお願いします。


 やはり、学校再開とそれに伴う心理的開放感からの外出自粛のゆるみなどから、ある程度抑えられていたコロナウィルスの拡大が再燃しましたね。ただ、報道される数は、数か所の特定の場所での多発症例を含みますので、一喜一憂すべきではなく、今できる、マスク、手洗い、うがい、不用意に顔に手をやらない、2m前後はなれるなどの個々人の気遣いが大事です。よろしくお願いします。ちなみに、濃厚接触者とは、2m以内で2分以上接触している事、が目安です。

2020-03-30 07:27:38

  

いろいろ批判される方も多くおりますが


コロナウィルスの政策について、いろいろ非難される方や評論家もおりますが、クリニック・事業所に、いくばくかですが、マスクが、厚生労働省より届きました。ありがたいことです。一斉休校や不要不急の外出控え政策も、ある程度の成果を見たと思われます。バラマキ政策については、賛同しかねますが、頑張っている、良いなと評価できる部分もあると私は思いましたよ。

2020-03-27 16:12:14

  

第5回 院内研修 こころ


昨日は、院内研修 こころの第5回を開催しました。テーマは、膠原病と川崎病、漢方総論。膠原病は、難しい病気です。治療には専門医の先生が欠かせませんが、治療が安定した後に当クリニックでフォローすることがあります。また、早期発見し専門医につなげるには常に頭の片隅に置いておく必要があります。多くの膠原病は、関節症状その他の臓器障害・疾病を合併し、ADLが低下するために、訪問診療やリハビリテーションが必要になることがあります。そのため、クリニック内に知識・認識の共有が必要でした。漢方総論は、気・血・水について。漢方学は、そろそろ具体的な各論に入りそうです。

2020-03-27 07:05:41

  

診察室の猫たち


私が猫好きであることは、かなり有名になってきており、患者さんやご家族、クリニックスタッフ、娘、チビ社長に至るまで、何か猫グッツを見つけると、社長に、と持ってきてくれることが多くなりました。診察室のモニターの下に、置けるものは集わせておりますが、1年で、こんなに集合しました。猫まみれ・・・。

2020-03-26 07:57:34

  

院内ジム こころ 設備 その12


スカイウォーカー。だいぶ前に一世風味したダイエット・トレーニング器具。これも、院内スタッフ寄贈のもの。これは、下肢と体幹・上腕にすごくきますね。この器具をみると、どうしても芸人 東京ダイナマイトのコントのネタ ”ボケとエクササイズ” を思い出してしまいます。フィットネスはいりまーす。効果は、未知数。

2020-03-26 07:00:32

  

院内ジム こころ 設備 その11


開脚器。外側のスポンジ部分に下腿を載せて、真ん中の握りを引っ張ることで開脚されていくシステム。自分で限界まで開脚訓練を行えます。休憩時間に”痛い痛い”と言いながら、自分で握りを引っ張るスタッフが、散見されます。ある種の自傷行為に近い。目指せ180度、開脚。目指せ、コマネチ。

2020-03-26 06:52:44

  

院内ジム こころ 設備 その10


ステッパー。乗って、足をふみふみするやつ。家庭用で、結構なお宅にあり、家のあちこちに追いやられている可能性が高い代物。その場で下肢訓練ができる優れもの。まじめにやると、結構負荷がかかります。院内スタッフの寄贈品。

2020-03-26 06:48:07

  

非常電源の確保


防災対策に非常電源の確保は重要です。HONDAのエネポ、3台購入しました。ガスコンロのガス缶2本をエネルギーに最大2時間発電できる優れもの。ガス缶なので長期保存も可能。コンロと合わせて非常時に活躍できます。パソコンやネットの使用はもちろん、スマホの重電や家電の使用も可能です。現在、非常時をシュミレーションした電気配線の確認中。胆振震災の時は、まだ病院勤務で地域貢献もあんまりできず歯がゆい思いをしたので、開業前から防災対策をいろいろ考えていました。これはその一つ。非常時に地域の方にスマホの充電などに電気を一部提供できたらいいなと考えています。震災は、おこらないに越したことはないのだけれども。その他、地域一帯の防災システムなんかも勝手に妄想しています。

2020-03-25 07:22:16

  

院内ジム こころ 設備 その9 


年季の入った腕立て伏せ補助具。もう、10年以上も使っているので、グリップのスポンジ部分のクッション性も落ち、一部破れてしまっています。近いうちにDIYでもして、グリップを新しくしようか。

2020-03-25 07:11:17

  

院内ジム こころ 設備 その8


ストレッチボード。足関節や下腿・下肢の筋肉の伸張、柔軟性向上に。

2020-03-25 07:03:38

  

院内ジム こころ 設備 その7


腹筋補助具。腰を痛めないように、かつ腹筋の弱い人でも楽に腹筋トレーニングができる。スタッフからの寄贈品。

2020-03-25 06:57:54

  

第4回 院内研修 


3月19日に第4回の院内研修を行いました。テーマは、認知症と漢方概論。在宅医療・サービスをやっていれば、認知症は避けて通れない疾患です。アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型をベースに、腫瘍薬剤の効能や副作用、違いなどについて、漢方概論は、第1回に続き、概論で五臓や陽陰、実虚、六病位などについてさらりと。知らなくてもいいことはたくさんありますが、知っていたほうがいいこともたくさんあります。認知症も漢方も知れば、見えているものが違ってくるかもしれませんね。

2020-03-24 07:54:31

  

恐怖の夢


あまり夢は見ない方ですが、時々、夢を見ます。先日、とても怖い夢を見ました。夢なので、あっという間に詳細を忘れてしまいますが、ホテルに泊まっていて、女性の幽霊に遭遇して呪われる的な内容だったと思います。目が覚めて、時計を見たときにはまだ0時過ぎ。よほど恐ろしかったのか、口呼吸ではぁはぁ、動悸もするし、のどは乾燥してカラカラで痛みすらありました。なんで、こんな夢を見たのだろうと、寝付けないので考察すると、寝る前に眠剤を内服、眠くなるまで録画していた”ホンマでっか?!TV”を見ていました。その時の回が、霊が見えすぎて困る、という悩みだったので、おそらくそれに引っ張られたのかな。10分くらいしか見てなかったのに・・・。

2020-03-24 07:30:12

  

院内ジム こころ 設備 その6


トレッドミル、ルームランナー。冬場や雨、時間帯など、なかなかランニングもできないような日もあります。軽くはしりたいけど、面倒な時、など。筋トレばかりしていてもバランスが悪くなるので、持久力・体力・心肺機能もトレーニングしないとね。

2020-03-24 06:53:54

  

院内ジム こころ 設備 その5


ころころ。ネーミングとは裏腹に、とんでもない器具。昨日もころころしてみましたが、夜自宅に帰ってから、すでに筋疲労・筋肉痛のような腹痛あり。翌日~筋肉痛は、はんぱない。最初は立ち膝でしかできないくらい負荷が強いです。

2020-03-24 06:47:42

  

院内ジム こころ 設備 その4 


男子には夢のマシーン。懸垂器。男子あるあるで、定期的にふと懸垂をしたくなります。しかし、懸垂できる場所って、意外とありません。ましてや、60-80㎏の体重に耐えられる棒や縁って、なかなか。これは、ベンチもついており、ダンベルと合わせると一気に総合トレーニングマシンに変貌します。

2020-03-23 06:42:56

  

宇宙人 Greys、現る。


親戚のおじさんの還暦祝いに妻が作ったケーキ。タッパに詰められた残りのひと切れが、グレイ・タイプの宇宙人に見えてきました。

2020-03-23 06:27:57

  

院内ジム設備 その3


ばね棒。これも社長が10年以上愛用しているもの。大胸筋や三角巾、上腕筋を鍛えられるうえに、木刀の代わりに素振りにも使える優れもの。素振りは、合気道の鍛錬にも役立ちます。

2020-03-20 08:00:14

  

院内ジム設備 その2


昭和の時代から、筋トレといえば握力。赤の握力器は、なかなかの抵抗。ちょっと女子向きではなかったかもしれません。なにせ、社長が10年来使っているものを持ち込んでいるのだから。

2020-03-20 07:42:46

  

院内ジム設備 その1


基本中の基本。ダンベル。使い方次第で、上腕二頭筋・三頭筋から、三角筋、僧帽筋、広背筋、大胸筋、腹斜筋、下肢筋その他、様々な筋肉をバランスよく鍛えられます。片方10㎏までのなかなかの重量級ダンベル。

2020-03-20 07:37:13

  

院内トレーニング設備の充実をはかる


以前から、福利厚生の一環として、トレーニング室を作ろうと思っていました。少しずつ集めていき、だんだん種類も増えてきました。さらに、もう数種類、入荷予定ですが、少しずつ紹介していこうと思います。北海道は、強固な外出禁止令は解かれたものの、いまだに不要不急の外出は控えるべきです。ジムでの感染リスクもあり、職員にはジムに行かないように指示しています。そのため、運動不足にならないように、院内にジム設備を充実させることにしました。

2020-03-20 07:31:25

  

忘れん坊


木曜日は、お昼ご飯時間に毎週、外部または内部監修の院内研修を子なっております。コロナウィルスの影響で外部ものは中止になっているので、本日は院内研修。認知症と漢方概論2です。自分の講演担当なのに、プロジェクターに使用するパソコンを自宅に忘れ、朝から2往復( ;∀;)。このパソコンは、クリニックのロゴは張っていますが、3~4年前から使っている、仕事用及びゲーミングパソコンです。まだ、頑張ってくれています。

2020-03-19 07:54:08

  

当クリニックは、リハビリを大事にしています。


当クリニックは、院長が外科医出身の内科・リハビリテーション医であることから、リハビリを大事に重要視しています。リハビリを処方するとも言いますが、処方する薬は、何でもいいわけではありません。何かをよくするために薬を出します。リハビリも同じです。この患者さんのこういうところをリハビリしたら、よくできそう、リスクを減らせそう、こういうことができるようになったら、この方の生活の幅が広がりそう、介護負担が減りそう、世界が広がりそう、もっとおいしいものが食べられそう、そんな具体的な生活・人生の質の向上を目標に置き、リハビリテーションを処方し、自社の信用できる有能な療法士たちに指示しています。リハビリは、漫然と受けていてもある程度の効果は見込めますが、より効率のいい、効果のあるリハビリは、技術や知識もさることながら、患者さん本人も含めたリハビリにかかわるすべての人の想いの強さの中にあると考えています。

2020-03-19 06:52:44

  

リハビリテーションをもっと考えよう


癌の手術を受けるとき、手術できる病院ならどこでもいいから入院するでしょうか。近いか、入院するでしょうか。多くの方は、手術がうまい先生がいる、いっぱい癌の手術をやっている、最新の手術を受けられるなど、情報を調べて、選んだり、がんを見つけてくれた先生が、適切な理由をもとに紹介してくれるのではないでしょうか。
 訪問リハビリについては、どうでしょうか。選んでいますか。調べていますか。なんとなく来てくれるところを選んでませんか。リハビリは、どんな目標をもち、生活や人生をご個まで考えてくれてどういうプランを立て、だれが、どんな思いでやって、成果を評価しながらプランを修正して、実践しているのか、漫然と何となくやっているのかではおのずと結果が異なります。近い将来、もっと、リハビリテーションの質についても考える時代がきっと来ます。

2020-03-19 06:45:01

  

雨が降っている


春が近い。もう雨が降っている。ウィルスも塵も、雨で流れてしまえばいいのに。

2020-03-13 07:17:58

  

学校の分散登校に不安感


一時、25日まで休校延長といわれていましたが、すぐに来週から分散登校という話に変更に。はて、個人的には、ここまで我慢して協力してやってきたことが、一部台無しにならないかとの思いがあります。データがはっきりしない、エビデンスがないと休校政策を批判する方もいますが、私は、一定の効果はあると思います。一斉休校であればなおさら。分散登校では、学年別分散なら、結局教室内はいつも通りの人数になるのでは?教室内でのウィルス対策、空調・湿度、子供たちの座る距離、出席OKの基準、服装、授業時間、滞在時間の妥当性、換気の頻度など少しでもリスクを減らす案は出し尽くされているのかな。非常事態に休校になって家で家族と話す、親兄弟が自分の心配をしてくれて、考えてくれる、こんな経験は子供たちにとってなかなかできない経験だと思います。子を持つ親の一人としては、来週は、まだ登校させたくないです。この1週間のために我が子がコロナにかかってしまい、後悔をしたくない。

2020-03-12 07:47:28

  

漢方薬のすゝめ


提供する医療の中に、漢方薬を選択肢として入れることをすすめます。漢方薬は、好きな医師は、よく使いますが、苦手・興味がない医師は、0~3種程度しか使用しなかったりします。しかし、漢方薬といわゆる西洋薬では、得意とする分野が異なったりします。症状に合わせて併用することで、症状がさらに楽になったりもします。手術や処置、西洋薬に、もう一つ別な武器として、選択肢として考慮してみることをお勧めします。甲斐武田の最強騎馬隊に、ちょっとだけでも鉄砲隊をあわせてみることで、戦略が広がり、さらに軍は強くなりそう、そんなイメージを持っています。

2020-03-10 07:38:49

  

自分を大事に、その一歩先に


自分の身を守ることは、とても大事。手洗い、うがい、アルコール消毒、外出を極力控え、近距離・密閉空間での接触を避ける。元気な人・若者は、重症化しないことが多いらしいというコロナウィルスの情報。ならば、若者だけ、元気な人だけ集まるイベントや集まりは、自粛しなくてもいいのでは?否。不顕性感染で伝播する可能性が示唆され、痛みを伴う全校休校まで政府が行っているのに。自分が重症化しない若者が、身内の、他人の持病を持つ方や高齢者に伝播して、重症化させてしまう可能性まで、自分の一歩先まで考えてほしい。みんなで一斉に感染ルートを極力減らそうとしている中で、身勝手な行動は、感染を遷延化し、結局は経済活動も長く打撃を受ける可能性があると考えます。

2020-03-09 07:21:58

  

1~2年の間にクリニックの改築を検討中


当クリニックは、開院2年目であるが、法人自体は30年の歴史がある。元の医院は45年歴史がある。当然、開院以来頑張っている診療所の老朽化は否めない。事業内容もだいぶ方針転換しており、箱の限界も近い。そこで、近い将来、建て替えを検討中。2~30年は頑張ってもらわなければならない建物なので、使い勝手がよく、かわいい建物にしたい。融資を受けて、返済するには、早めの方がいい。自分の理想と多くの人とのディスカッションで、より良いものを低コストで作れるように検討中。

2020-03-06 07:46:04

  

猫 T


おニューの猫Tシャツ。妻と娘が買ってきてくれたもの。真ん中の2匹が、他人とは思えない。

2020-03-05 07:37:21

  

薬を減らそう


昔から、年齢がいくほど服薬錠数が増えていき、笑い話ではお茶碗一杯の薬が毎食後にあるとか。私は若いころから不要な薬は出さないようにしていましたが、薬をいっぱい出してくれる医者が名医であるという認識の方もいます。そういう方には、薬も出してくれない医者、といわれたこともありました。しかし、ポリファーマシー、薬の多重化は、問題です。医療費のこともありますが、薬の効果も混ざり合い、副作用も混ざり合い、収拾がつきません。医者目線から話すと、薬を出すのは簡単ですが、減らすのは実は結構大変で、ストレスがかかります。症状が再燃しないように、離脱症状が出ないように注意が必要です。それでも、飲んでる薬を減らすだけで、体調が改善する方もいます。よいと思って飲んでいた薬で体調を崩している方もいます。薬が多いなと思ったら、主治医の先生に相談してみてはいかがでしょうか。

2020-03-05 07:32:48

  

期間限定で、電話受診での定期薬処方ができるようになっています。


定期受診の患者さんの電話受診の受け入れ開始しました。病院・診療所内での感染機会を減らすために、期間限定で許可されています。電話にて、病状の変化の有無を確認させていただき、処方箋を受け取ることができます。発熱やいつもと別疾患や別症状がある場合は、受診診察を要します。まずは、お電話ください。

2020-03-04 16:59:50

  

カレーで免疫力アップ?


カレーのスパイスには、体を温める作用や免疫力アップ作用などを持ったものが多く含まれているといわれます。栄養バランスもいいし、カレーを食べるとなんか元気になりますよね。感染マップを見ると、今のところ、人口の多さや中国からの距離を見ても、インドで患者数が少ないような気がします。カレーのおかげ?エビデンスはないので眉唾もの。カレーは、体調悪いときにはあんまり食べたいとは思わないですよね。カレーが食べられるときは元気な印。元気があれば、何でもできる。元気と免疫を付けて、ウィルスに対抗するのも一手かな。打てる手は、何でも打ってみる。ちなみに、昨日の当クリニックのランチミーティングの弁当は、COCO壱カレーにしました。

2020-03-04 07:28:10

  

足並みそろえないと効果が減少します


せっかく、多くの人に多くの努力、負担を強いて、休校・テレワークなどをしてもらっているのに、ストレスだ、暇だと、急を要さない用事で外出したり、友人遊んだり集まったりしていては、感染拡大予防策の効果が激減します。こんな時こそ、ゆっくり家族と時間を過ごしたり、考え事をしたり、のんびり休息したりしたらいいのに。いつもは、いじってばかりいると怒られるスマホなんかも、思う存分いじってみたりしたらいいのに。今のストレス・暇の解消のための外出・交友で、近い将来の日本の置かれている状況が、好転も増悪もするかもしれないことを知っておいてほしいです。

2020-03-04 06:41:20

  

今は免疫力の向上・改善がカギ


コロナウィルスには、特効薬がまだありません。細菌に対する抗生剤、インフルエンザウィルスに対するタミフルやイナビルなどのように。攻め手がない、となると守備力を上げるしかない。予防と免疫力の改善。そのためには、人との近距離接触を減らす、マスクを着用する、加湿する、ストレスを減らす、栄養を取る、睡眠をとる、疲労を回復する。
 免疫力の改善には、補中益気湯・十全大補湯のような漢方薬が有効なことがあります。座してウィルスにおびえるより、自分でできることは何でもして、ウィルスにあらがうことが大事だと思います。

2020-03-02 07:17:01

  

マスク着用のすゝめ


マスクでコロナウィルスは防げないので外出時に着用は不要との情報も流れているようです。しかし、飛沫感染という感染ルートがあるなら、マスクは一定の効果があるはずです。ましてや無症状保菌者がいるという情報もあるなら、なおさら、全員が着用すべきだと思います。もちろん、ウィルスは小さいのでマスクを抜けてくるヤツもいるでしょう。でも、ウィルスの数が多いか少ないかは免疫側からすると大きな差があります。例えていうなら、キャンプの時に外に小さい虫がいっぱい飛んでいる中で、すべての侵入を防ぎきれないからといって蚊帳を張らないで寝るか寝ないか、という事です。できる限り、外出の際は自己防衛として、エチケットとして、マスクの着用をすすめます。外出控え、マスク着用などは、みんなで足並みをそろえて初めて、十分な効果が得られると考えます。

2020-03-02 07:19:10

  

十分な休息が必要です


医療従事者、救急・消防隊・警察、その他、在宅勤務ができない職種の方々も、交代で十分に休息をとりながらご勤務ください。ストレス・疲労・寝不足・過労などで、免疫力が低下すると、感染リスクが上がる可能性があります。感染してしまうとしばらくは現場には出られなくなりますため、休息も大事な仕事と思って、しっかりとってご自愛ください。

2020-02-28 07:46:08

  

短時間外来にご協力ください。


コロナウィルスの感染拡大、学校休校などに伴い、一部休診、入院制限などが行われる医療機関も出てきました。外来患者数自体は、急ぎでない方が、通院を控えているようで、減少していますので、勤務できるスタッフで効率よく受診が必要な患者さんの対応をしていくしかないと思われます。医療機関での滞在時間をなるべく短くすることで、感染のリスクが減らせると考えますため、普段よりも短時間での診察対応になることをご了承ください。国難ともいえる状況ですので、みんなで協力してのりきるしかありません。

2020-02-28 07:39:24

  

全国的に休校。1週間では短すぎる気がする。


全国的にコロナウイルス対策で休校に。北海道は27日から1週間、臨時休校だそうです。個人的には、おそらく、1週間では、状況はそれほど変わらないのではないかとおもいます。いくつかの問題はあるかもしれませんが、感染拡大防止と子供たちの健康を最優先するなら、今日から春休み、するのが良いかと思います。感染が落ち着いてから先のことは、休みの間に考えればいいと思います。

2020-02-27 06:52:09

  

コロナウィルスの対策は一人一人の行動から


無症状でもコロナウィルス保菌者がいて、感染を拡大させる可能性があるようです。こうなると、まずできることは、一人一人が、すでに感染していると想定して、手洗い・うがい・マスクの着用を徹底する、濃厚接触や外出を極力避けて、部屋の加湿や消毒をこまめに行って、栄養を取り、自宅で安静に過ごすことが大事です。
 多くの人は重症化しないで1週間程度で症状が軽減するようです。心配だとは思いますが、微熱・軽い風邪症状などでの安易なクリニック・病院の受診は、どうしても病院にかからなければならない持病のある重症化しやすい方への感染拡大を招く恐れがあるので、自宅待機で自然治癒が見込めそうならば、自宅療養をしていただけるとありがたいです。
 1週間以上続く呼吸苦がある場合や呼吸器症状が増悪した場合、熱が1週間未満でも微熱が高熱になった、呼吸困難感が出てきた場合には、肺炎の疑いがありますので、#7119などに連絡の上、コロナウィルス対応可能病院を受診して、検査・治療を受けてください。

2020-02-26 07:50:32

  

視野を広くもつ


戦の際に兵士、伍長、什長、百人将、千人将・・・将軍、大将軍、王と見える世界が異なる。それゆえ、考えうることも異なる。現代の日常の上では、役職や位のことではなく、自分がどういう目線で仕事、活動、思考にあたっているのか、という事が大事。指示されたことを兵士目線でこなしているだけでは、全体像や大事なこと、些細なことがなかなか見えてこないし気づけない、理解できない。千人将、五千人将、将軍、大将軍の目線で戦全体(職域全体)、もしくは今回の戦場(職域)を超える目線で、考え、活動していくように努力したら、ワンランクもツーランクも上がった思考やいい活動ができるのではないでしょうか。

2020-02-24 13:19:50

  

やってしまった


本日、燃えるゴミの日。駐車場にあった1袋と部屋からかき集めたもう1袋を後部座席につみ、ゴミステーションを経由して出勤。乗車後すぐに考え事をしていたら、クリニックについてしまった。後部座席の荷物を取ろうとすると、黄色い塊が二つ!!”がびーーーーん””やってしまった”。うーーん、残念だが、引き返して、ゴミステーションに投げてきました。教訓”乗車後、2分は、考え事をするな”

2020-02-24 08:48:25

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 17


ガンゲイル オンライン。上記のソードアート オンラインの第2部に出てくるゲームをもとにしたスピンオフ作品。作者が異なります。個人的には、こちらの方が楽しめた印象です。主に銃を用いたサバイバルゲームの中での人間模様。銃撃戦の描写が上手で、読みながら挿絵を頭で想像できます。こういうゲームができたら、ぜひやってみたいと思える感じです。

2020-02-18 08:17:11

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 16


ソードアート オン ライン。かなり長編ですが、何部作かに分かれています。バーチャルなゲームの世界とリアルな世界での人間模様が描かれており、ゲームやファンタジー小説が好きな方にはよいかと。ゲームの世界に閉じ込められて、クリアしないと出られない、ゲームの中で死ぬと本当に死んでしまう、そんな設定の中で、人間のダークな心理や欲望、正義・友情・愛情なんかが描かれております。文章が上手なので、すらすら読めてしまいます。若い人向け。

2020-02-18 08:09:07

  

いちおうDo It Yourself


ガブリエル専務により、ソファがぼろぼろに。爪トギをしてしまうため。そんな専務に爪とぎを買いにHormacへ。以前作ったアサヒものものは、キャットタワーに付属しているものばかり。簡単なものは、段ボールでできている。これなら作れるとノリとカッターを買って帰る。チビ社長と一緒に作成開始。車庫にあった回収予定の段ボールを、4㎝幅の短冊にして、それをノリで固定。乾燥するまでビニールテープで短冊を圧迫固定し、乾燥したら、4㎝幅の段ボールで外枠固定し乾性。あとは、これを爪とぎであるとゆっくり認識してもらう。買えば400-500円だが、捨てるものを買うより再利用して作る。なんでも買うのは簡単だが、手作りで代用できるものがある。あとで買うのはいいが、作れそうなものは作ってみる。作ってみて工夫する・会話する・考えることで、原理が理解でき、その後のモノづくりに応用できる。それを、事あるごとにチビ社長に伝えることが、我が家の教育方針です。

2020-02-17 07:12:01

  

チビ社長が発見した工場のミス


ある日、チビ社長が、”工場の大変なミスを発見した!”と駆け寄ってきた。それは、チビ社長が大好きな、なとりのカルパス。その信じられない風貌に爆笑してしまいました。なかなか珍しいフォルムで、チビ社長も気に入ってしまい、もったいなくて食べられないと、大事にしていました。

2020-02-14 07:30:55

  

マスクの買い占め問題


新型コロナウィルスの話題が出てから、消毒やマスクの転売のことは、容易に想像がつきましたが、資本主義、自由経済の悪いところですね。勝手に希少価値・付加価値を付けて、高値で売り、その差額を儲けようとする。そういう発想は、好きではありません。贅沢品は、大金を出しても欲しい人が買い、自慢してもいいと思いますが、特に食料や医療のものは、本当に必要な人が通常の対価で手に入れられるような世の中であってほしい。小売店も毎度のことなので、早めに気が付いて、爆買い・買い占めができないように、購入制限をもっと早めにすべきでしたね。転売できないくらいに、速やかに大量生産とか、できたらいいのですが。マスクが世の中にあふれてしまえば、転売できなくなります。

2020-02-14 07:19:19

  

医療・介護サービスの導入の仕方


以下は、私の個人的な見解です。在宅医療・回復期リハビリテーションで12年やってきましたが、在宅生活を送るうえで必要となる介護・看護・医療サービスの計画の仕方についてです。ほとんどのケースで、まずヘルパーを週1回から、訪問看護を1回から様子見て、後々、増回していく、リハビリは、必要なのはわかりますが、後々入れていく形でなどの計画が立てられます。しかし、私のおすすめは逆です。最初から安全に安楽にリスクを減らすために、必要十分のヘルパー・看護・リハビリを開始し、その後、能力や生活に応じて、サービスを変更・減量していくことをすすめます。必要だと思われるサービスを入れるのは、できるだけ早い方がいいです。また、リハビリは週1回より2回のほうが効果的で、症状・リスクの軽減がはかれます。嚥下訓練などは、誤嚥性肺炎が起こってからよりも、起こる前に始めたほうがいいです。介護・看護も同様です。起こりそうな要因があるなら、起こる前に先手を打つべきです。通所サービスなどは、後々、サービスの回数が増えと、本人に潜在的にでも自分の能力の低下を意識させますが、サービスが減ることは、逆に本人に他人の手をかりる回数が減るため、自分が良くなって来ているという印象を与えます。サービスは、開始しても増減・中止ができます。これから、サービスを受けようと思っている方、計画しようというケアマネージャーさん、最初からFullのサービス導入から減らしていく方法をご検討されてみては、いかがでしょうか?

2020-02-13 07:11:32

  

早めのいただきもの


ちょっと早めに、頂きました。

2020-02-13 06:44:06

  

便秘に


私は、消化管が弱く、以前は年に2回ほど強烈な胃腸炎を繰り返していました。時に便秘で出血することも。最近は、便通もよく、おなかが痛くなることもありません。商品名は避けますが、液体やゼリーに溶かして服薬し、一定量の水分を吸収させないようにして、その水分で便を柔らかくするお薬を愛用しています。わずかに塩味がありますが、ほとんど味を変えない。翌日以降に自然におなか痛くなることなく柔らかい便が出ています。お勧めは、甘酒に混ぜること。塩味が付加され、むしろ甘酒がよりおいしくなります。刺激性下剤の連日服用は、お勧めしません。

2020-02-12 08:03:04

  

鍵をなくした、( ゚Д゚)


今朝、コートのポケットに入っていた鍵をなくしました。他に鍵束を持っていたので、もしかしたら鍵束を取り出すときに落っことしたのかも?と玄関、クリニック周辺を探すも見つからず。うーーん、困った。こういう時は、一旦、初診に。とりあえず、脱いだコートを着てみる・・・・、ん?何か違和感。コートの隅に今までにない重さ。ポケットに手を入れてみると、中に穴が!なんと、その穴からコートの縫製の隙間に鍵が落ち込んでいたのでした。あきらめない、落ち着いて初心にかえるのは、大事ですね・・・(大袈裟 (*´з`))。とりあえず、見つかってよかった。

2020-02-12 07:01:05

  

どかゆき


毎年のように、序盤雪が少ないと、今年は雪が少ない、記録的な、温暖化の影響か、なんて報道されますが、どっかかんかで、ドカ雪降って、例年並みになるような気がする。

2020-02-10 06:52:53

  

猫車2号がきました。


訪問診療・訪問リハビリ・訪問看護用の車の不足につき、猫車2号か納入されました。思ったよりピンクでない。ツートンのピンクで注文したら、Hibrid車であったことに、今日気が付きました。

2020-02-07 17:50:32

  

和をもって尊しとなす


和をもって尊しとなし、さからう事なきを宗となす。十七条憲法の言葉ですが。現在、欧米化、大陸思想、資本主義、色々な考え方や習慣が広がり日本人のグローバル化、とくに若い世代にと言いながら、高齢の方にも浸透しています。何がいいかは、人それぞれ。古き良き、なんてことも言いますが。でも、私は個人的に、和=日本=日本人=日本の慣習・考え方、は好きですね。礼儀正しく、節度をもっていて、譲り合い、助け合い、損得だけで考えない、義理がたく、伝統や自然・ものや道具・命を大切にする、そんなイメージ。欧米化や資本主義化の中にも和の心を残していてほしいなと思います。原文の意味とはことなります。和(和の心)をもって尊しとなす、そんな日本が続くといいな、と思います。

2020-02-06 08:03:34

  

右手の腱鞘炎


股関節に続き、右手首の腱鞘炎。外科医の右手の負傷は失態"(-""-)"。原因は、週末の”スマッシュブラザーズ”なるゲームをお子たちとやったこと。よくわからないので一杯ボタンを押したんですね。きっと。昨日・一昨日あたりから、激痛。ボルタレンローションとロキソニンテープで治療中。このゲームの面白さは、いまいちわからず・・・。高校生のころ、似たようなものはやった記憶が。あの時のハードは、スーパーファミコン?だったでしょうか。その時友人宅でやっていたのは、2D格闘ゲームの幽遊白書、だったかな。あの頃は、だいぶ楽しかった記憶が。年を取って、楽しめなくなったのかな。そもそも、↑な理由で腱鞘炎って、大人げない・・・・(*´▽`*)

2020-02-05 07:20:50

  

やっぱり降った


毎度毎度、今年は雪が少ない、なんて話を聞きますが、大体どっかで帳尻があっている気がします。今シーズンも、序盤、雪が少なくて楽だと思っていましたが、急にドカ雪。しかも、しばらく続くのかな。去年は、除雪に雪割り、事務長と社長の二人しか男手がなかったので、女手までも動員していましたが、今年はメンズがいっぱいいるので、楽しています(*´з`)

2020-02-05 07:14:11

  

煩悩の塊


昨日今日と、朝食に煩悩の塊 コーンフレークを食してしまいました。ささっと食べられるのでついつい。

2020-02-05 07:24:29

  

発想の転換・逆転で気持ちが楽になることも


今、仕事や生活でストレスが多い方、発想の転換・逆転で気持ちが楽になることも。なんで私がこんなことを、私だけが、などなど、人と一緒にいることは、ストレスになることがあります。それは、自分が得をしたい・楽をしたい・苦労をしたくないという気持ちがどこかにあるかも。当たり前の心を逆転させてみるといいかもしれません。一見、面倒だな、大変だな、損するかも、私の仕事ではない、自分でやればいいのになんて思ってしまうことを、思わなくなるよう日々当たり前に率先してやってみる。人してくれること、頂くもの、手伝ってくれること、代わりにしてくれることなどを当たり前と思わず感謝すること。そうすれば、周りの人も当たり前のように協力・感謝してくれるかもしれない。お金・時間・労力なんかは、余計にかかるかもしれないけど、日々の生活とこころは、ストレスが軽減して、すごく豊かになるかもしれません。

2020-02-04 07:02:02

  

この曲の歌詞のこの辺が好き


そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう

2020-02-04 06:51:20

  

股関節再び


一昨日、夜に自宅の階段昇降中に転落、着地の際に、再び左の股関節に激痛が走りました。現在は、また鳴りを潜めていますが、爆弾を抱えての訪問が続きます。

2020-02-03 06:54:12

  

パーティをしようよ


昨日は、お姉ちゃんが、珍しくおうちにお友達を連れてきたので、お昼にタコ焼きパーティ、夕方にジンギスカンパーティを開催しました。もちろん、焼き係として、お・も・て・な・し、させていただきました。チビ社長も遊んでもらって、とても楽しかったようです。

2020-02-03 06:34:39

  

リハビリ特化型在宅支援診療所、的な


当クリニックは、リハビリ特化型の在宅支援診療所、的なことを目指しています。もちろん、リハビリは、整形外科疾患・脳神経疾患・特定疾患・認知症・心不全・腎不全・廃用症候群・呼吸器疾患・悪性腫瘍・緩和医療などあらゆる分野に適応されます。在宅で疾病・障碍を抱えて生活するうえではリハビリは非常に重要です。訪問リハビリを提供するうえで、当クリニックには十分な機器と人材があります。在宅でのより質の高い生活をより多くの方が送れるように支援してきたい。甲斐の騎馬隊、尾張の鉄砲隊、こころのリハビリテーション、そんな感じにクリニックの目玉になるといいなと思います。

2020-01-31 17:13:26

  

少し良くなってきています


左股関節、今現在3回ほどリハビリを受けましたが、少し良くなってきました。外転外旋時の痛みが出るまでの可動域が増加したのと、痛みの質がやや軽減しました。リハビリってすごい。

2020-01-31 17:06:27

  

院内研修 始めました


本年から、院内研修を開始しました。不定期開催ですが、当クリニックで診療、看護、リハビリにあたることが多い疾患について、基礎知識をおさらいしておこうと始めることにしました。本日、第1回開催予定です。第1回テーマは、”パーキンソン病、パーキンソン症候群、進行性核上性麻痺、脊髄小脳変性症、重症筋無力症”です。おまけで、漢方薬の基礎知識。次回以降も継続的に行えたらいいなと思います。

2020-01-30 07:59:26

  

左股関節、絶賛損傷中。


持病に左股関節、左下腿、足関節、首・肩・背中の痛みがありましたが、昨年末より、左足関節が重症化しています。現在、往診車の乗り降りにも支障が・・・。レントゲン上、骨・関節に異常所見はなさそうです。昨日より、当クリニックのPT・OT総動員で、猫脚のリハビリ治療を開始しました。

2020-01-29 09:00:27

  

世代交代


サンキで新しい往診リュックを買ってきました。今回は、1500円。また1年間よろしくお願いします。

2020-01-28 07:14:21

  

壊れちゃった


1年間、訪問診療で使用していた訪問リュックが、とうとう壊れてしまいました。ちょうど1年前に、サンキで4000円で購入したリュック。お勤めご苦労様でした。

2020-01-28 07:12:30

  

札幌市医師会厚別支部 定例会および新年会に行ってきました


昨年開業後、参加してから、丁度1年経ちました。生来の人見知りですが、ようやく支部会にも慣れてきました。この支部会での交流から、患者さんのそれぞれの専門家のコンサルとなどルートができたり、コンサルする相手の顔や人柄が知れて、下っ端の勤務医のころは、まったく考えていませんでしたが、こういう交流の場の大切さを改めて実感します。

2020-01-27 07:41:16

  

経費は無駄に使わない


経費は、人件費、その他、使うべきところには積極的に投資するが、無駄なものには使わない。注射針1本、資源は無駄にしない、ゴミが増えるし。一つ一つの資源の1つ当たりの価値を知るべきである。経費として使うお金を作るために組織としてどれだけの労力と時間をかけているのか(この経費の分の利益を上げるために、あの人は何十分働かなければならないのかを想像する)、をすべての職員が知るべきである。余裕があっても、税金対策のような価値のない設備投資はしない。

2020-01-27 07:32:53

  

宙船


中島みゆきさんの曲。そ~の船を漕いで行け、お~前の手で漕いで行け、お前が消えて喜ぶものにお前のオールを任せるな~♪
 メロディもいいけど、詩もいいですね。組織にも言えることで、オールを任せる=重要な案件・任務・仕事などは、能力如何よりも信用第一。組織の仕事もそうですが、そもそもどこの組織に所属するかは、自分と家族の生活のオールを任せること。ここで働きたい、と思える組織に所属して、めいっぱい働く。逆に、そういう組織を作り、維持しなければならい。

2020-01-27 06:54:19

  

つぶやき


訪問リハビリにおける今後を何となく予想。医療保険による訪問リハビリはなくなり、訪問リハビリはすべて介護保険になる。みなし訪問リハビリと訪問看護ステーションからの訪問リハビリに差がなくなる。リハビリが訪問看護から分離する。訪問リハビリステーションが単独でできる。特定疾患の利用者については、リハビリの必要度が高ければ、週6単位までの上限(上限も増える?)を、何らかの条件付きでプラス3単位くらいまで拡大できるようになる。そんなことになっていくのかな、とぼんやり考えています。

2020-01-24 08:32:48

  

リハビリテーションにより医療・介護費用の軽減ができるかもしれない


訪問リハビリテーションを行うことで、機能や症状の改善・維持ができれば、ひいては訪問診療・看護・介護の回数減少、施設利用の回数減少、入院入所の延期・中止、在宅生活の延長、介護必要度の軽減による介護者の負担軽減、服薬数の減少などなど、国の医療費・介護費削減につながるかもしれない。

2020-01-24 07:37:52

  

訪問リハビリのサービスは、受ければいいというものではない


訪問リハビリは、サービスが介入していればいい、介入していればよくなる、だから来てくれるところならどこでもいい、という事ではない。やみくもに訪問リハビリをやっていても効果はあまり上がらない。指示を出す医師が、何の目的で、何を狙って、どういうふうに、どこまでやっていいのかを考えているか。療法士が、利用者さんの状態をしっかり把握していて、どういう目標と工程を描いて日々施術しているか、どこまでの権限を与えられているのか、日々状態を評価し、プランニングしているか、医師・看護師・療法士・ケアマネ・社会福祉士などが連携が取れているのか、話し合っているのか、同じ方向を向いているのか。上げたらきりがないですが、そういった目に見えにくい ”想い” がリハビリの効果に大きくかかわると思います。訪問リハビリのサービスを受けようかな、とお考えの方は、その事業所がどういう姿勢なのかな?という事も気を付けてみてみるといいと思います。

2020-01-23 07:30:38

  

訪問リハビリのすゝめ


訪問リハビリテーションというサービスがあることが、意外と知られていない。お勧めしてもどうしてリハビリするの?必要ないです、といわれることも多い。しかし、逆になぜしないの?したくないの?と聞きたい。薬でもなく、手術でもなく、今よりも動けるかもしれない、痛みやむくみが楽になるかもしれない、今後起こるリスクが減らせるかもしれない、介護量が減るかもしれない、できることが増えて人生の可能性が増えるかもしれない、よりながく現状を維持できるかもしれない、人と触れ合い得られる経験があるかもしれない、そんな手段があるのに。当クリニックでは、私が訪問リハビリの必要性・可能性・適合性が少しでもあると感じた方には、とりあえず訪問リハビリを紹介・おすすめしています。老化や障害をあきらめてしまったら、改善は見込めません。

2020-01-23 07:14:59

  

在宅診療の時代


過去10数年は、回復期リハビリが大きく盛り上がった時代。ここ数年から今後、10年くらいは、ぐぐっと訪問診療・在宅診療が一気に盛り上がる時代。今、主流なのは在宅で最期を迎えるための癌緩和ケアなどの訪問診療ですが、数年後には、当クリニックのようなリハビリを主軸に置いた在宅診療が、訪問診療の双璧をなすと考えています。数年前から、私は、訪問リハビリの効果と重要性、その本質の認知度の低さに気が付き、提唱しておりました。誰かのマネをしたわけではなく、回復リハビリに携わる中で、そこに行きついたので、私、発です(^^♪。各地にそういった在宅クリニックが増えていくことを願います。

2020-01-23 07:07:21

  

札幌医師会 厚別地区 第5班会議に参加しました


年に1回行われる、札幌市医師会厚別支部第5班の会議に参加しました。ご近隣の先生方が集まり、情勢や近況、医政などについて話し合います。普段は、診療で忙しく、お顔を拝見して、直接色々なお話が聞ける機会は貴重です。次回幹事を拝命いたしました。

2020-01-21 06:50:18

  

ALIVEを見始めました


テレビドラマ ”ALIVE” を録画予約していたので、見始めました。腫瘍内科・腫瘍外科のお話し。内科医目線で製作されると、外科医は悪役のような描かれ方をします。逆もまたしかり。外科部長?さん、外科医は、あんなに悪い人ばかりではないですよ。あれだけ親身になってくれる腫瘍内科の先生に診てもらえたら、いいですね。もう一個の医療ドラマ ”トップナイフ”は録画されておらず、見損ねました。途中から見ても、ついていけるでしょうか?若いころは、それはないでしょ、とかつっこみながらドラマを見ていましたが、最近は、ぼんやりと楽しみながら見ることにしています。頑張っているDocterのドラマやドキュメントを見ていると、なんだか元気が出ます。

2020-01-20 07:34:45

  

時間は作るもの


同じ時間を有効に使うには、タスクを同時進行すること。時間がかかるタスクを先に流して、その間に別のタスクを行う。家事で例えると、洗濯器をスタートし、食事の下ごしらえを開始、レンジまたは煮込む・焼くなどの時間がかかる工程に入ったら、自由に中断できる動作(掃除機・拭き掃除・トイレやふろの洗いなど)を行い、調理または洗濯の次の工程が来たら、それを仕上げる。多くの主婦の方々が自然に行っていることですが、一般の仕事にも応用できます。同じ時間で複数のタスクが処理できることで、残りの時間にゆとりが生まれます。クリニック業務でも、受付・診察・バイタルチェック・検査・会計などの一連の業務を待ち時間を減らすためにどのような流れと順番で進行していけば効率的かを考えることが大事だと思います。

2020-01-17 07:29:57

  

時間は作るもの


仕事に家事に、時間は足りない。やることが多すぎる。果たして本当にそうでしょうか。実際にいっぱいいっぱいのこともあるでしょうね。時間は一人1日24時間で平等。増やせません。けれども、作ることはできる。効率よく、整理整頓。夜は、疲れで集中力が落ちる、誘惑もある、日中に積み残した仕事、増えた仕事もあるなど効率が悪い。早起きして、朝のうちにできることは済ます。体と頭が冴えていれば、同じタスクにかかる時間が少なくて済む。日中以降のタスクが減るため、残りのお仕事の効率があがり、余裕が生まれる。結果的に日中~夜の仕事の効率が上がり、時間にゆとりが生まれる。まずは、早起きから始めてみてはいかが?

2020-01-17 07:13:58

  

足るを知る


お金は、いくらあっても足りないが、そんなになくてもなんとかなる。お金持ちなのに賄賂を受け取ったり、脱税したりする。お金が手元になければ、そんなに欲しくないものまでほしくなったり、高級品、ブランドものを揃えたくなる。反対に、欲が少なく、慎ましくても幸せを感じる人もいる。お金に縛られない生活をするには、足るを知ること。上も下も見たらきりがない。他人と比べず、自分はこれで十分幸せという満足を知ることが大事。

2020-01-16 06:36:08

  

地域災害対策の妄想


災害対策には、規模の大小がありますが、各地域で小規模な対策を平時にすべきです。大事なのは、拠点づくり。安全・治安維持のために消防・警察と連携ができ、食瘻・物品・薬剤が確保保管でき、駐車スペース・ヘリ着地場所が近い、雨露をしのげるスペースや臨時診療所・療養スペースが確保でき、公園などのキャンプベースも近い、周辺道路が広い、アナウンスすれば周辺住民が”ああ、あそこか”とわかるような場所。ショッピングモールなどがよさそうですね。そんな拠点を決めておき、シュミレーション・訓練する。そんなことを自治体を交えて行えたら、災害時に一助になるのでは、と考えたりしています。

2020-01-15 07:31:52

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 15


久しぶりのおすすめ記事。ゴールデンカムイ。すでにアニメ化もされています。ざっくりいうと、金塊をめぐる争い。舞台が、北海道で、アイヌ民俗の知識がちりばめられているので、道民だからなのか、とても興味深く、楽しく読め、勉強にもなります。ぜひとも、内地の方々にも読んでいただき、北海道とアイヌのことに興味をもってほしいですね。

2020-01-15 07:21:13

  

2年ほど前の秋


2年ほど前の秋に2階のベランダに気配を感じ見に行くと、鳶がいました。大きな鳥は、ある程度助走がないと舞い上がれないので、脱出不可能に。近くで見る猛禽類は、凛々しく、こわさを感じますね。このままでは。いずれ死んでしまうので、何とか救出したいが、襲われるかもしれない恐怖感もあり。
 ナウシカのように ”こわくない、こわくない、おうちへ返してあげるから、この上にお乗り” とホウキを差し出すと、気持ちが通じたのか素直にホウキの上に乗ってくれました。ベランダから放り投げると、気持ちよさそうに空へ帰っていきましたとさ。

2020-01-14 07:53:51

  

人材は組織の鍵


組織の良さは、人材で決まる部分が大きい。いい人材は、見方によっていろいろ。なんでもできる人材は最高ですが、なかなか得難いもの。何か1つでも他よりも秀でたスキル・知識・経験・組織を絶対に裏切らない誠実さがある・人柄のよさ・組織に輪をもたらす人格など持ち合わせていればBetter。特に何か秀でていなくとも、特段劣る部分がないならGood。組織の輪を乱す、劣る部分を認識しながら改善する努力をしない、対策を講じない、組織よりも個の利益を優先しすぎる人材は、Not Good。

2020-01-14 06:59:57

  

第27回 日本外科学会生涯教育セミナー(北海道地区)に参加してきました。


北海道大学にて開催されました。肺・乳~消化器系の癌ガイドラインについての内容や今後予想される変更点などについて、各界の御高名な先生方の講演を拝聴してきました。古巣の講義堂でしたが、学生の頃は、この場所は古い講義堂しかありませんでした。古いのも趣があっていいですが、新しいのも気持ちが良くていいですね。

2020-01-13 11:44:13

  

在宅医療とはなにをするのか?


在宅医療とは、外来・訪問・入院を含め、その人を中心に、家での生活を含めたより良い人生を最期まで送る手助けをすること。最期を家で迎えることとイコールではない。ぎりぎりまで在宅に居て、最期に入院・入所したっていい。入院・入所していて、最期の数日だけでも家に帰ってもいい。最期の日が来たときに、なるべく後悔がなく、苦しみが少なく、喜びや楽しみが多い生活が送れたな、送らせてあげられたなと思えるようなサポートができるようにできるだけ努力すること。と思います。

2020-01-10 16:44:34

  

急な積雪


年末まで珍しくあんなに少なかったのに、年明けから急に積雪しましたね。思いのほか滑る場所もあるので、転倒や車の事故などにご注意ください。もうちょっと滑りにくくなる圧雪になるまでは、訪問カーは、安全第一でゆっくり移動しますため、夏場よりも移動時間がかかります。訪問予定時間が前後したり、午後外来開始時間が、遅くなってしまうことがありますが、ご容赦ください。

2020-01-07 06:36:49

  

在宅医療を志すなら


開業して、外来ではなく訪問診療を志すなら、覚悟を決めることです。もち患者数を制限して、業務に余裕を持たせることもできます。経営に余裕ができ、システム化できれば、当直がある病院勤務よりも負担を減らせます。しかし、最初は概ね医師一人体制です。365日24時間の一人待機となります。オンコールは、いつ起こるかわかりませんが、疲れたな、面倒だな、という気持ちで様子見てしまいそうなら、訪問診療の領域に踏み込むべきではありません。あの患者さん、大丈夫かな?と心配性なくらいがちょうどいいです。診療地域全体が病院で、在宅に病室があるり、そこに回診しているような感覚を私は持っています。

2020-01-06 07:39:43

  

兎車不足


訪問リハビリスタッフ増員に伴い、訪問社用車が、時々たりなくなるようになりました。1台、増車することになります。次は、何色のどの車にしようかな。

2020-01-02 09:54:14

  

頂き物


 昨年末にいただきました、カステーラ、お餅は、すべてSOLD OUTしました。スタッフ一同、分け合って、おいしくいただきました。

2020-01-02 09:51:17

  

2019年12月30日 本日は、休日内科当番病院です。


令和元年はあと2日。令和2年を安心して過ごすために受診される方が多くなると予想されます。
医師1名(+1名 9-11時、13-15時)、看護師3名、事務員3人、社会福祉士2名(電話対応、駐車場整理)、言語聴覚士1名(駐車場整理)、コンシェルジュ1名(接客・その他)で、最大限効率よく、待ち時間を減らせるように頑張ります。

2019-12-30 08:11:41

  

組織作りは、国づくりに似たり


会社、組織を作るのは、国づくりと似ている。ゲーム好きの方なら三國志や信長の野望のような国づくりシュミレーションを一度は経験しているのでは?
 君主・国王の資質、人事、内政、外交、実務(ゲームの中では戦争?)など、これを自分の組織に当てはめ、いかにして自分の組織を働きやすい、暮らしやすい、豊かな国にするかを考え、あてはめながら組織作りをしていけば、あながち失敗しないのではないでしょうか。<br/> 私見ですが、組織作り、リーダー論的なことで、どなたかの、何かの参考になればと、今後、もう少し具体的にコメントしていこうと思います。

2019-12-26 06:39:50

  

メリークリスマス


昨晩は、クリスマスイヴ、のため、当クリニックでは残業禁止令を発し、18時までに、スタッフ全員帰宅の途に就くことができました。在宅医療に携わっていようと、自分の家族を生活を大事にすることを忘れないで、また今日から頑張っていこう。年末年始も待機者以外は、ゆっくり年越し・正月を過ごしてください。

2019-12-25 06:44:31

  

開業してうまくいくには・・・。 ”組織のカギは、副将が握る”


”組織のカギは、副将が握る”。幽遊白書 妖狐蔵馬の名言。開業するにあたり、自分がしっかりしなければ、というのは当たり前として、やはり有能な、忠実な私欲や保身にとらわれない副将がいるかどうか、はとても重要です。当クリニックで言えば、事務長・婦長・リハ長などなど。方向性を相談でき、各部門の指揮・実務を任せられる副将が一人でも多くいれば、社長は自分のすべきことにだけに能力を集中できるので、組織の運営は盤石になると思います。逆に信頼できる副将がいなければ、すべての業務に社長が目を配らなければならなくなり、注意散漫・能力も散漫となります。初期から副将がいることが重要です。

2019-12-24 08:09:17

  

JAMT(日本医師会災害医療チーム)の研修会にいってきました。


JAMT(日本医師会災害医療チーム)の研修会(基礎編)にいってきました。次回は実践編です。災害時に、クリニックとしてどのように活動していくかを講義、討議、シュミレーションしてきました。もみじ台は、札幌市の隅っこにあるので、有事の際は孤立する可能性もあります。有事に備えて、今のうちから、国や道・市・支援病院などとの連携方法などを知っておく必要がありますね。

2019-12-23 07:04:39

  

開業するにあたりコンサルタントを使うかどうか


開業コンサルタントという仕事があります。計画から手続きから、相談したり、代行してくれたり、業者を見繕ってくれたりと。全部自分でできるなら、必要ありません。しかし、現行の仕事をしながらの準備は、かなり大変でストレスがかかります。役所・銀行がらみは、平日昼間にしかできないことも多々。開業素人は、色々ミスや見落としをして、失敗したり、延期になったりします。信用できるコンサルを入れることをおすすめます。ただし、有益性の低い高額投資をすすめたり、ちゃんとマーケティングしない、よくないコンサルもいますので、先に開業している先生などに情報を頂くのが安全策だと思います。

2019-12-18 06:40:27

  

難病及び小児慢性特定疾病に関する指定医研修に行ってきました。


各分野の著名な先生方の講演を聞きながら、勉強・頭の整理をしてきました。会場となりに月見軒があり、大学生の時以来、久しぶりに月見軒のラーメンを食べてきました。最近は、あまり街中に出なくなりましたが、土日の大丸やステラプレイスのあたりの人の数にはびっくりしました。まっすぐ歩けない。新札幌では、あまり見かけない光景でした。

2019-12-16 07:03:18

  

クリニックの忘年会


今年一年、当クリニックのスタッフには大車輪のごとく働いていただき、とても感謝しています。当クリニックは、職種間の垣根がほとんどないFamily的な組織を形成することができたので、毎日楽しく働けました。忘年会も、にぎやかに行われました。開院後、1年間で大分クリニックとしての体が整いました。来年は、さらなる飛躍を目指して、頑張ります、頑張りましょう。来年もよろしくお願いします。

2019-12-16 06:53:19

  

札幌医師会 厚別支部忘年会


先週末、医師会厚別支部忘年会に参加しました。昨年から、2回目の参加です。厚別の忘年会は、医師会の中でも最もにぎやかなものだそうで、今年は各区の支部長さんや薬剤師会、歯科医師会などからの御来賓もありました。各先生方、みなさんとても元気で。。。。本年は大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019-12-16 06:47:45

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 14


北斗の拳。同年代の男子は、ほとんど知っているのでは?荒廃した世界感の中で人間の欲望と暴力がすごく表現されており、一見すると勧善懲悪のようですが、悪役側の大物は、それぞれに深い悲しみや愛その他の感情を強く持っています。アクションものと見せかけて、テーマは終始”愛”です。描写の兼ね合いなのか、アニメの再放送はほとんどありませんでしたね。アマゾンプライムビデオなどで、時々見たりします。私は、子供のころは”南斗水鳥拳のレイと南斗白鷺拳のシュウ”が好きでしたね。

2019-12-13 07:26:32

  

事業を始める前に


事業を起こす前に、ある程度の前勉強が必要です。やろうと思っている事についての制度や法律、病院勤めしているとその辺のことには疎くなっていることが多いです。また、医師は特に経営について少し勉強して、シュミレーションしておくべきですね。私の場合、病院開業本、コーヒーや航空業界その他の多職種の社長の本、ドラッガーのマネジメント、孫氏の兵法、リーダー本などなど読んでみました。こういった本はいっぱいありますが、読み散らかしてもあまり意味はなく、ある程度の理解をしたら、自分なりに社長像・経営スタイルなどを創造していくのがいいと思います。開業してからではそんな暇は、ありませんので、事前に準備しておくのがいいと思います。

2019-12-13 07:17:40

  

おいしいみかん


いただきもののおいしいみかんをスタッフみんなでいただきました。濃厚なジュースやゼリーのようなとってもおいしいミカンでした。

2019-12-12 10:50:17

  

第6回 「さっぽろ子どもの心の診療ネットワーク事業」研修会に参加してきました


函館中央病院 石倉 亜矢子先生の講演を聞いてきました。先生の現在に至るまでの葛藤や努力、現在の問題、今後の課題などいろいろうかがえました。子どもたちの問題は、未来の日本のためにとても大事なことなので、当クリニックは小児科でも精神科でもないですが、地域のために何かできないか模索中です。虐待にいち早く気が付ける・気が付いて動ける人・場所を少しでも増やすことが大事だと考えさせられました。

2019-12-11 06:44:13

  

在宅褥瘡予防・管理師になりました。


褥瘡治療は、主に病院内で10年以上やっておりましたが、この度、在宅褥瘡予防・管理師になりました。

2019-12-10 17:36:54

  

開業してうまくいくには・・・


開業してうまくいくには、いくつかポイントがあると思います。
まずは、どこでやるか。今この時に、近い将来にやろうとしていることのニーズがあるかどうか。競合する会社が、特に強い会社があるか。交通の便がいいか。場所代など経費が高すぎないか。この場所で開始した場合の初年度、3年後、5年後、10年後、20年後の未来像が描けるか。せっかくだから好きな場所でやりたい、という漠然とした場所選びは、お勧めできません。

2019-12-06 06:54:31

  

在宅医療はまだまだこれから


再生医療やダビンチによる手術などの最先端とは対極にあるような分野ですが、在宅医療は、まだまだ不足しており、ニーズもあり、これからも発展していく医療だと思います。最近、在宅専門クリニックがどんどん新しくできていますね。これからもどんどん増えていくと思います。過去に回復期病棟がいっぱい増えたように。意欲と情熱を持った先生方が在宅分野に参入されるのは、とてもいいことだと思います。が、しっかりした準備をしてから開業することをお勧めします。

2019-12-04 07:58:03

  

開業して1年になりました


在宅医療を開業し始めて、ようやく1年が経ちました。初年度ですので、大変なことも多々ありましたが、クリニックとしてもようやく安定してきました。そこで、今までは軽ーいタッチの記事がメインでしたが、今後、在宅医療をやっていきたいという医療関係者の方々の一助になれば、と思い、私見や経験談などをちょいちょい上げていこうと思います。開業は、いいことも悪いこともいっぱいです。在宅医療もいいことも悪いこともいっぱいです。

2019-12-03 07:41:24

  

第2回 メディカル・ビヨンドミーティングに参加してきました


西区・中央区・帰宅・南区など広範囲に在宅医療を展開するいまいホームケアクリニック主催の会合に参加してきました。札幌の在宅医療をよりよくしていこうという多職種の集まりで、また刺激と元気をもらって来ました。

2019-12-01 10:42:20

  

玄関のDIY


玄関のDIY、実はモノ作りが得意なチビ社長のお力もお借りしております。空気が入っていたりと、手作り感満載ですが、当面は、これで使えそう。急に玄関が広くなった気がします。

2019-11-27 06:58:20

  

在宅医の集まり 忘年会に行ってきました


札幌市、江別市、北広島市の在宅医療の先生方が月に一度、集まり、協議する在宅医の集まりの忘年会に出席してきました。熱い思いで在宅医療を繰り広げておられる先生方にお会いでき、お話しすることで、またガッツを頂いてきました。皆さん、キャラクターが強く、面白い先生方でした。

2019-11-27 06:54:39

  

玄関のDIY


玄関シュークローゼット、ほぼつかわれていなかったスペースをDIYプチリフォームをして有効活用することに。扉と棚を取っ払うと、スペースは、かなりある。けど、40年の汚れが・・・。さてさて、

2019-11-26 06:47:53

  

アナと雪の女王2


週末、アナ雪を家族で観に行きました。大体、ヒット作の続編はい待ちに感じることが多かったのですが、アナ雪は、とてもよかったですよ。こころ社長は、スベンとエルザ推しです。365日24時間、待機中なので、映画に行くときは、いつでも戻れるように車2台でいき、待機電話をマナーモードにして、ずっと握りしめています。

2019-11-25 07:25:26

  

狭い入口


冬季の外来患者さん増加に伴い、待合を配置転換し、いっぱい座れるようにした結果、玄関が狭くなってしまいました。コート・帽子掛けがスペースをとってしまいます。そこで、作り付けのだいぶ痛んで汚れているシュークローゼットをDIYしてみることにしました。

2019-11-25 07:20:32

  

クリニックの屋根を落雪防止加工しました


屋根を落雪防止加工しました。今年は、クリニックの北側?に雪山を作らないようにします。そのため、通行される方々が危険にさらされぬように、屋根に再診の?落雪防止加工しました。もう一冬二冬くらいは、このクリニックで過ごすので。

2019-11-19 07:23:40

  

もみじ台管理センターでのイベントに出席しました


11月16日土曜日にひばりが丘病院さんが開催している厚別区地域包括ケア・住民向けシンポジウムに参加しました。一般観覧の予定でしたが、高橋大賀先生の御はからいで、一言発言させていただく機会を頂きました。開院してまだ1年未満ですので知名度もまだまだで、これからもっと地域貢献できるように、地域になじんでいきたいと思います。

2019-11-18 09:16:56

  

第9回 医師会・歯科医師会厚別支部 合同研修会に参加してきました


普段、診療上のやり取りはしますが、直接厚別区の歯科の先生方のお話を聞けて、人柄を知れる、とてもいい機会でした。今回のテーマは、新札幌循環器病院 神吉先生の”睡眠時無呼吸症候群”についてでした。

2019-11-16 09:42:47

  

今シーズン初滑り


 本日、今シーズン初滑りしました。もみじ台の立命館高校前の90度カーブのところ、めちゃ滑りました。完全に対向車線にはみ出し、あと50㎝でガードレールにぶつかるところでしたよ。最後の最後で、路面が溶けており、キュッっと止まてくれました。滑っている最中は、ぶつかることを覚悟してました。みなさま、お気を付けください。

2019-11-16 09:34:51

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 4 十二国記


おすすめ4で紹介した十二国記。だーいぶ時間を空けて、最新刊が発売されました。しかも、4巻同時発売。時期が開いていたのは、大作だったからですかね。大好きな作品なので、楽しみです。が、なかなか読む時間がありません。年末年始までお預けかな。

2019-11-13 07:49:25

  

誤嚥性肺炎にご注意


加齢とともに、疾患により、もみ込みに能力も低下します。体のリハビリは一般的ですが、飲み込みのリハビリは思いのほか周知されていないように感じます。当クリニックは、専属の言語聴覚士(飲み込みのリハビリ療法士)がおり、特に誤嚥予防に力を入れています。誤嚥性肺炎や窒息に至る前に、最近むせたり、痰が絡みやすい、のみ込みが心配な方は、お早めにご相談ください。

2019-10-31 07:12:29

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 13


江戸時代にタイムスリップした脳外科医の話。医療物のドラマや漫画は大好きです。一心不乱に患者を助けようと奮闘するストーリーをみると、改めて初心を忘れないようにと思えます。原作よりドラマの方がよかった。大沢たかおさんの南方先生は、すごく魅力的でした。医療関係の方々に、この手の熱い医療物の作品を定期的に読むことをお勧めします。

2019-10-24 07:14:08

  

取り違いにご用心


今朝出勤するときに、プライベートのスマートフォンと緊急呼び出し用のスマートフォンの二つをもって出勤途中、自宅からTEL、”パパ、うちのスマホ間違って持って行ってるよ、ここに夜間・緊急用のスマホあるもん”と娘から。 クリニックまであと3分のところまで来ていましたが、慌ててUターン。同じ白いスマーフォンだったし、並んでおいてあったから、間違えてしまった。(*´▽`*)

2019-10-23 06:58:26

  

雪のシーズンが近づいてきましたね


今年は、屋根に雪止めを付ける工事をしようと考えています。2~3年後には建て替えを検討しておりますが、それまでは、このたてものを大事に使わないとね。

2019-10-17 07:09:28

  

ラグビーワールドカップ観ました、TVで


昨晩は、初めてラグビーをテレビで見ました。ルールは、ほぼわかりませんし、にわかファンでもない。けど、みんなで同じ目標(ゴール)に向かって、一心不乱に突き進んでいく姿は、とてもいいですね。やっぱり日本が勝つと嬉しい。観戦しているだけでも、なんか元気をもらえますね。元気最強!!

2019-10-14 08:10:59

  


娘のピアノの発表会がありました。”内緒でパパの好きな曲を練習しました。”というアナウンスのあと、”TAKUMI~匠”(劇的ビフォーアフター)の演奏がはじまりました。家で練習しているのを聞いたことがなかったのでびっくり。こっそり、パパのことを想って練習している姿を想像すると、パパ冥利につきますね(´;ω;`)ウゥゥ。

2019-10-07 06:48:59

  

こころ社長お勧めの文庫・漫画 12


えーと、去年から読み始めました( *´艸`)。概ね、昭和のころからの王道の家族愛・友情・冒険的な要素満載です。なんとなく手を付けていませんでしたが、昨年から一気読みしました。一気読みすると、伏線を一杯回収できてより楽しめますね。原作のほうがアニメと違い展開が早くて、個人的には好きです。

2019-10-04 06:28:30

  

地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会 2019に参加してきました


地域包括加算・地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会 2019に参加してきました。日曜日ですが、各クリニック、病院の先生方も大勢参加されていました。糖尿病・高血圧・脂質異常症・認知症・喫煙・在宅・服薬指導などについて、知識と情報をアップデートしてきました。

2019-09-30 06:40:26

  

看板を作りました


クリニックの表示看板は以前つくたのですが、細かくて、近くに来ないと読みづらく、初めて方が、クリニックを見つけづらいとのことで、看板を作りました。前回看板のあまりアクリル板を使用しているので、固定と塗装の料金のみで、700円で完成しました。2年くらいはもってくれるといいな。

2019-09-24 06:40:16

  

第3回 在宅医療研修会 こころ について


第2回は、嚥下と呼吸のリハビリについて、もっと敷居を下げたいということから開催し、一定の成果は得られたのかな、という感触でした。第3回は、介護保険と医療保険と入り乱れる在宅支援中で、どこまで在宅で可能なのか、一時的に介護困難な患者さんをどのようなプランで支援していったらいいのかなどをテーマにディスカッションできたらなぁと、おぼろげながらに考えております。決まり次第、またアナウンスいたします。

2019-09-20 07:41:58

  

日本人は親切


先日、往診車のカギを落としてしまいました。ホクノースーパーから郵便局までのほんの20m位で( ノД`)シクシク…。郵便局の用事を足して戻るときに車のカギが開かないことで気が付きましたが、もうすでに見る影もなく。交番に遺失物届を出してクリニックに戻るころには、お巡りさんから発見の連絡が入っていました。心あるご婦人が届けてくれて、すぐ去ったとのことでした。ありがとうございました。落し物が帰ってくる日本は、とてもいいところです。

2019-09-18 12:56:09

  

院内迅速採血検査はじまる


院内で血算・CRP・HbA1cが、10分ほどで測定できるようになりました。糖尿病薬の調整を次回外来まで待たずに調整が可能となります。また、感染症、貧血その他の疾患に迅速に診断、処方が可能となります。以前から導入を検討しておりましたが、ようやく導入することができました。(*^^)v

2019-09-10 07:54:32

  

非常勤医のありがたみ


今月から土曜朝~日曜夜のオンコール待機に、月1回 札幌北辰病院 外科の小林先生が来てくれることになりました。現在、こころ院長 365日体制でしたので、大変ありがたいです。学会や研修会、家族サービスなど、時々業務を離れたいこともありますからねぇ。

2019-09-09 07:16:47

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 11


日本でもっとも古い月9的なトレンディードラマ?。時代が違うので結構、”おいおい”という設定がありますが。特に、高校生は読むべき。源氏物語は、古典の受験に役立ちます。内容を漫画で覚えてから、古典の源氏物語を読めば、古語から熟語からすぐ覚えられます。選択問題なら、下手すると選択肢だけで答えがわかるかも?!

2019-09-04 07:09:48

  

半年ぶりくらいに合気道の稽古に行きました


忙しくてなかなかいけませんでしたが、半年ぶりくらいに合気道の稽古に行きました。前半の部で、自主的に3~4回休憩をとるほど衰えてました( ゚Д゚)。時々は、心と身体を鍛えなおさないとなぁ。

2019-09-02 07:09:26

  

新しいうさぎが増えました


訪問リハビリ療法士増員に伴い、訪問カー ラパンを増車しました。今回は、中古の旧モデルですが、これはこれでかわいい。特に内装は、新型よりもかわいい。ピンクではなく、グリーン系にしました。

2019-09-01 15:12:45

  

こころ社長の今のお気に入り


暑い夏、吉野家の牛キムチクッパ オオモリ590円。最高においしい。10日間で4回、食しています。おそらく、季節限定っぽいので、興味のある方は、お早めにお試しを。

2019-08-22 06:40:02

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 10


完全にギリシャ神話をベースに漫画化したもの。少女漫画的な絵なので受け付けない方もいるかと思いますが、ギリシャ神話をがっつり学べる漫画です。欧州人にはギリシャ神話や北欧伝説などが根っこに合ったりすると思うので、国際社会に出ていくには、知っておいてもいいと思います。

2019-08-20 06:45:27

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 9


王道の少年漫画。敵対する側にも事情やしがらみがあることが多く、複雑な気持ちになる。ベースがギリシャ神話なので、欧米人と交流していくうえでも、役に立つと思われます。

2019-08-20 06:42:46

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 8


司馬遷の史記をもとに書かれています。概ね春秋~前漢の偉人たちの逸話を学べます。ストーリー性は蛋白ですが、学ぶことは、三國志や項羽と劉邦よりいっぱい羅列されています。三国志・項羽と劉邦・キングダムなどを読んだ後のほうが、人物・時代・国の背景がわかりやすく、読みやすくなりますよ。社会人は、おすすめ6-8は、読んだほうがいいと思います。

2019-08-14 07:19:07

  

事業ごみを減らす努力


事業ごみを減らすためのDIY。ニトリのごみ箱の径を採寸、段ボールで型をとり、端材でDIY。落し蓋を体重をかけて押し込むことで事業ごみを圧縮。3~40%のごみの体積を圧縮できます。ゴミの量を減らす努力もしていますが、でてきたごみの体積も減らす努力もしています。

2019-08-13 07:40:29

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 7


経営者やリーダー、役職者は読むべき本。決して優秀でもない劉邦に、いかにして圧倒的有利な項羽が敗北したのか。現在にも応用できることが多々あります。三国志のほうがとっつきやすいですが、こちらのほうが学べると思います。キングダムの一つ後の時代です。

2019-08-13 07:27:24

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 6


三國志。男の子なら、大体の人は通る道。蒼天航路など、別角度からのものもありますが、横山光輝先生のものが一番いい。劉備・公明をやや美化しすぎている面はありますが、生きていくうえでのヒントや失敗談など、参考になることも多いです。中華よりは倭の思想をもって解釈されているので日本人に人気があるのだと思います。

2019-08-10 10:31:56

  

夏休みの自由研究にいかが?


猛暑対策に少しでも癒しを。百均の結束バンド+クリップ+保冷材で、即席冷風機を作成しました。クーラーほどではないですが、ほんのり冷風が来ます。繰り返し利用可能。電気代節約。賞味240円くらいで1台分作成できます。

2019-08-05 08:49:19

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 5


少女漫画で最強、と思います。何回呼んでも、同じところで泣いてしまいそうになります。読むと、ほっこり心が清らかになる、こんな青春時代いいなぁ、と思える作品です。ぜひ、子供たちにも勧めたい作品です。アニメのクオリティもとても高く、アニメのほうが泣けるかも。

2019-08-06 07:42:17

  

いただきもの猫グッツ


また、いただきものの猫グッツが増加しました。いただいた当日に一旦見失うという失態をしましたが、無事発見されました。そのせいか、猫が泣いています。

2019-07-31 07:06:05

  

いよいよ暑くなってきました


こないだまで、涼しい、冷える感じでしたがいよいよ夏らしく暑くなってきました。クリニックは、しばらくは避暑地のように涼しかったのですが、ついに暑くなってしまいました。知人から、卓上扇風機を頂きました。局所的に涼しい環境が作れます。

2019-07-30 07:23:05

  

棚の完成


棚の完成。(=^・^=)

2019-07-24 07:05:39

  

棚の作成


診療室の古い冷蔵庫を台のかわりにしていましたが、廃材を使って、感染ごみ箱が収納できる棚を作りました。

2019-07-24 07:04:41

  

増える猫グッズ


訪問先のご家族様より、お中元とのことで頂きました。とってもかわいい猫ティシュ。なかなか使えず、大事に院長デスクの上に飾られています。

2019-07-23 06:46:06

  

服薬数を減らす努力


当クリニックでは、どうしても多くなりがちな特に、ご高齢の患者さんの服薬錠数を毛の津調整することで、少しでも減らすことができないか、日々努力をしています。

2019-07-19 08:09:41

  

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 4


十二国記。現実世界とは異次元にある世界でのファンタジーストーリー。ちょいちょい現実世界とつながります。主役や年代が各ストーリーで変わりますが、時々友情出演してきてリンクしたりしますので、何回も読むと新しい発見があります。近々、久しぶりに新刊が出るとか。NHKでアニメ化もしていました。

2019-07-10 06:58:52

  

第1回 在宅医療研修会 こころ(仮)


第1回 在宅医療研修会 こころ(仮名)、7月4日に実施し、思いのほか好評に幕を閉じました。今回は、人工呼吸器・サクションについてでしたが、次回以降も小規模で、在宅医療・看護・介護において、していたほうがいい知識や技術・道具などについて、研修会を実施できたらと思います。

2019-07-07 11:52:25

  

冷蔵庫 こんにちわ


老兵の引退に伴い、新兵が入隊されました。新品ではありませんが、2016年ものの比較的新しい冷蔵庫。変なにおいもないし、きれい。安心の東芝製です。これからの夏に向けて、スタッフのお弁当の命が守られます(*´з`)。

2019-07-04 07:02:28

  

冷蔵庫 お疲れさまでした


訪問看護・リハビリ事務所で使用していた旧冷蔵庫、お疲れさまでした。40年?ものかな?人数増加に伴い手狭なのと電気効率も悪く、ブレーカー落ちたりもしちゃうことがあるので、いよいよ引退されました。

2019-07-04 06:59:22

  

車いすの導入


クリニック外来に車いすを導入しました。具合の悪い方や移動困難な方の介助に利用できます。リクライニングタイプなので、楽な姿勢が取れます。必要な方に適宜利用しまさ、そのほかご利用希望の方は、スタッフまで。

2019-07-02 08:03:37

  

こころ院長 おすすめの漫画・文庫・本 3


ロードス島戦記。これは、知る人ぞ知る名作。こころ院長が中学生の時に読んでいたものです。最近の裏の裏の展開みたいなのがない、冒険ファンタジーの王道。何回も読み返しました。当時は、とても人気になり、漫画化、アニメ化、ゲーム化などなど派生していきました。かなりの年月をかけて、完結しました。

2019-06-24 07:10:10

  

訪問診療時間の拡大


訪問診療利用者様の増加に伴い、最近では、午前10時から12時半にも、こころ院長とこころ副院長が交代で訪問診療に出動しております。その際は、他方が外来診療を行っております。来月より、木曜日の午後にも、順次訪問診療を13時半から16時半で開始する予定です。校医・園医の業務時間は、そちらを優先します。

2019-06-19 18:54:26

  

医学書にご興味はありますか?


当クリニック外来には、こころ院長のお古で申し訳ございませんが、医学書を雑誌・文庫などとともに置いてあります。医学書は、一冊一冊高額であることと多種多彩にわたるため、なかなか接することは少ないかと思います。
 ご興味がございましたら、手に取って、気になる病気について、読んでみてください。

2019-06-17 07:14:45

  

ご褒美の一杯


こころ院長は、下戸です。ご褒美の一杯、とくにオンコール待機のない日は、森永の甘酒。最近は、紙パックの大容量のものを購入しています。

2019-06-14 06:54:50

  

訪問時間について


当クリニックでは、訪問診療の際に、移動時間を短くして診療に充てるために、事前に訪問予定患者様の訪問先や病状などから訪問ルートを決めて、当日朝に事前連絡をしたうえで、訪問させていただいております。また、訪問の最中に、急病のために緊急往診が入ることがしばしばございます。
 何時に来てほしい、などのご依頼に対して、添えない場合があり、ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご容赦ください。

2019-06-12 06:50:15

  

友人からお勧め


当クリニックの喫茶を利用している友人から、お勧めされ、寄贈していただきました。
 最近、小忙しくて、まだ読めていませんが、落ち着いたら、読んでみようと思います。

2019-06-11 06:41:54

  

訪問カーを洗車


今週は、雨は降らなそうですね。訪問カーを洗車しました。朝から、犬→猫→車の洗体のはしご。

2019-06-10 06:59:07

  

麦茶 始めました


開院当初からご愛顧いただいております、外来の”喫茶こころ” にて、コンシェルジュが提供しておりますドリンクサービスですが、暑くなってきましたので、5月から暖かい緑茶のほかに、麦茶始めました。
 ご希望の方は、コンシェルジュまで、お申し付けください。

2019-06-02 10:28:34

  

運動会 無事終了


本日、無事にクリニックに誰もかかることなく、もみじの丘小学校の運動会が終了しました。

2019-06-02 10:22:05

  

運動会


 明日は、天気が良ければ、もみじの丘小学校の運動会です。校医をしており、近隣の小学校ですので、来賓席に居たり、クリニックに居たりで、9時から15時までは、対応できるように、待機しています。
 くれぐれも熱中症には気を付けて、児童の皆さん、頑張ってください。
 また、父兄の皆様も、体調を崩さぬようにお気をつけて、精いっぱい応援してあげてください。

2019-05-31 06:56:18

  

風疹の予防接種のお知らせ


札幌市よりのお知らせ
 風しん予防のため、風しん抗体の低い世代の男性を対象に、無料で風しん抗体検査・予防接種を行います。昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの方はクーポン券をお送りします。昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの方は以下リンク先から発行申請をお願いします。
 https://www.city.sapporo.jp/hokenjo/fuusincoupon.html
 当クリニックでも、風疹抗体検査および予防の事業に参加しております。お気軽にご相談ください。

2019-05-28 08:10:15

  

子育て世代の禁煙外来促進のためのモニター募集


札幌市では、子育て世代の禁煙外来促進のためのモニター募集をしています。禁煙外来を開始する前に申請すること、令和元年10月31日までに申請すること、15歳未満の子供もしくは妊婦と同居していること、ほか、いくつかの登録申請条件がございます。
 詳しくは、札幌市にお問い合わせ、もしくは当クリニック外来にもパンフレット・申請用紙をご用意しておりますため、お問い合わせください。

2019-05-26 17:29:01

  

もみじの丘小学校 検診 後半


昨日、もみじの丘小学校の学校健診 後半を終了しました。

2019-05-24 06:57:00

  

社長おすすめ漫画・文庫 その2 夏目友人帖


古き日本のあやかし(妖)達と人間の交流を描いています。あやかし達がなんとも人間臭い、心をもって登場し、とても素敵なストーリーが満載です。日本の良いところがすごく表現されています。心が洗われますよ。これぞ、Japanese MANGAです。子供たちや思春期の子たちに読ませたい漫画の一つです。私もトップ3に入れる好きな作品で、アニメ版も、なかなか忠実に再現しており、絵もきれいでお勧めです。

2019-05-23 07:00:16

  

職場検診の実施


ファミリークリニック こころでは、今週と来週の2週間で、職場検診を実施します。採血(血算・生化学、感染症)・検尿・身体測定・視力・聴力・心電図・胸部レントゲン、希望者には骨密度・超音波検査を実施します。皆様の職場でも、検診が必要になりましたら、当クリニックにご相談ください。

2019-10-07 07:47:51

  

股関節と腰の治療


大変ありがたいことにぎっくり腰の後遺症と持病の股関節の治療を、空き時間に当クリニックの理学療法士に始めてもらいました。やっぱり、リハビリをしてもらうと、短期間でも症状が軽減します。すぐには全快はしませんが、少しずつお願いして、症状を和らげてもらっていきます。

2019-05-21 16:32:18

  

強風にご注意ください


最近強風の日が多いような気がします。車の運転をしていても、結構、持っていかれますね。歩行や自転車でも転倒にご注意ください。

2019-10-07 07:47:03

  

本日は、もみじの丘小学校の検診 前半です。


人数が多いので、前半後半と2回に分けて。本日は前半です。

2019-05-24 16:17:47

  

保育園・幼稚園の検診に行ってきました


いっぱいのちびっこの診察。元気なちびっ子たちは、お医者さんを恐れたり、強がってみたり、警戒したり、大丈夫だったり。診察受ける順番待ち→診察→終了後解放のそれぞれの心情ドラマは、ひとりひとり個性がって、楽しく、癒されました。今月は、小学校健診もあります。

2019-10-07 07:45:18

  

訪問リハビリのすゝめ


訪問リハビリは、在宅生活を長く、気持ちよく過ごすためには大事なサービスです。ですが、どうしても直接的な看護や介護のサービスよりも、後回しになる傾向があります。訪問看護において、看護師がリハビリをしてくれることもありますが、あくまでも看護師が看護サービスの合間に行うものです。リハビリは、学校で勉強・訓練し、実務として何年も患者さんに施術してきたリハビリ療法士の専門の知識と技術ををもってして、効率の良い安全なリハビリが行えます。今までよりもサービスを増やしたり、療法士さんという新たな人が家に来ること、今までお世話になっていた看護医者ヘルパーさんのサービスを減らしたりやめたりすることに、抵抗を感じる利用者さんやケアマネージャーさんが多くおられます。そういった心情面はとても大事だと思います。しかし、今利用者さんにとって必要なサービスは何か、何をすべきかを十分に考え、この先を見据えたときに療法士によるリハビリが必要だを思われましたら、ご相談ください。リハビリは、強制的なものではありません。体の状態・心の状態をより良くするためのツールの一つとしてお考え下さい。

2019-05-13 07:11:38

  

待望の理学療法士、きたる。


当クリニックに、今月から、待望の訪問リハビリテーション事業所のほうに理学療法士さんが入職されました。以前から、リハビリテーション介入の必要性を感じていた方、リハビリテーションの希望がある方など、来週から、順次、リハビリテーションを開始していきたいと思います。神経系、腎臓、整形外科系、呼吸器リハビリなど、経験豊富な理学療法士さんですので、訪問リハビリテーションをご希望の方は、地域医療相談室またはケアマネージャーさんのほうまでお問い合わせください。

2019-10-07 07:46:07

  

アンプルケース


往診・訪問看護に持っていくアンプル(薬液の入った小瓶)を入れるケース。市販のやつで、気に入ったのが見つからないので、とりあえずで、100均のスポンジと小物入れでDIY。ケースに合う大きさのスポンジをみつけ、スポンジの横に2本、ハサミでアンプルが入るくらいの切れ込みを入れて完成。スポンジのおかげでショックが吸収され、アンプルが守られます。いずれ、気にいたものが見つかったら、ちゃんとしたものにします。

2019-05-07 07:48:42

  

往診バッグ 新調


 新しい往診バッグを購入しました。今度は、団地の5階まで登るのに楽になるようにリュックにしました。

2019-05-06 07:56:13

  

往診バッグ 壊れました。


 いつ頃から使っていたのか、記憶が定かではないのですが、15~20年くらい使っていたノートパソコンを持ち運ぶバッグを往診時に使用しておりましたが、先日、ついに壊れてしまいました。ショルダーベルトの接続が壊れました。全体的な経年劣化を考えると、寿命かな。また、いつ壊れて、パソコンを落っことすかわからないので、思い切って破棄しました。

2019-05-06 07:54:24

  

社長おすすめ漫画・文庫 その1  キングダム


こころ社長おすすめの漫画・文庫本は、数多くあります。時々、不定期に紹介します。ネタバレしないように、内容はふわっとしています。 
 特にお気に入りで、読み返したりするものもいくつかあります。その一つが”キングダム”です。お気に入り度的には、3本の指に入ります。三国志・水滸伝・項羽と劉邦・史記など、中国歴史ものは、なかなかの好物ですが、これは別格ですね。
 秦の始皇帝誕生までのお話です。主に秦国の話ですが、ほかの隣国の目線からも描写されたこころの動き、想いなんかが絶妙で、登場人物もすごく個性的・魅力的に表現されています。読む人の今の状態に応じて、どの人物に移入するか変わりそうですね。現在、自社映画公開中で、そちらも観てみたいなと思っています。

2019-05-03 06:59:40

  

パフェを作る


 昨日は、娘さんのリクエストでパフェを自作しました。好きなものや生きあありばったり感があり、彩にかけてますが、(*´з`)

2019-05-02 07:32:26

  

ゴールデンウィークの診療


 本日と5月2日の午前中は、ゴールデンウィークの合間の外来診療オープン期間です。大型連休中でお休み中の病院が多いで、お困りの方はご相談ください。伊藤先生が外来に出ております。また、こころ院長は9時前から訪問診療にでますが、終了次第、外来に駆け付けます。混雑または閑散が予想されますが、なるべく待ち時間が少ないように努力いたします。

2019-04-30 06:50:39

  

伊藤先生の午前診察時間の変更



 伊藤先生の午前診察時間が変更になります。現行、火曜日9-12時が、月・火・水・金曜日 10-12時に変更になります。これにより、出内先生の月・水・金曜日10-12時と合わせて、医師2名体制の時間が拡大されますので、よりスムースな診療が行えるようになります。

2019-04-25 08:31:34

  

暮らしと健康の月刊誌 ケア に掲載していただきました


暮らしと健康の月刊誌 ケア に掲載していただきました

2019-04-22 08:07:37

  

暮らしと健康の月刊誌 ケア に掲載していただきました


 暮らしと健康の月刊誌 ケア に掲載していただきました

2019-10-07 07:36:53

  

学会で大阪に来ました


 外科学会で大阪に来ました。最近の外科のトレンドなどを探りました。
 特別講演の山中先生のお話を聞けました。お初でしたが、TVで見ていた通り、熱い、まっすぐな先生で、大変エネルギーをいただきました。飛行機の到着時間の兼ね合いで本庶先生の講演には間に合わず、残念です。
 消化器外科・胸部外科・乳腺外科・小児外科の手術は、おそらくもうしないと思いますが、病気を診察したり、連携病院に紹介したり、術後の管理をするのには、情報をアップデートしないといけませんね。

2019-04-19 19:15:22

  

札幌みづほ幼稚園 園医


 今年から、学校法人須合学園 札幌みづほ幼稚園の園医をすることになりました。
 もみじ台、青葉町近辺の地域に、できる限り貢献できますよう、今後も活動をしてゆきたいと考えております。

2019-04-18 07:18:29

  

トレーニング再開


 魔女の一撃を受けてから久しいですが、ようやく腰痛が軽減してきており、今朝から筋トレ、再開しました。

2019-04-17 08:13:06

  

猫グッツ


 先日、頂いたカップとティースプーン。
 猫好きが周知されてきて、猫グッズを頂くことが増えました。
 温まると黒猫が茶猫に変わります。
 スプーンの肉球がかわいい。

2019-04-17 07:34:46

  

ようやく春


 ようやく春の兆しですね。
 ぎっくり腰の後遺症をおして、スタッフに引き留められつつ、毎日のように少しずつ削って削って、ようやく、駐車場の雪がなくなりました。
 とりあえず、駐車場問題、ひとまずの解決を迎えました。

2019-04-16 07:26:24

  

靴ベラの追加


 利用者さんの声、で靴ベラが、ベンチ側にももう一本あったらいいな、とのお声をコンシェルジュを通していただきましたため、早急に対処いたしました。
 また、手すり側の靴ベラも、たったまま楽に靴が履けるように、ロングタイプのものに変更しました。
 
 また、何か、こんなのあったら便利だな、この辺が使いづらいんだけどな、などのご意見ありましたら、メッセージにて、またはコンシェルジュにお申し付けください。 こころ院長

2019-04-15 07:05:05

  

もみじ台北保育園 園医


 本日、今年から就任しましたもみじ台北保育園の園医として、お仕事をしてきました。
 月に1回、園医として伺い、ちびっこたちの健康診断をしていきます。

2019-04-11 17:11:12

  

もみじの丘小学校 入学式


 平成31年4月8日 校医を務めることになりました、もみじの丘小学校の入学式に来賓出席しました。
 11時ぎりぎりまで往診しておりましたので、白衣での出席となりました。

2019-04-08 11:51:47

  

サプライズパーティ


 先日、社内で誕生日をサプライズでお祝いしていただきました。当日、サプライズのため、社員たちから、”朝はばれないようにするために、社長に対して塩対応ですみませんでした”と・・・、塩対応に気が付かなかった鈍感な社長・・・・。
 ツンデレ社員の皆さんが、午後診療終了後に、サプライパーティを用意してくれてました。社のロゴのケーキ、かわいい!!出入りの業者さんも一緒に祝ってくれました。
 心優しい社員たちに感謝です。これからも、愛される?!社長でいられるようにがんばります。(*´з`)

2019-04-05 07:04:51

  

ピロリ菌検査


 ピロリ菌の検査は、内視鏡・呼気・糞便などの検査がります。当クリニックでは、内視鏡は、嚥下・喉頭内視鏡のみしか施行しておりません。
 ので、内視鏡を必要としない検査を採用しました。内視鏡をしない場合、保険診療になりませんので、自費診療となります。30分前後で終わる検査です。
 ピロリ菌が陽性だった場合は、内服による除菌を行います。費用は、概ね7000円、となります。

2019-04-01 07:41:22

  

春 恋し


 先週まで、雪解けが進んできたなと思っていたら、また、一旦冬モードに逆戻り・・・・。
 除雪をすすめていた駐車場も真っ白。
 クリニックの庭もまた、きれいに雪化粧されました。
 体調と、雪に隠れた氷での転倒などにご注意ください。

2019-03-27 07:20:59

  

こころ図書室


 スタッフルームに”こころ図書室”を開設しました。文庫本・医学書・実用書・漫画などなど。社長が個人的に集めていたものを家から持ってきて並べました。
 ちょっと変わったスタッフへの福利厚生の一端のとして、休み時間に読むのもレンタルして自宅で読むのも自由です。
 2年くらい前から急に漫画に凝って、集めて読んでいたら、2~3000冊くらいになってました(^^)/。
 そのうち、こころ社長のお気に入り漫画、文庫、小説などもブログで紹介しようかと思っています。

2019-10-01 17:43:42

  

春になったら健康診断はいかが?


 もうすぐ春ですね。春になったら、健康診断はいかがですか?当クリニックでは、現在、前医院からの健康診断の費用の見直しをはかっておりました。
 近日中にわかりやすい料金表やセット項目の明示や、事前に追加検査項目を選択する検査依頼表のダウンロード化などを検討しています。
 企業検診、個人検診、とくとく検診など、受け付けております。
 詳しくは、記載後のホームページ記事もしくはクリニックまでお問い合わせください。

2019-03-19 07:00:50

  

ネットワーク回線工事中


本日、土曜日診療はお休みですがインターネット回線工事のため
出勤しています~。これでパソコン達がサクサク動くようになるかな???

2019-03-16 12:00:16

  

雪解けが待ち遠しい


 駐車場の雪山を、毎日ちょっとずつ削っています。現在、5~6台分くらい駐車スペースが減少しており、ご迷惑をおかけしております。
 ぎっくり腰と相談しながら、少しずつ雪山を削っています。今しばらく、雪解けまで、お待ちください。

2019-03-15 07:24:40

  

ストーブ裏の壁紙を貼りました。


 利用者様より、以前の医院の際に、暖房器具を取り換え、設置した際に、壁紙をはがした?もしくはもともとの暖房器具のサイズが大きかった?のか、壁紙がない部分があり、待合で座って待っているときの目線にはいるので気になりますとのお声をいただきました。
 全く気が付きませんでした( ゚Д゚)。お声を寄せていただき、ありがとうございます。早急にDIYで対処させていただきました。

2019-03-14 10:30:09

  

エケコ人形


 数年前?にはやったペルー・南米のお人形。タバコを火曜日・金曜日にタバコ(主にマルボロ)を食わせさせて、西(諸説あり)向きに置いておくと、願いがかなうとのこと。
 おもに食料に見立てた粒粒や車・家のオブジェ、お札などをしょわせるのがならわし。
 具体的にほしいものがあれば、その名前や写真を印刷したものをもたせてもいいらしい。
 元来、生真面目なので、数年前に買って以来、5~6回忘れてしま他ことはありますが、ほぼ毎火曜日・金曜日にタバコをくわえさせてあげてます。ご利益のほどは・・・、よくわかりません。

2019-03-11 08:27:56

  

エコエコ


 当クリニックでは、自然環境保護と経費節減のため、エネロングを使用しております。充電した状態で放置しても、自然放電が少ないんですって。
 医療機関の機器には多くの電池を使用します。安い電池、アルカリ電池などありますが、ゴミが問題となります。
 そこで、我が家でも使用しているエネロングを買いました。初期投資はかかりますが、ほぼ永久?的に使えますし、ゴミが出ない。何回も使えて経済的です。100円ショップで単三→単二・単一の変換グッツもそろえたので単一~単四まで、使い放題です(^^♪

2019-03-06 15:32:01

  

超音波の機械も納品されました


 先日、超音波の機械も納品されました。これで、甲状腺・乳腺・血管・胸部・腹部などの超音波検査や超音波ガイドでの穿刺などが可能になりました。

2019-03-05 08:26:48

  

雪割・氷割


 だいぶ暖かく?なってきましたね。水曜日あたり降るそうですが、もうそんなに豪雪はないでしょうか。
 駐車場の雪山がこんもりで、駐車スペースが4~5台分くらいなくなってしまているのでご迷惑をおかけしております。
 だいぶ、ガラスの腰も改善してきていますので、許可が下りたら雪割して溶かそうと思います。
 ・・・・いったい誰の許可でしょうか・・・・。

2019-03-04 17:54:58

  

駐車場の整備


 まだ雪が降る前の11月のことですが、クリニック専用駐車場のラインをひいて整備をしたんですよ。これもDIYで。
 ラインマーカースプレーをホーマックで購入して、段ボールをライン幅に切り抜き、メジャーで駐車場幅を計測して、段ボールの切り抜きに向かってスプレーするのを繰り返して完成しました。
 雪が降ることを想定して、黄色にしました。ナンバリングも切り抜き段ボールにスプレーしてます。

2019-02-27 17:16:41

  

猫チョコ


 利用者さんのご家族さんから、お心遣いいただきました。ちょっと遅れたバレンタイン?
 猫が好きなことをご存じで、とてもかわいいチョコレート。肉球がたまらない。袋も缶もかわいくて捨てられません。

2019-02-26 09:33:29

  

介護付き訪問診療


 本日は、ぎっくり腰の腰痛のため、車の乗り降りにも難儀しておりましたため、事務員さんの介護付きで無事訪問診療を終えました。
 昨日よりは、腰の痛みもだいぶ和らいでいます。左足を動かすことが今は難しいですね。

2019-02-25 16:19:52

  

魔女の一撃


 今朝がた、クリニックの物品の荷下ろし・荷運び中に ”ぎっくり腰” をやってしまいました。かなり痛いですが、動けないほどではなく、明日からの往診・訪問診療は、通常通りに行います。
 現在、マックスベルト・漢方・痛み止め・シップで自己治療中です。みなさまも、お気を付けください。

2019-02-24 14:45:19

  

厚別区医療連携ネットワークで登壇させていただきました


 平成31年2月22日(猫の日、にゃんにゃんにゃん)に札幌徳洲会病院 第8講堂にて、登壇し、講演させていただきました。
 厚別区の病院は、競争よりも連携していく色が強く、いつも心強く感じております。
 忙しくしていて、ボケっとしていたので、朝穴あきダメージジーンズで出勤してしまい、講堂に向かう直前に気が付き、往診用の仕事着に履き替えてなんとか事なきを得ました。

2019-02-23 13:36:38

  

ご無事で何より


 今朝がた、おおむねすべての訪問患者さんの無事が確認されました。特別な地震によるけがもなく、よかったです。
 今後もまた地震が起こる可能性があるかと思いますので、みなさん、お気を付けください。

2019-02-22 11:29:40

  

平成31年2月21日 地震の対処


 昨晩の大きな地震、みなさま大丈夫でしたでしょうか?当クリニックでは、本日、外来開院前に、訪問患者様すべてのお宅に電話にて安否確認をさせていただき、ケガをされた方や精神的に不安な方など、往診の依頼がございましたら、可能な限りすべてに対応していきたいと考えております。
 朝早くにお電話を差し上げますお宅には、ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご容赦ください。
 何事もなかったことを、願います。

2019-02-22 06:51:17

  

お花をいただきました


 素敵なお花をいただきました。クリニックの彩に、飾らせていただいております。まだまだ雪景色ですが、お花を感じて、春を感じていただければと思います。

2019-02-23 13:37:54

  

超音波もできるようになりました。


 ファミリークリニック こころについにエコーが入荷しました。
 超音波もできるようになりました。頸動脈エコー、胸部・腹部エコー、深部静脈ほか血流や甲状腺・乳腺エコーもできるようになりました。
 エコーガイド下の中心静脈栄養カテーテル挿入やIVHポートの造設、胸腹水穿刺もできるようになりました。
 エコー検査は、外来でも訪問でも実施可能です。

2019-02-19 17:31:14

  

駐車場の看板 リニューアルしました


 当クリニックの駐車場のカバンをリニューアルしました。相変わらずの手作り感ですが、こころ院長がせっせと下地を塗って、文字を書きあげました。
 何となく味のある感じで、満足です。
 当面は、これでOKかな?

2019-02-18 08:09:44

  

マドレーヌを焼きました


 女子力高めのこころ院長は、料理やお菓子つくりなんかもします。大学生の一人暮らしの頃からしていました。
 久しぶりに子供たちからのリクエストで、この日はチョコマドレーヌを作りました。お店のも、もちろんおいしいのですが、こういうものは、焼き立てが最高においしいですよね。

2019-02-17 08:41:11

  

訪問診療のご相談はお気軽にどうぞ


 当クリニックでは、緩和ケア以外にも、認知症、老齢、内科・整形外科疾患、居住状況、精神科疾患その他の様々な理由で通院困難な方の訪問診療を承っております。また、雪国ならではの越冬訪問診療(春には通院に切り替える)も承っております。
 ”私も来てもらえるのかな?”とお思いの方は、お気軽に当クリニックのソーシャルワーカー(社会福祉士)にご相談ください。

2019-02-17 08:34:15

  

サンタさん


 昨年末、クリニックにサンタさんが来ていました。サンタさんにいただいた、こころ院長の名刺入れ。
 大好きな猫とピンク色の名刺入れ。こころスタッフの女子サンタさんからの贈り物。
 大事に使わせていただいておりますが、しばしば携帯するのを忘れ、お財布から名刺を出してしまう不手際・・・(*ノωノ)。気を付けます(`・ω・´)ゞ
 優しい素敵なスタッフに囲まれて、とても幸せです。

2019-02-16 10:35:57

  

マスク着用のすゝめ


 もみじ台では、インフルエンザの感染の波は、少しおさまっているようです。しかし、RSウィルスや溶連菌、ほかの風邪症状などはまだまだ。マスクの着用・うがい・手洗いがとても大事です。
 マスクは、長い時間着用するので、皆さんそれぞれのお気に入りのものを探してみてください。こころ院長のお気に入りは、紙マスク。長時間着用しても鼻や口に直接あたる部分がけば立たないので好きです。が、ほかのスタッフには受けが悪く、クリニックでこれを使用しているのは、こころ院長だけです(*´Д`)

2019-02-18 08:25:18

  

まんまる新聞 1月25日に取り上げてもらいました。


 平成31年1月25日号に掲載していただきました。

2019-02-13 16:29:53

  

クリニック コンシェルジュ


 当クリニックでは、クリニック コンシェルジュを配置して、外来待合室での対応をさせていただいております。
 珈琲やお茶の提供、医師や看護師には伝えられなかったお話や世間話、要望などうけたまわっております。すべてに対応できるわけではございませんが、皆様のご要望の中から少しずつでもより良いクリニック サービスにつなげられたらいいな、と考えております。
 お気軽にお話しかけください。

2019-02-18 08:25:36

  

温かい珈琲・お茶をどうぞ


 可能な限り、スピーディな診療を心がけておりますあ、待合室では、場合によってはお待たせする時間が長くなってしまうことがあります。
 まだまだ、寒い日が続いております。当クリニックでは、待合室で、温かい珈琲またはお茶をご用意しております。外で冷えた体を温めながら、お待ちください。

2019-02-18 08:25:45

  

昭和の感のある外観はそのまま


 最近の新しいきれいなクリニックとは異なり、40年の歴史を持つ昭和感あふれる、趣のある建物は、当面このまま残しておきます。
 どこか懐かしさを感じる内装もおおむねそのまま残しております。
 いずれリフォームをかけることになりますが、しばらくはそのままで。

2019-10-01 17:28:19

  

ベンチを設置しています。ご利用ください。


 冬場は、靴の脱ぎ履きも大変なことが多いですね。雪はつくし、床は濡れてるし。手すりにつかまって、転ばないように気を付けてくださいね。
 足腰が不自由な方は、ベンチを設置していますので、座って、安全にゆっくりと靴の脱ぎ履きをしてくださいね。
 このベンチは、DIYが趣味のこころ院長の自宅にあった2×4木材の余りを使って手作りしたものです。思いのほか丈夫にできました。玄関スペースにサイズが合うベンチを探すのが大変で、作っちゃいました。

2019-02-09 11:43:46

  

こころ猫 ロゴ


 ファミリークリニック こころのロゴは、猫とスズランです。これは、こころ院長の描いた原画を、こころスタッフとLINE上で何十回もやり取りをして、微調整をして、スタッフの一人にデジタル化してもらったものです。
 ロゴを作るにあたり、デザインもなにもかも全員素人の状態で、やんややんやと話し合いながら、完全オリジナルで完成しました。
 猫は、こころ院長が猫を飼い始めて、犬派→猫派にシフトし、猫が好きだから。スズランは、花言葉を検索して、こころの方針に似合いそうなものを選んだら、スズランでした。たまたま、札幌市の花でした。
 スズランの花言葉は、”再び幸せが訪れる”、だそうです(Googleさん検索)。病気・怪我で入院したり、生活が困難になった患者さんが、在宅診療・看護・リハビリハビリを利用することで、ちょっとでも在宅生活が幸せになり、最期の瞬間に、自宅で過ごせてよかったな、と思えるようにとの思いを込めました。

2019-02-09 11:18:10

  

GBクラブにて嚥下体操・舌の動かし方・言語聴覚士の仕事について講演しました。


厚別西・東サポートプロジェクトの一環として、2/7 CBクラブにお邪魔をし、
嚥下体操・舌の動かし方・言語聴覚士の仕事について当院の言語聴覚士
高橋がお話をさせて頂きました。
これからも地域活動を積極的に行っていこうと考えております。

2019-02-08 17:08:15

  

骨密度を測ろう


 注文しておりました骨塩定量の機械、骨密度を測る機械が入荷しました。
 超音波用のゼリーをくるぶしあたりに塗って、柔らかいシリコンの間に挟んでスイッチを入れるだけで骨密度が測れます。超音波測定器なので、超低侵襲で体への負担はありません。わずか10秒程度で測定できます。

2019-10-01 17:26:43

  

禁煙の勧め


 当クリニックでは、引き続き、禁煙外来を行っています。 
 喫煙は、様々な疾患のリスクがあります。また、周囲の人の受動喫煙も招きます。税金などによるたばこ代の値上げも年々進んでいます。
 当クリニックでは禁煙を強くお勧めします。禁煙してみようかな?と思われる方は、お気軽にご相談ください。
 保険診療による禁煙は、比較的に楽に禁煙が行えます。

2019-02-08 07:43:49

  

クリニック入り口に手すりが付きました。


 利用者様の声を少しずつ反映しています。
 当クリニックの出入り口に、靴を脱ぎは議する際に、手すりがあったらいいな、とのお声を頂きました。
 DIYが趣味なこころ院長の施行ですが、事務所内に在庫があった手すりを設置してみました。
 すべてに対応できるわけではありませんが、こうであったらいいな、というお声がありましたら、少しずつでもより過ごしやすいクリニックを目指して、小さいことも大きいこともコツコツと実現させていきます。

2019-02-06 09:24:58

  

午後の診療時間の変更


内科の医師が、ひとり新しく仲間に加わりました。つきましては、訪問診療の際に今まではこころ院長がすべて伺っておりましたが、同医師とともに交代で伺うことになります。よろしくお願いいたします。
また、人員増加につき、外来診療時間も延長するため、月火水金曜日の午後外来は、16時15分~17時15分受付、16時半から17時半までの診療 から
15時15分~17時15分受付、15時半~17時半までの診療 に
変更となります。
こちらも併せてよろしくお願いいたします。

2019-02-01 07:48:20

  

ようやく、ブログをはじめました。


 平成30年12月1日より約45年 もみじ台・青葉町を中心にした地域医療を担って来ました医療法人社団 秀和会 いでうち内科医院を出内先生より継承しました。12月いっぱいは、いでうち内科医院として継承後、実働しておりましたが、平成31年1月1日より、医療法人社団 秀和会 ファミリークリニック こころとして、実働を開始しました。
前院長の出内先生は、月・水・金曜日のAM10時~12時までの外来勤務を継続していただいております。もみじ台・青葉町の患者さんには、ご心配おかけしましたが、出内先生は引退されておりません、現役で診療継続されておりますため、ご安心ください。

2019-01-31 10:10:54

  

医療法人社団 秀和会 ファミリークリニック こころ


患者さん・ご家族のこころに寄り添っていく。 患者さん・ご家族・クリニック・関係事業者の心を一つにした在宅医療を提供する。 患者様がこころから家にいてよかったと思える在宅生活を実現していく。 自宅で最期を迎えるときのこころが穏やかで満たされたものであってほしい。 人のこころが感じられる診療・看護・リハビリテーションを提供していく。 スタッフがこころから働き甲斐のあるクリニックを作っていく。

2019-01-31 09:53:32

  

利益の還元 Part2

きじがはんえいされない

2020-07-03 19:47:17

利益の還元 Part1

昨年は、クリニック立ち上げ初年度にて、期末は大赤字で、実施不可能でした。今年は、おかげさまでようやく赤字を脱出しました。もちろん借金はいーーぱい ( ;∀;)、でも、コツコツとちゃんと返済していますよ。もともと、会社を立ち上げるときからやりたいと思っておりましたが、このようなコロナの余波が続く中だからこそやるべきだと思い、実施することにしました。当クリニックは、もともと年俸給与体制ですのでボーナスはありません。そこで、会社の利益の一部を期末特別賞与という形で、社長と一部を除くスタッフ全員で、均等割りして付与することにしました。

2020-07-01 07:25:47

ドライブスルーPCRの盲点

コロナウィルスのPCR検査が、ドライブスルーでできるようになり、便利になり、PCRのハードルが下がりました。しかし、盲点が。高齢者の多い町では、車に乗れない人がほとんど。家族が載せてくれればいいですが、独居の方はどうすれば?公共機関やタクシーに、コロナ疑いの人を乗せるわけにもいかず・・・。結局、近隣の医院や病院で、PCR検査をして保健所に検体を取りに来てもらうくらいしか方法はない。PCR検査をしてくれる医療機関はこのご時世、そう多くはない・・・。

2020-07-01 07:23:00

レジェンドリハビリは、やはりすごい

当クリニックのレジェンドリハビリスタッフに、昨日、リハビリ治療をしてもらいました。股関節痛は、まだまだ激痛ですが、腰に関しては昨日の1回がかなりeffectiveで、股関節痛を薬でやわらげれば、普通に歩けるようになりました。腰痛も、腰をそらなければ感じないほどに回復。助かるわぁ。股関節は、昨日は痛すぎて、軽くしか施術できなかったので、今後、徐々に股関節の治療も進めていってもいます。己のクリニックのスタッフに治療してもらうことで、どういうリハビリをするのかが身をもってわかるので、利用者さんに具体的にお勧めしやすくなるというメリットがあります。

2020-06-30 06:10:48

訪問看護師を募集しています

訪問看護、求人、正職、パート。これからの在宅医療において、理想とする看護の質と働きやすさ、働き甲斐、オンコールを減らして働くスタッフの負担軽減を目指した、最高の訪問看護ステーションを作りたいと思っています。力を貸していただける看護師の方はぜひ、看護協会・ハローワーク、もしくは直接当クリニックまでご連絡ください。病棟勤務・外来勤務しかしたことがない方でも、思っているよりもずっと訪問看護の敷居は低いです。まずは、お問い合わせください。クリニックでの在宅医療の現場を見学し、在宅医療を肌で感じてみることもお勧めします。

2020-06-29 07:56:38

訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ

厚別区で、訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ、って、一部で少しずつ認知されてきました。今回、理学療法士、言語聴覚士が1名ずつ増員されたことで、さらに勢いを増し、”訪問リハビリのことなら、ファミリークリニックこころ”を厚別区にがっつり定着させていきたいと思います。

2020-06-29 07:30:01

東京のコロナ

50人以上の比較的多い新規感染者数が連日報告されていますね。直ちに、緊急事態宣言、とまでは言いませんが、感染源となっている場所・状況に対してすぐにでも対策をとるべきでしょう。緊急事態宣言を出すか出さないか、の二択ではなく、緊急事態宣言の手前の、地域・職種・時間・曜日・その他を限定したなんらかの指針・政策を出さないと。現在の感染者数は、10ー14日前のものであることを常に考えておかないと。手に負えない感染拡大になって、また大規模な緊急事態宣言を出さざるを得ない状態になる前に手を打ってほしいなと思います。

2020-06-28 18:53:48

7月から理学療法士(PT)が一人増員されます。

7月の第2週から、理学療法士PTが一人増員されます。女性スタッフで、7月中は、週3日、午前中勤務、8月からは週5日の午前中勤務の予定です。知識と経験豊富なスタッフです。最近、リハビリ枠が上限近くまでうまってきていましたが、7月にりがくりょうほうし、言語聴覚士が増員されたことで、また余裕ができましたので、ご希望の方に質の高いリハビリを提供していきたいと存じます。現在、理学療法士3人、作業療法士1人、言語聴覚士2人の体制になっております。

2020-06-28 16:41:48

腰痛、股関節痛増悪、歩行困難に!

6月26日の夜から、腰と股関節の痛みが急激に悪化しました。27日朝には歩行困難に。妻に送迎してもらい、急遽、新札幌整形外科病院に。手術するような疾患ではないが、かといって、治療すべもなく、痛み止めでがまんするしかないとのこと。リハビリはOKとのことで、29日から毎日、こころスタッフ総出でリハビリにあたる予定です。チビ社長、大活躍で、社長の介護を一手に引き受け、入浴介助、入浴中に寝落ちして溺れないように、浴室待機で監視したり、飲食、更衣のの介助まで。仕事のできる優しい子です。経過は、比較的良好で、28日は、朝から、座位が可能となりました。まっすぐ腰は伸びないものの、歩行も可能に。とりあえず、明日からの往診は、可能な模様。

2020-06-28 16:35:53

訪問看護ステーションの布陣とは

訪問看護ステーションを立ち上げようとしています。求人中です。ステーションのスタッフの布陣について、考えてみました。訪問看護師はどれも同じ、トイ思われていますが、私の中ではいくつかの視点で区別しています。一つの視点で言うと医療と介護。全く別物です。ドラクエ的に考えてみましょう。医療を物理攻撃、介護を魔法攻撃と定義してみましょう。医療が得意で介護は苦手な看護師は、戦士・武闘家・バトルマスター、介護が得意だが医療が苦手な看護師は、魔法使い・僧侶・賢者、医療介護両方とも得意な看護師は勇者、両方ともできるけど・・・レベルなら魔法戦士、旅芸人みたいな感じでしょうか。ステーションを冒険するパーティとするなら、どういう組み合わせがいいかを考えます。勇者ばっかり・・・は、もちろん最強ですが、そんなことは現実不可能です。だとしたら、バランスを取りますね。7人パーティなら、勇者、戦士、武闘家、バトルマスター、賢者、僧侶、魔法戦士みたいな。これは、戦う相手が医療が多いのか介護が多いのかで、ちょっと変わりますね。わかりにくいかな。ステーションで、意外と多いなと感じるのは、魔法使い・魔法使い・賢者の3人パーティが多いなという事です。人手不足なのは百も承知ですが、このパーティでは、重症な利用者さんの場合に困難な場面が多々あるなと。利用者さんの状況が変わったら、担当をスイッチするということも選択肢に入れる必要があります。一人、戦士を入れるか、誰かが戦士になるように修行するか、そうすると、サービスの幅・質が上がるような気がします。医療と介護の現場では、同じ看護師でも仕事の内容が大きく異なることを考えなければなりません。当クリニックでのステーションの立ち上げには、このバランスを取りながら、手伝っていただける看護師さんを採用していきたいと考えております。また、クリニック内で研修・修行を積みながら、全員が戦士ベースのもしくは魔法使いベースの魔法戦士というレベルになれたらいいなと考えております。


2020-06-26 08:16:26

クリニックにおける投資とは

クリニックにおける投資とは。経費を使って何をするのが良いか。もちろん、せっかくの社長になったんだから、会社に乗りたい、飲み歩きたい、・・・、まぁ、それはそれでいいんじゃないでしょうか。それで、働くモチベーションが上がるなら。それは、社長次第。今回は、そうではなく、クリニックの今後のことを考えた投資としては何に経費をかければいいか。まずは、機器・物品類。これからのサービス提供において、質が向上するようなものは積極的に入れるべき。直性使うことで売上にかかる機器・物品はもちろん、単純に売り上げには関係なくても、サービスの質が向上するようなものは入れるべき。サービス向上により利用者さんが増えて、結果的に赤字にならないように計画すればよい。そして、新たなプロジェクトを展開するための先行投資。始めるのにはタイミングがある。安全確実にお金が十分余裕ができてから、などといっていたら最高のタイミングを逃し、結果、大した成果は得られない。借金をしてまでするかどうかはケースバイケースですが、思い切って先行投資すべき時がある。それを逃してはならない。そして、人への投資。医療は、何はなくともマンパワーがすべて。必要であれば、良い人材を積極的に登用すべき。易また、ちょっと足りているな、と思う時でも、優れた人材であれば、可能であれば採用すべき。優れた人材に出会えることは、非常にラッキー。逃してはならない。一番大事なのは、今いる人材を大事にすること。余剰金があれば、少しずつでも分配すること。とった魚にエサはやらない、という慣用句がありましたが、私は、とったにも魚にエサをやり続けるほうが好きだな(人を肴に例えのは失礼ですが、これは慣用句なのでご容赦ください)。最後に、税金を払ってでも、少しずつある程度の内部留保を確保すること。コロナのような予測不能な事態は、今後も起こりうる。企業耐久力を、クリニックも持っておくべき。お店が倒れたときに、どれだけの人が困るのか、という責任を常に背負っているのが社長であるという自覚を常に持っていなければならい。だから、社長なのだ。

2020-06-26 07:34:23

蛍光灯を修理しました

老朽化のため、順番にいろいろなところが故障していきます。建て替えを考えているので、なるべくこのままでいきたいのですが。丁度社長外来の上の蛍光灯が、ちかちかして、3時間くらいするとパッとつく、という症状を春くらいに発症。外が明るいので何となく耐えていましたが、この度、LEDに生まれ変わりました。なんだろうぅなぁ、普通に明るいのって、こんなに気持ちがいいもんなんだなぁと実感。最低でもあと1年はこの建物に頑張ってもらわないと、なので、どうしてもという部分は、修繕していかないとねぇ。

2020-06-26 07:14:20

ピークフローメータ入りました。

訪問リハビリの際にも利用できる、ピークフローメータ、導入しました。今後、呼吸器リハビリなどの際に、適宜利用しながら、より適切なトレーニングができるようにしてゆきます。


2020-06-25 07:05:45

理想のパパであり続けたい

以前からですが、最近もまたその機会がありました。チビ社長からは、”パパにあこがれるわぁ、すげぇなぁ”、娘っ子からは、”うち、パパみたいな彼氏が欲しい”といわれました。パパ冥利につきるお言葉。これからも理想のパパであり続けるようにたゆまぬ努力を続けていき所存です。

2020-06-25 06:29:49

朝勉強のメリットは、少し減った?

高校生の頃から、朝勉強をしていました。その当時は、夜のテレビ番組は面白くて、家族もそろうし、誘惑が多く、部活などで疲れているので、朝の方が確実に時間が取れて、頭もすっきりしているから、朝勉強の方が優れている、という考えでした。寝過ごして、予定の勉強ができなくなる、ということもありますが。現在では、テレビはそれほど面白くなく、そもそも録画できるし、YOU TUBEであれば、朝も夜も関係ない。なんだか、朝勉強の利点は、以前より減ってしまっているかもしれませんね。

2020-06-24 07:21:20

7月1日から訪問リハビリ 言語聴覚士が2名体制に強化

7月1日から言語聴覚士スタッフが増員され、2名体制になります。そもそも、訪問リハビリで言語聴覚士による訓練に力を入れている事業所は、非常にまれです。厚別区を中心に展開しておりますので、嚥下、言語、認知などの問題でお困りの方々は、お気軽のご相談ください。

2020-06-24 06:49:03

断続的な睡眠

左股関節、大腿部痛、腰痛にて、痛くない寝方を毎晩模索中。ぎりぎり何とか見つけて寝ても、1~2時間で下肢痛で目覚めます。そこから、もっかい体位交換して、試行錯誤して痛くない姿勢を探します。また1~2時間。4時半までに4~5回目覚めます。痛み止めを飲んでもそんなに痛みがやわらがないほどの痛み。困ったちゃんでかまってちゃんの左足。さて、どうしたものか。

2020-06-24 06:39:54

友人からの差し入れ

暑い夏に、涼しくなる塩枕、猫バージョンの差し入れ。今は、足腰が痛くて、寝る姿勢を探しているうちに、散らかってしまうけど、もう少し体が落ち着いたら、ちゃんと使って寝れるようになるかな。


2020-06-23 09:25:52

訪問リハビリにも物理療法を取り入れる

訪問リハビリは、基本的に徒手的なリハビリしか行われてきませんでした。病院内では、適宜物理療法が併用されて、効果的なリハビリが行われます。技術の進歩で、機械はどんどん小さくなり、性能が上がっています。これを持ち出せば、必要な人に必要な施術が、より効果的に行え、症状の緩和や能力の改善が得られる可能性があります。そこで、当クリニックでは、物理療法の機器にも積極的に投資し、より質の高い訪問リハビリが提供できるように努力しています。ホットパック、メドマー、低周波をまずは取り入れました。メドマーは特に浮腫には改善効果が期待されるうえに、利用者さんの気持ちよさからの満足度が高く、導入開始直後から、依頼が殺到しております。そのため、急遽、2台目の購入に踏み切りました。1台20万円近くしますので、なかなかの機器ですが、利用者さんの反応からは、それだけの価値はあると考えます。訪問リハビリにおいても、セラピストの治療の選択肢が増えれば増えるほど、よりオーダーメイドな有効な施術が行えるとおもいます。


2020-06-23 07:41:09

最高の醤油せんべい

costcoの専売ではありませんが、大袋でいつも売っているせんべい。これ、せんべい好きの猫社長一押しのせんべい。とってもおいしい。食べ始めると止まらない。濃い口のスタンダードなしょうゆせんべい。これに対抗できるのは、新潟仕込みともう一個、昭和の頃から好きだったせんべいがあったのですが、最近あまりに見かけないので思い出せません(しょうゆ味で直径8~10㎝だいの薄焼きの丸い奴で、コブクロに3枚入りのやつ)。思いだしたらまた書きます。納得がいくしょうゆせんべいはなかなかスーパーにないので、お勧めですよ。


2020-06-23 07:21:31

魔女の一撃ではないけども、小人の一斉攻撃?

昨日、朝から、腰痛が増悪。体幹をそれない、やや前傾姿勢で左足をまっすぐ伸ばせない・・・。魔女の一撃を食らった覚えはないので、寝ている間に小人たちの一斉攻撃でもうけていたのかな?最近、左膝から臀部にかけて、しびれるし、これはいよいよ・・・。"(-""-)"

2020-06-22 08:08:12

父の日

父の日でした。妻とお子たちから、サプライズプレゼントいただきました。父の日、に関しては、ノーマークでしたのでびっくり。わざわざ、ピンクのポロシャツに猫のロゴまで、特注でつけてもらったようです。ほっこり。


2020-06-22 08:04:02

朝鮮半島の不穏な状況が心配

朝鮮半島に戦火のにおいがしますね。このままこじれて、大ごとにならないことを祈ります。

2020-06-22 07:58:55

ごみ捨てにて

ゴミステーションで、通勤前にごみを捨てます。いつも朝早いので、大体1番のり。カラス除けの網を組み立て、中にごみを入れ、カバーをかけて、レンガでおもしを載せます。カラスもなかなかなもんで、時々荒らします。なので、ネットの端の方をレンガで固定しても上から引っ張ると、意外と簡単に外れてしまいます。ゴミが少ないうちは余裕があるので、もっと根元の方に置き、固定しているので、最初は荒らされないはずです。なのに、今朝、ごみステーションの近くの方に”オタクがごみ出した後荒らされてることが多いから、しっかりやってくれな”といわれました。うーん、あれでも荒らされているのかな?3日前は、ちょっと遅れて2番目になりましたが、その時すでに、がっつり荒らされてましたけどね。私の防御策をカラスが上回ってるのかもしれませんが、朝早く捨てているからといって、うちのせいにされるのもどうかと思いますね。同じ時間帯に捨てに来ているひと、いっぱいおるのに。ちなみに、その方の防御策は、端っこの方にすべてのレンガをきれいにおいてましたが、たぶん、カラスに負けるような気がしますよ。てこと転がった時にも重しとして作用できる場所に残っているかどうかで時間稼ぎができますからね。

2020-06-22 07:35:01

柴犬と老夫婦

今朝、通勤時に柴犬を散歩させている老夫婦を見かけました。トレーニングウェアに身を包み、健康のための運動と愛犬のリフレッシュを兼ねてお散歩かな?ご婦人の方は、左手にビニール袋、右手に火ばさみを持っている。ん?ウンチを処理するのかな?ビニール袋の中身は、ガラクタのようなものが入っている?どうやら、お散歩コースで見つけた街のごみを拾って歩いてくれているようです。あー、素敵な人だ。こういう、方がいてくれると、ほっこりしますね。

2020-06-19 06:25:31

ZOOMの活用

先日、ZOOMでの部活OB講演会のようなものが企画・実施されており、時間を見つけて、ちょこっと参加してきました。最近の若者の発想はすごい。今回が第1回で、講師は、海外で外科医をやっている部活の後輩で、現役大学生に対して、海外と日本の医療の現状や違い、留学とは、海外で働くこととは・・・、などなど、興味深い講演と対話がなされていました。海外の医療現場なんて、医学生にはとても刺激的な内容ですね。私は、久しぶりに、モニター越しに後輩の姿を見ながら、ちょいちょい会話もできて、ZOOMってすごいな、と感じましたね。医者はとにかく忙しいことが多いので、なかなかどこかに集まって、改まって後輩たちにアドバイスをしてあげる機会が持てませんが、ZOOMなら、予定の時間に空き時間さえ作れれば、病院からでも、直前まで仕事して、終了後仕事再開する、なんで状況でも対話が持てるので、便利な世の中になりましたね。今、まさにバリバリ働いている現役Drから直接 生の現場の話を聞けて、今疑問に感じていることを直接聞けることは、医学生にとって大きなプラスでしかない。こういった輪が広がっていくといいですね。私の学生時代にもこんな機会があれば、良いか悪いかはわかりませんが、今いる場所・今やっている事も、何か変わっていたかもしれませんね。

2020-06-17 07:09:05

入りと出の両面を考える

入るものに目が行きがち。業績を上げるために、契約を増やす、販売を増やす、収入を増やす、連携・提携先を増やす・・・・。目に見えて業績が上がるような気がする。しかし、出の方を気にしないと笊になる。契約を5件増やしたが、4件解約になった頑張り屋さんと契約を2件増やしたが解約がない頑張り屋さん。どちらも頑張っているが、結果的に後者の方が契約件数は伸びている。店の売り上げをつき500万円に上げ、経費を月480万使う羽振りのいい社長と月380万を売り上げるも経費節減して月300万しか使わない倹約社長。店の資金は後者の方が残る。何を良きものとらえるかで、前者後者のどちらが良いかはわかれるが、私の視点では後者の方が良いと思う。人材についても同様。新規にどんどん入職者を増やすが、どんどんやめていくのでは、いまでたってもマンパワーが充実しない。適切なほしい人材を適切な時期に手に入れるとともに、今手元に居る大事な人材は、外に流出しないようにしっかりケアして、大事に扱うべきである。医療・介護現場は特に出入りが激しい。なかなか人材が定着しないことが多い気がします。それが、職場自体に欠陥があるのか、やめていく人材の都合や性質によるものなのか、適宜、検証する必要がある。

2020-06-17 06:15:34

ウサギにアンビュー

訪問リハビリ用の訪問車 うさぎ(ラパン)5匹のうち4匹に、ようやくアンビューが装備されました。コロナの影響か、注文したアンビュー6個が到着が遅れており、まだ4個しか届いておりません。昨日、3こ届いて、2週間前に1個。あと2個はまだ。使う機会がないことに越したことはありませんが、訪問車には、本来、標準装備すべき物品だと考えます。おそらく、日本中の訪問車で装備している車は、ほとんどないと思いますが。

2020-06-16 06:33:11

リサイクル

使えるものは、なんでもリサイクル。当クリニックでは、旧 いでうち内科医院のころの財産(効き機器や物品)で、倉庫にしまわれていたものも、必要に際し、再度日の目を見る日が来ることが多々あります。何でもかんでも、新品を買わず、まず、今あるものを使ってみて、故障したり、期限が切れたり、過不足が出てきたら、そこで、改めて必要なものを新規で買うことにしています。

2020-06-16 06:27:42

医療事務スタッフ、言語聴覚士 増員のお知らせ

5月下旬より、医療事務スタッフが1名増員されました。また、7月1日より、言語聴覚士が1名増員され、2名体制になります。これからも、必要十分のマンパワーを動員して、より良い医療サービスを提供してゆきたいと存じます。

2020-06-15 07:11:17

国を守ってほしい

現在、政府はやること盛りだくさんですが、こういう時にこそ、広い視野で国を守ってほしい。懸念しているのは、国土。経営不振で傾いたり、頓挫したり、倒産したり、様々な理由で不動産を手放そうとしている所有者の方々がおられるかと思いますが、こういう時に、海外資本に大事な国土を投げ売らないように、国が何らかの手を打ってほしい。いざ、コロナが落ち着いた未来で、大事な日本の文化が海外資本で壊されている、ライフラインが抑えられている、日本人が締め出されている、景観が損なわれている、そんなことが起こらないように。北海道の土地は、かなり海外資本が入ってきています。海外資本の不動産であっても、日本の公共利益のために、国が、都道府県が、市町村が、公共の利益のために、状況に応じては、権限をもって指導・監督・介入し、権利を制限できるように、法律を整備するなり準備をしておいた方が良いのでは?と、以前から思っていました。北海道の水源などは、以前から外国に狙われていましたからね。

2020-06-15 07:04:50

今月いっぱいは様子見が必要

潜伏期間的に、緊急事態宣言解除され、6月からの感染動向が反映されてくる頃です。東京では、ぼつぼちな数が続いてますね。北海道でも、市中でぽろぽろ。予測されていたようにカラオケ店や夜の街でのクラスターが発生しました。これは、それぞれの業界・業種が悪いというよりは、個々の事例で防ぎきれたものである可能性もあります。これですぐ自粛歳戻り、ではなく、なんで起こったのか、どうすれば防げるのかをちゃんと検証して、拡散してほしいですね。

2020-06-15 06:55:58

在宅医療は信頼関係、クリニック・事業所は選別の時代に

在宅医療は信頼関係が重要。医療者と利用者、離床者と事業者、クリニックと病院、クリニックと事業者など。事業者は、訪問看護ステーション、リハビリステーション、ヘルパー、施設サービス、ケアマネージャー、義歯装具店、レンタル業者、配食サービスなど、在宅を取り巻く医療・介護サービスをすべて含みます。医科目線で考えると、訪問歯科も事業所の枠組みにはいります。歯科目線なら、逆。これが、1つ崩れたくらいでは、何とかほつれた糸をつなぎ合わせられますが、2つ3つ崩れると、かなりやりにくくなります。在宅医療・介護は、みんなで少しずつ支えあうことで、うまく成り立つと思います。なので、これからの在宅医療・介護は、どのサービスが必要だから、空いている・来てくれるところはどこそこのクリニック・事業所なので依頼する、のではなく、ここはしっかり診てくれる、ここはこういう状態に強い、こういうサービスが売りだから、この事業所とこの事業所は相性がいいなど、利用者さんの状態や取り巻く環境、目的・目標に合わせたクリニック、事業所の組み合わせを選別して利用していく必要があると思います。今や、在宅サービス・クリニックは、群雄割拠の時代、乱立していますので、情報をしっかり集める必要があります。

2020-06-12 07:09:53

猫の忖度

毎朝、4時半過ぎくらいにガブリエルくんに起こされます。胸からおなかの上でふみふみ。今日は、足元で頭を擦り付け、左手に頭を擦り付け、起こそうとしてました。一旦、目を開けて、ガブリエル君と目があましたが、もうちょっと寝よ、と再び目を閉じると、それから何もしてこなくなりました。あきらめて寝たのかと思い、そっと目を開けると、腰の横のあたりにちょこんと座って、こちらを眺めていました。にゃんこも、もう少し寝かせてあげようと忖度していたようです。こうなると、もう起きるしかない。首を起こすと、おなかの上に乗ってじゃれ始めました。あとは、ご飯のお皿に、猫まっしぐら。今日の教訓、にゃんこも忖度をする。

2020-06-11 07:41:46

ドラゴンクエスト10 無料開放中

ドラゴンクエスト10のオンラインゲームが、Ver.2まで無料体験できるようになっています。うちのお子たちも、楽しんでおります。10年前からスタートしてまだ続いているのがすごい。今はVer.5まで進んでいるようです。私は、Ver.3までしか知りませんが。ドラクエは、昭和の頃から長く愛され続けるだけあって、世界が綺麗で、ストーリーが秀逸です。とくに、ドラクエ10は、Ver.2までがストーリー的には優れていたので、お時間のある方は、一度試してみるといいかもしれませんよ。全く違う世界観に浸るのも、コロナのストレスからリフレッシュするのによいかもしれません。

2020-06-11 07:34:53

熱中症にご注意

これからの時期、毎年熱中症で調子を崩される方が増えるので、コロナウィルスに気を取られすぎて、涼んだり、水分をこまめにとったり、など、昨年行ってきていた熱中症対策もお忘れなく。

2020-06-09 06:30:22

ある日スイッチが切れる

ここ2~3週間は、ずっとなんだか忙しかったです。オンコール待機中は、寝ていてもほぼワンコールで出られる体質です。これは、救急・外科当番のころからの名残です。むしろ、対応後に寝なおす方が難しい。ほとんどの場合、その時間から起きて活動します。元気最強!常に元気ホルモン駄々洩れしている状態。での、年に何回か、スイッチが切れます。先週の土曜がそんな感じ。朝からぐでたまのような状態。チビ社長に”寝ないでぇ”といわれながら、ソファでゴロゴロ。時々猫を撫ででゴロゴロ。うとうと。普段は、あまり決まった時間以外の睡眠時間をとりませんが、こういう時は一日中、うたたね。エネルギー切れなんでしょうね。日曜日には、すっかりリフレッシュ充電完了。本日も充電ばっちり。元気最強!

2020-06-08 07:20:33

緊急事態宣言の間に詰めておくべきだった

だいぶ前から言っていましたが、緊急事態宣言の間に、各会社が、解除後、どのように感染対策をしながら活動するかをもっと詰めておくべきでしたね。より具体的に。しっかりやっている店・会社は、すごく工夫して、我慢しています。反面、対策をしていない・対策が甘い店・会社もあります。そうであること事も容易に想定されていました。一生懸命やっていたお店では、巻き込まれ、一緒に風評されるのはたまったものではない。全くその通りですね。国や都道府県、市の主導でもいいし、各業界で主導でもいいです。こういう職種は、最低限、こういう対策をしてくださいという具体的な提案や検討を行い実行してください、そこからさらに店・会社毎に、プラスαの工夫はOKというような要請をしておくべきでした。していたのかな?三密さける、ディスタンスとる、手洗い・マスク的なざっくりした全体的、一人一人の行動の啓蒙だけで、業種別の具体的な対策するように啓蒙できていたでしょうか?経済が崩壊するから、早く緊急事態宣言を解除しろって言っていたコメンテーター・与野党の方で、そういう対策を解除前にしておきましょうって強く、繰り返し言っていた人、どれくらいますかね。新宿ホストクラブのクラスターの問題は、名指しで吊るし上げ、とかそういう問題ではない。施設や病院内のクラスターとは、意味が違う。施設や病院内のクラスターは、封じ込められますが、ホストに限らず一般の店や会社のクラスターは、感染者が家と店・会社の間を感染状態で行き来するので、容易に市中感染爆発のリスクがあります。それに県外移動も合わされば、国内感染爆発もシナリオも。東京は、今また、結構崖っぷちにまた立たされつつある気がします。東京の感染増大→札幌感染再燃が第2波でした。第3波も札幌で起こりつつあるかもしれません。今週あたり、札幌の市中感染数が増大するかもと警戒しています。海外からの入国管理案も厳しすぎるというコメンテーターの方もおりますが、海外で日本より厳しい感染状況が続いている中では、もっと厳しくてもいいと思います。海外からの入国者の滞在中のホテルを各都市数カ所に限定して、看護師を配置して朝晩体調とバイタルチェックをする、移動は指定のタクシーにかぎるとか、業務以外の外出は、ホテル内以外制限するとか、会社や施設などへの入館は、熱外来のように別の入り口から従業員との不要接触が無いように、立入れる部屋・通路を限定するとか、今はもっと極端に対策してもいいと思います。極端かもしれませんが、緊急事態宣言再発令をさせないためには、それくらい、感染の拡大再燃には気を使ったほうがいいのではないかなと思うという事です。

2020-06-07 09:10:18

増え続ける猫たち

猫土地は寄贈されてつづけています。


2020-06-05 07:13:43

増え続ける猫たち

寄贈品の猫たちが、今も増殖中です。多頭飼い(=^・・^=)


2020-06-05 07:11:11

いただきました。感謝です。

善良な利用者様のご家族より、寄付していただきました。アルコール、まだまだ品薄なようで、出入り業者でも入荷があまりないようで。大事に日々の診療に生かさせていただきます。貴重な物品をありがとうございました。


2020-06-05 06:47:09

スタッフからの寄贈品

院内図書に在庫している鬼滅の刃は1-19巻まででした。20巻は、おいおいそろえようかと思っていましたが、スタッフから、20巻、いただきました。(^^)/。これで全巻セットになりましたよ。まだ、読んでないけど。


2020-06-05 06:42:03

テレビに飽きてきましたね

ワイドショーはコロナとコメンテーターと司会者が言う悪口、謎解き・クイズ、衝撃映像、再放送ドラマ・お笑い・・・・。テレビ見なくなりました。アプリとかで見れるニュース、ホリエモンの記事取り上げすぎじゃないですかね。都知事選挙の話もちらほら出ていますが、私は都民でないので何とも言えませんが、今回のコロナ騒ぎで、長の大事さに国民が気が付いたのでは?有名とかうまいこと言うとか、革新的とか、欧米化するとか、海外に日本の土地や水や権利・技術をどんどん売ってしまうとか、そういう事ではなく、街を国を人を自然を愛してくれる、未来を見据えてくれる、古くてもいいものは残す、新しいいいことは取り入れながら、美しい大事な日本を、日本の文化を守ってくれる、緊急時には的確に迅速に決断してくれる政治家に長になってほしいなと思います。選挙は大事ですね。

2020-06-04 07:28:41

アンビューバッグを標準装備

緊急時に使用できるように、訪問診療および訪問看護・訪問リハビリテーション車に、アンビューバッグを標準装備しました。明日、院内講習会で、アンビューバッグの使用法を全スタッフで確認いたします。緊急事態に、より早期により適切な処置ができるように。


2020-06-03 09:01:03

猫と高齢者

猫が好き、猫を飼いたいけど、年齢や体のことを考えると飼えない、譲渡を断られる、なんてことがあります。多頭飼いの崩壊などでうまれた保護猫と里親をマッチングするようなNPO団体 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道という組織があることをネットで知りました。ネットでしか存じませんが、高齢者でも猫と暮らせるように、”永年預かり制度”という独自のシステムがあり、指定の保護猫を預かってもらい、万が一、保護猫を世話できなくなった際には、団体が再度引き取るのだそうです。愛猫家としては、少しでも多くの保護猫が、やさしい里親と少しでも長く暮らせるなら、素晴らしいなと思い、いいプロジェクトだなぁと感じました。高齢の愛猫家も安心して猫と暮らせるのもいいなと思います。

2020-06-02 15:27:49

いまさら日本が評価されてますね

コロナ対策に対して、あんなにバッシングされていたのに、海外諸国から、ミステリー的な感じで日本が評価され始めましたね。おそらく、海外では、日本方式を見習っても、日本ほどの成果は上がらないと思いますが。日本人の国民性、国民皆保険と生活保護制度を敷いていたことによる医療体制、医療レベルと医療資源、島国であることなどの多くの要素がかみ合って、成果が上がったと推察されるから。それでも、ある程度の効果は得られるかもしれません。取り入れられることは取り入れたらいいと思います。経済超重視の方々は、こんな状況でも三密避ける、自粛生活、感染予防のマスク手洗い励行などの行ってきたことが、無駄なことだった、やりすぎだったというのでしょうか。

2020-06-02 09:03:21

キングダム実写版 放送見ましたよ

5月29日に地上波でキングダムの実写版、見ました。2回目ですが、いいですね。出演陣の話で盛り上がってましたね。配役が上手ですよね。漫画ファンを納得させる。大沢たかおさんと長澤まさみさんの評価が特にたかかったようですね。迫力ある、再現性が高い、綺麗、などなど。キングダムのいいところの一つは、心が動くところ、感じられるところ、と私は思っています。信と漂と政の関係、実写版ではあまり感じにくいですが山の民と信の関係、などなど。私の妻の一番好きな場面の一つが、楊端和と信の援軍を求めた際のやりとりだそうです。その中でも”一番の無念は夢見たものが幻で終わったってことだろうが!”。山の民が平地で平地の民と仲良く暮らしたかった夢が破れ、裏切られ、復讐にとらわれていた数百年、その心を一瞬で溶かした瞬間。漫画は、とてもいいものです。いいマンガには、学ぶところ、感じるところがいっぱいあります。ただ、それを感じる器があるかどうか。娯楽として読むのも良し、ですが、漫画を楽しみながら、心や思考、相手を思う気持ち、先を読む・可能性を考える戦略脳、その他のよきものを学んで吸収出来れば、すばらしいなと思います。そういった良い心を学んで実践できれば、ネット誹謗中傷などは、少なくなるのではないでしょうか。

2020-06-01 08:04:36

1日3回の痛み止め、やめました。

腰と股関節、大腿部の痛み・張りは改善傾向で、食後鎮痛薬を中止しました。リハビリテーションとストレッチ、ボルタレンローション、ヤクバン湿布で治療継続中。

2020-06-01 07:25:58

k値は、ちょっと違うかも

緊急事態宣言の解除に、数字を出せ出せと言いながら、出したら、わかりやすい、と言っていたのに、いざ、解除したら、批判に回るコメンテーター、大丈夫かなぁ。やる前に、批判なり意見をしっかり伝えないと。後出しは、誰でも出来る。今度は、k値を絶賛していますが、個人的には、うーんと感じます。感染の勢いは、施設内や院内の感染数を外したほうがいいのでは?と思います。市中や感染経路不明の総数や増減で見ないと、町医者としては、感覚がズレるな、と感じています。あくまで、個人的な感想ですが。

2020-05-31 07:53:16

暑くなってきましたね

暑いとマスクをするのが苦痛になってきます。外したり、緩めたりするときは、距離を保つように気をつけてくださいね。

2020-05-30 07:50:13

本日で2人の職員が退職されます。

本日をもって、社会福祉士1名と看護師1名が退職されます。お二人とも最後まで活躍してくれた大事なスタッフでしたが、それぞれの事情により、また新しい環境での仕事についていくことになります。新しいスタッフが増えるのはうれしいし、スタッフが抜けていくのはやっぱりさみしいですね。札幌市の医療業界という狭い中での仕事ですので、また一緒になることがあると思います。それぞれが、新しい環境でさらなるステップアップをして、願わくは、また当クリニックに力を貸してくれる日が来たらいいなと願います。本当にお疲れさまでした。短期間の国内留学いや道内留学に出したと思って、帰国を待っていますね。

2020-05-29 16:54:48

安倍のマスク、届きましたよ

昨日、我が家にも安倍のマスク、届きましたよ。さんざんパラ、ネットで誹謗中傷されたりしていましたが、現物をみれば一目瞭然。普通のマスクです。こんなもんですよ。なんだかんだと批判する意味が分からない。感染予防に必要十分の能力はあると思います。ありがとうございます。大事に使わせていただくか、ネットで見つけ小児病棟に寄付するか、有効に利用しようと思います。政権批判をしたい人の悪意しか感じない。小学生でも、給付金やマスクの対策に、安倍さんがくれたもの(正確ではないが)と感謝していましたよ。結果的に、世界では類を見ないくらい日本のコロナ抑制は、今のところうまくいっている。そこは、評価しなければ。与党もコロナで大変な時に別件でかき回さないで、まずはコロナとアフターコロナの経済再生でしょ。野党は野党で、コロナや予算の審議を議論して早く進められるように働いたり、何なら自主的に政党助成金や議員報酬を返還して、コロナ対策に打って出る提案をしたり、なんかないのかなぁ。政権批判、支持率低下作戦ばっかりのような気がして。経済第一主義の知事なんてのも怖いなぁ。


2020-05-29 07:05:48

急な依頼に対応してくれるスタッフがいると心強い

国が他国から攻められたときに、急遽現場に駆け付け、火消しに回れる機動力があり、機転の利く忠実な武将は、国の宝である。良い国には、そういった軍師や将軍がいるもの。医療の場合、救急外来でも一般外来でもそうだが、在宅医療もでも突然の受診や依頼が舞い込んでくる。それが、時にかなり急を要するものであることも。では、明日伺いますね、と依頼を受けて、明日には状態がさらに急変しているなんてことは体験したくない。そんな時には、依頼を受けて、30分後には現場にいて、契約したり、診察したり、治療を開始したりを行うこともあります。”これは、大変だ、すぐ行くしかない。これから行くぞぉ”と号令をかけたときに、文句ひとつ言わず、”じゃぁ、行きますか”と、快く、すぐさま準備をして、最短時間で駆け付け、各々の仕事をこなしてくれるスタッフがいることは、クリニックとしては、非常に心強いし、ありがたい。クリニックの理想とする診療体制を維持するには、社長の理念だけではどうにもならず、それを理解し、同意し、実行してくれるスタッフが、どれだけいるかにかかっている。組織の財産は、人。

2020-05-29 06:51:43

鬼滅の刃

院長室兼院内図書室に、鬼滅の刃が入荷しました。子どもたちと、アニメは見ましたが原作は見たことがありません。映画見に行きたいといっていましたが、大腕を振っていけるようになるのかな?すごく評判がいいマンガですね、これ。


2020-05-28 06:53:25

猫と犬と子供の癒し

モフモフした獣は、とにかく触るだけでも癒されます。足や腰など痛んているときは、その痛い部分の上におなかを置いてもらい、患部を温めてもらうと、痛みが和らぐ気がします。モフモフ効果とホットパック効果。腰痛なんかは、ソファに横になって、その上に子供に体の上で同じ形に横になってもらうと、暖かさと程よい重みで、すごくマッサージ・リラクゼーション効果があります。(私の場合)。

2020-05-27 07:17:56

ZOOMデビューしました

昨日、月例の在宅医療の会がZOOMで開催され、初めてZOOMを使ってみました。テレビで見ていたのとおんなじ画面が出てきました。(そりゃそうだ)。今回は、コロナ対策での臨時のオンライン会議でしたが、個人的には、今後ずっとオンライン会議でもいいんじゃないかな?と思えました。全員と面と向かっているような気がしますし、会議に集合場所が近くなく、しばしば、仕事との兼ね合いで間に合わなかったり、中抜けしなければならなかったりしてしまうため、ぎりぎりの時間まで仕事して、すぐに会議に間に合うし、移動時間はいらないし。今後、色々な講演会や研修会なども、講義だけなら、オンラインでやってくれれば、時間と交通費と削減でき、参加するハードルが下がるので、参加者も増えていくのではないかな、と感じました。

2020-05-27 06:57:27

RPGはゲームだけど旅行に似たり

RPGとは、ざっくりいうとゲームの主人公として、成長しながら物語を進めていくゲームです。主にドラゴンクエストとファイナルファンタジーという2強のゲームがあります。ドラクエは1から11まで余さずやってきました。最初はただのゲームでしたが、徐々にCG技術が向上すると、キャラに移入すれば、本当に中の世界に居るような感覚が得られます。見知らぬ世界を旅行しているような感覚。お金もないし時間もないし面倒だし・・・、いろいろな理由で結構出不精な性格なので、RPGで旅行した気分になりストレスを解消していたなぁ、と最近無料体験でドラクエ10を始めた子供たちを眺めながら思い出しました。今や、VRも出現しており、いずれVRを購入して、ピラミッドやマチュピチュ、パルテノン神殿、グレートバリアリーフ、万里の長城などにバーチャル旅行に行ってみたいな、と思います。仕事柄、実際に行くのは無理そうだし。ただ、13歳未満は、使用禁止の白物、楽しいのはわかっているだけに、モノがあるのに、我慢させるのは、かわいそうだし、13歳以下の家族がいるうちは、ずっと購入は控えていました。院長室にひっそりと置いておくのはOKかな?

2020-05-26 07:42:45

引き続き募集のお知らせ 理学療法士、作業療法士も1名ずつ募集しています

在宅医療サービスは、その提供するサービスの特性上、労働が大変だと、というイメージがあり、実際にそういった一面もあり、やってみたいと思う医療者は多いものの、一歩を踏み出せない人が多くいます。また、現在、従事されている方でも、提供しているサービスがこんなものでいいのか、不満に思っている方もいるかと思います。当クリニックでは、こころ院長が考える、最高の地域医療を実現するためにモデルとなる訪問看護ステーションを立ち上げようと画策しています。従事する看護師が、看護の質、対応はもちろん、仕事内容に対する自信とプライドが持てるような、かつ、仕事の量に比した十分なマンパワーを導入して、仕事に集中できる身体的精神的余裕を維持しつつ、しっかりとOFFを、趣味に家庭に充実したプライベートタイムを満喫できるような、新しい訪問看護のシステムを考案していきたいと思います。訪問看護を、特殊なJOBではなく、ただの一つのJOBの選択肢にできたらな、と。このような考えに賛同していただける看護師さんのお問い合わせをお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-26 07:28:45

珍しくおとなしい往診

昨日は、猫社長が腰痛と後ろ足の痛みのため、訪問者の後部座席でゴロゴロ悶えながらの訪問診療。いつも、にゃーにゃー、しょうもないことを看護婦さんとおしゃべりしながらの移動だったのに、昨日は、車内はしーーんと静まりかえっていました。

2020-05-26 06:44:19

腰痛は改善傾向、左股関節は激痛

ぎっくり腰の腰痛は、やや改善傾向。持病が悪化した左股関節の痛みは、がぜん激痛。痛くない姿勢を見つけるのが難しい。

2020-05-25 09:16:11

新しい業務体系を自粛中に考えていたがどうかがカギかもしれない

自粛生活中に、自粛解除された後にはどうやって感染対策をしながらの経済活動をしていくかをじっくり対策を練っていたかどうかが、今後の立ち上がりを分けるかもしれませんね。食堂であれば、オーダーのとり方や効率、スタッフ教育、コスチュームから座席配置、カウンターの前に不快でないくらいのクリアボードなどの遮蔽や4人席でもアクリル板の遮蔽を間に、または十字に置いたりつるしたり、テーブルに雑多な小物は置かない、メニューも除菌できるようにラミネートする、取り分けしないようなメニュー、客が帰った後の周囲の客が不快にならないような除菌作業方法、換気や空間除菌の方法、テイクアウト客や待ち客の待機場所や待機の環境、スタッフの休憩室の状況・・・。あげれば数えきれないくらい。時間はたっぷりありました。ただ、営業を再開するのではなく、今後、再度自粛にもっていかれないように感染対策と営業をうまく両立方法を実践している食堂が、今後、売り上げを伸ばしていくかもしれませんね。

2020-05-25 09:06:13

今週からが勝負

おそらく、各都道府県、ほぼすべてが、緊急事態宣言解除されて、経済活動を開始することと思われます。かなりの人に密を避ける、マスク・手洗い、不要不急の外出を控える、ソーシャルディスタンスをとるなどの習慣がかなり染みついたと思われます。慎重に経済活動を再開していけば、第3波は、それほど恐れなくてもいいのでは?と個人的には思います。大事なことは、あれ?おかしいな、ちょっと変だなと思ったら、コロナと思って、個人個人で自主的に自粛生活に戻ることです。社会全体で自粛するというよりは、個々人が、再び大掛かりな自粛生活に戻さないために、自主的に自粛することです。そして、会社がそれを理解してい受け入れることです。日本人の国民性ならできる、と個人的には思っています。

2020-05-25 06:48:47

日本のコロナ対策で感染者数・死者数が少ないわけ

考えていました。感染者数はバイアスがかかります。PCR・迅速キットの適応、公表数、人口、その他。しかし、死者数は、調査・報告・公表をごまかさない限り、平等です。少なくとも日本の医療機関は、しません。なので、実際にコロナの死者数は少ないと思われます。その理由がわかれば、世界的なパンデミックの抑制、今後の新たな感染症対策になるのでは?<br/>私が考えるに、一つはやはり国民性。刑罰や強制がなくても、かなりの割合の国民がなんだかんだで自粛する。和を尊重しすぎて、やりすぎの自粛警察まで出現しますが・・・。そして、欧米諸国に劣らない医療レベル。もう一つ、こちらの方が大きいか。国民皆保険制度、生活保護制度。世界でも類を見ない。高齢者でも低所得者でも等しく(ではない部分もあるが)病院にかかれる。欧米諸国などでは、病院にかかれない人が、コロナかは?とおもっても救急搬送されるまで、亡くなるまで病院に行かない、生活のために働いてしまう、結果、周囲の人に感染させたり、クラスターを生み出す。その倍々感染システムができてしまう。日本では、熱が出た、コロナかも、病院に相談しよう、というルートがあり、逆に当初は診療所や市中病院で混乱が生じる結果となったが、爆発的な感染拡大は起こりづらかった。そして、患者層の裾野のが広いので、普段から患者数も多いのだろう、それに対応する病院・病床数が多く、医療従事者も多いのだろう(数字は調べていない)。故に、医療崩壊を起こさないように耐えうるマンパワーが諸外国よりあったのか。政策がイマイチなのになんだ日本は、うまくいっているんだ?と諸外国は思っているようですが、コロナの蔓延の前から、日本は、国民全員に充実した医療が提供されるように膨大な年月とお金をかけて、世界一の医療制度を作り、維持してきていました。ある意味、世界一コロナ対策にお金と時間をかけていったと言ってもいいくらい。治療法がはっきりしない感染症については、とにかく新規感染者をいかに減らすかにかかっている。これが日本がコロナ対策で成功している一因ではないかと考えています。改善点はありますが、日本の医療制度は素晴らしいと思います。

2020-05-23 08:23:34

厳しいコメントが多かったですが

コロナウィルス感染についてのコメントが多くなり、かなり先行きについて厳しくコメントしてきていましたが、現状、札幌での新規感染者数は1桁前半が続き、病院や施設のクラスターを抜くとさらに低くなってきています。これが、潜伏期間の7-10日くらい前のものと考えると、札幌の第2波の抑え込みとしては、苦しい自粛の成果は、十分上がったと思われます。ここで、気を緩めず、3日ごとのまとめ買い物、距離を保つ、マスク・手洗い、なるべく向かい合わない、密集を避けるなどの感染予防対策の習慣を維持していけば、第3波を防ぐことも可能ではないかと思います。あと心配なのは、再度、道外からの持ち込み。国内だけでなく、諸外国からの持ち込み・持ち帰り。これをどう抑えるかが、第3波のカギなのでは・・・?正直言って、空港で熱センサーしたって、潜伏してたらわからんしょ。国民が全員節度をもって行動して、万が一感染していたときに、広げてしまうリスクを回避するために行動したルート、あった人などをなるべく記憶・記録していく必要がありますかね。

2020-05-22 06:13:56

傾聴し、理性的に冷静に判断すること

上司は部下の意見を傾聴し、自己の判断と異なる意見が出た際に、感情を捨て、理性的に冷静に判断し、どれが最も正しい判断かを選択する必要がある。名君の素質の一つ。軍師や部下の意見頼みで、いつもYES MANでは、ただの暗愚な傀儡となる、自分が一番で常にリーダーシップを発揮して、自分の意見をごり押しでは、ただの暴君になる可能性がある。強いリーダーシップやカリスマ性にあこがれ、後者にふれていくリーダーをいっぱい見てきました。自分の考えや意見の方向性を修正するのは、時として難しいことがありますが、常に冷静に、信頼する仲間の意見を傾聴できるメンタルを維持していきたい。

2020-05-22 06:03:56

無駄と思われるものに、大事なものがあることがある

会社では、私語が厳しく制限されていることがあります。もちろん、患者さん、利用者さんに迷惑がかかること、作業効率が著しく下がるような私語はいけません。しかし、私語の中には有意義なものもあります。精神的なストレスを軽減したり、人間関係を円滑にしたり、職場の雰囲気をよくしたり、有益な情報交換や新たな発見や発明が生まれることもあります。スタッフ、上司部下の関係性が円滑であれば、情報伝達、作業効率化の提案、お互いの仕事の分担や委託、多職種分野の知識の享受からの自らの分野に対する考察が深まる、チームワーク向上により衆の力が上がる、仲が良くなるからこそ厳しく指導や注意もできる、歯止めをかけられる、などなど。そのため、当クリニックでは、不適切な場所・条件での私語以外は、取り締まっておりません。社長自ら積極的に私語を発して、スタッフとコミュニケーションを行っています。1日の大半を過ごす会社で、黙々と仕事をこなすだけ、言いたいことも言えないなんでそんな世の中じゃ、POIZON、少なくとも私の会社では、そんなことは嫌です。みんなに、楽しく、活き活きと、それでいてがっつりガチな地域医療を提供してほしい、と願っています。

2020-05-21 06:38:45

こころ式ストーマドレーン 2号を考案してみました

側孔を開けた部分より手前にビニールテープで谷が1つできるように2つの厚みを作ります。ストーマの袋断端をチューブにかぶせて、ストーマ袋の上からその谷に繰り返し使用可能な結束バンドでしっかり固定します。谷を作っているビニールテープの反対側に1つずつ結束バンドをつけてしっかり固定します。これで脇漏れはほぼZEROになります。また繰り返し使用し、洗浄もでき、経済的・衛生的です。チューブの末端は、排液が出てくるので、バケツでもペットボトルでも空いた点滴バッグでもビニール袋でも猫砂でも管理しやすいものに排液すればいいです。ビニールテープ・結束バンドは100均で、ホースは2-300円程度で済みます。もし、ストーマの排液トラブルでお困りの方がおりましたら、お試ししてみるのもいいかもしれませんよ。チューブが大きいと、重さで引っ張られて、ふやけたストーマの土台がはがれやすくなることがあるようで、”こころ式ストーマドレーン2号改”として、抗重力装置も考案しました。なんてことはない、ホースに輪ゴムをつけてS字フックでベッド柵にホースをひっかけることで、ホースの重みがストーマにかからなくなります。また、ゴムの伸縮性が、寝返りなど動きに対するストーマへの負荷を軽減してくれます。こちらは写真撮るの忘れました。


2020-05-20 07:14:19

こころ式ストーマドレーン 2号を考案してみました

”こころ式ストーマドレーン1号”でも目詰まりすることがあります。浮遊物・固形物のサイズが大きい場合です。そのような場合に対処するために改良を加えて考案したのが”こころ式ストーマドレーン2号”です。チューブの内径よりも固形物が大きい、ということは、固形物の大きさを超えるチューブにすれば解決するはず、という発想です。ホームセンターで好みの大きさのホースを買ってきます。先端に側孔を開けます。大き目、小さ目、丸、四角、不揃いな側孔にしました。このままではストーマに接続できないので、ストーマ排泄孔をはさみで切って、チューブが入るくらいの径の袋断端にします。そこにチューブを入れて接続するわけですが、問題は接続部の液漏れ。それを解決するために工夫をしました。


2020-05-20 07:04:00

こころ式ストーマドレーン1号を考案してみました

空腸ストーマ・回腸ストーマなどで排液量が多い場合、ストーマの管理が大変です。頻回のストーマ内容物の廃棄やパウチの消耗、固定が剥がれたりと。それを解消するために考案したのが、”こころ式ストーマドレーン”。以前から、ストーマパウチとウロバッグをつなぐ接続具はありましたが、ストーマ排出孔とウロバッグの接続部をつなぐもので、接続部の内径はウロバッグのチューブの径よりかなり小さくなり、食残や浮遊物糞便がすぐに詰まってしまいました。そこで考案したのが、”こころ式ストーマドレーン1号”です。ウロバッグのチューブの接続部分カットしたところ、緩くそのままストーマ排出孔に差し込めました。チューブの先端に穴あけパンチで複数個側孔を作成し、側孔よりもウロバッグ寄りのチューブの部分をビニールテープで外径をストーマ排出孔の内径よりもすこし太くなるように補修して、ストーマ排出孔にチューブを差し込みます。さらに接続部から漏れないようにビニールテープで補強します。これにより、増やした側孔からのスムースなドレナージと比較的大きな固形物もウロバッグのチューブ内径以下のものは、回収でき、ウロバッグにためることができます。ストーマケアの負担をかなり減らすことができます。


2020-05-20 06:55:46

感染症を甘く見ない方が良い

日本のコロナウィルスの猛威は、確かに自粛生活で抑えられてきています。現在の抑えられている新規発生数が、10~14日前のものとすると、かなり明るい。しかし、もうかなりの人の目が、コロナから経済に移ってしまっているのではないかと懸念します。感染数が少しならいいか、大丈夫か、ではないですよ。そもそも、少数の罹患者を世にはなったために、全世界に蔓延したんでしたよね。コロナと共存、第2波第3波は来るので仕方ないのでできるだけ最小限に対策して経済活動を・・・、聞こえはいいですが、甘くないですか?コロナを完全収束・撲滅・新規感染ゼロにする、くらいの目標・気持ちで対策しておかなくて大丈夫ですか?初めから、共存仕方ない、第2波第3波仕方ないで、食い止められますか?結果的に共存、第2波第3波を最小限にはいいですが、最初からそこにハードル下げて、大丈夫かなぁ?アスリートが、優勝狙わないで初めから準優勝、3位目指してトレーニングするようなものでは?それで準優勝できるかなぁ。韓国のようにかなりの数の再燃が起こった時の経済的ダメージ、医療者負担を考えたら、撲滅するくらいの対策を講じた経済活動再開の方策を経済専門家に考えてほしかったな。大分、考える時間ありましたよね。

2020-05-20 06:13:40

7月より言語聴覚士が増員され、2人体制になります。

現在、言語聴覚士は、常勤1名でリハビリテーションを対応させていただいております。おかげさまでご好評をいただき、リハビリ診療枠がかなり埋まってきました。つきましては、7月より言語聴覚士が増員され、2人体制になります。リハビリ診療枠が倍に増えますため、引き続き、地域の皆様の言語・嚥下・認知のリハビリテーションを積極的に行っていきたいと存じます。

2020-05-19 08:10:25

新しい事務員さんが、昨日から加わりました

新しい医療事務員さんが、昨日から仲間に加わりました。これで、医療・介護事務のスタッフのマンパワーが、一旦、充足しました。今後の、事業展開によっては、また増員を要するかもしれませんが、一旦は、満たされました。

2020-05-19 07:58:02

医院継承にはうまくいくコツがある

コロナショックの影響で、もともとそろそろ引退しようかな、でも踏ん切りがつかないなと考えておられた先生方が、自粛・発熱などに伴い外来患者減少し、閉院・継承依頼を現実的に考えている可能性があります。若者が新規開業するにあたり、継承スタイルは、最もリスクが少ない形式です。新規開業では、患者数0の状態から、赤字解消ベースに乗せるのに、数か月~1年以上かかるケースもざらです。継承案件では、たとえ減少傾向でも、数十人~200人くらいの外来患者さんや訪問診療の患者さんなどが、引継ぎされる可能性があります。それにより、開院時から、ぎりぎり赤字かむしろ黒字ベースでスタートできます。しかし、継承案件をうまく活かすためには、コツがいっぱいあります。それについては、また、おいおい記載しますね。

2020-05-19 07:21:37

社長がよければ、No2、No3がいい。

社長が、人格者、カリスマ性がある、方向性がしっかりしている、やさしい、無駄遣いしない、切れ者、風雲児、親しみがある、独創的などなど、色々なタイプはありますが、魅力的であれば、No2やNo3や社員となって、支える、働くのも悪くない。私も、支えるべき社長がいれば、側近として、全力で提案・実働してもよかったのだけれども、見当たらず、自分で旗揚げすることになりました。今となっては、何人か、優れた社長の存在を知りえましたが、それは、社長になってから知った方々であり、どうしようもありませんね。だとしたら、今は自分が、上記の魅力的な社長になること、そうでありつづけることを目指すしかない。

2020-05-19 07:11:19

新しい感染に強い世界に

経済評論家さんたちは、いまさら何をしてもコロナの前には経済は戻らない、といいます。そりゃそうだ。覆水盆に返らず。戦争でもバブルでも地震でも、元には戻らない。もとに、戻す必要はない。新しい世界に。次も、別の感染症やコロナの再燃、インフルエンザ、寄生虫、公害、幾多の苦難が起こることが推察されます。苦難を乗り越えるたびに、色々なことを変えて、困難にダメージを受けにくい世界にしていくしかない。感染予防対策をしっかり考えた経済活動様式を作り、浸透すれば、それは、第3波どころか、今後の新型感染症の大部分に対応できうるはず。感染対応しつつ、経済活動をある程度維持できるシステムを政治、民間で構築できるか。医療・介護面では、感染症がいつどこで起きていたのか、情報が十分に来ないので、最前線の我々も、対応ができません。ゆえに、すべての患者さんをコロナの可能性があると考えて治療にあたるしかなく、非効率的です。次回の広域感染症の流行の際は、一時的に公的病院の感染症専門病院化し、流行感染症・疑わしい患者は、一般市中病院にかからないシステムなど、通常の疾病の方の治療が滞りなくできるようなシステムをお願いします。

2020-05-18 07:58:20

腰痛のため、現在歩行に支障が出ています。

ぶり返したぎっくり腰第3波。現在は、軟性コルセット着用し、ボルタレンローション塗布、カロナール+芍薬甘草湯内服屯用、温泉療法(自宅のふろ+バブ)で対処中。起居は、よっこらしょ、歩行は、前傾小刻み歩行、のような状態。とほほ。

2020-05-18 07:44:13

飲食店の座り方

飲食店で外食を、今後、していくことになります。カウンター席、壁向きの席は、横並びになるので、間隔を空けるとだいぶリスクが減りそうですね。4人席などは、横並びになる二人しか座れません。売り上げは、落ちちゃいそうですね。また、行列になり、待ち時間が増えると、リスクも上がりますね。テーブルの真ん中に、アクリル板の設置やビニールシートを天井から吊すなどしたら、正面に座っても、顔が見えるし、リスクを少し減らせるかな。できれば横も仕切りが欲しいところですが。多少の客の不自由はやむなし、店の売り上げ効率を少しでも戻さないとね。緊急事態宣言解除の前に、準備間に合うかな?

2020-05-17 18:44:24

具体的な数字目標はわかりやすいが注意が必要。今後も大胆な行動は慎んでくださいね

国、各都道府県から具体的な自粛解除目標、再開目標の数字が具体的に出されましたね。わかりやすいとみんな口を揃えてコメンテーターは、横並び。テレビなどのメディアでは、今まで散々政府の政策を具体性がない、エビデンスにかけると批判してました。一方、知事の言動には一様に評価。同じ意見、主張ばかりで大丈夫?そもそも、各都道府県知事の出している数字、それ、OKなエビデンスあるのかな?元々、新型だから、最初からエビデンスなんてほぼないと思いますが。欧米の数字を参考にしたって、日本よりもいっぱいコロナで亡くなっているから、大丈夫なわけではない。なんらかの数字目標は、大事だけど、数字の前後でクリアカットに大丈夫なわけではないので、解除するということは、今まで以上に注意が必要ということ。テレビでの知事の言動は偉い、すごい、政府は何してもダメ、みたいな結論ありきで誘導するような番組構成には賛同できない。そもそも役割と規模が違うし。声を上げるところは声を上げるべきが、評価するところは評価すべき。なんだかんだで、日本はコロナ感染の蔓延を抑えている。各局、朝から晩まで政権批判・・・。ワザとに国民の政権不信感をあおっているようにもいつも感じます。何らかの恣意的なものも感じたりすることがあります。メディアは、中立的な事実を報道してほしいし、コメンテーターにも横並び批判ではなく、いろんな意見を持った人が同時に出てほしいな。選挙で選ばれた我が国の政府なのだから、正当に中立的に評価と批判をしてほしい。ちなみに、感染対策についての話で、検察の話は、よう分からん(*´Д`*)。けど、検察の話やらなんやらで、大事なコロナ対策の議論をさせない、しないなんて、与党も野党もどうかしている。検察の話は、今やることじゃないんじゃないの?

2020-05-16 07:53:02

看護の質が高く、働き甲斐があり、働きやすい訪問看護をしてみたい看護師さんを募集しています

在宅医療サービスは、その提供するサービスの特性上、労働が大変だと、というイメージがあり、実際にそういった一面もあり、やってみたいと思う医療者は多いものの、一歩を踏み出せない人が多くいます。また、現在、従事されている方でも、提供しているサービスがこんなものでいいのか、不満に思っている方もいるかと思います。当クリニックでは、こころ院長が考える、最高の地域医療を実現するためにモデルとなる訪問看護ステーションを立ち上げようと画策しています。従事する看護師が、看護の質、対応はもちろん、仕事内容に対する自信とプライドが持てるような、かつ、仕事の量に比した十分なマンパワーを導入して、仕事に集中できる身体的精神的余裕を維持しつつ、しっかりとOFFを、趣味に家庭に充実したプライベートタイムを満喫できるような、新しい訪問看護のシステムを考案していきたいと思います。訪問看護を、特殊なJOBではなく、ただの一つのJOBの選択肢にできたらな、と。このような考えに賛同していただける看護師さんのお問い合わせをお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-15 07:37:54

札幌市 厚別区 非常勤・スポット医師の募集

札幌市厚別区のクリニックでの非常勤・スポットの医師を募集しています。
①外来医師 9時~12時 各曜日。1日から複数日でも可。
②訪問診療・外来診療 13時半~17時半 各曜日。1日から複数日でも可。訪問診療は5~8件、15時半から外来診療
③①+②で9時から17時半 外来診療+訪問診療 各曜日。1日からでも可。


 詳しい条件につきましては、お気軽にお問い合わせください。担当窓口は、事務長 松本、080-3352-4542、cocoro@familyclinic-cocoro.com、matsumoto@familyclinic-cocoro.comまで。

2020-05-14 19:46:18

CPR用グッツを配布しました

心肺蘇生CPRでは、人工呼吸および心臓マッサージを行います。人工呼吸は、その昔、mouth to mouthで行っていましたが、最近は、それでは、善意の救命者が、要救命者から、感染症をもらってしまう可能性、その逆も然り、があるため、直接するのは好ましくない、ということになっています。場合によっては、心臓マッサージのみでも良しとされますが、人工呼吸をするなら、アンビューバッグマスクなどの呼吸補助器具を使うか、一方向弁のついた感染保護シートやマスクを使用すべきです。そこで、携帯用の一方向弁付き感染予防シートを、当クリニックの医師・看護師・訪問リハビリ、おそらく今後は介護士にも全員に配布し、携帯を義務付けました。使われることがないことに越したことはありませんが、いざという時のためのお守りに。場合によっては、オフの日でも町中で、急病人がいたときには、活躍されることを期待します。


2020-05-14 07:41:30

結局、中国・韓国・欧米も手探り、まねるのではなく、そこから学ぶ

結局のところ、諸外国の自粛緩和政策も手探り。コメンテーターの大好きなエビデンスや科学的根拠はない。具体的な数字を出せ、数字で目標を示せ、と文句ばかり言うものの、そもそもその数字でいいのかすら根拠はない。あんなに欧米はなんだか指数が1以下なら、自粛解いている、学校再開している、なんで日本は低いのにやらないと大騒ぎしていたけど、結局、諸外国は再燃していしまっている。韓国・中国・欧米の本当に成功した部分はまねればいい、失敗したところは、学べばいい。これからやることについては、まだマネしない方がいい。意図してか意図せずか、日本はお得意のあいまいに自粛・規制解除をグダグダしていることが、感染拡大抑制に功を奏しているようです。個人的には6月いっぱい現状のようながっつり自粛すれば、相当感染は抑えられると思います。それでは経済が・・・というなら、その自粛・制限前提とした経済が崩壊しないような施策を、専門家に考案してほしい。経済の専門家が、経済的な観点から感染抑制政策の強度・期間に口出しすると、感染抑制効果が減弱・水泡に帰す可能性が高いと思います。国民皆保険の医療制度、国民性や島国であることなどもありますが、日本の感染対策が、おそらく世界最高であったと、のちに評価されそう。

2020-05-14 07:25:57

魔女の一撃 2回目 はやくね?

本日、折角良くなっていた腰に、再び、魔女の一撃が。今回も痛恨の一撃は回避され、50%程度の一撃でした。それでも痛ーい。

2020-05-13 19:46:31

訪問看護ステーション、訪問介護ステーションを開設予定

現在みなし訪問看護事業所をもって、みなし訪問看護を実施しておりますが、それとは別に、訪問看護ステーションこころを開設したいと考えております。当クリニックが考える最高の訪問看護ステーション・訪問介護ステーションにすべく、様々なアイディアを持っております。つきましては、理想の在宅医療の実現に参加したい訪問看護師さん・介護福祉士さん・介護士さんを募集しております。

2020-05-13 15:32:19

このクリニックはもっと働きやすくなる。

もともと効率的に働きやすい、働きたいクリニックにすることを前提に開院しているため、他の組織に比べて、かなり働きやすくなっていると自負しています。それでも、開院から1年半、事業が大きくなるにつれて、いろいろな改善したほうがいいこと、変えたほうがいいことなどが見えてきます。それについても、一旦事業が落ち着いてきた今から、さらなる改善に取り組んでいく予定です。在宅医療・看護・介護がより働きやすい魅力的な事業になるために、新しい事業モデルを今後も模索していくつもりです。サービスを提供する側のスタッフも快適でいられるように。

2020-05-13 13:31:43

国の進むべき道を模索中

国といってもクリニックのこと。開業から1年半、色々ありましたが結果的に順調にきています。当初は、とにかく国をより大きく、多くの患者さんを利用者さんを治療・リハビリしていきたい、という思いもありつつ、事業拡大の計画を進めていましたが、最近になり、ふと別のことも考えています。逆に縮小するということ。大きくすれば人が多くなり、人が多くなるとずれが生じる、想いが薄まる、問題が増える、全体を把握できにくくなる、膨大な作業が生まれ、一つ一つにかけられる集中力が弱まる可能性がある。それよりも、ある程度の余力をもって、国を縮小し、スタッフが過剰な労力を要求されずに、質の高い医療・介護サービスを提供するクリニックのシステムを構築していく。それとともに必要と思われる事業を展開する。ある程度、規模が大きくなってきた現段階で、今後、さらに大きくするのか、維持するのか、逆に縮小するのか、選択を問われるときがきています。

2020-05-12 07:29:01

仲間を信頼し、頼ることも大事

自分の仕事に責任をもってやり遂げることは、とても素晴らしい、尊敬に値する。しかし、無理をしてはいけない。残業になるほど抱えてはいけない。過剰なストレスを感じるほど抱えてはいけない。仕事に強迫観念を覚えてはいけない。人生は、仕事だけがすべてではないのだから。休みは、しっかりとろう。休みの時は、仕事のことは忘れよう。私がやらなければ、私しかできないと気負う必要はない。私以外の人にもできるなら、私は必要ない存在、などと考える必要もない。皆、必要だから、雇われている。いてほしいから雇われている。任せられる仕事は、お互いに助け合おう。そのためには、チームワークが大事。仲間同士で、障壁なく話せること、ハードルなく頼れること、任せられること、相談できること、議論できること、指摘できること。組織の仲間は、内部的にはライバルでもあるが、一緒に戦う仲間である。同じ国の武将として戦う仲間である。組織内では、小さなもの大きなもの、派閥を作ってはいけない。社長を中心とした1つのチームにならなければならない。さもなくば、思わぬところから、少しずつほころびが生まれ、ほころびに気が付かなければ、取り返しのつかない穴になる可能性がある。個々のスタッフの気持ち、社長の動向、側近の手腕が問われる。

2020-05-12 07:17:02

人は、過ちを犯すもの、それ自体は罪ではない

組織においては、社長でれ課長でれ社員でれれ新入社員でれ、人は、過ちを犯すもの、それ自体は罪ではない。過ちに気が付かないこと、気が付いても指摘されても正さないこと正せないことが罪である、と思う。組織が何事もなく円満に進んでいるとき、全員が同じ方向を向いている(サンドウィッチマン伊達さんの安倍首相のものまねのように、”私たちの考えは、完全に一致しました”)場合と誰かが異論を黙認しているときがある。ただ、前者は少ない。議論や口論があるとき、一見不和に見えるが、少しずつ違う方向を向いている者同士が、方向をすり合わせるためのものであり、とても大事な作業で、むしろ組織としては円満である。上から下に、下から上に、横同士で、口論ができる組織、口論によりより良い方向に舵が切れるとき、組織の結束はより強固なものとなる。そう思います。だからこそ、社長としては、スタッフから上がってくる意見に、真摯に向き合いたいと思っています。これからもずっと。

2020-05-12 07:01:40

スニーカーを買いましたよ

普段、靴をあまり買わないので、使用中の靴はのきなみ、10年~25年ものがほとんど。この度、シュークローゼットを整理するにあたり、靴を何足かかってみることにしました。ABCマートをはじめ、コロナウィルスの影響なのか、靴がネットで大分安く買えました。ネットだと、履き心地は確かめられないけど、色やサイズは、ゆっくり座りながら探せるので、楽ちんですね。スニーカーといえば、コンバースがやっぱりかわいい。


2020-05-11 07:25:04

マスクを頂きました

利用者さんから、手作りマスクを頂きました。自宅用に持ち帰り、使うことにします。


2020-05-11 07:03:19

韓国の感染再燃

韓国で感染の再燃のニュースが。予想されていたことですが、韓国の現状を今後も注意深くみながら、今後の日本の過ごし方、対応を学ぶべきではないでしょうか。

2020-05-09 19:33:23

今日は綺麗にする日

今日は、いろいろ洗って綺麗にしました。お風呂は、排水溝からパネルを外した裏から、隅々まで綺麗に。ワンコとニャンコまで、すっかり綺麗になりました。

2020-05-09 18:46:59

禁煙外来の勧め

今回、コロナウィルスの脅威の中で、持病を持っておられる方、喫煙により呼吸器の障害がある方などに重症化が見られました。喫煙は、肺がんはもちろん、多くのがんとの関連性や血管関連疾患、認知症、とくに慢性閉塞性肺疾患・肺気腫などとの関連が指摘されています。外出自粛が緩和され、コロナウィルスが落ち着いた先に、よし禁煙しよう、と思われる方は、禁煙外来の門を叩いてみてください。

2020-05-09 07:42:17

新規のコロナウィルス陽性患者が一桁に

日々の新規コロナ陽性患者数の増加がついに一桁がちらほら。数字に踊らされてはいけませんが、それでも頑張っている成果が着実に出ているのでているのではないか?と感じられ、希望が湧いて来ますね。もう一押しです。もうひと踏ん張りです。

2020-05-09 07:35:38

マスク着用義務化もありか?

緊急事態宣言終了後、一気に人が街にあふれることが予想されます。中国や韓国の例を見ると、マスクすらしないで人ごみに入る人も多数。第3波を抑制するには、自粛制限緩和=感染収束ではないことを再認識するべきですね。自粛緩和宣言をする前に、当面、全員外出時・就労時はマスク義務化、くらい極端な政策もありかもしれませんね。その代わり、河野外相がつけていた航空自衛隊のマスクのようないい布マスクを国民全員に1~2枚ずつ配布するとか。着用してもいいかな、と多くの人が思えるようなマスクを提供したら少しは良い気がします。マスク作成に、空いている公共機関・体育館・図書館などの小部屋などにミシンを配置して、一部屋一人ずつで作業するなど感染対策をしながら、現在、自宅自粛されている方に依頼して作成や配布をお願いして、政府から報酬を支払うとか。人材獲得も労働対価の給付も作成マスクの配布も全国的に同時に現地で実行できるの効率的かもしれません。1枚500~1000円くらいでも2~3000億円くらい?第3波を抑えて、早めに経済活動再開するなら、それほどの経費ではないのでは?現実的な有効な策かどうかは不明な独り言でした。自粛制限緩和後は、最低限マスク・手洗いの徹底は、緩めてはいけないと考えています。

2020-05-08 08:28:26

こんな時期でもスタッフの募集はしています。

コロナ蔓延の前から募集はしていましたが、現在も募集は継続しています。むしろ、こんな時期だからこそ、在宅医療・地域医療・介護の力がより必要となっています。一緒に新しい時代の地域医療・在宅医療を真摯に担ってくれるスタッフを募集しています。

医師(常勤なら1名、非常勤も可、科・経験は不問)
診療補助・訪問看護・外来業務を担当してくれる看護師(正職2名ほど、准看・正看問わず、一定期間同行して、知識やスキルの指導も行います、週4日勤+1日待機)
訪問介護士(2~3名、1名介護福祉士 所長候補、医療・看護的なバックアップが充実、知識やスキルの指導も行います)
訪問リハビリテーション(理学療法士 1名、作業療法士 1名、医療・看護的なバックアップが充実)
管理栄養士(外来・訪問栄養指導、診療アドバイス、他。事業展開によりさらに能力を発揮してもらうこともあります。)

本気の地域医療・在宅医療をやってみたい方は、ぜひ一緒にやりましょう。これからの地域医療を支えていくために、働く人にも負担の少ない労働モデルを一緒に模索していきませんか?お気軽にクリニック当てにメールや電話でお問い合わせください。

2020-05-08 18:30:08

UFO出現?!

5月5日 21時過ぎ、清田区・厚別区から西の方角の比較的低い空に、すごく明るく輝く物体が目撃されました。西向きに見ていると、向かって右に移動しているようで、私の眼にはぼんやり丸く光る物体にしか、双眼鏡でも見えないのですが、人によっては上下に?二つくっついているような形をしていると。複数人の目撃者がいます。毎日現れるわけでもなく、たまに現れるそうです。西の空に。飛行機ではないような気がしました。衛星?金星などの惑星?通常の星では出現サイクル的にないかなとも思います。なんなんでしょうね?丁度、西側に自衛隊真駒内駐屯所があるのですが、自衛隊関連でしょうか?藻岩山のリフト的なものなのでしょうか?なぞは、まだ解けていません。

2020-05-07 07:29:45

BBQって、今、家族以外としなきゃダメ?混雑してしなきゃダメ?

この国全体として苦痛に耐えながら、感染症を何とかしようという中で、BBQって、必要でしょうか?庭先で家族ととかなら、どのみち食卓囲うわけだし、リビングより庭の方が疎なわけだし、むしろいいかなと思います。しかし、友人と会う必要はあるだろうか?仲間内で感染したら、しゃーないなって、あまりにも短絡的な。結果として、院内感染や家族感染、施設感染、市中感染に広がり、それにより亡くなる人も失業する人も倒産する会社もさらに生まれる可能性がありますね。ましてや、激込みの海岸・キャンプ場・河川敷やその後のごみの散乱など、本当に残念な感性だなと、ニュースや報道を視聴して、こんなんで、規制解除されたら、アウトだなと感じざるを得ないですね。

2020-05-07 07:07:48

魔女の一撃 再び

本日の訪問診療の旅半ばで、8割がたぎっくり腰にになりました。まだ、ぎりぎりの痛いところで踏みとどまっているので、慎重に動いていれば、大丈夫ですが、車の乗り降りは、かなり怪しい。魔女の痛恨の一撃はまぬかれましたが、我腰は瀕死です。今日は、安静に過ごして、お風呂療養します。

2020-05-06 14:12:55

カップラーメンの増量のすゝめ

午前中の訪問診療から、午後に帰院。残務処理を行う前に、小腹がすくのでカップ麺を食べることに。通常のカップ麺(カップヌードルサイズ)だと、ちょっと物足りないな、という時に、乾燥はるさめを適量、カップ麺にお湯を注ぐ前に投入すると、麺が増量されて、満足感があります。しかも、春雨なのでヘルシー。味も変化なく、違和感もほとんどありません。お勧めです。カロリーをとりたいかたは、スーパーカップや大盛カップ麺、おかわりなどをお勧めします。

2020-05-06 14:06:58

第3波、その先も考えながら

中国、韓国などでは、すでにコロナは、終わった感染症と考えているのではなかいと感じます。欧米諸国、日本が今、まさに崖っぷちで戦っている中、行動制限を解除し、国内旅行に行ったり、いつも通りの生活をしたり。すでに、マスクを着用するという習慣も忘れて、人ごみに行ったり。いまだに再燃を恐れる国民もいたり。中国、韓国の現状は、日本の数か月後のある程度感染が沈静化したときの状態のモデルになると思います。今のうちに、自分たちの未来を見ていると思って注目しています。これで、第3波が、両国に来るとなると、時間差で、日本にも来る可能性は非常に高くなります。自国内で起こりうる第3波と隣国から蔵第3波。そのうち来るであろう、感染の鎮静化のステージに行く前、その時にも、3密を避ける、予防策を継続する、感染予防の意識をゆるめない、そのための啓もう・準備をしておく必要がありそうです。

2020-05-06 14:00:31

緊急事態宣言 解除へ向けて

緊急事態宣言は延長されました。今は仕方のないことかなと思います。最近メディアが推している基本再生産数という、一人の患者が新たな感染者を生み出す数の平均値のようなものですが、これが1以下なら欧米は良しとして、学校再開や活動再開の指標にしているようです。日本では、緊急事態宣言の前も1以下だったとか。どうしてこんなに締め付けるんだ、とやんややんやしています。欧米の国民の数、患者数・死者数と日本を比べた場合、圧倒的に日本が少ないことがわかります。感染者数については、検査の適応が違うといえばそれもそうですが、死者数は、どちらも条件はほぼ同じかと思います。欧米並みに、解放を求めるなら、欧米並みの感染者・死者数を覚悟するくらいの気持ちが必要になります。輪をもって貴しとなし、忍耐のできる日本人しかできない今の自粛生活ですから、あと一息、頑張りましょう。自粛・封鎖政策の有識者に医療関係ばかりいて、経済の専門家が少ないので経済が死んでしまうというコメンテーターもいますが、コロナの封じ込めには、医療の有識者の意見が最優先だと思います。緊急事態宣言その他について、いつ解放できるのかは医療の専門家が主導でないと、コロナが再燃するリスクが高くなります。経済については、経済の有識者と政府で、緊急事態宣言・自粛政策を、時期が来るまで継続しながら、支援や貸付、給付、その他の別の政策で、経済が死なないように考えて、何とかしてほしいと思います。感染対策継続=経済の崩壊、ではないと思います。そういうところを考えてくれるのが有識者ではないかと。経済のために感染政策を緩めると、すべてが水泡に帰すことも考慮しなければならない気がします。

2020-05-06 13:50:43

エラーで更新できませんでした

TOO MUCH RECONNECTIONだか何だかの、アクセスが無限ループに入る?的なエラーで、ブログ更新が途絶えてしまいました。事務長が直してくれて、ようやく再開できるようになりました。

2020-05-06 13:34:26

猫の差し入れ Part2

猫の差し入れPart 2。肉球マッサージ器。肉球のところを圧迫すると振動します。ピンクの肉球のところは、肉球の触感はなく、弾性硬なシリコンのかたまりです。首コリの胸鎖乳突筋のあたりの痛みに丁度いい。診察デスクの上にいつも置いてあります。


2020-05-01 07:40:19

猫の差し入れ

猫好き社長に差し入れ。いただきました。こんな感じでゆっくりお昼寝したい時もありますね。


2020-05-01 07:36:22

もみじ台団地の活用

震災の時もそうですが、コロナでももみじ台団地の4~5Fの空き部屋が、コロナで被害を受けた方に来年3月まで5-700円/月で緊急的に20戸ほど、提供されているとか。もちろん感染症マイナスの方ですが。もみじ台団地は、歴史が古く外観はかなり古いですが、新規入居の方は、いつもは必ずリフォーム・クリーニングされているので、中は思いのほかきれいですよ。今は、高齢化率日本一といわれていますが、徐々に若者も増えてきており、駅前の大学完成以降、さらに新規入居の方も増えていくと予想され、今後、平岡公園や緑が丘に次ぐ、新興住宅街に変貌すると予想しています。団地は、空き部屋が多いので、今後、協力してくれる方から団地内引っ越しをすすめ、完全に空いた棟から順次、新築に建て替えていけないものか、と思いますが。

2020-05-01 07:24:24

のちのちのコロナ増税はやむなしか

10万円給付などで25兆円規模の補償、そこから第2、第3の補償もとのこと。その他の政策にも数10兆円かかるとか。本来、使うはずのなかった予算が100兆円以上・・・。お金がわいてくるわけもなく、国の借金もいっぱい。今は、コロナ対策が先決ですが、落ち着いてきた先には、たばこ税・酒税・消費税・所得税(?)、などなどの増税はやむなしか。その時はその時で、せっかくコロナが収束したのに、税金上がったら生活できない・・・て世論になりそうですね。困りましたね。

2020-05-01 07:02:07

学校 9月入学式について

特別に何か強く反対するわけではありませんが、今回、コロナのことで突発的に変更することには、疑問を抱きました。もともと、9月にしたいと思っていた方々が、これは好機だと声を上げている面はないでしょうか?何でもかんでも欧米に合わせる必要もなく、留学する人には好都合でも、そうでない人もいっぱいいます。4月に入学、節目とする習慣は長く根付いており、学校だけ変えると混乱が生じます。就業面や住宅等の契約面なども考えなくては。北国の新一年生が、入学後すぐに冬道登校になるのも危険で心配、また、ちょっとかわいそう。北国は、入学後ややしばらく運動会できませんね。今まで、3月と4月で学年差が生まれるので、出産日を計算していた方もいるかもしれません。新しく9月から始めたとして、今まで4月スタートだった人たちはどうするのでしょうか。卒業が半年のびるのか早まるのか。大きく日本の習慣が絡んでいることを変更しようとするなら、変更した結果、どこにどのような影響があるのか、可能な限りシュミレーションしてから、実施したほうが良いかと思います。学校9月開始制度でみんながハッピーになる、というわけではなさそうなので。コロナで行き当たりばったりは、ゆとり教育のように数年後、やっぱりなかったことに・・・は、困りますよ。

2020-04-30 16:01:42

人材の話

組織があれば、人は出ていくもの、入ってくるもの。仲間であった人が、何かの理由で出ていくときに、引き留めるべきであれば引き留める。が、引き留めざる理由がるなら、快く送り出したい。決して喧嘩別れすることなく、組織を離れた後も良好な関係を維持したい。医療業界であれば、同じ地域に居れば、どこかで一緒になることもあるだろう、その時はきっと大きな力を貸してくれるはず、貸せるはず。一期一会。
 逆に入ってくる人もいる。様々な理由で前の組織をやめてくる。その時、前の組織のことは関係ない。組織同士の関係性は関係ない。敵対する組織だから、連携している組織だから、は関係ない。その人は、その組織をやめてくるのだから。その人が、自分の組織に必要な人かどうか、それだけが大事。
 人が集まれば集まるほど、火種はおこるかもしれない。みんながみんな、仲良しこよしであればいいわけではない。時に厳しく言わねばならない時もある、しなければならない時もある。やりたい役ではないが、そういう役回りを担ってくれる人がいないと、組織の規律や勢いは、なくなりやすい。

2020-04-30 08:50:22

医療、看護、介護には多少の犠牲は必要だが最小限に

多職種でも夜勤や遅番、当直、遅出、早出、休日出勤などありますね。医療、看護、介護では当然、24時間誰かが対応する必要があるため、オンコール待機、夜勤、準夜勤、当直、休日出勤などなど当たり前となっています。現代の傾向として、仕事は無理なく、楽しく、残業をせず、余暇には自分の人生を楽しむ、働き方改革、などの傾向が強い印象ですが、どうしてもこの業界は、業務と人手のバランスが悪く、どこかで誰かがその辺を犠牲にすることで成り立っています。多くの人は、待機や夜勤なんてしたくない。でも、誰かがしなければ。私はやりたくないからやらない、誰かがやればいい、というのはちょっと。当クリニックでは、誰かが頑張りすぎるのではなく公平に、そのくらいは仕方ない、オンコール待機もしっかり業務に位置付けて、そこまで大変ではない、納得がいく業務量で、休みはちゃんととる、という方向性の勤務形態を模索しています。自分や家族のことをお願いするのに、疲れ切っていたり、不満を抱えていたり、余暇のことばっかり考えていたり、そんな人は嫌ですよね。勤務中は全力で、オフの時は全力でオフ、そんな働き方がいいなと思います。

2020-04-30 08:35:57

地域医療最前線側の配慮

コロナウィルスは、高齢者や持病がある方、すでに中等度以上の症状がある方などは入院加療が必要になります。また、別な病気で入院加療が必要な方もいます。地域医療最前線側では、自分の入院病床を持たないクリニックが多く存在します。そういった場合、病床のある急性期病院に依頼することになります。その際に、依頼する患者が、コロナウィルスの可能性がかなり低いのか、可能性としてありうるのか、可能な限りの情報提供と場合によっては検査をしていかないと、コロナの抑止、院内感染の防止は難しくなります。我々サイドには、できることに限界がありますが、患者を依頼する際、受け手側に対する最大限の配慮はすべきだと考えます。そうしないと、急性期病院のコロナ汚染が進んだり、それを恐れて、入院受け入れの門戸がさらに開きづらくなっていき、ひいては地域医療も崩壊するシナリオが想定されます。できることなら、自分のクリニックに病床を持ちたいところですが、残念ながら、そんな資金力は到底ありません。

2020-04-29 08:06:12

品質にご用心

マスク不足の折、マスクは希少で高額が当たり前になってきています。もともと中国製のマスクのシェアが多かったので、中国製=品質悪ではありません。が、最近は、マスクビジネスで急激に生産を増やしている中国製のマスクの中には、かなりの粗悪品が混ざっているようです。オランダ・ドイツなどでは数千万~億単位の枚数のリコールがあったとか・・。出所不明のマスクでも、ないよりはマシ、という考えもありますが、品質的に衛生的に大丈夫かどうか、考えて購入する必要がありますね。粗悪品を着用していて感染しても自己責任、とはいきません。その先に、家族・他者への感染拡大、医療崩壊へのシナリオの加速、ひいては緊急事態宣言のさらなる延期のきっかけになりかねないからです。MADE IN JAPANのマスクやアルコールの増産やDIYマスク、アベノマスクなど何らかのマスクが手元に届きやすくなってきています。引き続き、感染予防対策、よろしくお願いします。

2020-04-29 07:03:33

こんな時期だからこそ自分の仕事に誇りと自信を

テレワーク、宅職、間引き出勤などで、いつもみたいにバリバリ働いている感じがしなくなる人がいます。反対に、現場から離れられず、むしろいつもよりハードに働かなければならない人もいます。後者は疲労します。前者は、メンタルをやられることがあります。いつもの自分の仕事がそんなに意味がないのでは?自分はいなくてもいい仕事をしていたのでは?と錯覚します。こんな時こそ、自分の仕事に誇りと自信を持ってほしい。自分の仕事どれだけ人に会社に貢献しているのか、支えているのか、自分は必要とされているから雇われているのだ、こじつけでも何でもいいので自分と自分の仕事の大事さと意味を自分自身に言い聞かせてほしい。必要とされている感、やっている事の意味・重要性、やったことに対する達成感と満足感、報酬感覚を意識できなくなると、勤労意欲は極端に低下します。それにより、本当に大事なことが見えなくなってしまうかも。鶏の頭であっても、牛のしっぽであっても、それを構成する大事な要素です。いずれの会社も社長も、社員一人一人をとても大事に、必要としています。それが感じられなかったら、感じられる会社に移ったほうがいい。

2020-04-28 07:36:45

これからも、より一層頑張ります

3月~7月の間に、クリニックスタッフが新しく増員されたり、退職されたり、幾分入れ替わりがございますが、今後もより一層、地域貢献、今後の新しい在宅医療のモデル構築のために、スタッフ一同、尽力していきたいと考えております。今後とも、よろしくお願い申し上げます。退職されるスタッフが、今後も自分の人生を楽しめるように、新しい職場に向かう方は、そちらでも活躍し、輝いて働いていけるように応援し、願っています。

2020-04-28 06:58:42

緊急事態宣言 終了後が心配、そこが肝心

5月6日までは緊急事態宣言。それは、かなり浸透している。仮に延長なしで5月6日まで緊急事態宣言が解かれたとしたら、7日以降、急にお祭り騒ぎになってしまう人が少なからずいることが想定される。心配です。ウィルス感染が、ある日を境に急にZEROに、なんてことは考えられない。7日以降も粛々と、感染予防には努めないと、今までの苦労が台無しになる。あと1週間ちょっと。これからは、STAY HOMEではなく、その後も行動について、啓もうしていかないと、間に合わない気がする。みんな、ストレス抱えて、解放の瞬間を待ちわびすぎているような気配がします。

2020-04-28 06:33:07

医療機関・世間での認識のずれ

軽症~重症の認識のずれについては、最近よく報道されていましたね。検査についても、ずれがあります。抗体検査やPCR検査をとにかくいっぱいやってほしい。ドライブスルー検査、なんですぐにやらないんだ、などとコメンテーターがよく言ってますね。検査料金や人件費、そもそも人手不足の中、人材を投入するのも大変です。で、PCR(-)になったら、俺は大丈夫だったと、外出する人増えませんか?PCR(-)は決してコロナウィルス感染していないという免罪符ではありません。偽陽性・偽陰性は検査につきものです。PCR検査(-)で、偽陰性の方が、大腕を振って人ごみに飛び込んだら、感染爆発必至です。医療従事者は、概ねPCR検査を参考にしつつ、症状や病歴などから総合的にコロナウィルス感染を評価しています。私の場合は、まずコロナウィルス感染と考えながら、少しずつその疑いを晴らしていく感じでしょうか。結局、完全には払しょくできないことがおおいので、感染していると思っての拡散予防その他の指導、観察が必要になります。感染拡大防止のためには、過剰なまでの意識が必要と考えています。

2020-04-27 08:20:04

日本のコロナウィルスによる死亡者は少ない

日本は、中国の隣国で国交も密であり、当初からコロナウィルスが侵入してきましたが、その割に死亡者数は少ない。民族的な要素で言えば欧米の民族がウィルスに弱いのかもしれない。アジア系が何らかの免疫的な要素があるのかもしれない。ほかにも日本は超高齢化社会であり、重症化リスクが高い人口が多いはず。それでも死亡者数が少ないのは、国民性と医療の質なのかもしれない。日本の医療制度は国民皆保険でだれでも安価に医療が受けられる、医療レベルとしても決して低くない、高齢者を敬い、高齢であっても命は命として全力で救命する姿勢がある。国によっては、ある程度の年齢がいって、けがや病気をした際には、それは天寿ととらえる死生観を持つ国もあるだろう。ゆえに、単純に死亡者数だけで、どこそこが優れているだとは言えないのかもしれない。潜伏期間や検査数、検査の仕方などからも、時間や条件にずれがあり、日々の報道される数字にあまり惑わされず、収束を見るまでは、引き続き、十分な警戒を続ける必要がありますね。

2020-04-27 08:00:04

待合室の配置転換

待合時間は極力短縮するように努力していますが、それでも込み合う瞬間があります。その際にも、極力飛沫が分散するように、待合室の椅子の配置を変更しました。数を減らして隙間を増やし、背中合わせにすることで、直接的に飛沫が顔にかからないようにしました。限られた空間なので、どうしても壁に当たったり、気流に乗って飛沫することはありますが。要はその濃度・量を散らすことが目的です。少しでも感染リスクを減らすために。


2020-04-24 13:26:37

感染リスクが少しでも上がりそうな情報拡散は、控えてほしい

ネット社会では、不確定な情報が多く流れます。もともとコロナウィルスの全貌は明らかではなく、不確定な情報が多いです。それでも、少しでも感染拡大リスクが減らせる情報は広げて、増えそうな情報は控えてほしいです。今は、個々人の権利を多少制限しても、全世界人類の生命をかけて、感染拡大を阻止するべきと考えます。マスク意味ない?ほんとに?布マスクでも少しは飛沫をキャッチするのでは?パチンコは、3密ではないから大丈夫?ほんとに?3密はリスクが高いだけであって、3密でなくても感染は拡大します。ランナーにマスクは不要?ほんとに?歩行者のわきを追い抜くとき、かなり接近して吐息が撒かれますよね、2月くらいには、教室で先生の吐く息が最後部の生徒のところまで到達するシュミレーションもありましたよね、2m離れていれば安心?そもそもドアノブなどに付着したウィルスが数時間生存しているなら、いつだれが触っているかわからないのだから、常に手先にも注意が必要ですね、消毒散布しすぎて、アレルギー性肺炎みたいな症例もあったとか。食事はしなければならない、買い物もしなければならい、多少外食したっていい、ただ、少なくとも家の外にいるときは、常に最高に警戒した状態でいたほうが良いと思います。チキン野郎といわれても、ウィルスに対しては憶病になりすぎるぐらいでないと、足元をすくわれることになるかもしれません。とにかく、ウィルスを抑え込まないと、いつまでたっても経済もなんもかも、再開できないと思います。

2020-04-24 07:29:57

一般の方が思っている以上に医療従事者は患者さんを助けたいと思っています

おそらく、一般の方が思っている以上に医療従事者は患者さんを助けたいと思っています。その中で、現在、抱えている入院・外来・訪問などの患者さんと新たに疾病やけがを抱えて受診された方、両方救えるなら救いたい、しかし、コロナウィルスなどのリスクがあるときに、院内感染を起こして、今抱えている患者さんの感染のリスク、治療が中断されるリスク、病院業務が止まり、今後治療するであろうはずの患者さんの治療ができなくなるリスクと受診された患者さんが治療を受けられないことで病状が増悪するリスクなどなどを自分の良心と冷静な判断などを駆使して、瞬間瞬間に決断しています。世界中の現状からも、今は普段なら使えるものが使えない、あるものが足りない、できることができない、などの窮状の中で、できうる限りの手を尽くそうと思って治療にあたっています。今の感染拡大の原因は、政府などがコロナウィルスの感染力を甘く見ていたこと、海外の前例から学習して早期に移動制限・活動制限をかけなかったこと、一部の個々人の油断と過信、配慮のなさが招いたもの。感染ルートをたどれば、そこに行きつきます。人が移動すれば、ウィルスも移動して拡散します。ウィルス単独では、広範囲には移動できません。無症状の時期でも感染力がある。個々人が、常にだれかにうつす可能性、うつされる可能性を意識して、もうしばらく窮屈な生活を耐え忍んでくれることを願います。

2020-04-24 07:13:52

ティーパーティのお誘い

訪問診療の患者様、ご家族様より、ティーパーティ(短時間)のお誘いを頂きましたが、感染対策中のため、短時間訪問を対策の方針にしておりますため、誠にありがたく、申し訳なく思いつつ、辞退させていただきました。訪問の際に、ご準備されていた品をお土産にいただきましたので、同日、まばらに出勤しておりましたスタッフと、感染対策をしながらの ”おやつタイム” を催させていただきました。夕方のひと時に、スタッフ一同、おいしくいただき、皆、心と体が癒される想いでした。ありがとうございました。


2020-04-23 07:13:21

もしかしたら売れるかも?

今回のコロナウィルスの騒ぎ、今後も新型のウィルスや新種の細菌感染などは怒ってくるでしょう。モノや壁についたウィルスや細菌が数時間以上生存しているというDATAもあり、もともと潔癖症の人もかなり多い。このような状況から、家庭用のコンパクトな紙幣・貨幣の除菌・除ウィルスができる貯金箱もしくは機械なんか、だれか作ってくれたら、ある程度のニーズはあるかもしれませんね。カード決済やPayマネーが進んでいくのでしょうが、しばらくは紙幣や貨幣も併用でしょうから、使わないわけにもいかないですからね。ちなみに、私には、他ににもいろいろな便利グッズ(日常から衣料品まで)のアイディアはありますが、簡単なDIY以外では、実現する力もお金も方法もわかりません。協力者でも現れない限りは・・・。

2020-04-23 06:31:33

当クリニックのリスク管理の一部

当クリニックは、訪問診療・看護・リハビリを生業としているため、コロナウィルスの感染拡大に寄与しないように注意を払っています。一般的な手洗い・消毒、マスク、その他の感染対策はもちろんとっています。STは、嚥下・発話・口腔ケアなど他のリハビリよりも濃厚接触するため、ガウンの着用を行っています。訪問予定が空いている場合、時間差出勤や早退、記録業務などの在宅ワークなども推奨しております。また、発熱がなくても、鼻水、咳、くしゃみ、倦怠感などの自覚症状があるスタッフは、自己申告してもらい、採血検査などを行い、感染兆候がないことを確認し、感染や炎症がないことが確認できるまでは、公休による出勤停止、自宅療養を行っております。そのため、訪問サービスが急にお休みや振り替えになる利用者さんがおられますが、感染拡大抑制のために、ご了承いただけましたら幸いです。在宅医療に携わる以上、少しでもグレーなスタッフを利用者さんのもとに派遣するわけにはいきませんので。

2020-04-22 08:40:14

あまり知られていないコロナの最前線の地方戦

急性期病院・保健所などの最前線の主戦場では、主戦場の問題と戦いがあると思います。我々、地域医療の地方戦でも地方戦なりの問題を抱えています。
 現在の状況では、コロナウィルス陽性の人を準備のできていない病棟に安易に入院させて院内感染を起こすリスクを避けなければならい、理解できます。具合が悪い、発熱している→コロナじゃないの?と疑う、理解できます、大事です。PCR検査には上限があり適応をしぼりたい、理解できます。
 在宅・施設で発熱したとき、現在は入院はできません、コロナかもしれないから。PCR検査をすればいい→尿路感染、誤嚥性肺炎、その他の熱の原因が疑われ、PCRの適応でないといわれる→コロナではないとは言えない→入院できない→発熱患者には、訪問看護・訪問ヘルパーは、ほかの利用者さんに感s念を拡大しないように介入中止してしまう→在宅・施設では介護できない、訪問診療と家族・施設職員だけの対応では限界がある→困っている。
 入院するためにPCR(-)である、ということを確かめないと、入院するためのパスポートが得られない。保健所の先生は、直接事情を説明すると柔軟に対応してくれます。でも、行政として、入院が必要と医師が判断している患者さんに対して、入院するのにPCR(-)が必要であるなら、保健所職員の判断にゆだねないで検査対象として速やかに認めてくれるように指針を出してほしい。検査結果が出るまで2~3日、その期間ですら、自宅・施設待機はかなり苦しい。世間ではあまり知られていない、地方戦実情。

2020-04-22 08:27:17

当クリニックでは、大分定着しました。

マスクを少しでも大事に長く使う、衛生的に使う、快適に使うために、マスクの内側にコーヒーフィルターを入れています。毎日、フィルターだけ交換すれば、内側は衛生的。また、マスクは、長期使用すると、繊維がけば立ち、むずむずかゆくなるけど、フィルターは紙なので、さらさらして、思いのほか快適。難点は、湿度が高いところだと、蒸しタオルを顔に置かれたような苦しさがあるときもある。。。( ;∀;)。これで、10人が、マスクを数日使えるようになれば、マスクの使用量が何倍も少なくなり、マスク需要が減るため、より行き渡るようになる、価格が高騰しなくなる・・・・はず。


2020-04-21 07:50:43

感染防護シールド DIY 完成品

完成品といってもこんなもの。貧相ではあるけど、ないよりはいい。すぐ手に入る。製作時間はほぼ3分。1個作るのに原価は、眼鏡100円+クリアシート25円(100円のファイルから4枚作れる)=125円くらい。非常に安価。良いところは、分解してアルコール消毒できること、もともと眼鏡をしている人には、シートだけで、自分の眼鏡を防護できること、マスクごと捨てなくても、次の患者の診察介護に移れること。シールドは結構、視界や暑さなどでストレスがかかるが、不要時にはマスクと別に着脱が簡単なこと。本物の感染防護マスクは、熱外来、感染症外来最前線に優先して回してもらい有効活用していただき、当クリニックのようなプチ最前線は、知恵と工夫で何とか戦っていきます。


2020-04-21 07:12:51

感染防護シールドを手作りしてみる

感染防護シールド付きマスクが手に入らない状況。この状況で、リスクを減らしながらコロナと戦うには、格好はつけていられない。段ボールで作ったシールドもその一つ。今回は、着用するシールドを代用品として作ってみた。
 作る条件は、①安い材料であること、②それなりに効果がありそうなもの、③現在手に入るもので作れること、④繰り返し使えること、⑤制作と着用が簡単なもの、をテーマにしました。
 材料は、ダイソーのUVカット眼鏡、ダイソーのB4クリアファイル、B5コビー用紙だけ。まず、B5コピー用紙でを使い、眼鏡をかけたときにシールドがいい塩梅になる位置を探り、それを固定するのに眼鏡のツルが通る場所を確認し印をつける。そこに穴をあけて、実際にツルを通してみて、シールドとして塩梅がいい形になるか確認する。B4ファイルをはさみで切り開き、カットしB54枚のクリアシートにする。OKなら、コピー用紙と重ねて、ツルを通す部分に穴あけパンチで穴をあける。この時、強度を上げるために穴をあけるところの表裏にビニールテープなどで補強してもいい。ファイル用の穴補強シールを後で貼ってもいい。眼鏡のツルを穴に通して完成。お好みで形を調整してもいい。


2020-04-21 07:06:33

診療報酬倍増?計画

医療従事者に対するご配慮、大変ありがたく存じます。しかし、診療報酬倍増・・・って・・・。患者さんの0~3割の窓口負担も倍増したら、給付金の威力が減少してしまうのでは?病院の経営としては助かりますが、その従事者への配分は、病院次第…ってことになると、従事者にちゃんとお金が回るのだろうか?そもそも、今月の診療報酬なら、病院に収入として反映されるのは2か月後・・・。少なくとも2か月は、手元には来ない。そこから、各病院ごとに従業員に分配されるのか?それはいつ?となると、実際、医療従事者の手元に来るのは、早くても3~6か月後。具体的な政策内容が、わかりましたら、お早めに広報してくださいね。でも、評価してくださる、ということは、きっと励みになります。

2020-04-20 08:36:57

コロナウィルスの疑いが少しでもある患者さんを隔離診察

誠に申し訳ございませんが、コロナウィルスの疑いがある、風邪症状(発熱の有無を問わず)、発熱、呼吸器症状などがある方は、可能な限り持病のある定期受診の方や担当外スタッフとの接触を極力避けて苡叩き、感染拡大予防に努めておりますため、車庫に特設した、感染外来の方で対応させていただいております。半屋外ですので、だるまストーブと風よけでは設置しておりますが、多少寒いかもしれませんが、乾季は十分ですので、ご容赦ください。急設にて、地下牢のような雰囲気が出ていますが、追々、もう少しきれいにしますのでよろしくお願いいたします。ただ、明らかにコロナを強く疑う症状やエピソードがある方は、クリニックでは対応困難ですので、まずは直接発熱外来をしている病院か、保健所の方にご連絡ください。あくまでも、当クリニックの、在宅医療ともみじ台地・あおば町周辺地区の地域医療が主軸ですので。


2020-04-20 07:37:40

診察スクリーン

今や、スクリーンやフェイスがガードは外来には必須といってもいいくらいのアイテム。しかし、もはや品薄で手に入りづらいし、救急病院に優先すべき。我々のような最前線の小さい診療所では、リスク回避のためには格好はつけていられない。知恵と工夫で少しでも何とかリスクを軽減するしかない。そこで、かなりダサいけれども、フェイスガード、アクリルスクリーンの代用になる段ボールとビニール袋でのスクリーンボードを作成してみました。普段なら、もう少しおしゃれに作るのですが、今回は、忙しいのと、時間がないのとで、とにかく機能さえあれば良しとする形で作りました。これだけでも、診療中の感染リスクは、かなり軽減できると推察されます。


2020-04-20 07:26:17

食堂のコロナ対策

スタッフ食堂のコロナ対策。テレワークと交代出勤、直行直帰などで、実質事務所、クリニックの在院人数は半減していますが、食事の際は、横に並ぶ、時間をずらすなどの工夫のほかに、できることは何でもやってみる。段ボールとはさみで切り開いた透明キッチン袋で、即席スクリーンを作成。これで、対面での食事でもある程度の飛沫感染予防につながる。


2020-04-20 07:21:18

往診バッグ3号 購入

往診バッグが2個目壊れてしまいました。やむなく、週末にSankiでまた購入。3号機は、ピンクのラパンにしました。記事が比較的薄めなので、また壊れやすいかもしれませんが、色がいい。1500円でした。


2020-04-20 07:04:56

コロナ対策の働き方改革

当クリニックでも、リスク管理のため、働き方改革を臨時で期間限定で行うことにしました。ソーシャルワーカーの一部テレワーク化、訪問リハビリの直行直帰および事務作業の在宅化、事務員・看護師の出勤を交代制にして少人数化し万が一の時にでも全滅をまぬかれ、残存勢力で業務継続できる可能性を残すように努力します。いつもよりも、稼働人数が減少することで、多少、サービスに影響が出ることも考慮されますが、何分このご時世のため、クリニックの感染リスクの軽減と感染による業務完全停止のリスク軽減のために、ご容赦ください。ちなみに、医師・看護師長・事務長のみ通常業務で、サービスの維持に努めます。

2020-04-17 17:54:32

税金の支払い

固定資産税の支払い振り込み書が来ました。そういえば、自動車税もそろそろでしたね。えーと、給付も迅速にお願いしたいのですが、個人商店・中小企業では、こういった税金の支払いもなかなか厳しいかと。財源として必要なのはわかりますが、支払いを少し延期してくれたりすると助かりますね。給付と支払いの延期・減額は、対象者にとっては同じような効力を持つとおもいます。

2020-04-17 07:17:49

対象者30万円給付とりさげ、国民に一律10万円給付に

対象者を絞っての30万円給付から一律10万円に。個人的には、とても良い政策チェンジだと思います。30万円の給付対象条件が、難しく、煩雑で、厳しく、必要な人が該当しない恐れと給付が遅くなることが懸念されてました。一律なら迅速にできると思いますので、迅速にお願いしたい。今必要な人が大勢いるはず。少なくとも一律なら必要な人を取りこぼすことなくいきわたる。儲かっている人、お金持ちの人、給料下がっていない人にも給付はずるい、という意見もありますが、もともと税金は収入によって多い人からは多く払ってもらっているものですし、誰かが得をするのはなんかヤダ、そんなことよりも、とにかく早く、必要としている人が取りこぼしなく給付を受け取れ、コロナと生活・お金の心配から、コロナの心配にだけ集中できるようにすることが重要だと、私は思います。失策はあっても、良策でとりかえせばいい。政治家の皆様もご自愛しつつ、頑張ってください。

2020-04-17 05:49:57

ちょっと遅かったけど、まだ間に合うかもしれない

緊急事態宣言、全国区に。すでにコロナ・自粛強化疎開による北海道へのコロナ逆輸入はおこってしまった。わかっていたのに。起こってしまったことは、仕方ない。でも、まだまだ、これから起こりうる逆輸入を少しでも防げれば、第2波のピークを遅らせ、小さくすることはできるはず。それは、すでに第1波で道民が示している。海に囲まれているという地の利と対応が早い鈴木知事、頑張る道民の力を結集して、もう一度コロナに打ち勝っていきましょう。

2020-04-17 05:38:08

外来患者さんからの寄贈品

天然の鹿の角でDIYされたボールペン立て。外来患者さんからいただきました。北海道らしい、民芸品店で売られているような趣のある一品。外来受付で使わせていただくことにしました。


2020-04-16 08:05:50

北海道 コロナ 第2波は始まっている

千歳市、白石区、北広島市などでの報告が出始めています。第2波、やはり来ました。おそらく内地・海外などから逆輸入でしょう。しかし、一旦入ってしまえば、今後、北海道でウィルスは拡大を続けます。今が踏ん張り時です。予防手段と自粛を頑張るときです。また、栄養、睡眠を十分にとり、免疫力を高めましょう。~をしても意味がない、~していれば大丈夫、などの情報にあまり扇動されず、1%でも感染リスクが減らせることは、個々人でやったらいいと思います。布マスクだって、直接的な唾液の飛沫を数粒でも防いでくれれば、汚染した手で口を触るときに直接接触を1回でも防いでくれれば、している意味はあります。

2020-04-16 07:51:53

在宅医療、地域医療の苦悩

取り上げられることもないので、知られていませんが、コロナウィルスの感染は、在宅医療・地域医療を担う我々小さいクリニックにとって、かなりの悩みの種となっています。最前線の病院は、もちろん院内感染その他の脅威にさらされていますが、我々も戦っています。保健所や病院で診てもらえなかった方、大きな病院や遠くには行きたくない方、他、コロナの可能性がある発熱・呼吸器症状の患者さんは、クリニックにも日々来ます。クリニックも最前線の一角です。常にコロナ発覚のリスクがあります。病院や外来クリニックは、最悪休院を余儀なくなり、入院患者さんはそのまま、外来は閉めます。その場合、これから外来にかかる予定だった患者さんたちは、別の病院にかかることになります。在宅・地域医療を担う診療所は、やや状況が異なります。地域医療は、徒歩圏内でしか通えない高齢者もいっぱいいます。かわりにほかの医療機関にに行くことが困難な場合があります。また、訪問診療は、各クリニックいっぱいいっぱいで回っているので、急にかかえている百数十人の患者さんをどこかが肩代わりすることは困難で、治療継続自体が困難になります。休院になってしまったら、代わりなどいないのです。救急で頑張られている医療関係者さんに感謝するとともに、我々在宅医療を担っている診療所レベルでも、大きなリスクと責任を抱えながら、ギリギリのところで、発熱患者さんの対応をしていることをご理解いただき、ご協力を頂けたら嬉しく思います。

2020-04-15 08:26:02

発熱患者さんへのご協力のお願い

現在、発熱、呼吸器症状がある(もともと慢性疾患で同症状がある方を除く)方は、コロナウィルスの可能性を考慮しなければなりません。ほかの患者さんにうつして、その方が重症化や亡くなってしまうことまで考えなければなりません。そのようなリスクを極力軽減するために、以下のことをご協力願います。

①直接クリニックに来院することは、避けてください。
②#7119もしくは、かかりつけの病院または当クリニックに事前に電話での問い合わせをしてください。
③クリニック内には、高齢の方や持病のある方が多く待合や診察室に来られます。コロナウィルスのリスクのある方は、申し訳ありませんが、別場所に設置した特設外来の待合の方で診察させてください。
 当クリニックのような小さい診療所には、防護服やマスクのようなコロナ対策の医療品は、優先順位が低く手に入りづらいため、対応できる人数に限りがございます。普段、他院でかかりつけているような新規の発熱・呼吸器症状の患者様は、まず、かかりつけの医師にご相談ください。それでも、ダメなら、当クリニックにご相談ください。

2020-04-15 06:35:59

学校、本日最後にまた休校?

本日、通学した後、明日からまたGW明けまで休校?話が二転三転。せっかく学校に行くなら、学校でみんなで家族の分もと、手作りマスクでも作ってみたらいいのにな、と思ったりします。それで、マスク不足も、少し解消。

2020-04-13 08:34:57

中国はあやういが日本も危うい

コロナ対策の成功を祝って、お祭り騒ぎ。すでに、マスクを外していつも通りの生活に戻り、爆買い・群衆に。コロナでの経済損失を、欧米諸国よりはやく取り戻さんかのように。感染症の観点からすれば、中国コロナウィルスが撲滅されることはない。欧米が落ち着き始めたころに、中国での再ブレイク→世界に再ブレイク、のしなりをが用意されているかのよう。それをしても日本は今まさに危うい。店が自粛して空いていないから隣の県に行く、暇だからキャンプならいいかと行く、友達にあう、電車にのる、バスに乗る、距離を保たない、マスクをしない・・・。首相の7割減発言をどうこうではなく、まず一人一人が自粛しなきゃ。欧米に比べて、危機感が少ない。子供は、そんなにストレスかからない。パパとママが一緒で愛情注いでくれれば、家に居てもそんなにストレスかからない。パンケーキ一緒に焼くのも掃除を一緒にするのも遊びになる。ストレスなのは、急に子どもたちと長い時間、どうしたらいいのかわからない親の方なのかもしれない。少なくとも5月6日まで、必要な仕事・生活以外の外出・面会を避けることから始めてみませんか。

2020-04-13 07:25:21

1か月の辛抱、その先の希望と不安

5月6日までの我慢が、苦しいけどコロナ終息への希望。観光・飲食その他の自粛により直接的なダメージを受ける業種の方々の我慢は、外出自粛している方々よりプラスアルファで重いかも。その代わり、コロナ感染蔓延が収束したら、普段は外出が控えめだった人も含め、一気に家の外に出ていき、普段よりも何割か増しの大忙しになる可能性が高いと思います。そこで巻き返すために、準備をしながら、人も店も倒れないように頑張ってほしい。一抹の不安は、人が一気に解放された時の三密で、感染がぶり返す可能性があるでは?ということ。緊急事態宣言が取り下げられた後も、コロナウィルスが無罪放免ではないので、節度をもって、今、行っている感染予防の習慣・意識をしばらくは忘れないでいてほしいなと思います。

2020-04-09 07:04:05

北海道、札幌のコロナ再燃の懸念

現在、北海道、札幌は、最初の頃の感染流行から、鈴木知事の英断もあって、かなり穏やかになっています。そのせいもあってか、札幌の町中では、やや気のゆるみが出ているような気がします。バスにマスクもせずに乗っていたり、一部のお店で混雑していたり。このまま、収束する可能性もありますが、東京・神奈川・福岡などの緊急事態宣言地区からの帰省や出張、避難などで今現在、コロナウィルスが穏やかな地区への拡散が懸念されます。まして、今、油断してしまっている方々のもとに持ち込まれたら、アウトブレイクは必至。緊急事態地区のかたがたと同じ気持ちでひと月の間、不要不急の外出の自粛と感染しないように気を緩めないこと、緊急事態地区の方々が落ち着いている地区への移動を最小限にとどめてくれることが、これからのコロナウィルス終息へのカギを握っていると考えます。

2020-04-08 07:39:55

マスクの買い占めは全世界的に

全世界的な大流行。外国でも結局全員マスクしたほうがいいなどという話になり、マスクの輸出禁止や買い占めなどが横行する流れに。なかなか対処法が確立しない中、ちょっとでもリスクが減ることがわかっているならマスクは有効な手段ですからね。最初の頃は奨励されておりませんでしたが、手に入らない以上は、上手に再利用するのが次の手。外側は、一度使ったらある程度汚染されているものと考えつつ、内側は、自分の口・鼻の問題。間に1つ、キッチンペーパーなどをはさんで中だけでも捨て出来るようにすると、使い方によっては、1週間くらい使えるかもしれません。1週間分7枚のマスクを手に入れるより、1週間分1枚のマスクを大事に使うほうが、今は現実的かな。作る、手に入れる、買うも一手、大事に使う、捨てない、のも一手。マスクが手元になくなってしまうのが最大の下策。

2020-04-08 07:31:13

当クリニックが力を入れている在宅における嚥下訓練

在宅医療においてSTによる訪問リハビリ(嚥下訓練)を受けることは、札幌ではまだ多くはないです。特に、当クリニックのように医師・看護師が強力にSTのバックアップをしながら、積極的な嚥下訓練を進める訪問リハビリステーションは少ない。
 胃瘻が入っていても、少しでも好きなも、おいしいものをなるべく味合わせてあげたい、服薬ルートとして経鼻胃管が留置されているなら、服薬さえできるようになれば、経鼻胃管を抜いてあげることができるかもしれない、ミキサー食を食べているなら、もう少し形のあるものを食べさせてあげたい、色々な思惑を持ちながら、誤嚥性肺炎のリスクを負いながら、日々リハビリをし、リハビリを勧めています。
 在宅医療の目標は、一般的な在宅で最期を迎えることや現状維持というのもありますが、今よりも少しでも良い人生を送れるようにサポートするという事がとても重要です。急性期や回復期と違って、終了期限が明確に決まっていないことが在宅リハの利点です。焦らず、ゆっくりと、明確な目標をもってリハビリを受けてみることを考えてみたらいかがでしょうか。

2020-04-07 07:34:54

お祝い

今年も、スタッフから誕生日のお祝いをしていただきました。どこで、こんなかわいい猫の袋を見つけてきたのやら。社長の好きなピンクのベストを探すのは、大変だったようです。今年も一年、社長想いのスタッフたちに感謝しながら、いつまでも ”愛される社長猫” であり続けるように、初心を忘れずに頑張っていこうと思います。


2020-04-07 07:15:15

手作りマスクの作成

自宅で生活する分にはサージカルマスクなんていらない。手作りの布マスクでも充分と思います。DIYの見せ所。1個15分くらいでできます。試しに、いくつか作ってみました。あまりの端切れ布を2~4枚重ね、立体マスクからかたどった段ボールの型紙をチャコペンでなぞって切り抜きます。上下の端をミシンで縫込み(きれいにするなら、少し大きめに切って折り返して縫う)ます。この際、鼻の部分にあたるところに、食パンなどの包装に使われる針金みたいなやつを3本くらい一緒に縫い込むと、アジャスター機能も搭載できます。側面は、ゴムが通せるように筒状に縫います。あとはゴムを通して完成。好きな柄のかわいいマスクも作れます。長くなりそうなマスク生活。おしゃれにするもの気分が上がりそう。洗うことができ、繰り返し使えます。内側は、コーヒーフィルターやキッチンペーパーをはさんで使用すれば、さらに衛生的でかつ、けば立った繊維でかゆくなりにくいです。我々程度の診療所レベルの診察では、マスクが不足するなら、この程度のマスクでも事足りそうです。数が足りないのなら、ぜひ、現在希少なサージカルマスクは、必要とする手術や感染症治療、血液病や移植などの免疫抑制患者さんの周辺などに優先して回り、マスクの在庫を気にせず日々の治療ができるようになってほしいですね。


2020-04-06 07:24:07

キングダム アニメ 第3シーズン始まる。

昨晩、というか本日総長というか、0時15分から、NHKでキングダム、第3クールが始まりました。アニメ化できないんじゃないかといわれた合従軍のクールです。中華各国の天才、武将が一気に衝突する、キングダムで一番盛り上がる戦といってもいい場面です。気になった方は、ぜひ、この不要不急の外出制限が続く中で、お楽しみください。

2020-04-06 06:51:17

コロナ対策専門病院

多くの方が言っていますが、コロナウィルスだけを診てくれる病院を各都道府県に作れたらいいですね。公立病院のどこかに担当していただき、そこに今いる患者さんは、申し訳ないですが、一旦別の病院に移っていただき、コロナウィルスを一極集中で診断、治療をしていただく。そのかわり、ほかの医療機関は、通常通り、治療や手術を必要としている方の治療に集中する。コロナ以外の疾病の方の治療が中断されてしまっては、取り返しがつかないことになってしまいます。各病院で少しずつ手分けして対応していたら、院内感染で閉鎖されてしまう病院が、今後もどんどん増えてしまいそうです。また、一極集中すれば、必要物品も効率的に現場に集められますね。感染区域もある程度限局されて、パンデミックを抑止する方向に、少しはつながりそうな気がします。

2020-04-03 07:05:25

一世帯にマスクが2枚配布される、介護事業所にも利用者さんに配るマスクが届いているようです。

布マスクが一世帯につき2枚、配布されるようですね。ネットやSNSでは、さっそく批判、茶化しなどの投稿が多いようですが、実際は、ありがたいですよね、マスク。手に入りにくいし。現金バラまいても、マスク買えないし、期に乗じて、マスク値上げするところも出てくるし。布製マスクは、紙と違い洗えるから、1枚で何回も使えるし。欲を言えば、マイナンバー制度をつかって、ナンバーに1枚、配布してくれれば、一人ずつ行き渡ったのになと、思ったりもします。
 居宅事業所などの必要性が高いところには、厚生省から、利用者さんに配るためのマスクも届いているようですよ。こういったことも、ちゃんと公正に報道しないとね。
 こういう不安定な時代にこそ、誰かがしてくれたことに、まず感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。

2020-04-03 06:51:18

第6回 院内研修 こころ 開催

4月2日に第6回の院内研修を開催しました。今回は、作業療法士 竹中による、在宅サービスで使う福祉用具について、でした。ものにより、購入するもの、レンタルできるもの、その値段、メリットデメリットなど、利用者さんの疑問に、各スタッフがちゃんと答えられるように、知識のおさらいをしてもらいました。

2020-04-03 06:28:06

品性を疑う

昨日、自宅に荷物を届けに来た宅急便の配達員が、マスクを顎にずらしてつけたまま、荷物の対応にでた娘の顔に向かって、せき込むという暴挙に出ました。我が家の宝に向かって!時期が時期だけに、人としての品性を疑います。すぐにうがい、洗顔、手洗いをし、我が家に合った補中益気湯でとりあえず、少しでも免疫力向上を図りました。

2020-04-02 08:33:02

院内ジム こころ設備 その13

ついにマルチトレーニング器具がやってきました。スタッフ4人で、あれやこれやといいながら、組み立てました。ネットでのレビューは、様々でしたが、とりあえず、まずまずのもののようです。ただ、1個、部品となる輪っかが足りなくて、とりあえず、段ボールを工作して、代用しました。サイズの合うワッシャーを5~6枚組み合わせて、足りない部品の代わりにしようかと考えています。これで、概ね、ジム設備は整いました。


2020-04-02 08:26:25

濃厚接触による感染拡大を気にしながらの経済活動がしばらく続きそう

各業界コロナウィルスの影響を受けていますが、飲食店は大変そうですね。飲食店を応援するために食べに行こう、というのも感染拡大のリスクが上がりそうですし、積極的には避けたほうがいいかと思います。当面、何か新しいサービス展開できたらいいですね。居酒屋さんのおいしいザンギやホッケ焼き、焼き鳥、ドリンクなどが電話注文で、混雑しないように受け取り時間指定で、濃厚接触しないようなドライブスルー的にテイクアウトできるようなサービスができれば、感染リスクをある程度抑えた状態で、宅配に比べたら人件費も抑えて、飲食サービスを提供できないでしょうか。容器の問題があれば、それぞれタッパや重箱持参で、詰込み作業中は駐車場で車内待機とかも感染リスクをある程度抑えられるかな?低金利融資よりも、この状況で感染リスクを抑えた経済活動ができる方法をみんなで考えないとですね。

2020-04-01 08:21:14

JAFカード 探しているとき 見つからず

JAFカードあるあるで一句。外食するときに、たまにJAF加盟店で、割引やサービスがあるところに行ったりします。あ、JAF会員だし、せっかくだから会員証を提示しよう、と思って探しても、ほぼほぼ見つからない。あらま、忘れてきちゃったと、大体諦めますが、別の日に美容室やガソリンスタンドなんかに行ったときにクレジットカードを探していると、真っ先に見つかるJAFカード・・・。お前は、いつもどこにおる、そして、どの面下げて、いまここに現れたのじゃ・・・。

2020-03-31 07:08:48

ポイントが多すぎる

何かとポイントが多すぎる。あ、これ、お買い物などの話です。ポイントカードとか多すぎて、使いこなせません。ちゃんとポイントがつかえているのは楽天ポイントだけですね。本日中に失効するポイントがあるので、電子マネーに変えてくださいとレシートに書いてありました。これは、nanacoポイント。つまり、2年間、放置していたことに( ゚Д゚)。変換の方法もよくわからない。スマホで調べても、解説している画面と同じ画面に到達できない・・・(*´з`)。結局、お店のレジで交換してもらいました。ポイント、上手に使うとお得なのだろうけども、あまり使い方がわからず、面倒になると、だいたい”ポイント貯めてません”と断ってしまうようになりました。

2020-03-31 07:02:24

退院時の在宅サービスの組み方のおすすめ

急性期・回復期・慢性期・在宅生活期のすべてのステージでの主治医を経験した中で、私がおすすめする在宅サービスの組み方を一つご紹介。
 入院から在宅に変えるとき、最も重要なのは最初の2週間です。患者さん本人は、今までの24時間看護師、介護士がサポートしてくれる入院生活から、自分でやらなければならないことが急に増え、精神的にも体力的にも負担が増えます。また、自宅にとはいえ環境変化が与えるストレスもあります。転倒・誤嚥などの事故も、この時期に多く起こります。介護者も急に全部介護することとなり、たとえ、入院中に十分な指導やシュミレーションを受けていても、実際にやることの負担は、予想より大きいです。
 そこで、退院時に訪問診療・看護・介護・リハビリ・通所サービスなどを必要十分量もしくはそれよりもやや多めにプランニングします。なるべく安心安全に在宅生活を送りながら、途中で必要なくなったサービスを減らします。患者さん本人は、途中でサービスが増えることを嫌う傾向にあります。サービスが増えると自分ができないためだと、サービスが減っていくと、自分が良くなってきているという実感がわく、という心理的効果もあります。また、サービスは、追加するより減らすほうが手続的も楽で迅速に対応できます。私が主治医の時は、このような意図でサービス計画を指示してました。ご参考までに。

2020-03-30 08:21:15

在宅サービスについての理解を深めよう

外来受診、入院するときには、何科にかかる、どこそこ病院にかかるという事を一生懸命考えますが、在宅医療・サービスを受けるときに、ちゃんと選んでますか?ただ、誰かに勧められるままに、来てくれるという事業所を選んでませんか?医療・リハビリ・看護・介護・ケアマネなど、すべての在宅サービスに係る事業所には、個性があります。得手・不得手、親切・不親切、丁寧・雑、親身・不親身、元気・不元気、親しみやすい・横柄、フットワークが軽い・重い、サービスのわりに料金が高い・安い・・・などなど。在宅サービスは、契約ですので選択できます。セカンドオピニオンは、より良い人生を送るために、医療・看護・介護・リハビリ・ケアマネ、どれに対しても、考慮してもいいのです。

2020-03-30 07:57:12

引き続き、コロナウィルス対策をお願いします。

 やはり、学校再開とそれに伴う心理的開放感からの外出自粛のゆるみなどから、ある程度抑えられていたコロナウィルスの拡大が再燃しましたね。ただ、報道される数は、数か所の特定の場所での多発症例を含みますので、一喜一憂すべきではなく、今できる、マスク、手洗い、うがい、不用意に顔に手をやらない、2m前後はなれるなどの個々人の気遣いが大事です。よろしくお願いします。ちなみに、濃厚接触者とは、2m以内で2分以上接触している事、が目安です。

2020-03-30 07:27:38

いろいろ批判される方も多くおりますが

コロナウィルスの政策について、いろいろ非難される方や評論家もおりますが、クリニック・事業所に、いくばくかですが、マスクが、厚生労働省より届きました。ありがたいことです。一斉休校や不要不急の外出控え政策も、ある程度の成果を見たと思われます。バラマキ政策については、賛同しかねますが、頑張っている、良いなと評価できる部分もあると私は思いましたよ。


2020-03-27 16:12:14

第5回 院内研修 こころ

昨日は、院内研修 こころの第5回を開催しました。テーマは、膠原病と川崎病、漢方総論。膠原病は、難しい病気です。治療には専門医の先生が欠かせませんが、治療が安定した後に当クリニックでフォローすることがあります。また、早期発見し専門医につなげるには常に頭の片隅に置いておく必要があります。多くの膠原病は、関節症状その他の臓器障害・疾病を合併し、ADLが低下するために、訪問診療やリハビリテーションが必要になることがあります。そのため、クリニック内に知識・認識の共有が必要でした。漢方総論は、気・血・水について。漢方学は、そろそろ具体的な各論に入りそうです。

2020-03-27 07:05:41

診察室の猫たち

私が猫好きであることは、かなり有名になってきており、患者さんやご家族、クリニックスタッフ、娘、チビ社長に至るまで、何か猫グッツを見つけると、社長に、と持ってきてくれることが多くなりました。診察室のモニターの下に、置けるものは集わせておりますが、1年で、こんなに集合しました。猫まみれ・・・。


2020-03-26 07:57:34

院内ジム こころ 設備 その12

スカイウォーカー。だいぶ前に一世風味したダイエット・トレーニング器具。これも、院内スタッフ寄贈のもの。これは、下肢と体幹・上腕にすごくきますね。この器具をみると、どうしても芸人 東京ダイナマイトのコントのネタ ”ボケとエクササイズ” を思い出してしまいます。フィットネスはいりまーす。効果は、未知数。


2020-03-26 07:00:32

院内ジム こころ 設備 その11

開脚器。外側のスポンジ部分に下腿を載せて、真ん中の握りを引っ張ることで開脚されていくシステム。自分で限界まで開脚訓練を行えます。休憩時間に”痛い痛い”と言いながら、自分で握りを引っ張るスタッフが、散見されます。ある種の自傷行為に近い。目指せ180度、開脚。目指せ、コマネチ。


2020-03-26 06:52:44

院内ジム こころ 設備 その10

ステッパー。乗って、足をふみふみするやつ。家庭用で、結構なお宅にあり、家のあちこちに追いやられている可能性が高い代物。その場で下肢訓練ができる優れもの。まじめにやると、結構負荷がかかります。院内スタッフの寄贈品。


2020-03-26 06:48:07

非常電源の確保

防災対策に非常電源の確保は重要です。HONDAのエネポ、3台購入しました。ガスコンロのガス缶2本をエネルギーに最大2時間発電できる優れもの。ガス缶なので長期保存も可能。コンロと合わせて非常時に活躍できます。パソコンやネットの使用はもちろん、スマホの重電や家電の使用も可能です。現在、非常時をシュミレーションした電気配線の確認中。胆振震災の時は、まだ病院勤務で地域貢献もあんまりできず歯がゆい思いをしたので、開業前から防災対策をいろいろ考えていました。これはその一つ。非常時に地域の方にスマホの充電などに電気を一部提供できたらいいなと考えています。震災は、おこらないに越したことはないのだけれども。その他、地域一帯の防災システムなんかも勝手に妄想しています。


2020-03-25 07:22:16

院内ジム こころ 設備 その9 

年季の入った腕立て伏せ補助具。もう、10年以上も使っているので、グリップのスポンジ部分のクッション性も落ち、一部破れてしまっています。近いうちにDIYでもして、グリップを新しくしようか。


2020-03-25 07:11:17

院内ジム こころ 設備 その8

ストレッチボード。足関節や下腿・下肢の筋肉の伸張、柔軟性向上に。


2020-03-25 07:03:38

院内ジム こころ 設備 その7

腹筋補助具。腰を痛めないように、かつ腹筋の弱い人でも楽に腹筋トレーニングができる。スタッフからの寄贈品。


2020-03-25 06:57:54

第4回 院内研修 

3月19日に第4回の院内研修を行いました。テーマは、認知症と漢方概論。在宅医療・サービスをやっていれば、認知症は避けて通れない疾患です。アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型をベースに、腫瘍薬剤の効能や副作用、違いなどについて、漢方概論は、第1回に続き、概論で五臓や陽陰、実虚、六病位などについてさらりと。知らなくてもいいことはたくさんありますが、知っていたほうがいいこともたくさんあります。認知症も漢方も知れば、見えているものが違ってくるかもしれませんね。

2020-03-24 07:54:31

恐怖の夢

あまり夢は見ない方ですが、時々、夢を見ます。先日、とても怖い夢を見ました。夢なので、あっという間に詳細を忘れてしまいますが、ホテルに泊まっていて、女性の幽霊に遭遇して呪われる的な内容だったと思います。目が覚めて、時計を見たときにはまだ0時過ぎ。よほど恐ろしかったのか、口呼吸ではぁはぁ、動悸もするし、のどは乾燥してカラカラで痛みすらありました。なんで、こんな夢を見たのだろうと、寝付けないので考察すると、寝る前に眠剤を内服、眠くなるまで録画していた”ホンマでっか?!TV”を見ていました。その時の回が、霊が見えすぎて困る、という悩みだったので、おそらくそれに引っ張られたのかな。10分くらいしか見てなかったのに・・・。

2020-03-24 07:30:12

院内ジム こころ 設備 その6

トレッドミル、ルームランナー。冬場や雨、時間帯など、なかなかランニングもできないような日もあります。軽くはしりたいけど、面倒な時、など。筋トレばかりしていてもバランスが悪くなるので、持久力・体力・心肺機能もトレーニングしないとね。


2020-03-24 06:53:54

院内ジム こころ 設備 その5

ころころ。ネーミングとは裏腹に、とんでもない器具。昨日もころころしてみましたが、夜自宅に帰ってから、すでに筋疲労・筋肉痛のような腹痛あり。翌日~筋肉痛は、はんぱない。最初は立ち膝でしかできないくらい負荷が強いです。


2020-03-24 06:47:42

院内ジム こころ 設備 その4 

男子には夢のマシーン。懸垂器。男子あるあるで、定期的にふと懸垂をしたくなります。しかし、懸垂できる場所って、意外とありません。ましてや、60-80㎏の体重に耐えられる棒や縁って、なかなか。これは、ベンチもついており、ダンベルと合わせると一気に総合トレーニングマシンに変貌します。


2020-03-23 06:42:56

宇宙人 Greys、現る。

親戚のおじさんの還暦祝いに妻が作ったケーキ。タッパに詰められた残りのひと切れが、グレイ・タイプの宇宙人に見えてきました。


2020-03-23 06:27:57

院内ジム設備 その3

ばね棒。これも社長が10年以上愛用しているもの。大胸筋や三角巾、上腕筋を鍛えられるうえに、木刀の代わりに素振りにも使える優れもの。素振りは、合気道の鍛錬にも役立ちます。


2020-03-20 08:00:14

院内ジム設備 その2

昭和の時代から、筋トレといえば握力。赤の握力器は、なかなかの抵抗。ちょっと女子向きではなかったかもしれません。なにせ、社長が10年来使っているものを持ち込んでいるのだから。


2020-03-20 07:42:46

院内ジム設備 その1

基本中の基本。ダンベル。使い方次第で、上腕二頭筋・三頭筋から、三角筋、僧帽筋、広背筋、大胸筋、腹斜筋、下肢筋その他、様々な筋肉をバランスよく鍛えられます。片方10㎏までのなかなかの重量級ダンベル。


2020-03-20 07:37:13

院内トレーニング設備の充実をはかる

以前から、福利厚生の一環として、トレーニング室を作ろうと思っていました。少しずつ集めていき、だんだん種類も増えてきました。さらに、もう数種類、入荷予定ですが、少しずつ紹介していこうと思います。北海道は、強固な外出禁止令は解かれたものの、いまだに不要不急の外出は控えるべきです。ジムでの感染リスクもあり、職員にはジムに行かないように指示しています。そのため、運動不足にならないように、院内にジム設備を充実させることにしました。

2020-03-20 07:31:25

忘れん坊

木曜日は、お昼ご飯時間に毎週、外部または内部監修の院内研修を子なっております。コロナウィルスの影響で外部ものは中止になっているので、本日は院内研修。認知症と漢方概論2です。自分の講演担当なのに、プロジェクターに使用するパソコンを自宅に忘れ、朝から2往復( ;∀;)。このパソコンは、クリニックのロゴは張っていますが、3~4年前から使っている、仕事用及びゲーミングパソコンです。まだ、頑張ってくれています。


2020-03-19 07:54:08

当クリニックは、リハビリを大事にしています。

当クリニックは、院長が外科医出身の内科・リハビリテーション医であることから、リハビリを大事に重要視しています。リハビリを処方するとも言いますが、処方する薬は、何でもいいわけではありません。何かをよくするために薬を出します。リハビリも同じです。この患者さんのこういうところをリハビリしたら、よくできそう、リスクを減らせそう、こういうことができるようになったら、この方の生活の幅が広がりそう、介護負担が減りそう、世界が広がりそう、もっとおいしいものが食べられそう、そんな具体的な生活・人生の質の向上を目標に置き、リハビリテーションを処方し、自社の信用できる有能な療法士たちに指示しています。リハビリは、漫然と受けていてもある程度の効果は見込めますが、より効率のいい、効果のあるリハビリは、技術や知識もさることながら、患者さん本人も含めたリハビリにかかわるすべての人の想いの強さの中にあると考えています。

2020-03-19 06:52:44

リハビリテーションをもっと考えよう

癌の手術を受けるとき、手術できる病院ならどこでもいいから入院するでしょうか。近いか、入院するでしょうか。多くの方は、手術がうまい先生がいる、いっぱい癌の手術をやっている、最新の手術を受けられるなど、情報を調べて、選んだり、がんを見つけてくれた先生が、適切な理由をもとに紹介してくれるのではないでしょうか。
 訪問リハビリについては、どうでしょうか。選んでいますか。調べていますか。なんとなく来てくれるところを選んでませんか。リハビリは、どんな目標をもち、生活や人生をご個まで考えてくれてどういうプランを立て、だれが、どんな思いでやって、成果を評価しながらプランを修正して、実践しているのか、漫然と何となくやっているのかではおのずと結果が異なります。近い将来、もっと、リハビリテーションの質についても考える時代がきっと来ます。

2020-03-19 06:45:01

雨が降っている

春が近い。もう雨が降っている。ウィルスも塵も、雨で流れてしまえばいいのに。

2020-03-13 07:17:58

学校の分散登校に不安感

一時、25日まで休校延長といわれていましたが、すぐに来週から分散登校という話に変更に。はて、個人的には、ここまで我慢して協力してやってきたことが、一部台無しにならないかとの思いがあります。データがはっきりしない、エビデンスがないと休校政策を批判する方もいますが、私は、一定の効果はあると思います。一斉休校であればなおさら。分散登校では、学年別分散なら、結局教室内はいつも通りの人数になるのでは?教室内でのウィルス対策、空調・湿度、子供たちの座る距離、出席OKの基準、服装、授業時間、滞在時間の妥当性、換気の頻度など少しでもリスクを減らす案は出し尽くされているのかな。非常事態に休校になって家で家族と話す、親兄弟が自分の心配をしてくれて、考えてくれる、こんな経験は子供たちにとってなかなかできない経験だと思います。子を持つ親の一人としては、来週は、まだ登校させたくないです。この1週間のために我が子がコロナにかかってしまい、後悔をしたくない。

2020-03-12 07:47:28

漢方薬のすゝめ

提供する医療の中に、漢方薬を選択肢として入れることをすすめます。漢方薬は、好きな医師は、よく使いますが、苦手・興味がない医師は、0~3種程度しか使用しなかったりします。しかし、漢方薬といわゆる西洋薬では、得意とする分野が異なったりします。症状に合わせて併用することで、症状がさらに楽になったりもします。手術や処置、西洋薬に、もう一つ別な武器として、選択肢として考慮してみることをお勧めします。甲斐武田の最強騎馬隊に、ちょっとだけでも鉄砲隊をあわせてみることで、戦略が広がり、さらに軍は強くなりそう、そんなイメージを持っています。

2020-03-10 07:38:49

自分を大事に、その一歩先に

自分の身を守ることは、とても大事。手洗い、うがい、アルコール消毒、外出を極力控え、近距離・密閉空間での接触を避ける。元気な人・若者は、重症化しないことが多いらしいというコロナウィルスの情報。ならば、若者だけ、元気な人だけ集まるイベントや集まりは、自粛しなくてもいいのでは?否。不顕性感染で伝播する可能性が示唆され、痛みを伴う全校休校まで政府が行っているのに。自分が重症化しない若者が、身内の、他人の持病を持つ方や高齢者に伝播して、重症化させてしまう可能性まで、自分の一歩先まで考えてほしい。みんなで一斉に感染ルートを極力減らそうとしている中で、身勝手な行動は、感染を遷延化し、結局は経済活動も長く打撃を受ける可能性があると考えます。

2020-03-09 07:21:58

1~2年の間にクリニックの改築を検討中

当クリニックは、開院2年目であるが、法人自体は30年の歴史がある。元の医院は45年歴史がある。当然、開院以来頑張っている診療所の老朽化は否めない。事業内容もだいぶ方針転換しており、箱の限界も近い。そこで、近い将来、建て替えを検討中。2~30年は頑張ってもらわなければならない建物なので、使い勝手がよく、かわいい建物にしたい。融資を受けて、返済するには、早めの方がいい。自分の理想と多くの人とのディスカッションで、より良いものを低コストで作れるように検討中。

2020-03-06 07:46:04

猫 T

おニューの猫Tシャツ。妻と娘が買ってきてくれたもの。真ん中の2匹が、他人とは思えない。


2020-03-05 07:37:21

薬を減らそう

昔から、年齢がいくほど服薬錠数が増えていき、笑い話ではお茶碗一杯の薬が毎食後にあるとか。私は若いころから不要な薬は出さないようにしていましたが、薬をいっぱい出してくれる医者が名医であるという認識の方もいます。そういう方には、薬も出してくれない医者、といわれたこともありました。しかし、ポリファーマシー、薬の多重化は、問題です。医療費のこともありますが、薬の効果も混ざり合い、副作用も混ざり合い、収拾がつきません。医者目線から話すと、薬を出すのは簡単ですが、減らすのは実は結構大変で、ストレスがかかります。症状が再燃しないように、離脱症状が出ないように注意が必要です。それでも、飲んでる薬を減らすだけで、体調が改善する方もいます。よいと思って飲んでいた薬で体調を崩している方もいます。薬が多いなと思ったら、主治医の先生に相談してみてはいかがでしょうか。

2020-03-05 07:32:48

期間限定で、電話受診での定期薬処方ができるようになっています。

定期受診の患者さんの電話受診の受け入れ開始しました。病院・診療所内での感染機会を減らすために、期間限定で許可されています。電話にて、病状の変化の有無を確認させていただき、処方箋を受け取ることができます。発熱やいつもと別疾患や別症状がある場合は、受診診察を要します。まずは、お電話ください。

2020-03-04 16:59:50

カレーで免疫力アップ?

カレーのスパイスには、体を温める作用や免疫力アップ作用などを持ったものが多く含まれているといわれます。栄養バランスもいいし、カレーを食べるとなんか元気になりますよね。感染マップを見ると、今のところ、人口の多さや中国からの距離を見ても、インドで患者数が少ないような気がします。カレーのおかげ?エビデンスはないので眉唾もの。カレーは、体調悪いときにはあんまり食べたいとは思わないですよね。カレーが食べられるときは元気な印。元気があれば、何でもできる。元気と免疫を付けて、ウィルスに対抗するのも一手かな。打てる手は、何でも打ってみる。ちなみに、昨日の当クリニックのランチミーティングの弁当は、COCO壱カレーにしました。

2020-03-04 07:28:10

足並みそろえないと効果が減少します

せっかく、多くの人に多くの努力、負担を強いて、休校・テレワークなどをしてもらっているのに、ストレスだ、暇だと、急を要さない用事で外出したり、友人遊んだり集まったりしていては、感染拡大予防策の効果が激減します。こんな時こそ、ゆっくり家族と時間を過ごしたり、考え事をしたり、のんびり休息したりしたらいいのに。いつもは、いじってばかりいると怒られるスマホなんかも、思う存分いじってみたりしたらいいのに。今のストレス・暇の解消のための外出・交友で、近い将来の日本の置かれている状況が、好転も増悪もするかもしれないことを知っておいてほしいです。

2020-03-04 06:41:20

今は免疫力の向上・改善がカギ

コロナウィルスには、特効薬がまだありません。細菌に対する抗生剤、インフルエンザウィルスに対するタミフルやイナビルなどのように。攻め手がない、となると守備力を上げるしかない。予防と免疫力の改善。そのためには、人との近距離接触を減らす、マスクを着用する、加湿する、ストレスを減らす、栄養を取る、睡眠をとる、疲労を回復する。
 免疫力の改善には、補中益気湯・十全大補湯のような漢方薬が有効なことがあります。座してウィルスにおびえるより、自分でできることは何でもして、ウィルスにあらがうことが大事だと思います。

2020-03-02 07:17:01

マスク着用のすゝめ

マスクでコロナウィルスは防げないので外出時に着用は不要との情報も流れているようです。しかし、飛沫感染という感染ルートがあるなら、マスクは一定の効果があるはずです。ましてや無症状保菌者がいるという情報もあるなら、なおさら、全員が着用すべきだと思います。もちろん、ウィルスは小さいのでマスクを抜けてくるヤツもいるでしょう。でも、ウィルスの数が多いか少ないかは免疫側からすると大きな差があります。例えていうなら、キャンプの時に外に小さい虫がいっぱい飛んでいる中で、すべての侵入を防ぎきれないからといって蚊帳を張らないで寝るか寝ないか、という事です。できる限り、外出の際は自己防衛として、エチケットとして、マスクの着用をすすめます。外出控え、マスク着用などは、みんなで足並みをそろえて初めて、十分な効果が得られると考えます。

2020-03-02 07:19:10

十分な休息が必要です

医療従事者、救急・消防隊・警察、その他、在宅勤務ができない職種の方々も、交代で十分に休息をとりながらご勤務ください。ストレス・疲労・寝不足・過労などで、免疫力が低下すると、感染リスクが上がる可能性があります。感染してしまうとしばらくは現場には出られなくなりますため、休息も大事な仕事と思って、しっかりとってご自愛ください。

2020-02-28 07:46:08

短時間外来にご協力ください。

コロナウィルスの感染拡大、学校休校などに伴い、一部休診、入院制限などが行われる医療機関も出てきました。外来患者数自体は、急ぎでない方が、通院を控えているようで、減少していますので、勤務できるスタッフで効率よく受診が必要な患者さんの対応をしていくしかないと思われます。医療機関での滞在時間をなるべく短くすることで、感染のリスクが減らせると考えますため、普段よりも短時間での診察対応になることをご了承ください。国難ともいえる状況ですので、みんなで協力してのりきるしかありません。

2020-02-28 07:39:24

全国的に休校。1週間では短すぎる気がする。

全国的にコロナウイルス対策で休校に。北海道は27日から1週間、臨時休校だそうです。個人的には、おそらく、1週間では、状況はそれほど変わらないのではないかとおもいます。いくつかの問題はあるかもしれませんが、感染拡大防止と子供たちの健康を最優先するなら、今日から春休み、するのが良いかと思います。感染が落ち着いてから先のことは、休みの間に考えればいいと思います。

2020-02-27 06:52:09

コロナウィルスの対策は一人一人の行動から

無症状でもコロナウィルス保菌者がいて、感染を拡大させる可能性があるようです。こうなると、まずできることは、一人一人が、すでに感染していると想定して、手洗い・うがい・マスクの着用を徹底する、濃厚接触や外出を極力避けて、部屋の加湿や消毒をこまめに行って、栄養を取り、自宅で安静に過ごすことが大事です。
 多くの人は重症化しないで1週間程度で症状が軽減するようです。心配だとは思いますが、微熱・軽い風邪症状などでの安易なクリニック・病院の受診は、どうしても病院にかからなければならない持病のある重症化しやすい方への感染拡大を招く恐れがあるので、自宅待機で自然治癒が見込めそうならば、自宅療養をしていただけるとありがたいです。
 1週間以上続く呼吸苦がある場合や呼吸器症状が増悪した場合、熱が1週間未満でも微熱が高熱になった、呼吸困難感が出てきた場合には、肺炎の疑いがありますので、#7119などに連絡の上、コロナウィルス対応可能病院を受診して、検査・治療を受けてください。

2020-02-26 07:50:32

視野を広くもつ

戦の際に兵士、伍長、什長、百人将、千人将・・・将軍、大将軍、王と見える世界が異なる。それゆえ、考えうることも異なる。現代の日常の上では、役職や位のことではなく、自分がどういう目線で仕事、活動、思考にあたっているのか、という事が大事。指示されたことを兵士目線でこなしているだけでは、全体像や大事なこと、些細なことがなかなか見えてこないし気づけない、理解できない。千人将、五千人将、将軍、大将軍の目線で戦全体(職域全体)、もしくは今回の戦場(職域)を超える目線で、考え、活動していくように努力したら、ワンランクもツーランクも上がった思考やいい活動ができるのではないでしょうか。

2020-02-24 13:19:50

やってしまった

本日、燃えるゴミの日。駐車場にあった1袋と部屋からかき集めたもう1袋を後部座席につみ、ゴミステーションを経由して出勤。乗車後すぐに考え事をしていたら、クリニックについてしまった。後部座席の荷物を取ろうとすると、黄色い塊が二つ!!”がびーーーーん””やってしまった”。うーーん、残念だが、引き返して、ゴミステーションに投げてきました。教訓”乗車後、2分は、考え事をするな”

2020-02-24 08:48:25

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 17

ガンゲイル オンライン。上記のソードアート オンラインの第2部に出てくるゲームをもとにしたスピンオフ作品。作者が異なります。個人的には、こちらの方が楽しめた印象です。主に銃を用いたサバイバルゲームの中での人間模様。銃撃戦の描写が上手で、読みながら挿絵を頭で想像できます。こういうゲームができたら、ぜひやってみたいと思える感じです。


2020-02-18 08:17:11

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 16

ソードアート オン ライン。かなり長編ですが、何部作かに分かれています。バーチャルなゲームの世界とリアルな世界での人間模様が描かれており、ゲームやファンタジー小説が好きな方にはよいかと。ゲームの世界に閉じ込められて、クリアしないと出られない、ゲームの中で死ぬと本当に死んでしまう、そんな設定の中で、人間のダークな心理や欲望、正義・友情・愛情なんかが描かれております。文章が上手なので、すらすら読めてしまいます。若い人向け。


2020-02-18 08:09:07

いちおうDo It Yourself

ガブリエル専務により、ソファがぼろぼろに。爪トギをしてしまうため。そんな専務に爪とぎを買いにHormacへ。以前作ったアサヒものものは、キャットタワーに付属しているものばかり。簡単なものは、段ボールでできている。これなら作れるとノリとカッターを買って帰る。チビ社長と一緒に作成開始。車庫にあった回収予定の段ボールを、4㎝幅の短冊にして、それをノリで固定。乾燥するまでビニールテープで短冊を圧迫固定し、乾燥したら、4㎝幅の段ボールで外枠固定し乾性。あとは、これを爪とぎであるとゆっくり認識してもらう。買えば400-500円だが、捨てるものを買うより再利用して作る。なんでも買うのは簡単だが、手作りで代用できるものがある。あとで買うのはいいが、作れそうなものは作ってみる。作ってみて工夫する・会話する・考えることで、原理が理解でき、その後のモノづくりに応用できる。それを、事あるごとにチビ社長に伝えることが、我が家の教育方針です。


2020-02-17 07:12:01

チビ社長が発見した工場のミス

ある日、チビ社長が、”工場の大変なミスを発見した!”と駆け寄ってきた。それは、チビ社長が大好きな、なとりのカルパス。その信じられない風貌に爆笑してしまいました。なかなか珍しいフォルムで、チビ社長も気に入ってしまい、もったいなくて食べられないと、大事にしていました。


2020-02-14 07:30:55

マスクの買い占め問題

新型コロナウィルスの話題が出てから、消毒やマスクの転売のことは、容易に想像がつきましたが、資本主義、自由経済の悪いところですね。勝手に希少価値・付加価値を付けて、高値で売り、その差額を儲けようとする。そういう発想は、好きではありません。贅沢品は、大金を出しても欲しい人が買い、自慢してもいいと思いますが、特に食料や医療のものは、本当に必要な人が通常の対価で手に入れられるような世の中であってほしい。小売店も毎度のことなので、早めに気が付いて、爆買い・買い占めができないように、購入制限をもっと早めにすべきでしたね。転売できないくらいに、速やかに大量生産とか、できたらいいのですが。マスクが世の中にあふれてしまえば、転売できなくなります。

2020-02-14 07:19:19

医療・介護サービスの導入の仕方

以下は、私の個人的な見解です。在宅医療・回復期リハビリテーションで12年やってきましたが、在宅生活を送るうえで必要となる介護・看護・医療サービスの計画の仕方についてです。ほとんどのケースで、まずヘルパーを週1回から、訪問看護を1回から様子見て、後々、増回していく、リハビリは、必要なのはわかりますが、後々入れていく形でなどの計画が立てられます。しかし、私のおすすめは逆です。最初から安全に安楽にリスクを減らすために、必要十分のヘルパー・看護・リハビリを開始し、その後、能力や生活に応じて、サービスを変更・減量していくことをすすめます。必要だと思われるサービスを入れるのは、できるだけ早い方がいいです。また、リハビリは週1回より2回のほうが効果的で、症状・リスクの軽減がはかれます。嚥下訓練などは、誤嚥性肺炎が起こってからよりも、起こる前に始めたほうがいいです。介護・看護も同様です。起こりそうな要因があるなら、起こる前に先手を打つべきです。通所サービスなどは、後々、サービスの回数が増えと、本人に潜在的にでも自分の能力の低下を意識させますが、サービスが減ることは、逆に本人に他人の手をかりる回数が減るため、自分が良くなって来ているという印象を与えます。サービスは、開始しても増減・中止ができます。これから、サービスを受けようと思っている方、計画しようというケアマネージャーさん、最初からFullのサービス導入から減らしていく方法をご検討されてみては、いかがでしょうか?

2020-02-13 07:11:32

早めのいただきもの

ちょっと早めに、頂きました。


2020-02-13 06:44:06

便秘に

私は、消化管が弱く、以前は年に2回ほど強烈な胃腸炎を繰り返していました。時に便秘で出血することも。最近は、便通もよく、おなかが痛くなることもありません。商品名は避けますが、液体やゼリーに溶かして服薬し、一定量の水分を吸収させないようにして、その水分で便を柔らかくするお薬を愛用しています。わずかに塩味がありますが、ほとんど味を変えない。翌日以降に自然におなか痛くなることなく柔らかい便が出ています。お勧めは、甘酒に混ぜること。塩味が付加され、むしろ甘酒がよりおいしくなります。刺激性下剤の連日服用は、お勧めしません。

2020-02-12 08:03:04

鍵をなくした、( ゚Д゚)

今朝、コートのポケットに入っていた鍵をなくしました。他に鍵束を持っていたので、もしかしたら鍵束を取り出すときに落っことしたのかも?と玄関、クリニック周辺を探すも見つからず。うーーん、困った。こういう時は、一旦、初診に。とりあえず、脱いだコートを着てみる・・・・、ん?何か違和感。コートの隅に今までにない重さ。ポケットに手を入れてみると、中に穴が!なんと、その穴からコートの縫製の隙間に鍵が落ち込んでいたのでした。あきらめない、落ち着いて初心にかえるのは、大事ですね・・・(大袈裟 (*´з`))。とりあえず、見つかってよかった。

2020-02-12 07:01:05

どかゆき

毎年のように、序盤雪が少ないと、今年は雪が少ない、記録的な、温暖化の影響か、なんて報道されますが、どっかかんかで、ドカ雪降って、例年並みになるような気がする。

2020-02-10 06:52:53

猫車2号がきました。

訪問診療・訪問リハビリ・訪問看護用の車の不足につき、猫車2号か納入されました。思ったよりピンクでない。ツートンのピンクで注文したら、Hibrid車であったことに、今日気が付きました。


2020-02-07 17:50:32

和をもって尊しとなす

和をもって尊しとなし、さからう事なきを宗となす。十七条憲法の言葉ですが。現在、欧米化、大陸思想、資本主義、色々な考え方や習慣が広がり日本人のグローバル化、とくに若い世代にと言いながら、高齢の方にも浸透しています。何がいいかは、人それぞれ。古き良き、なんてことも言いますが。でも、私は個人的に、和=日本=日本人=日本の慣習・考え方、は好きですね。礼儀正しく、節度をもっていて、譲り合い、助け合い、損得だけで考えない、義理がたく、伝統や自然・ものや道具・命を大切にする、そんなイメージ。欧米化や資本主義化の中にも和の心を残していてほしいなと思います。原文の意味とはことなります。和(和の心)をもって尊しとなす、そんな日本が続くといいな、と思います。

2020-02-06 08:03:34

右手の腱鞘炎

股関節に続き、右手首の腱鞘炎。外科医の右手の負傷は失態"(-""-)"。原因は、週末の”スマッシュブラザーズ”なるゲームをお子たちとやったこと。よくわからないので一杯ボタンを押したんですね。きっと。昨日・一昨日あたりから、激痛。ボルタレンローションとロキソニンテープで治療中。このゲームの面白さは、いまいちわからず・・・。高校生のころ、似たようなものはやった記憶が。あの時のハードは、スーパーファミコン?だったでしょうか。その時友人宅でやっていたのは、2D格闘ゲームの幽遊白書、だったかな。あの頃は、だいぶ楽しかった記憶が。年を取って、楽しめなくなったのかな。そもそも、↑な理由で腱鞘炎って、大人げない・・・・(*´▽`*)

2020-02-05 07:20:50

やっぱり降った

毎度毎度、今年は雪が少ない、なんて話を聞きますが、大体どっかで帳尻があっている気がします。今シーズンも、序盤、雪が少なくて楽だと思っていましたが、急にドカ雪。しかも、しばらく続くのかな。去年は、除雪に雪割り、事務長と社長の二人しか男手がなかったので、女手までも動員していましたが、今年はメンズがいっぱいいるので、楽しています(*´з`)

2020-02-05 07:14:11

煩悩の塊

昨日今日と、朝食に煩悩の塊 コーンフレークを食してしまいました。ささっと食べられるのでついつい。

2020-02-05 07:24:29

発想の転換・逆転で気持ちが楽になることも

今、仕事や生活でストレスが多い方、発想の転換・逆転で気持ちが楽になることも。なんで私がこんなことを、私だけが、などなど、人と一緒にいることは、ストレスになることがあります。それは、自分が得をしたい・楽をしたい・苦労をしたくないという気持ちがどこかにあるかも。当たり前の心を逆転させてみるといいかもしれません。一見、面倒だな、大変だな、損するかも、私の仕事ではない、自分でやればいいのになんて思ってしまうことを、思わなくなるよう日々当たり前に率先してやってみる。人してくれること、頂くもの、手伝ってくれること、代わりにしてくれることなどを当たり前と思わず感謝すること。そうすれば、周りの人も当たり前のように協力・感謝してくれるかもしれない。お金・時間・労力なんかは、余計にかかるかもしれないけど、日々の生活とこころは、ストレスが軽減して、すごく豊かになるかもしれません。

2020-02-04 07:02:02

この曲の歌詞のこの辺が好き

そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう

2020-02-04 06:51:20

股関節再び

一昨日、夜に自宅の階段昇降中に転落、着地の際に、再び左の股関節に激痛が走りました。現在は、また鳴りを潜めていますが、爆弾を抱えての訪問が続きます。

2020-02-03 06:54:12

パーティをしようよ

昨日は、お姉ちゃんが、珍しくおうちにお友達を連れてきたので、お昼にタコ焼きパーティ、夕方にジンギスカンパーティを開催しました。もちろん、焼き係として、お・も・て・な・し、させていただきました。チビ社長も遊んでもらって、とても楽しかったようです。


2020-02-03 06:34:39

リハビリ特化型在宅支援診療所、的な

当クリニックは、リハビリ特化型の在宅支援診療所、的なことを目指しています。もちろん、リハビリは、整形外科疾患・脳神経疾患・特定疾患・認知症・心不全・腎不全・廃用症候群・呼吸器疾患・悪性腫瘍・緩和医療などあらゆる分野に適応されます。在宅で疾病・障碍を抱えて生活するうえではリハビリは非常に重要です。訪問リハビリを提供するうえで、当クリニックには十分な機器と人材があります。在宅でのより質の高い生活をより多くの方が送れるように支援してきたい。甲斐の騎馬隊、尾張の鉄砲隊、こころのリハビリテーション、そんな感じにクリニックの目玉になるといいなと思います。

2020-01-31 17:13:26

少し良くなってきています

左股関節、今現在3回ほどリハビリを受けましたが、少し良くなってきました。外転外旋時の痛みが出るまでの可動域が増加したのと、痛みの質がやや軽減しました。リハビリってすごい。

2020-01-31 17:06:27

院内研修 始めました

本年から、院内研修を開始しました。不定期開催ですが、当クリニックで診療、看護、リハビリにあたることが多い疾患について、基礎知識をおさらいしておこうと始めることにしました。本日、第1回開催予定です。第1回テーマは、”パーキンソン病、パーキンソン症候群、進行性核上性麻痺、脊髄小脳変性症、重症筋無力症”です。おまけで、漢方薬の基礎知識。次回以降も継続的に行えたらいいなと思います。

2020-01-30 07:59:26

左股関節、絶賛損傷中。

持病に左股関節、左下腿、足関節、首・肩・背中の痛みがありましたが、昨年末より、左足関節が重症化しています。現在、往診車の乗り降りにも支障が・・・。レントゲン上、骨・関節に異常所見はなさそうです。昨日より、当クリニックのPT・OT総動員で、猫脚のリハビリ治療を開始しました。

2020-01-29 09:00:27

世代交代

サンキで新しい往診リュックを買ってきました。今回は、1500円。また1年間よろしくお願いします。


2020-01-28 07:14:21

壊れちゃった

1年間、訪問診療で使用していた訪問リュックが、とうとう壊れてしまいました。ちょうど1年前に、サンキで4000円で購入したリュック。お勤めご苦労様でした。


2020-01-28 07:12:30

札幌市医師会厚別支部 定例会および新年会に行ってきました

昨年開業後、参加してから、丁度1年経ちました。生来の人見知りですが、ようやく支部会にも慣れてきました。この支部会での交流から、患者さんのそれぞれの専門家のコンサルとなどルートができたり、コンサルする相手の顔や人柄が知れて、下っ端の勤務医のころは、まったく考えていませんでしたが、こういう交流の場の大切さを改めて実感します。

2020-01-27 07:41:16

経費は無駄に使わない

経費は、人件費、その他、使うべきところには積極的に投資するが、無駄なものには使わない。注射針1本、資源は無駄にしない、ゴミが増えるし。一つ一つの資源の1つ当たりの価値を知るべきである。経費として使うお金を作るために組織としてどれだけの労力と時間をかけているのか(この経費の分の利益を上げるために、あの人は何十分働かなければならないのかを想像する)、をすべての職員が知るべきである。余裕があっても、税金対策のような価値のない設備投資はしない。

2020-01-27 07:32:53

宙船

中島みゆきさんの曲。そ~の船を漕いで行け、お~前の手で漕いで行け、お前が消えて喜ぶものにお前のオールを任せるな~♪
 メロディもいいけど、詩もいいですね。組織にも言えることで、オールを任せる=重要な案件・任務・仕事などは、能力如何よりも信用第一。組織の仕事もそうですが、そもそもどこの組織に所属するかは、自分と家族の生活のオールを任せること。ここで働きたい、と思える組織に所属して、めいっぱい働く。逆に、そういう組織を作り、維持しなければならい。

2020-01-27 06:54:19

つぶやき

訪問リハビリにおける今後を何となく予想。医療保険による訪問リハビリはなくなり、訪問リハビリはすべて介護保険になる。みなし訪問リハビリと訪問看護ステーションからの訪問リハビリに差がなくなる。リハビリが訪問看護から分離する。訪問リハビリステーションが単独でできる。特定疾患の利用者については、リハビリの必要度が高ければ、週6単位までの上限(上限も増える?)を、何らかの条件付きでプラス3単位くらいまで拡大できるようになる。そんなことになっていくのかな、とぼんやり考えています。

2020-01-24 08:32:48

リハビリテーションにより医療・介護費用の軽減ができるかもしれない

訪問リハビリテーションを行うことで、機能や症状の改善・維持ができれば、ひいては訪問診療・看護・介護の回数減少、施設利用の回数減少、入院入所の延期・中止、在宅生活の延長、介護必要度の軽減による介護者の負担軽減、服薬数の減少などなど、国の医療費・介護費削減につながるかもしれない。

2020-01-24 07:37:52

訪問リハビリのサービスは、受ければいいというものではない

訪問リハビリは、サービスが介入していればいい、介入していればよくなる、だから来てくれるところならどこでもいい、という事ではない。やみくもに訪問リハビリをやっていても効果はあまり上がらない。指示を出す医師が、何の目的で、何を狙って、どういうふうに、どこまでやっていいのかを考えているか。療法士が、利用者さんの状態をしっかり把握していて、どういう目標と工程を描いて日々施術しているか、どこまでの権限を与えられているのか、日々状態を評価し、プランニングしているか、医師・看護師・療法士・ケアマネ・社会福祉士などが連携が取れているのか、話し合っているのか、同じ方向を向いているのか。上げたらきりがないですが、そういった目に見えにくい ”想い” がリハビリの効果に大きくかかわると思います。訪問リハビリのサービスを受けようかな、とお考えの方は、その事業所がどういう姿勢なのかな?という事も気を付けてみてみるといいと思います。

2020-01-23 07:30:38

訪問リハビリのすゝめ

訪問リハビリテーションというサービスがあることが、意外と知られていない。お勧めしてもどうしてリハビリするの?必要ないです、といわれることも多い。しかし、逆になぜしないの?したくないの?と聞きたい。薬でもなく、手術でもなく、今よりも動けるかもしれない、痛みやむくみが楽になるかもしれない、今後起こるリスクが減らせるかもしれない、介護量が減るかもしれない、できることが増えて人生の可能性が増えるかもしれない、よりながく現状を維持できるかもしれない、人と触れ合い得られる経験があるかもしれない、そんな手段があるのに。当クリニックでは、私が訪問リハビリの必要性・可能性・適合性が少しでもあると感じた方には、とりあえず訪問リハビリを紹介・おすすめしています。老化や障害をあきらめてしまったら、改善は見込めません。

2020-01-23 07:14:59

在宅診療の時代

過去10数年は、回復期リハビリが大きく盛り上がった時代。ここ数年から今後、10年くらいは、ぐぐっと訪問診療・在宅診療が一気に盛り上がる時代。今、主流なのは在宅で最期を迎えるための癌緩和ケアなどの訪問診療ですが、数年後には、当クリニックのようなリハビリを主軸に置いた在宅診療が、訪問診療の双璧をなすと考えています。数年前から、私は、訪問リハビリの効果と重要性、その本質の認知度の低さに気が付き、提唱しておりました。誰かのマネをしたわけではなく、回復リハビリに携わる中で、そこに行きついたので、私、発です(^^♪。各地にそういった在宅クリニックが増えていくことを願います。

2020-01-23 07:07:21

札幌医師会 厚別地区 第5班会議に参加しました

年に1回行われる、札幌市医師会厚別支部第5班の会議に参加しました。ご近隣の先生方が集まり、情勢や近況、医政などについて話し合います。普段は、診療で忙しく、お顔を拝見して、直接色々なお話が聞ける機会は貴重です。次回幹事を拝命いたしました。

2020-01-21 06:50:18

ALIVEを見始めました

テレビドラマ ”ALIVE” を録画予約していたので、見始めました。腫瘍内科・腫瘍外科のお話し。内科医目線で製作されると、外科医は悪役のような描かれ方をします。逆もまたしかり。外科部長?さん、外科医は、あんなに悪い人ばかりではないですよ。あれだけ親身になってくれる腫瘍内科の先生に診てもらえたら、いいですね。もう一個の医療ドラマ ”トップナイフ”は録画されておらず、見損ねました。途中から見ても、ついていけるでしょうか?若いころは、それはないでしょ、とかつっこみながらドラマを見ていましたが、最近は、ぼんやりと楽しみながら見ることにしています。頑張っているDocterのドラマやドキュメントを見ていると、なんだか元気が出ます。

2020-01-20 07:34:45

時間は作るもの

同じ時間を有効に使うには、タスクを同時進行すること。時間がかかるタスクを先に流して、その間に別のタスクを行う。家事で例えると、洗濯器をスタートし、食事の下ごしらえを開始、レンジまたは煮込む・焼くなどの時間がかかる工程に入ったら、自由に中断できる動作(掃除機・拭き掃除・トイレやふろの洗いなど)を行い、調理または洗濯の次の工程が来たら、それを仕上げる。多くの主婦の方々が自然に行っていることですが、一般の仕事にも応用できます。同じ時間で複数のタスクが処理できることで、残りの時間にゆとりが生まれます。クリニック業務でも、受付・診察・バイタルチェック・検査・会計などの一連の業務を待ち時間を減らすためにどのような流れと順番で進行していけば効率的かを考えることが大事だと思います。

2020-01-17 07:29:57

時間は作るもの

仕事に家事に、時間は足りない。やることが多すぎる。果たして本当にそうでしょうか。実際にいっぱいいっぱいのこともあるでしょうね。時間は一人1日24時間で平等。増やせません。けれども、作ることはできる。効率よく、整理整頓。夜は、疲れで集中力が落ちる、誘惑もある、日中に積み残した仕事、増えた仕事もあるなど効率が悪い。早起きして、朝のうちにできることは済ます。体と頭が冴えていれば、同じタスクにかかる時間が少なくて済む。日中以降のタスクが減るため、残りのお仕事の効率があがり、余裕が生まれる。結果的に日中~夜の仕事の効率が上がり、時間にゆとりが生まれる。まずは、早起きから始めてみてはいかが?

2020-01-17 07:13:58

足るを知る

お金は、いくらあっても足りないが、そんなになくてもなんとかなる。お金持ちなのに賄賂を受け取ったり、脱税したりする。お金が手元になければ、そんなに欲しくないものまでほしくなったり、高級品、ブランドものを揃えたくなる。反対に、欲が少なく、慎ましくても幸せを感じる人もいる。お金に縛られない生活をするには、足るを知ること。上も下も見たらきりがない。他人と比べず、自分はこれで十分幸せという満足を知ることが大事。

2020-01-16 06:36:08

地域災害対策の妄想

災害対策には、規模の大小がありますが、各地域で小規模な対策を平時にすべきです。大事なのは、拠点づくり。安全・治安維持のために消防・警察と連携ができ、食瘻・物品・薬剤が確保保管でき、駐車スペース・ヘリ着地場所が近い、雨露をしのげるスペースや臨時診療所・療養スペースが確保でき、公園などのキャンプベースも近い、周辺道路が広い、アナウンスすれば周辺住民が”ああ、あそこか”とわかるような場所。ショッピングモールなどがよさそうですね。そんな拠点を決めておき、シュミレーション・訓練する。そんなことを自治体を交えて行えたら、災害時に一助になるのでは、と考えたりしています。

2020-01-15 07:31:52

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 15

久しぶりのおすすめ記事。ゴールデンカムイ。すでにアニメ化もされています。ざっくりいうと、金塊をめぐる争い。舞台が、北海道で、アイヌ民俗の知識がちりばめられているので、道民だからなのか、とても興味深く、楽しく読め、勉強にもなります。ぜひとも、内地の方々にも読んでいただき、北海道とアイヌのことに興味をもってほしいですね。


2020-01-15 07:21:13

2年ほど前の秋

2年ほど前の秋に2階のベランダに気配を感じ見に行くと、鳶がいました。大きな鳥は、ある程度助走がないと舞い上がれないので、脱出不可能に。近くで見る猛禽類は、凛々しく、こわさを感じますね。このままでは。いずれ死んでしまうので、何とか救出したいが、襲われるかもしれない恐怖感もあり。
 ナウシカのように ”こわくない、こわくない、おうちへ返してあげるから、この上にお乗り” とホウキを差し出すと、気持ちが通じたのか素直にホウキの上に乗ってくれました。ベランダから放り投げると、気持ちよさそうに空へ帰っていきましたとさ。


2020-01-14 07:53:51

人材は組織の鍵

組織の良さは、人材で決まる部分が大きい。いい人材は、見方によっていろいろ。なんでもできる人材は最高ですが、なかなか得難いもの。何か1つでも他よりも秀でたスキル・知識・経験・組織を絶対に裏切らない誠実さがある・人柄のよさ・組織に輪をもたらす人格など持ち合わせていればBetter。特に何か秀でていなくとも、特段劣る部分がないならGood。組織の輪を乱す、劣る部分を認識しながら改善する努力をしない、対策を講じない、組織よりも個の利益を優先しすぎる人材は、Not Good。

2020-01-14 06:59:57

第27回 日本外科学会生涯教育セミナー(北海道地区)に参加してきました。

北海道大学にて開催されました。肺・乳~消化器系の癌ガイドラインについての内容や今後予想される変更点などについて、各界の御高名な先生方の講演を拝聴してきました。古巣の講義堂でしたが、学生の頃は、この場所は古い講義堂しかありませんでした。古いのも趣があっていいですが、新しいのも気持ちが良くていいですね。

2020-01-13 11:44:13

在宅医療とはなにをするのか?

在宅医療とは、外来・訪問・入院を含め、その人を中心に、家での生活を含めたより良い人生を最期まで送る手助けをすること。最期を家で迎えることとイコールではない。ぎりぎりまで在宅に居て、最期に入院・入所したっていい。入院・入所していて、最期の数日だけでも家に帰ってもいい。最期の日が来たときに、なるべく後悔がなく、苦しみが少なく、喜びや楽しみが多い生活が送れたな、送らせてあげられたなと思えるようなサポートができるようにできるだけ努力すること。と思います。

2020-01-10 16:44:34

急な積雪

年末まで珍しくあんなに少なかったのに、年明けから急に積雪しましたね。思いのほか滑る場所もあるので、転倒や車の事故などにご注意ください。もうちょっと滑りにくくなる圧雪になるまでは、訪問カーは、安全第一でゆっくり移動しますため、夏場よりも移動時間がかかります。訪問予定時間が前後したり、午後外来開始時間が、遅くなってしまうことがありますが、ご容赦ください。

2020-01-07 06:36:49

在宅医療を志すなら

開業して、外来ではなく訪問診療を志すなら、覚悟を決めることです。もち患者数を制限して、業務に余裕を持たせることもできます。経営に余裕ができ、システム化できれば、当直がある病院勤務よりも負担を減らせます。しかし、最初は概ね医師一人体制です。365日24時間の一人待機となります。オンコールは、いつ起こるかわかりませんが、疲れたな、面倒だな、という気持ちで様子見てしまいそうなら、訪問診療の領域に踏み込むべきではありません。あの患者さん、大丈夫かな?と心配性なくらいがちょうどいいです。診療地域全体が病院で、在宅に病室があるり、そこに回診しているような感覚を私は持っています。

2020-01-06 07:39:43

兎車不足

訪問リハビリスタッフ増員に伴い、訪問社用車が、時々たりなくなるようになりました。1台、増車することになります。次は、何色のどの車にしようかな。

2020-01-02 09:54:14

頂き物

 昨年末にいただきました、カステーラ、お餅は、すべてSOLD OUTしました。スタッフ一同、分け合って、おいしくいただきました。

2020-01-02 09:51:17

2019年12月30日 本日は、休日内科当番病院です。

令和元年はあと2日。令和2年を安心して過ごすために受診される方が多くなると予想されます。
医師1名(+1名 9-11時、13-15時)、看護師3名、事務員3人、社会福祉士2名(電話対応、駐車場整理)、言語聴覚士1名(駐車場整理)、コンシェルジュ1名(接客・その他)で、最大限効率よく、待ち時間を減らせるように頑張ります。

2019-12-30 08:11:41

組織作りは、国づくりに似たり

会社、組織を作るのは、国づくりと似ている。ゲーム好きの方なら三國志や信長の野望のような国づくりシュミレーションを一度は経験しているのでは?
 君主・国王の資質、人事、内政、外交、実務(ゲームの中では戦争?)など、これを自分の組織に当てはめ、いかにして自分の組織を働きやすい、暮らしやすい、豊かな国にするかを考え、あてはめながら組織作りをしていけば、あながち失敗しないのではないでしょうか。<br/> 私見ですが、組織作り、リーダー論的なことで、どなたかの、何かの参考になればと、今後、もう少し具体的にコメントしていこうと思います。

2019-12-26 06:39:50

メリークリスマス

昨晩は、クリスマスイヴ、のため、当クリニックでは残業禁止令を発し、18時までに、スタッフ全員帰宅の途に就くことができました。在宅医療に携わっていようと、自分の家族を生活を大事にすることを忘れないで、また今日から頑張っていこう。年末年始も待機者以外は、ゆっくり年越し・正月を過ごしてください。

2019-12-25 06:44:31

開業してうまくいくには・・・。 ”組織のカギは、副将が握る”

”組織のカギは、副将が握る”。幽遊白書 妖狐蔵馬の名言。開業するにあたり、自分がしっかりしなければ、というのは当たり前として、やはり有能な、忠実な私欲や保身にとらわれない副将がいるかどうか、はとても重要です。当クリニックで言えば、事務長・婦長・リハ長などなど。方向性を相談でき、各部門の指揮・実務を任せられる副将が一人でも多くいれば、社長は自分のすべきことにだけに能力を集中できるので、組織の運営は盤石になると思います。逆に信頼できる副将がいなければ、すべての業務に社長が目を配らなければならなくなり、注意散漫・能力も散漫となります。初期から副将がいることが重要です。

2019-12-24 08:09:17

JAMT(日本医師会災害医療チーム)の研修会にいってきました。

JAMT(日本医師会災害医療チーム)の研修会(基礎編)にいってきました。次回は実践編です。災害時に、クリニックとしてどのように活動していくかを講義、討議、シュミレーションしてきました。もみじ台は、札幌市の隅っこにあるので、有事の際は孤立する可能性もあります。有事に備えて、今のうちから、国や道・市・支援病院などとの連携方法などを知っておく必要がありますね。

2019-12-23 07:04:39

開業するにあたりコンサルタントを使うかどうか

開業コンサルタントという仕事があります。計画から手続きから、相談したり、代行してくれたり、業者を見繕ってくれたりと。全部自分でできるなら、必要ありません。しかし、現行の仕事をしながらの準備は、かなり大変でストレスがかかります。役所・銀行がらみは、平日昼間にしかできないことも多々。開業素人は、色々ミスや見落としをして、失敗したり、延期になったりします。信用できるコンサルを入れることをおすすめます。ただし、有益性の低い高額投資をすすめたり、ちゃんとマーケティングしない、よくないコンサルもいますので、先に開業している先生などに情報を頂くのが安全策だと思います。

2019-12-18 06:40:27

難病及び小児慢性特定疾病に関する指定医研修に行ってきました。

各分野の著名な先生方の講演を聞きながら、勉強・頭の整理をしてきました。会場となりに月見軒があり、大学生の時以来、久しぶりに月見軒のラーメンを食べてきました。最近は、あまり街中に出なくなりましたが、土日の大丸やステラプレイスのあたりの人の数にはびっくりしました。まっすぐ歩けない。新札幌では、あまり見かけない光景でした。

2019-12-16 07:03:18

クリニックの忘年会

今年一年、当クリニックのスタッフには大車輪のごとく働いていただき、とても感謝しています。当クリニックは、職種間の垣根がほとんどないFamily的な組織を形成することができたので、毎日楽しく働けました。忘年会も、にぎやかに行われました。開院後、1年間で大分クリニックとしての体が整いました。来年は、さらなる飛躍を目指して、頑張ります、頑張りましょう。来年もよろしくお願いします。

2019-12-16 06:53:19

札幌医師会 厚別支部忘年会

先週末、医師会厚別支部忘年会に参加しました。昨年から、2回目の参加です。厚別の忘年会は、医師会の中でも最もにぎやかなものだそうで、今年は各区の支部長さんや薬剤師会、歯科医師会などからの御来賓もありました。各先生方、みなさんとても元気で。。。。本年は大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019-12-16 06:47:45

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 14

北斗の拳。同年代の男子は、ほとんど知っているのでは?荒廃した世界感の中で人間の欲望と暴力がすごく表現されており、一見すると勧善懲悪のようですが、悪役側の大物は、それぞれに深い悲しみや愛その他の感情を強く持っています。アクションものと見せかけて、テーマは終始”愛”です。描写の兼ね合いなのか、アニメの再放送はほとんどありませんでしたね。アマゾンプライムビデオなどで、時々見たりします。私は、子供のころは”南斗水鳥拳のレイと南斗白鷺拳のシュウ”が好きでしたね。


2019-12-13 07:26:32

事業を始める前に

事業を起こす前に、ある程度の前勉強が必要です。やろうと思っている事についての制度や法律、病院勤めしているとその辺のことには疎くなっていることが多いです。また、医師は特に経営について少し勉強して、シュミレーションしておくべきですね。私の場合、病院開業本、コーヒーや航空業界その他の多職種の社長の本、ドラッガーのマネジメント、孫氏の兵法、リーダー本などなど読んでみました。こういった本はいっぱいありますが、読み散らかしてもあまり意味はなく、ある程度の理解をしたら、自分なりに社長像・経営スタイルなどを創造していくのがいいと思います。開業してからではそんな暇は、ありませんので、事前に準備しておくのがいいと思います。

2019-12-13 07:17:40

おいしいみかん

いただきもののおいしいみかんをスタッフみんなでいただきました。濃厚なジュースやゼリーのようなとってもおいしいミカンでした。


2019-12-12 10:50:17

第6回 「さっぽろ子どもの心の診療ネットワーク事業」研修会に参加してきました

函館中央病院 石倉 亜矢子先生の講演を聞いてきました。先生の現在に至るまでの葛藤や努力、現在の問題、今後の課題などいろいろうかがえました。子どもたちの問題は、未来の日本のためにとても大事なことなので、当クリニックは小児科でも精神科でもないですが、地域のために何かできないか模索中です。虐待にいち早く気が付ける・気が付いて動ける人・場所を少しでも増やすことが大事だと考えさせられました。

2019-12-11 06:44:13

在宅褥瘡予防・管理師になりました。

褥瘡治療は、主に病院内で10年以上やっておりましたが、この度、在宅褥瘡予防・管理師になりました。

2019-12-10 17:36:54

開業してうまくいくには・・・

開業してうまくいくには、いくつかポイントがあると思います。
まずは、どこでやるか。今この時に、近い将来にやろうとしていることのニーズがあるかどうか。競合する会社が、特に強い会社があるか。交通の便がいいか。場所代など経費が高すぎないか。この場所で開始した場合の初年度、3年後、5年後、10年後、20年後の未来像が描けるか。せっかくだから好きな場所でやりたい、という漠然とした場所選びは、お勧めできません。

2019-12-06 06:54:31

在宅医療はまだまだこれから

再生医療やダビンチによる手術などの最先端とは対極にあるような分野ですが、在宅医療は、まだまだ不足しており、ニーズもあり、これからも発展していく医療だと思います。最近、在宅専門クリニックがどんどん新しくできていますね。これからもどんどん増えていくと思います。過去に回復期病棟がいっぱい増えたように。意欲と情熱を持った先生方が在宅分野に参入されるのは、とてもいいことだと思います。が、しっかりした準備をしてから開業することをお勧めします。

2019-12-04 07:58:03

開業して1年になりました

在宅医療を開業し始めて、ようやく1年が経ちました。初年度ですので、大変なことも多々ありましたが、クリニックとしてもようやく安定してきました。そこで、今までは軽ーいタッチの記事がメインでしたが、今後、在宅医療をやっていきたいという医療関係者の方々の一助になれば、と思い、私見や経験談などをちょいちょい上げていこうと思います。開業は、いいことも悪いこともいっぱいです。在宅医療もいいことも悪いこともいっぱいです。

2019-12-03 07:41:24

第2回 メディカル・ビヨンドミーティングに参加してきました

西区・中央区・帰宅・南区など広範囲に在宅医療を展開するいまいホームケアクリニック主催の会合に参加してきました。札幌の在宅医療をよりよくしていこうという多職種の集まりで、また刺激と元気をもらって来ました。

2019-12-01 10:42:20

玄関のDIY

玄関のDIY、実はモノ作りが得意なチビ社長のお力もお借りしております。空気が入っていたりと、手作り感満載ですが、当面は、これで使えそう。急に玄関が広くなった気がします。


2019-11-27 06:58:20

在宅医の集まり 忘年会に行ってきました

札幌市、江別市、北広島市の在宅医療の先生方が月に一度、集まり、協議する在宅医の集まりの忘年会に出席してきました。熱い思いで在宅医療を繰り広げておられる先生方にお会いでき、お話しすることで、またガッツを頂いてきました。皆さん、キャラクターが強く、面白い先生方でした。

2019-11-27 06:54:39

玄関のDIY

玄関シュークローゼット、ほぼつかわれていなかったスペースをDIYプチリフォームをして有効活用することに。扉と棚を取っ払うと、スペースは、かなりある。けど、40年の汚れが・・・。さてさて、


2019-11-26 06:47:53

アナと雪の女王2

週末、アナ雪を家族で観に行きました。大体、ヒット作の続編はい待ちに感じることが多かったのですが、アナ雪は、とてもよかったですよ。こころ社長は、スベンとエルザ推しです。365日24時間、待機中なので、映画に行くときは、いつでも戻れるように車2台でいき、待機電話をマナーモードにして、ずっと握りしめています。


2019-11-25 07:25:26

狭い入口

冬季の外来患者さん増加に伴い、待合を配置転換し、いっぱい座れるようにした結果、玄関が狭くなってしまいました。コート・帽子掛けがスペースをとってしまいます。そこで、作り付けのだいぶ痛んで汚れているシュークローゼットをDIYしてみることにしました。


2019-11-25 07:20:32

クリニックの屋根を落雪防止加工しました

屋根を落雪防止加工しました。今年は、クリニックの北側?に雪山を作らないようにします。そのため、通行される方々が危険にさらされぬように、屋根に再診の?落雪防止加工しました。もう一冬二冬くらいは、このクリニックで過ごすので。


2019-11-19 07:23:40

もみじ台管理センターでのイベントに出席しました

11月16日土曜日にひばりが丘病院さんが開催している厚別区地域包括ケア・住民向けシンポジウムに参加しました。一般観覧の予定でしたが、高橋大賀先生の御はからいで、一言発言させていただく機会を頂きました。開院してまだ1年未満ですので知名度もまだまだで、これからもっと地域貢献できるように、地域になじんでいきたいと思います。

2019-11-18 09:16:56

第9回 医師会・歯科医師会厚別支部 合同研修会に参加してきました

普段、診療上のやり取りはしますが、直接厚別区の歯科の先生方のお話を聞けて、人柄を知れる、とてもいい機会でした。今回のテーマは、新札幌循環器病院 神吉先生の”睡眠時無呼吸症候群”についてでした。

2019-11-16 09:42:47

今シーズン初滑り

 本日、今シーズン初滑りしました。もみじ台の立命館高校前の90度カーブのところ、めちゃ滑りました。完全に対向車線にはみ出し、あと50㎝でガードレールにぶつかるところでしたよ。最後の最後で、路面が溶けており、キュッっと止まてくれました。滑っている最中は、ぶつかることを覚悟してました。みなさま、お気を付けください。

2019-11-16 09:34:51

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 4 十二国記

おすすめ4で紹介した十二国記。だーいぶ時間を空けて、最新刊が発売されました。しかも、4巻同時発売。時期が開いていたのは、大作だったからですかね。大好きな作品なので、楽しみです。が、なかなか読む時間がありません。年末年始までお預けかな。


2019-11-13 07:49:25

誤嚥性肺炎にご注意

加齢とともに、疾患により、もみ込みに能力も低下します。体のリハビリは一般的ですが、飲み込みのリハビリは思いのほか周知されていないように感じます。当クリニックは、専属の言語聴覚士(飲み込みのリハビリ療法士)がおり、特に誤嚥予防に力を入れています。誤嚥性肺炎や窒息に至る前に、最近むせたり、痰が絡みやすい、のみ込みが心配な方は、お早めにご相談ください。

2019-10-31 07:12:29

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 13

江戸時代にタイムスリップした脳外科医の話。医療物のドラマや漫画は大好きです。一心不乱に患者を助けようと奮闘するストーリーをみると、改めて初心を忘れないようにと思えます。原作よりドラマの方がよかった。大沢たかおさんの南方先生は、すごく魅力的でした。医療関係の方々に、この手の熱い医療物の作品を定期的に読むことをお勧めします。


2019-10-24 07:14:08

取り違いにご用心

今朝出勤するときに、プライベートのスマートフォンと緊急呼び出し用のスマートフォンの二つをもって出勤途中、自宅からTEL、”パパ、うちのスマホ間違って持って行ってるよ、ここに夜間・緊急用のスマホあるもん”と娘から。 クリニックまであと3分のところまで来ていましたが、慌ててUターン。同じ白いスマーフォンだったし、並んでおいてあったから、間違えてしまった。(*´▽`*)


2019-10-23 06:58:26

雪のシーズンが近づいてきましたね

今年は、屋根に雪止めを付ける工事をしようと考えています。2~3年後には建て替えを検討しておりますが、それまでは、このたてものを大事に使わないとね。

2019-10-17 07:09:28

ラグビーワールドカップ観ました、TVで

昨晩は、初めてラグビーをテレビで見ました。ルールは、ほぼわかりませんし、にわかファンでもない。けど、みんなで同じ目標(ゴール)に向かって、一心不乱に突き進んでいく姿は、とてもいいですね。やっぱり日本が勝つと嬉しい。観戦しているだけでも、なんか元気をもらえますね。元気最強!!

2019-10-14 08:10:59

娘のピアノの発表会がありました。”内緒でパパの好きな曲を練習しました。”というアナウンスのあと、”TAKUMI~匠”(劇的ビフォーアフター)の演奏がはじまりました。家で練習しているのを聞いたことがなかったのでびっくり。こっそり、パパのことを想って練習している姿を想像すると、パパ冥利につきますね(´;ω;`)ウゥゥ。

2019-10-07 06:48:59

こころ社長お勧めの文庫・漫画 12

えーと、去年から読み始めました( *´艸`)。概ね、昭和のころからの王道の家族愛・友情・冒険的な要素満載です。なんとなく手を付けていませんでしたが、昨年から一気読みしました。一気読みすると、伏線を一杯回収できてより楽しめますね。原作のほうがアニメと違い展開が早くて、個人的には好きです。


2019-10-04 06:28:30

地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会 2019に参加してきました

地域包括加算・地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会 2019に参加してきました。日曜日ですが、各クリニック、病院の先生方も大勢参加されていました。糖尿病・高血圧・脂質異常症・認知症・喫煙・在宅・服薬指導などについて、知識と情報をアップデートしてきました。

2019-09-30 06:40:26

看板を作りました

クリニックの表示看板は以前つくたのですが、細かくて、近くに来ないと読みづらく、初めて方が、クリニックを見つけづらいとのことで、看板を作りました。前回看板のあまりアクリル板を使用しているので、固定と塗装の料金のみで、700円で完成しました。2年くらいはもってくれるといいな。


2019-09-24 06:40:16

第3回 在宅医療研修会 こころ について

第2回は、嚥下と呼吸のリハビリについて、もっと敷居を下げたいということから開催し、一定の成果は得られたのかな、という感触でした。第3回は、介護保険と医療保険と入り乱れる在宅支援中で、どこまで在宅で可能なのか、一時的に介護困難な患者さんをどのようなプランで支援していったらいいのかなどをテーマにディスカッションできたらなぁと、おぼろげながらに考えております。決まり次第、またアナウンスいたします。

2019-09-20 07:41:58

日本人は親切

先日、往診車のカギを落としてしまいました。ホクノースーパーから郵便局までのほんの20m位で( ノД`)シクシク…。郵便局の用事を足して戻るときに車のカギが開かないことで気が付きましたが、もうすでに見る影もなく。交番に遺失物届を出してクリニックに戻るころには、お巡りさんから発見の連絡が入っていました。心あるご婦人が届けてくれて、すぐ去ったとのことでした。ありがとうございました。落し物が帰ってくる日本は、とてもいいところです。


2019-09-18 12:56:09

院内迅速採血検査はじまる

院内で血算・CRP・HbA1cが、10分ほどで測定できるようになりました。糖尿病薬の調整を次回外来まで待たずに調整が可能となります。また、感染症、貧血その他の疾患に迅速に診断、処方が可能となります。以前から導入を検討しておりましたが、ようやく導入することができました。(*^^)v


2019-09-10 07:54:32

非常勤医のありがたみ

今月から土曜朝~日曜夜のオンコール待機に、月1回 札幌北辰病院 外科の小林先生が来てくれることになりました。現在、こころ院長 365日体制でしたので、大変ありがたいです。学会や研修会、家族サービスなど、時々業務を離れたいこともありますからねぇ。


2019-09-09 07:16:47

こころ院長のおすすめ 漫画・文庫 11

日本でもっとも古い月9的なトレンディードラマ?。時代が違うので結構、”おいおい”という設定がありますが。特に、高校生は読むべき。源氏物語は、古典の受験に役立ちます。内容を漫画で覚えてから、古典の源氏物語を読めば、古語から熟語からすぐ覚えられます。選択問題なら、下手すると選択肢だけで答えがわかるかも?!


2019-09-04 07:09:48

半年ぶりくらいに合気道の稽古に行きました

忙しくてなかなかいけませんでしたが、半年ぶりくらいに合気道の稽古に行きました。前半の部で、自主的に3~4回休憩をとるほど衰えてました( ゚Д゚)。時々は、心と身体を鍛えなおさないとなぁ。


2019-09-02 07:09:26

新しいうさぎが増えました

訪問リハビリ療法士増員に伴い、訪問カー ラパンを増車しました。今回は、中古の旧モデルですが、これはこれでかわいい。特に内装は、新型よりもかわいい。ピンクではなく、グリーン系にしました。